関西・大阪の美楽なアート情報サイトストリート・アートナビ
美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内(通称:アートナビ)
※ストリート・アートナビは犬のキャラクターが目印です。


トップ頁
--
ICOM 京都大会開催記念
集めた!日本の前衛−山村徳太郎の眼 山村コレクション展
The Yamamura Collection:
Gutai and the Japanese Avant-Garde 1950s-1980s
会期=2019 年 83日(土)〜929日(日)
休館日=月曜日、
ただし祝日・振替休日の8月12日、9月16日、9月23日は開館し、
翌火曜日の8月13日、9月17日、9月24日休館
開館時間=:午前10 時〜午後6 時
(ただし毎週金・土曜日は午後8時まで)※入場は閉館30分前まで
会場=兵庫県立美術館 HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
ICOM 京都大会開催記念「集めた!日本の前衛-山村徳太郎の眼 山村コレクション展」
会場:兵庫県立美術館 会期:2019 年 8月3日(土)〜9月29日(日)

 「山村コレクション」とは、兵庫県西宮市に在住していた企業家、山村徳太郎(1926-1986)が収集した戦後日本の前衛美術の作品群です。山村の没後、兵庫県立近代美術館(当時)へ68作家167点が一括収蔵され、現在も同館現代美術コレクションの核となっています。将来的に公共の財産となることを念頭に集められた作品群は、個 人の収集品とは思えぬ大きさと質を備えており、個々の作品は同館ほか国内外で度々展示される一方で、まとめて紹介される機会は限られてきました。
 
このたびの展覧会では、企画展示室に加え別棟のギャラリーも会場に、約 20年ぶり、かつ過去最大規模の出品点数により、「山村コレクション」の全体像を紹介します(出品数:約67作家、139点)。
※徳太郎の徳は心の上に一があり

京都大会開催記念「集めた!日本の前衛-山村徳太郎の眼 山村コレクション展」
村上三郎《作品〈空〉》の再制作を見守る山村徳太郎
村上三郎《作品〈空〉》
抽象のパイオニアから、世界の「具体」、80年代のニュー・ウェイブまで。今こそ新鮮な前衛芸術の数々。
津高 和一《母子像》/吉原 治良《作品》
山村徳太郎による戦後美術コレクションの第一号。
斎藤 義重《ペンチ》/植木 茂《トルソ》
元永 定正《ヘランヘラン》/高松 次郎《影(♯394)》
元永 定正《ヘランヘラン》/高松 次郎《影(♯394)》
篠原 有司男《女の祭》
白髪 一雄《黄帝》
吉村 益信《豚・pig lib;》/白髪 一雄《黄帝》
関口 敦仁《フラット・パルス》
杉山 知子《“THE START -a man and mamorigami”》
杉山 知子《“THE START -a man and mamorigami”》
会場:兵庫県立美術館 会期:2019 年 8月3日(土)〜9月29日(日)
 ■観覧料金(税込)

- 当 日 団 体
一 般 1,300円 1,100円
大学生 900円 700円
高校生以下

無料
70歳以上 650円 550円

障がい者

(一 般)

300円

250円

(大学生)

200円

150円
※団体:20名以上
※一般以外の料金には証明できるものの提示が必要です。
※障がいのある方1名につき、介護の方1名無料。
※70歳以上、障がいのある方は、会期中、館内券売所でのみ販売
※コレクション展の観覧には別途観覧料金が必要です。
(本展とあわせて観覧される場合には割引あり)
※主なチケット販売場所:
・阪神(当日一般のみ)・近鉄主要駅・JTB レジャーチケット(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップ/当日:0251428)
※金額はいずれも消費税込の金額。

→ここをクリック


主催:兵庫県立美術館、神戸新聞社
後援:サンテレビジョン、ラジオ関西
協賛:TKG Foundation for Arts & Culture、公益財団法人 伊藤文化財団
助成:一般財団法人 安藤忠雄文化財団


■関連イベント
記念講演会「山村コレクションは美術館に何を問いかけるか」
・日時:91日() 14 時より(約90 分)
・会場:ミュージアムホール(定員250 名)にて
聴講無料(要観覧券)


担当学芸員によるテーマ・レクチャー
1.聞き取りと紙資料から描く
江上 ゆか(同館学芸員)
・日時:824日(土) 16:00〜(約60 分)
2.山村徳太郎の具体コレクション
鈴木 慈子(同館学芸員)
・日時:914日(土) 16:00〜(約60 分)
・会場:いずれもレクチャールーム(定員100 名)にて
聴講無料(要観覧券)


担当学芸員によるギャラリー・ツアー
・日時:17 日(土)・21 日(土)18:00〜(約45 分)
・会場:展覧会場入り口に集合 (要観覧券)



同時開催の展覧会
コレクション展II
〈特集1〉けんび八景 −新収蔵作品紹介−
〈特集2〉没後80年 村上華岳
〈小企画〉美術の中のかたち −手で見る造形
八田 豊 展 流れに触れる
横尾忠則現代美術館での展覧会
825日(日)まで:人食いザメと金髪美女−
笑う横尾忠則展
914日(土)より:横尾忠則 自我自損展
美術館所在地

兵庫県立美術館周辺マップ
兵庫県立美術館 HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART
〒651-0073神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号(HAT神戸内)
お問い合わせ:兵庫県立美術館 078-262-0901(代)
美術館HP:https://www.artm.pref.hyogo.jp
交通機関
電車・バスでお越しの揚合
阪神岩屋(兵庫県立美術館前)駅から南へ徒歩約8分
JR灘駅南口から南へ徒歩約10分
阪急王子公園駅西口から徒歩約20分
JR三ノ宮駅から阪神バス、神戸市バス29系統又は101系統で「県立美術館前」下車すぐ
新幹線でお越しの揚合
山陽新幹線新神戸駅をご利用ください。(タクシーで約15分)
お車でお越しの揚合
阪神高速3号神戸線摩耶ランプから約5分
駐車場は、美術館地下1階に80台収容・有料
※ご来館は、なるべく電車・バス等をご利用ください。
このページのTOPに戻る
アート展/美術館頁→
アート展/現代美術ジャンル頁→
アート展/立体ジャンル頁→
インフォメーション頁→
美術館リンク頁→

貸しギャラリー

ストリート別/ギャラリー近道

企画・美術画廊

■アート展案内/下のお好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真

陶芸

立体アート

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート

ストリート・アートナビ新着情報 招待券 ユーザー感想メール TOP頁
TOP頁

個展

画廊

情報

広場
STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2019 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載

企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)