RC525でございます。
画像はでかいサイズのままで置いてあるのでアップで見たいかたは画像をクリックしてみるとよろし。
ビビビ、ビクター、一体どうしたんだっ?何だこのデザインはっ。
ロボットかバイクのようなイメージの奇抜さです。
でっかい釣り竿のようなマイクがついています。100メーターシューターマイク、と書いてあります。超指向性のマイクなんでしょうね。
本体にはこのマイクの他に、内蔵マイクがもうひとつついています。で、マイクセレクトスイッチもあって、この2つのマイクを切り替えたり、同時に使ったりできるようになっています。ちゃんと2つのマイクのミキシングレベル(バランス)調整もできるんです。で、他の音源ソースをさらにミキシングできる。なかなか凝った機能ですが、さて、いったい何に使ったらよいのだろう(笑)。悩んじゃうなぁ。
これだけでっかいと持ち歩くのも大変だし。
このデザインの流れがステレオラジカセRC727ですね。
メーターはとってもシンプルですが、その上にド派手な発光ダイオードのピークレベルメーターが5個。
それにしても装甲車だなぁ、このデザイン。
上から見ても、ド迫力です。ツマミというツマミが全部でかい。バンドセレクトスイッチも2バンドしかないのにロータリースイッチを使ってるし(笑)。一体何なのよ。
釣り竿マイクロホンはこんなにのびるんです。根元もかなり頑丈にできていて、そうそう折れそうにないです。取り外しもできるようになっています。
筐体がデカいだけあって音は迫力満点です。開けて見ていませんがスピーカーも結構いい物を使っているのかも。
奇抜なマイクにひかれてこのラジカセを購入した若者はいったい何人いらっしゃるのでしょうか。魅力があるようで無いようで、インパクトが強そうでそうでもなくて、どうもはっきりしないラジカセでございます。。
ロクハン1977年10月号の表紙に、525が淳子ちゃんと一緒に載ってましたヨ。
2001.6.4記。2003年1月28日ロクハンの表紙追加。