CF-1980 MARK-Vでございます。
画像はでかいサイズのままで置いてあるのでアップで見たいかたは画像をクリックしてみるとよろし。

素直にただただカッコイイです。モノラルラジカセの最終型だと思います。マーク5までモデルチェンジを続けた本当に息の長い機種でした。スタジオシリーズもここに極まれり、です。44800円も納得です。
でも、ちょっと豪華すぎるキライはありますが、ネ。スタイルも機能も文句のつけようがない、超優等生です。音も勿論とっても素晴らしい。
5.7W(EIAJ/DC)のハイパワーを生むITL・OTL回路使用のBTLパワーアンプ。そして16cmウーファー(カーポンコーン)と5cmツィーターの2ウェイスピーカーに金属メッシュのグリル。デュアドテープセレクトスイッチ。サーボモーター採用。
受信部にはセラミックフィルター、バッファーアンプ(MW/SW)、レギュレーター回路を採用。ほんと、技術のてんこ盛りです。

さて、上部についているスイッチ類は、と見てみますと、左から「テープ/ラジオ(ラインイン)」「録音レベル(マニュアル/オート)/ミキシング」「メーター(音声レベル/チューニングレベル)」「テープセレクター(ノーマル/フェリクロム)」「ラウドネスオン/オフ」。
スライド式のボリューム、低音、高音調整。
そしてAFCオンオフ、ISS切替(中波のビートキャンセラー)。
左下の銀色のスイッチがダイヤルライト用。左上の黒い丸ボタンがメータのバッテリーチェック用です。
テープ走行を司るスイッチ類の感触が言葉にできないくらい素晴らしいです。ガチャンという衝撃が無いのです。ちゃんと内部に緩衝材を噛ませているんですね。メカニカルポーズスイッチのカチッという感触も、かつての高級デッキ並のフィーリングで、ソニーの開発者には一週間連続で居酒屋でおごってあげたいぐらいです。
ただ、イジェクトがあまりにも元気良過ぎで、ボンッと出るのだけは勘弁ですが。
1980シリーズは、最初AMとFMの2バンドの機種でしたが、このマーク5は3バンドのチューナーが組み込まれています。でも、どうしても1980って2バンドのイメージが強いんだよなぁ。3バンドだとスケール部がうるさくなって、スタイリッシュなデザインにはちょっとあわない感じがします。
バンド切替スイッチは右側面についてます。場所が無かったんでしょうね。
スピーカーの化粧は銀色メッシュです。。
右の写真が、先代の1980(ただし輸出用のCF480Sという型番)と並べてみた写真です。このページの画像は全部クリックすると大きくなるよ。