みつば治療院周辺お食事処情報
肩こReセットご利用の方は、2ヶ月に一回程度の予約継続治療が中心になるため、遠隔地からお越しの方が多いためでしょう、よく治療終了後に食事のできる場所を尋ねられます周辺のお食事処で推薦できるところをあらかじめここでご紹介しておきます。
 当院( 地図 )の、効く人にはとてもよく効く肩こり治療『肩こReセット』は、おかげさまで一部の方には評判がいいようで、治療間隔が2ヶ月と長いため、一回一万円と高額でも日割りすれば他より割安という事情もあり、遠隔地からお越しの方も少なくありません。ありがとうございます。

 ところで、治療終了後に食事のできる場所を尋ねられる事がたびたびあります。もちろん誰が見ても、周辺に飲食店は多数存在しますから、質問の意図は「おいしいところは何処か?」です。

 そこで、遠方からいらっしゃる患者さんのために、周辺のお食事処で推薦できるところをあらかじめここでご紹介しておきます。推薦理由は、個人的な好みに合った、独断と偏見で満足できる理由があった処に限られます。

<うなぎ> 今荘 (いまそう) ;神田小川町1-10-3 地図
 新宿線神保町駅の新宿寄り出口の専大前交差点の皇居側すぐ。千代田区の「景観まちづくり重要物件」に指定されている、特徴のある古い建物の店。メニューはうな重一種類のみ。

<寿司> 佐助 ;千代田区神田小川町2-8-2 地図
 私自身はお昼のランチしか食べてません。当院ご利用の、ビジネスパーソン複数のお勧め店。

<持ち帰り寿司> 笹巻けぬき寿司総本店(ささまけぬきすし) ;神田小川町2-12 小川町交差点からJRお茶の水駅聖橋口に向かう本郷通りの途中。
 創業が元禄15年(1702年)赤穂浪士討ち入りの年からあるお寿司屋さん。合戦用の携帯食として作られたのが始まりらしく、季節にもよるのかも知れませんが、酢が強めです。店内でもいただけますが、お土産好適品という感じです。

<蕎麦>神田まつや ;東京都千代田区神田須田町1-13 地図
 神田の生まれ育ちだと言う子が、「お上りさんは藪、ジモティーはまつや」と言ってました。もちろん 神田藪そば もおいしいですし、店内外の独特の雰囲気や符牒も言い感じですが、値段と量を考えると日常使いにはどうかということでしょう。
 まつやも建物は重文か歴史建物関係の指定を受けてる、少なくても戦前の風情たっぷりの雰囲気です。ごまそばを推薦する人が多いですが、個人的にはニシンそば。これを置いてる東京の本格蕎麦屋は珍しいかもと思っているのですが。関西風メニューなので。


<山形そば>河北や ;神田錦町1-2 官報神田ビル1F (神田警察署並び)
 山形県はそば処だそうです。「冷たい肉そばとかぶり丼」のセットがお勧めです。
鶏肉ののった冷たい鶏出汁のお蕎麦をたぐり、豚肉のかぶりという部位をあぶった丼を半分いただき、残りに蕎麦の器から鶏出汁をかけて、山葵を溶きつつ茶漬けで食す。なかなか癖になるおいしさです。

<讃岐うどん>野らぼー 本店;神田錦町1-8-11 神保町店;神保町2-12-3
 評判の讃岐うどん屋さんです。


<豊前うどん>武膳 ;神田小川町3-11-2 インペリアルお茶の水B-102 (当院の正面並びです)
 豊前ってどこだかわかりませんが北九州の方で、味付けは甘めの醤油がベースでしょうか? なんと私はここの開店第一号の客です。初日開業時は店側もばたばたしてましたし、私自身、特に特徴もないうどんかな?って思ったのですが。実は、当院の常連さんにはかなり好評で、冷やしうどんに草鞋のような牛蒡てんをトッピングするといいと。実際、昼時は店の外まで行列ができてます。地域のサラリーマンOLさんの支持を得ているお店。


<ラーメン>暖暮(だんぼ) ;神田錦町1-14-11 地図
 うちではラーメン屋さんを聞かれるとここを推薦しています。ギトギトの背脂の乗ってない、あっさり九州とんこつに万能ねぎ。細麺で上品な仕上がりです。九州での人気店で東京ではこの一店だけのようです。

<ラーメン>めん徳 二代目つじ田 神田御茶ノ水店 ;神田小川町1-4 靖国通り沿い、小川町交差点と淡路町交差点の間 地図
 おいしいです。濃厚な和風のかつお出汁がベースなんでしょうか?違いのわからん舌なので、あまり説明できません。(定休日 日曜日 営業時間 11:30〜15:30/17:00〜21:30 )

<中華> 刀削麺荘 (とうしょうめんそう) ;神田小川町1-10-3 地図
 刀削麺は注文を受けてから、練って寝かしたうどん玉のようなものから中華包丁で、沸騰した鍋に削り飛ばします。中国滞在経験者によると、この店の味付けは日本風にアレンジしていない向こうの味だそうです。メニュー的には麺類以外が主流という感じです。

<冷やし中華> 揚子江菜館 ;神田神保町1−11−3 地図
 東京で一番最初に冷やし中華をメニューに入れた老舗。確か夏以外でも食べれるはずです。それ以外のメニューもありますが個人的な推薦は冷やし中華のみ。


<タイ料理> ティーヌーン ;神田神保町1-6 地図 靖国通り沿い神保町駅に向かって右側、富士そばの地下
 気軽に入れるタイ料理屋さん。個人的にはグリーンカレーが一押しですが、タイ風チャーハンやビーフンもおいしい。もちろんタイラーメンも。


<辛いカレー> ボルツ 千代田通りを竹橋駅に向かって右側の路地 ;神田錦町3-17 地図
 30年以上前、激辛ブームのはしりの頃に有名だった激辛カレーの有名店の流れを汲むらしいお店。みつば治療院の近所には他にも有名な激辛カレー店はありますが、個人的には激辛が嫌いなので、常に普通の辛さでいただきます。すると、激辛に負けないようにあらかじめ化学調味料たっぷりで、辛味が少ないと食べ終わった後味が味の素を直接舐めたみたいで軽く舌が痺れます。でもボルツは、マイルドでいただいてもおいしくいただける味わいです。ベースの味がしっかりしているというのか、辛くなければ普通にシチュウとしていただける味です。辛さは最大30倍くらいまであるはずです。

<カレー> ガネーシャガル ;神田小川町3-11-2 インペリアルお茶の水B-102 (当院の正面)
 西荻窪で同名で営業している店の2号店らしい。平日のメニューは利用しないので不明。土日祭日は11時〜16時までのランチでナン食べ放題メニューが1、000円から。ナンがとてもおいしくて、大きくても3枚くらいは食べれます。神保町界隈はカレー屋さんの激戦区ですが、私の知る限りここのナンはこの界隈では一番おいしいです。うちにくる方でここを利用する方は少なくないです。

 
<島根の味> 主水(もんど) ;神田司町2丁目13番地神田第4アメレックスビル 地下1階 
 島根県から直送される日本海の幸。桶盛りの「がいな丼」のがいなは島根県の方言で「大きい」という意味で量的には充分です。メインの具は、高菜や焼き鯖など各種ありますが、見た目はちらし寿司みたいに見えます。おいしいです。

<ハンバーガー> KUA`AINA(クア・アイナ) ;神田駿河台3-5 地図
 ファストフードとはいえない(と思う)ハンバーガー屋さん。ハワイで一番有名なグルメハンバーガーという触れ込みで、値段もいいが味もなかなか。個人的にはサンドイッチのほうがおすすめです。日本に数店展開してるうちの一店です。

<喫茶 > さぼうる ;神田神保町1-11
 昔ながらのナポリタンは夕方から。お酒のおつまみ扱いで、珈琲やお茶との食べ合わせはできないらしいです。


<甘味処> 竹むら ;神田須田町1-19 
 昭和初期の佇まいを残すお汁粉屋さん。甘い物好きにはたまりません。

<スイーツ> 万惣フルーツパーラー ;神田須田町1-16万惣ビル 
 江戸幕末、水菓子で創業という老舗の果物屋さん。「万惣のホットケーキは最高の小麦粉、卵を選び抜いて作られる。果物店として、世に知られている誇りが、そうさせるのだ。」と、かの池波正太郎氏も愛したというホットケーキは700円也。

<ドーナッツ> andonand(アンドナンド) ;神田神保町1-6-1 
 ミスタードーナッツの大人バージョン?。高めのお値段設定なので、甘いもの食べ過ぎたくない人にはいいかもという程度ではありますが、まだ、店舗数が少ないようなので、神保町にたまにいらっしゃるならという事で一応掲載。


<コーヒー> やなか珈琲 神田店 ;神田淡路町1丁目1-7  地図
 珈琲の生豆と焙煎豆の販売をおこなっていて、「すべてご注文ごとに生豆から焙煎する」と言う鮮度にこだわったお店。お店の奥にはカウンター6席ほどのイートインスペースがある。本来、焙煎を注文して出来上がるまでの一杯のためにあるのでしょうが、ただ、ちょっと飲むのには、安くておいしくていいです。メニューは飲み物4種のみで、客席が少ないので長居は禁物。