RC-G5でございます。
画像はでかいサイズのままで置いてあるのでアップで見たいかたは画像をクリックしてみるとよろし 。
 
大口径の楕円型スピーカーがとにかく目立っている。それ以外は何のヘンテツもない機種なのかというと、全くその通りなのでございます。でも、音はいいですよ。
ちょっとアングルを変えて斜め下から見たところです。スピーカー部分のデザインが凝ってます。レベルメータもカラフルでなんとなく松下に似た感じですね。当時から松下関連の会社だったのかな?。ちなみに、このメーターはデフォルトで針が左にある状態ですが、機種によってはまれに右に針があるのがデフォルトのものがあったと思います。
カセットデッキを作る時、ビクターだけはカセット部が右端にデザインされていたものが多かったのは一体何故だったのでしょう?そういえばスーパーANRSとかありましたね、昔。
この機種は「ミキシング」録音ということがテーマなのですね。
左側面にある外部端子にはマイクが2本とAUX端子が見え、さらにミキシングボリュームもついています。でも、こんなところについていても使いにくそうですね。
ビートカット(ビートキャンセラー)のスイッチもついてますね。
カウンターにはメモリースイッチもついてます。もちろん当時はメカニカル式です。写真でわかるとおり、リセットボタンが折れてしまってます。つまようじでかろうじて押してます。