CRC-426でございます。
画像はでかいサイズのままで置いてあるのでアップで見たいかたは画像をクリックしてみるとよろし。

型番が426とは、また中途半端な・・・・。
それにしてもミリタリーグリーンの配色はラジカセにおいては珍しいことです。
一見するとスタンダードのラジカセに似ています。でもスライドスイッチの感触はまぎれもなく「ぶぶ」です(・∀・)。300回ほどスライドを繰り返すと壊れそうです。
スライド式の音量・音質調整部分も、普通はフェルトなどををかませて塵が入り込まないようにしてあるものなのですが、ぶぶは裸のまま。

テープ操作スイッチのスピン仕上の化粧は綺麗。イジェクトスイッチを押すと、びっくり箱のようにものすごい勢いでテープホルダーが飛び出してきます。
でも、ぶぶの兄弟の中では、デザイン的にはいちばんまともかもしれません。アップにしてみると結構渋いかも。
商用電源のジャックはぶぶ特有の凸型です。
右側面にはモニタースイッチもついています。
2003/7/21記。