ビブリオバトル

2016年1月


  昨年(2015年)、「ビブリオバトル」という、本を紹介する「戦い」があることを知り、こちらにも参加しています。

「ビブリオバトル」は2007年頃から京都大学の中で始まりました。それが今では全国の大学、大型書店、図書館、公民館などを中心に開催されています。
 ルールは、大変シンプルです。5、6名の参加者(バトラー)が一人の持ち時間5分で、自分の推薦する本を紹介します。このとき、時間は厳守であることと、原稿は持ち込めません。終わると、2,3分の質疑応答の時間があります。5人全員の発表が終わると、だれの本が一番読みたいと思ったか、観客の挙手で決めます。一番多い本が、「チャンプ本」になります。よくある読書感想文の発表などと違い、最後にチャンプ本を決めるというだけで、ずいぶん盛り上がります。

 私がはじめて出場した回(2015年7月)は、たまたまそれが全国大会出場をかけた予選会をかねていました。そんなことは知らないで出たのですが、いきなり優勝してしまい、9月に奈良で開催された全国大会にまで出場しました。
 全国大会とは言え、近郊から集まってくるだけだろうと思い、高をくくっていたら、会場に着いて驚きました。30名の出場者は東京、神奈川、山梨、名古屋、広島、四国他、文字どおり、全国から集まっていました。残念ながら、こちらでは予選2位で、決勝の5名には残れなかったのですが、機会があればまた全国大会にも出場したいと思っています。
 その後、地元では半年で6回出場し、3回チャンプ本に選ばれ、グランドチャンプにもなってしまいました。


戻る  Homeへ

k-miwa@nisiq.net:Send Mail