island

南の島でエメラルドグリーンのビーチ風景を満喫し、ウィンドサーフィンで身体一杯に風を感じ、程良く疲れた身体で、のんびりと夜空を見上げると、南十字星が輝いています。     南の島(ハワイ,グアム,サイパン,沖縄...)のビーチ風景と星空の画像と壁紙集を掲載しました。 星メカ工房は、天体望遠鏡の自作情報のコーナです。。。by ジーク西田

   南十字星を見る!
   南の島の風景
   ウィンドサーフィン

   天体望遠鏡を作る!
   星空探訪(天体写真)

500系新幹線 画像集
路面電車 画像集

地震と潮汐力
はなまるサイエンス
「西が岡」の研究

     「初心者向けお奨め天体望遠鏡」は、こちら



《ときどき気まぐれコメント》


今月、さじで撮ったM100銀河です。意外に腕の様子がわかって気に入りました。[2016-6-26]



14日に撮った月の南部です。[2016-6-18]



久々の月のチョイ撮りです。[2016-6-14]



一昨日の夜,さじアストロパークで撮ってきた(銀河系の中心方向の近く)へびつかい座のS字暗黒星雲(Snake Nebula)の辺りです。暗黒星雲は濃さが様々であることが見て取れます。[2016-6-4]



ひょいっと外に出して、ちょいちょいっと、月・惑星や星団の観望が出来るチョイ見用の望遠鏡ですが、こんな感じの構成を想定しています。小型の経緯台にマクストフ・カセグレン望遠鏡を載せたものです。[2016-5-29]



4月にさじAPで撮ったおおぐま座のM101銀河です。まだまだ、露出不足ですね。機会を見つけて、露出を積み重ねていきたいと思います。[2016-5-3]



今年もバラー星雲を拡大して撮りました。でも、2年ぶりかもです。[2016-2-13]



これも冬の天ノ川です。シリウスの東側の領域です。中央にM46とM47星団、右上にかもめ星雲が見えています。[2016-1-31]



50mmレンズで天ノ川を切り取ると、散光星雲や暗黒星雲が入り乱れて、精緻な微光星を味わうことができます。一角獣座の辺りの冬の天ノ川です。右端の赤い輝星はオリオン座のベテルギウスです.[2016-1-25]



今月(12月)は、新月期に2度もさじアストロパークで星空を堪能することができました。曇りや雨の多い冬場の鳥取では珍しいことです。画像は、そのときに撮ったカシオペア座です。[2015-12-30]



キャンパス内の樹木の葉もかなり色づいています。[2015-11-15]



9月に撮ったプレアデス星団です.市街地の光害の中から昇ってくる姿に健気さを感じてカメラを向けてしまいます。[2015-11-14]



9月に2日に分けて撮ったアンドロメダ銀河(M31)のクローズアップ画像を重ねて統合してみました。拡大してみると、暗黒星雲の濃淡が面白いですね。(R200SS+コマコレクタ1LPS-P2)[2015-11-8]



白鳥座を中望遠で撮るときは、北アメリカ星雲や網状星雲、サドル付近の赤い星雲を入れるためにこういう構図になってしまいます。[2015-10-22]



アパートの前で撮った画像です。しつこくアンドロメダ銀河です。Nikkor180mmED望遠レンズをF4まで絞って撮ってみました。うわぁー、星粒がシャープ。今後は、いつも絞って撮ることにします。[2015-10-4]



20cm反射望遠鏡の直焦点でアンドロメダ銀河をクローズアップして撮ってみました。近くから見ているような感覚が得られますね。(R200SS+コマコレクタ1LPS-P2)[2015-9-12]



外は台風接近で雨。以前に撮った画像を再処理。アンドロメダ座のM31銀河です。[2015-8-25]



8月18日の夜、住処のアパートの前でも天の川の流れる素晴らしい星空を拝めました。こと座の辺りの微光星、粒が揃って綺麗です。[2015-8-22]



オープンキャンパスの夜、透明度が良さそうだったので、さじアストロパークへ。着いた21時頃から、徐々に南から雲が広がり、雷雲で稲光がピカピカ、パカパカ。でも,22時半頃からは、雷雲が崩れながら東へ去り、満天の星空に。夏の大三角あたりの天の川です。[2015-8-11]



夕方、晴れ間が広がりました。でも、パンスターズ彗星は低くて見えず。三日月と金星と木星(画面右端)です。[2015-7-20]



この2か月で月の無い星空を拝めたのは2晩ほど。この画像は、梅雨の隙間の6月12日にさじアストロパークで撮ってきた画像です。ご無沙汰してましたぁ、夏の星座たち、って感じですね。[2015-7-18]



ちょっと更新をさぼっていたので、古くなりましたが、7月1日の夕方の金星と木星が並んで見えたシーンの画像を貼ります。FS-102(焦点距離820mm)の直焦点で撮った画像です。金星の欠けた様子も木星の縞模様やガリレオ衛星3つが見えています。[2015-7-11]



らくやきマーカーの白が発売されたので、銀河(M99)を描いてみました。お皿は、百均で調達したものです。[2015-6-25]



もう、夏になってしまいましたが、この春に撮ったM101銀河を貼っておきます。横浜では、歯が立たない対象でしたが、鳥取ではアパートの前でのチョイ撮りで写ります。(R200ss+コマコレクタ1+LPS-P2,60秒x16枚)[2015-6-6]



学会出張で、シアトルに行ってきました。シアトルに行くのは実に28年ぶり。整然とした都会的な都市になっておりました。ともかく、レーニア山にご挨拶。二回り大きな羊蹄山という感じの崇高な山です。[2015-5-30]



草木も眠る丑三つどき、ふと目が覚めて外を見ると、「星が輝いている」、そこで、GWに自作した望遠レンズ用の対物プリズムで、2015いて座新星No.2のスペクトルを撮影。主系列の1等星レグルスのスペクトルと比較して同定すると、新星らしい様々な輝線が出ていました。これには、ちょっと感動。。。(135mmF2.8絞りF5.6+45度プリズム、30秒)[2015-5-13]



今日は良い天気。晴れた休日の恒例行事−太陽観望をいそいそと行いました。所要時間は10分程度ですけどね。ともかく、太陽プロミネンスが面白い様相です。[2015-5-5]



しし座と、うしかい座の間にあるかみのけ座のNGC4565銀河です。銀河を真横から見たエッジオン銀河の典型例として有名かつスリムな姿で人気の高い銀河です。(R200SS+コマコレクタ1+LPS-P2,60秒X20枚)[2015-4-24]



我らの銀河系にそっくりなM83銀河です。ずっと、撮りたいと思いつつ、南天低くて撮れなかった対象ですが、やっと撮ることが出来ました。かなりの迫力の銀河ですね。(R200SS+コマコレクタ1+LPS-P2,60秒X15枚)[2015-4-23]



昨日は朝から晴天で、久々に太陽を眺めました。[2015-4-19]



お気に入りの銀河(M99)を長めの焦点距離(1120mm)で撮ってみました。腕の形が素晴らしい銀河です。(R200SS+1.4倍バーロー+LPS-P2,90秒X16枚)[2015-4-5]



今夜の月です。コペルニクスが朝を迎えていました。(15cmマクストフ+3倍バーロー)[2015-3-29]



カナダ・イエローナイフへオーロラを見に行ってきました。このところ太陽活動が活発だったお蔭で、連日、凄いオーロラを見ることが出来ました。膨大な量の画像を撮ってきましたので、いずれ写真集のコーナを設けたいと思っていますが、取りあえず1枚だけ貼っておきます。[2015-3-28]



今日の太陽です。活発な活動域2297が手前に回ってきてから、大規模なXクラスフレア、中規模なMクラスフレアが頻発しており、目が離せません。[2015-3-15]



今夜は、よく晴れました。20cm反射望遠鏡を動員して、いろいろと撮影。ラブジョイ彗星も遠く小さくなったけれど、カシオペア座の中に見えていて、尾も健在です。(R200SS+1.4Xテレコン+LPS-P2+Kiss-X5、60秒X5)[2015-3-12]



今夜は、気流がピタッと止まる瞬間があり、望遠鏡で眺めていると、その瞬間に月の細かな地形がわっと見えて惹きつけられました。[2015-3-2]



今日の月です。逆光の太陽光が地形の陰影をくっきりと浮かび上がらせて、この辺りの月齢の月面を眼視で見ると、しばし見とれてしまう美しさです。[2015-2-23]





冬の終わりの時季に冬の星雲・星団スラロームのシメとして眺めるとも座のM46星団です。重なって見えるNGC2438惑星状星雲は、星団の半分程度の距離の近さですが、ドーナツ状の色が綺麗です。[2015-2-21]



昨日の太陽です。長いダークフィラメントが縁に顔を出し、プロミネンスとして伸び上っておりました。(PST+PL15mm+S95、1/320sec)[2015-2-15]



先日チョイ撮りした冬の天の川の一部切取り撮り画像です。右の輝星は、おおいぬ座のシリウス、左の星団はM46,M47、中央上の赤い星雲はシーガル星雲です。冬の天の川は粒の揃った微光星が均一に分布しているところが魅力ですね。[2015-2-14]



今日の鳥取は、ポカポカ陽気でした。今日の太陽です。[2015-2-11]



昨夜、久々に晴れました。ラブジョイ彗星などを撮ったあと、最後は月のチョイ撮りです。月が昇るまでは、宵のうちは、まあまあの気流だったのですが、月が中天に昇る頃にはひどい気流に。危難の海のあたりです。[2015-2-7]



1月23日に彗星方向の晴れ待ちの間に撮ったオリオン座です。赤いバーナードループ星雲の他に下半身西側の「魔女の横顔」などの白っぽい星雲も写っています。(Ai50mmF1.4s絞りF2.8、30秒X4)[2015-1-25]



1月23日のラブジョイ彗星です。曇り空で、撮れた彗星画像はこれだけです。木々に彗星頭部が隠れる直前でした。尾が見えやすいように青色画像をモノクロで。(70mmF2.8+LPS-P2、30秒X3)[2015-1-24]



昨夜に300mm望遠レンズで撮った画像です。尾は二重線のV字型で、先の方では三ツ俣になっている感じです。(300mmF4+LPS-P2、60秒X10)[2015-1-19]



21時過ぎから1時間あまり晴れました。(70mmF2.8+LPS-P2、40秒X10)[2015-1-18]



ほんの僅かな晴れ間に撮影。(70mmF2.8+LPS-P2、30秒X2)[2015-1-17]



今夜は曇り。なので、しつこく13日に撮ったラブジョイ彗星画像です。おうし座を移動中であり、左上に見える星団は、青い星雲に包まれた「すばる」です。(70mmF2.8+LPS-P2、30秒X3)[2015-1-16]



13日に撮った画像を彗星の頭部基準で重ね合わせ、モノクロ化・反転して、尾の筋を炙りだしてみました。(300mmF4+LPS-P2、90秒X4、62秒X5、70秒X5)[2015-1-15]



昨夜は、漸く鳥取でも晴れました。ラブジョイ彗星の尾も濃くて、双眼鏡で5度の視野をはみ出すほどの姿を見ることが出来ました。(300mmF4+LPS-P2、90秒X7)[2015-1-14]



今夜も西はりま天文台(の駐車場)に行ってきました。ところが、小さな霰のような雪が波状攻撃的に襲ってきて、星が見えない〜 でも、20時半頃に10分間ほど晴れ間があり、ラブジョイ彗星を撮ってきました。今夜の尾は派手じゃないけど、透明感がいい感じです。(300mmF4+LPS-P2、90秒X4)[2015-1-12]



昨夜に撮ったラブジョイ彗星画像を彗星の頭部を基準に重ね、コントラストを強くしてみました。恒星に対して彗星が移動するので、彗星基準で重ねると恒星が移動しているようになります。光条のように尾が何本も出ているころが判ります。また、尾の背景に赤い星雲が広がっています。[2015-1-11]



今日は、夕刻から佐用町の西はりま天文台の駐車場へ彗星を撮りに行ってきました。無料の高速道路「鳥取道」を使ってアパートから65分で現地まで行けるので、冬場に鳥取が雪や雨のときには星見場所として活用したいと思っております。で、300mm望遠レンズで撮った彗星です。地球に近いので、双眼鏡で見ると、ともかくデカイ。[2015-1-10]



年が明けました。ラブジョイ彗星が明るくなっています。オリオン座の南方を通り、日々北西方向へ移動しています。[2015-1-1]





これ以前のコメントは過去ログにあります.



《初心者向けお奨め天体望遠鏡》 販売店リンク

組立天体望遠鏡15倍 組立天体望遠鏡15http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcptn=shpg%2Fp%2F5BQ.qrRP.95f9YNlta_k

 スコープテック ラプトル60

 

当HPはリンクフリーです.バナーはこちら リンクを張る場合は,出来ればEメールでご連絡ください.


本サイトの画像等の著作権は、西田信一郎に帰属します。壁紙やプリントで個人で楽しまれるのは結構ですが、Webページへの転載等はご遠慮ください。
Since: June, 2000

ご意見、ご感想・質問など、お手紙はこちらまで(「前にqqpp」を付けてください)