小説塾「遊房」が、小説の書き方を分かりやすく教えます。
公募小説入選者続出!プロをめざす人を確実に育てる脅威のプログラム
小説制作テキスト
無料配信!受講費が無料になる「小説奨励賞」毎月募集中!

メールマガジン発行しました。ご登録ください。

電子メールアドレス(半角):
Powered by

メニュー
遊房TOP
What's New
イントロダクション
プロ作家をめざすあなたに
当塾の特色
講座案内
入塾金及び受講費
インターネットスクーリング
体験講座
疑問にお答します
アンケート・塾へのお便り
無料テキストプレゼント
・奥様作家講座
メールマガジン
リンク集
・当塾概要
お問い合わせ

インターネットスクーリング

どこでもいつでもスクーリング

通信講座の最大のネックは、授業時間を自分で設定するということです。通学方式の場合、強制的に教室に詰め込み、学習する環境をつくることができますし、また、教室内でもライバルとか触発されるものがあるために、いやがおうでも、学習環境は体裁を整えます。

ところが通信講座の場合、受講時間がありません。好きなときにできるということは、好きなときでなければやらなくてもいいということになります。ですから、当塾では、入塾時に週単位の時間割を塾に提出していただき、その時間にそった形で、学習速度を決めています。

もちろん、学習速度は当塾のいくつかのオリエンテーリング資料に基づき、マンツーマン指導要領を設定していきますから、怠けることなく学習していただければ、十分に実力アップは計れるのですが、どうしても実力養成に欠ける部分があります。

この原因はみなさんの読解力の未熟さが原因です。通信講座はご存じのように、通信で学習する方法ですが、その伝達方法は完全に文書オンリーとなります。悲しいかな、みなさんに、この文書によるアドバイスを読みこなせない未熟さがあるわけです。

で、これを埋めるのが対面方式による、スクーリングとなるのですが、マンツーマンでやっている弊害がここにでてきます。受講生の居住地が教室となる、当塾のスクーリングでは、講師の派遣に要する費用、とりわけ、遠距離になればなるほど、交通費などの個人負担がかさばることになり、受講生に余分な負担を強いることになります。受講生のレベルアップには欠くことのできないスクーリングですが、開催に伴う費用負担がかさばるという、問題を抱えているわけです。

そこで考えられたのが、このインターネットスクーリングです。通常、郵便によるアドバイスですと、受講生が作品を事務局に送り、それをアドバイス講評を付して返送するのに、少なくとも一週間はかかります。すると時間的なギャップが生まれるのですが、即時性のあるインターネットスクーリングですと、メールの交信の感覚でいけますから、いかに遠距離であっても、対面式のスクーリングが、かなりのコストダウンで可能になるわけです。

Eメールの感覚でというのは、そういうことで、アドバイスのやりとりが、Eメールでできるという点です。ですから、作品を送っていただくだけでなく、Eメール通信を頻繁に使って、コーディネーターの先生と密な関係をもっていただくことで、いながらスクーリングが可能になるというわけです。もちろん、Eメールというより、パソコンそのものにアレルギーのある方は、従来通り、郵便によるアドバイスを行ないます。

また、Eメール受講をされている方でも、必要に応じて、または受講生の要望によって、面談方式によるスクーリングも行いますので、別途、お申し出ください。ただし、スクーリングに関する費用は、従前通り、コーディネーターの所在地よりの往復交通費(新幹線利用の場合はグリーン車)、宿泊費(スクーリング可能な場所を保有しているシティホテルか、それに準ずるビジネスホテル)、食費(夕食、朝食)のみの実費としていますが、コーディネーターの講師を別途ちょうだいすることになりましたので、あらかじめご了承ください。ただし、講師料は講師の居住地を考えて、遠方の方には極力抑える予定にしています。詳しくは担当コーディネーターの先生にお尋ねください。なお、スクーリングに当たっては、コーディネーターの先生方を、軽んじた扱いで、迎えていただかないようご配慮ください。



Copyright © 2005 小説塾「遊房」. All Rights Reserved.