ACTAS560でございます。
画像はでかいサイズのままで置いてあるのでアップで見たいかたは画像をクリックしてみるとよろし。
正式名称はRT560Fです。公称パワーは2Wなのですが私が入手した物はちょっと歪みっぽい音だったなぁ。スピーカーがもう一ランク上のものだったらよかったかな。トーンコントロールは低音・高音別々に調整できます。
左側にスライドボリューム付きのワイヤードマイクがニョッキリ生えています。カールコードがレトロです。ということは例のマックと同じで、FM送信機能がついており、そのぶん短波省略の2パンドです。この機種にも津軽工場シールが貼られております。東芝のラジカセはほとんどこの工場で生産されたのでしょうか。透けて見えるスピーカーのセンタードームが銀色に輝いてカッコイイ。
スイッチ類の触感が本当にプアー(特にテープ・ラジオ・スリープ切替スイッチとバンド切替スイッチはフニャフニャで×)なのが寂しいですが、音はそんなに悪くありません。
ワンタッチレコーディング方式を採用しています。
電池寿命は連続5時間、断続22時間だそうです。
テープ操作系ボタンは、伝統のガチャガチャメカです。
メーターはバッテリー残量・レベル表示用。チューニングレベルは発光ダイオードで表示されます。
背面に商用電源端子・カーバッテリー用電源端子が並んでいます。こういう配置は珍しいですね。
ソニーだとオートシャットオフなのですが、東芝はオートストップと表記しているんですね。
2001.8/12記。