関西・大阪の美楽なアート情報サイトストリート・アートナビ
美術館・博物館・デパートの展覧会と個展案内(通称:アートナビ)
※ストリート・アートナビは犬のキャラクターが目印です。


トップ頁
--
夏休みスペシャル企画!
2018年夏季特別展
赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー
Summer session:“Red and Blue: Exploring the World of Sacred Colors”
会期=2018年 630日[土]〜826日[日]
休館日= 月曜日 ※7月16日は開館、7月17日は休館
開館時間=午前10時〜午後5時(入館は午後4時まで)
会場=MIHO MUSEUM
 太古の人々にとって、「色」は自然そのものでした。そして、「色」を何かに施すことは、自然のエネルギーをもってする呪術であり、象徴的な意味を加えることでした。やがて美を意識して彩色するようになりますが、「色」が今日のように、純粋に「彩る」ことのみを目的として使われるようになるのは、中世あるいは近世以降のことです。一方、現代の私たちは自然か離れた場所にいても、自然界で目にする以上に多彩な色に触れることができるようになりました。
 赤と青は、古代世界においてはいずれも信仰と深く結びつき“聖なる色”と捉えられていたようです。また、赤と青は、一般的にあらゆる色のなかで最も強いイメージがあるとされる2 色であると同時に、一方は動的で他方は静的であるなど、両極の側面を持つ色だとも言えます。
 
本展では、古代から近世における日本そして世界の美術品に表された赤と青を取り上げ、人々が古より「色」とどのように関わってきたかを考えます。さらに、夏休みスペシャル企画として、大人も子どもも太古の世界へタイムスリップ!!現代の私たちが見失いかけている“色のエネルギー”を心で感じ取っていただけるよう、様々な体験コーナーやワークショップなどをご用意して皆様をお迎えいたします。

※終了しました。

-
主催:MIHO MUSEUM、京都新聞
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、NHK大津放送局、BBCびわ湖放送、エフエム京都
担当学芸員: 高橋夕美恵(MIHO MUSEUM 学芸員)
展示総数:約125点(うち重要文化財1点)赤い作品 約45点、青い作品 約80点
MIHO MUSEUM
MIHO MUSEUM
〒529-1814  滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL: 0748-82-3411/FAX: 0748-82-3414
美術館公式サイトhttp://miho.jp
電車、路線バス利用
JR 琵琶湖線石山駅下車 (京都駅から約13分)
JR 石山駅南口より MIHO MUSEUM行きバス(約50分)
タクシー利用
---JR石山駅、瀬田駅、草津駅より 各約35分
---信楽高原鉄道信楽駅より約20分

-
この頁の先頭に戻る
アート展案内/美術館頁→
アート展案内/彫刻・立体ジャンル頁→
アート展案内/クラフト・工芸ジャンル頁→
インフォメーション頁→
美術館リンク頁→
 

貸しギャラリー

ストリート別/ギャラリー案内

美術画廊

■アート展案内/下のお好きなジャンルをクリックして下さい。

絵画

現代美術

版画

イラスト

CGアート

クラフト・工芸

写真

陶芸

立体アート

書・墨象

ノンジャンル

美術館デパート

ストリート・アートナビ新着情報 招待券 ユーザー感想メール TOP頁

TOP頁

個展

画廊

情報

広場
STREET ARTNAVI/ストリート・アートナビ
(通称:アートナビ/ARTNAVI)
Webコンテンツ制作・発信/Copyright(c) ストリート・アートナビ
NAKATA DESIGN INC. 2018 All Rights Reserved.
●このホームページへのご意見・ご質問は
E-mail : street@artnavi.net/ HPアドレス:http://artnavi.net
※当ホームページの写真・イラスト・記事の無断転載を禁じます。

●ストリート・アートナビは関西・大阪の美楽なアート情報サイトです。
アート展美術画廊貸しギャラリー案内展覧会案内バナー広告
貸しギャラリー案内広告の制作と掲載

企画制作・掲載/お問合せ:ストリート・アートナビ(通称:アートナビ)