■HOME■

<Grampus Diary>

バックナンバー(7月)

<<8月 6月>>

名古屋3−2横浜

横浜"F"マリノス戦初勝利

前半1−2の苦しい展開から執念の逆転勝利!選手も燃えた!2万1千の大観衆も燃えた!俺も仕事場で燃えた!

待ってろ!横浜

次に会うのは

チャンピオンシップだ!

(7/29)

C大阪0−3名古屋

うおおおおおおお!3連勝!

新生グランパス4勝2分、未だ負けなし

結構危ない試合だったようだがゴールポストが楢崎に味方していたようだ。ピクシー→岡山のホットラインはもう無敵である。止めれるもんなら止めて見ろ>小村、松田(うわー、むちゃむちゃ強気だ)。むしろDFラインが心配だったのだが平岡、古賀のコンビが予想外の活躍で2試合連続無失点。しかし二人の力というより中盤も含めた総合的な守備力のような気がする(シュートは倍打たれていたようだが)。滝澤がリーグ戦初得点、ウェズレイも来日初得点。名古屋ユース出身の選手(岩田)の初出場など初づくしの試合でもあった。いよいよ(やっと)滝澤ブレークか?

次節からは好調なチーム相手が続くだけに真価の問われる試合になりそう。来るなら来い!>柳想鉄、中村、三浦(とにかくむちゃむちゃ強気だ)。

うーん、浮かれてるなあ>ぢぶん

(7/26)

リンク追加のお知らせ

グランパスステーションさん

(7/26)

名古屋2−0市原

内容は?でも貴重な勝ち点獲得

さすがに暑い!ピッチの上はもっと暑かったろう。スコアボードの時計も暑さで壊れるし。前半は運動量を抑え後半勝負という作戦が成功した。特に呂比須は作戦に忠実で後半に入っても極力運動量を抑えていた。まあいくら暑いとはいえ味方に正確なパスができないくせに市原の選手に正確なパスをするのだけは勘弁してもらいたい。攻撃はピクシーがキープして走る岡山にパス、という名古屋が誇るホットライン。というよりこれしかないという感じ。PKも裏へ抜けた岡山が倒されて得たもの。見所はこれくらい。市原DFが集まりすぎ逆サイドに広大なスペースを用意してくれても誰も走りこまず。あのなあ、前半シュート3本やねん。後半は前半に体力温存していた名古屋ペースで試合がすすむ。滝澤のミドルシュートやCKを古賀がファーサイドで頭で合わせたりと流れが傾きかけた後半29分、ウェズレイ登場!なんと「チャンスに人まかせ」という名古屋の伝統を早くも身につけていた。どこが「獰猛な犬」じゃ。遠慮せんとガンガンいかんかい!んでもボール扱いのうまさはさすがにブラジルである。次節に期待しよう。守備の方は平岡が堅実なプレイで相手にチャンスを与えず。後は前線へ効果的なパスを出して欲しいのだがそれは古賀に任す。後半おわりがけ、岡山が例によって1対1を外しこれで終わりかと思われたロスタイム。ストイコビッチの強烈なFKをGKがはじき、浮いたボールを途中交代福田が押し込み追加点。こういうゴール、いいですねえ。GKがはじくことを予想して飛び込む。福田にはもっとこういう点の取り方をしてほしいですね。結局2−0で終了。久々の無失点勝利。順位もなぜか8位に浮上。

(7/22)

オリンピック代表候補に楢崎

予想通りの選出

楢崎世界進出計画着々進行中?

古賀と福田は予想通り残念ながら選出されず

今までぎりぎりで代表に選出されていたがさすがにタイミングが悪すぎた。とはいえこれで全てが終わったわけじゃない。まずは名古屋のタイトルのためにがんばってほしい。

(7/21)

名古屋VS市原

7/22瑞穂"選手が目の前"球技場

にしても市原との試合、今月3回目のような気がする

ウェズレイデビュー予定

期待?今はただ祈るのみである。

とりあえずストイコビッチのパスに反応できてシュートが枠に行けばOKだが、開始早々赤紙一発退場するんちゃうか?という不安が頭をよぎっている……。たぶん顔のせいだろう(笑)

(7/20)

リンク追加のお知らせ

赤鯱軍団応援ページさん

グランパス&ドラゴンズさん

(7/20)

ウェズレイ獲得

公約通りブラジルのFWウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルバを獲得。バイーア州の得点王。というのがどれほどすごいのか分かりません。22日の市原戦に早くも登場予定。移籍選手用に空けておいた背番号「8」がやっと埋まった……。

あと背番号「12」も空いているが、こちらはいつ埋まるのかなあ。欲しいのはボランチかセンターバックの選手だよなあ。

(7/17)

神戸1−3名古屋

岡山!君の季節だ!

試合を見たわけではないが岡山が90分走り回り攻守に貢献したに違いない!

福田も最後のチャンスと思って気合を込めていたに違いない!

もちろん他の選手も気迫あふれるプレイで戦ったに違いない!

(7/15)

名古屋2−1市原

あ、7月初勝利だ

お、岡山ーーー。あのシュートが決められてなんで今まで(以下自粛)

↓二人は休めって書いたけど結局この二人の活躍が大きかった……。ホミルドの負傷退場で見事に流れが変わってしまったようだ。交代出場の滝澤が予想外(笑)の活躍。

後半、早い時間で追加点を奪って楽になったが、やはりもう1点ほしかった。チャンスもあったし。まあこの試合勝つことが重要な試合なのでまあよしとしますか。夏男なのは分かったから壊れるなよ>岡山

さあ、チームを立て直してカップ戦のタイトルを狙うぞ!次の相手は神……え?2点差をひっくり返された?4−0で清水?な、なあに、カップ戦での清水戦は相性がいいんだ(……だったっけ?)

(7/12)

ある日の某誌編集部

編集長「おーい。ページ余ったからグランパスの3人組の話でも入れるか」

記者「はーい。じゃ3人の悪口だけ適当に書けばいいんですよね」

編集長「めんどくさいから取材なんか適当でいいや。知り合いにでも聞いて見ろ」

記者「ああ、なんか昔脱税疑惑ってありましたね」

編集長「おう、入れろ入れろ。脱税工作ってしっかり書いとけ。脱税って書いとけば世間が喜ぶからな」

記者「友人の友人の友人の友人の記者がチーム内でイジメがあったって言ってたそうです」

編集長「おう、それも書いとけ、書いとけ」

記者「大岩とかいう選手が後輩に厳しいこと言ってたらしいですよ」

編集長「それも入れとけ。そうだ。「ラモスは違う」とでもつけ足しとけや。なんでもかんでも「ラモスは違う」って入れときゃいいんだよ」

記者「こんなもんですかね」

編集長「ああ、どうせサッカーファンが読むわけないしな。適当でいいよ。適当で。ところでグランパスって何のチームだっけ?」

……ま、こんなところでしょ>某誌

(7/11)

名古屋VS市原

多くのサポーターが忘れていそうだが12日はナビスコ二回戦である。「それどころじゃない」かも知れないがこれに勝てば三回戦は8月末。それまでにチームを立て直すことができればタイトルも不可能ではない。代表で誰も抜けないし。五輪代表?誰が?楢崎のこと?またJ1残留を考えても順位的に近い市原との実力差を測る上でも重要な試合である。V川崎戦以上の気合で本気でタイトルを狙ってほしい……といいつつ下の方でストイコビッチと岡山は休めって書いてるやん!

(7/9)

鳥栖2−0浦和

得点者:矢部、三原

なんじゃそりゃー!

移籍したばかりの2選手をダブルボランチで起用した鳥栖も鳥栖だが思いっきり結果を出してしまう二人も二人である(笑)。名古屋サポの間では早くも「レンタル期間が終わったら絶対戻ってきてね」運動が始まっているらしい(←ホントか?)。

(7/9)

名古屋2−2V川崎

確かに気持ちは伝わったが得たのは勝ち点1だけ。今までと何が違うの?

1点目は楢崎のミス……かと思ったがあとでビデオを見たらシュートが微妙にイレギュラーしておりキャッチしきれなかった感じ。むしろ2人続けてシュートされる方がおかしい。広長には誰もあたりにしっていないし。2点目は完全に1、2節のリプレイ。自軍CKを跳ね返されてカウンターからの失点。ああ、またかと思って思わず苦笑。パスミス、トラップミスの多さ、走り出しの遅さ、ゴール前での判断の遅さ……。ロスタイムのストイコビッチのゴールには興奮したが「(他の選手に対する)怒りをこめて思い切り蹴りこんだ」ように見えた。先月末までユーロ2000を戦ってきて磐田戦、市原戦、V川崎戦とフル出場したストイコビッチより運動量があったのは岡山だけってどういうこと?

エース不在で延長は10人だったチームにホームで引き分けがやっと???

呂比須>1点めは貴重なゴールだったがその後はどうした?

福田>このままだとホントに出番がなくなるよ?

平岡>連携はこれから。安心して任せられそう。問題はホミルドの分までカバーできるかどうかだ

山口>埋めるべき穴が多すぎ。山口1人では限界がある。問題はホミルドの分までカバーできるかどうかだ

大森、古賀>ミスもあったがやるべきことはやっていたと思う。問題はホミルドの分までカバーできるかどうかだ

楢崎>ミスは十分取り返した。2点は防いでいる。問題はホミルドの分までカバーできるかどうかだ

岡山、ストイコビッチ>川崎戦のMVP。てゆうかカップ戦は休んでくれ!でないと壊れるぞ、この二人

(7/8)

小宮副社長事情説明

あの拍手は単純な支持じゃないと思うぞ

内容はほぼ今までの報道通り。ただ「主力として活躍すべき選手がなぜ毎年のように問題を起こすのか」のくだりが妙に力が入っていた。サポーターの前で「3選手=諸悪の根源」と断定するのもどうかと思うが……。これでは他の監督の交代劇や若手選手が伸びずどんど移籍または退団していったのも全て3選手が悪いように聞こえてしまう。それに「スピードのあるFWを獲得予定」って放出したのはMFとDFでしょ?まるで3選手とは別にで今いるFWは使えんとしか聞こえないが。それともそんなFWを起用するチーム戦術に対する批判か?

とりあえずマスコミの期待に反し騒動は起きなかった(ペットボトル1個除く)。しかし、スピーチ後の拍手は支持というよりも「サポーターの前で説明するという最低限の責任を果たした」ことに対する拍手だと思うのだが……。

(7/8)

 京都が望月、平野獲得に名乗り

広島も望月に興味?

今のところ京都以外にオファーの意志を示しているところはなさそう。他のチームは経緯が経緯だけに様子見といったところか……。

(7/8) 

名古屋vsV川崎

監好むと好まざるとにかかわらず試合以外の点が注目される一戦になるであろう。しかし、明日の試合は純粋に重要な試合なのである。3連敗と1勝2敗では次節以降の展開が全く違うものになるからだ。3選手ためとかサポーターのためとかそんなことはどうでも良い。自分のプライドのためだけに戦ってほしい。特に山口。今のチームを支えられるとしたら山口しかいない。がんばれ山口素弘!作者のタオルマフラーの「6番」にかけても!←いやそれはどーでもよいが。

*  *  *

試合開始前に小宮副社長の説明が行われるとの事。7/4のコメント(4)については責任者は小宮副社長であると解釈します。

(7/7)

フロント翻意せず

大岩、望月、平野と監督が山口を交えて会談。さらに監督と小宮副社長との会談が行われたようだが決定は覆らず。「もうなにがあっても決定が変わることはありえない。副社長からそういわれた……」と山口は語った。

今更「なかったこと」にできるはずもなく3選手の放出は決定的になったもよう。今のところオファーはないが京都が興味を示しているもよう。(←熱田とのトレードなら作者的にはOK)。横浜は三浦の後がまに平野に興味を持っているらしい(←古賀誠二とのトレードなら作者的にはOK)。 

(7/7)

市原1−1名古屋

新生グランパス、アウェーで市原に引き分け無難なスタート……なーんていうわけないだろ!

前半いい時間に先制しながら追加点を奪えず。後半、流れをかえたくても交代選手がいない、DFの控えは山道のみ。結局小倉の同点ゴールを許し引き分け。なんか何回も書いたことある展開だよなあ。あ、そういえば……3選手放出事件の影に隠れていたが山口が無事復帰していた。ホッ!

……うーん、強いぞヴェルディ。土曜日だいじょーぶか?

(7/5)

大岩、望月、平野に対し戦力外通告

あたかも3選手が全面的に悪いような恣意的な報道が多く、公式HPにいたっては3選手は完全に悪者扱い。……しかし彼ら3人を擁護する声がチーム関係者、選手から聞こえてこないのはなぜ?あえて封じている?それとも……?

(1)3選手放出について

報道されない部分に事の真相があると思うがそれを知りようがありません。3選手放出により間違いなく確実に(メンタル的な面も含めて)戦力アップするというのなら賛成ですが、劇的に変わるかといわれてもそれほど期待できないません。チームとしての統制はとれるだろうがそれが良いことかどうか分かりません。

(2)ほんとうに大英断か?

もし3人に問題があったというのならばすでに去年その兆候はあったわけで、オフになんらかの手を打つべきでだったでしょう。もしシーズンオフに手を打っていれば3選手の移籍話も容易に進みトレードで他の選手を獲得できたかも知れません。その上でフロントが理想とするチームつくりができたかも知れません。もちろん経営的には大打撃を受けチケット売上激減、フロントは糾弾されるでしょう。それでもあらゆる非難を受ける覚悟でオフに手を打つべきではなかったのでしょうか?

(それとも今年6月に入って初めて何か問題が起きたのでしょうか?)

「監督の辞意撤回のためにやむを得ず」という理由を利用し自分達がもっとも非難されない、いいかえればサポーターの支持を得やすいタイミングを待っていたとしか思えません。

(3)3選手放出とJ2降格は関係ない

おそらく3選手放出を念頭においての言葉だと思いますが、それでも「J2止む無し」の発言は無思慮であるとはしか思えません。仮に3選手を放出したとして「J2止む無し」といえるメンバーですか?キーとなる選手を補強できれば十分上位を狙えるメンバーではありませんか!

(4)責任は誰がとるのか

公式HPで「新生グランパスを目指して」というコメントがあるが署名は広報部となっている。もちろん広報部が3選手を放出した分けではない。小宮さん、あなたの署名の入ったコメントはどこですか?こういう場合TOYOTAでは責任者の名前を明記をしませんか?

問題解決を先送りにした結果、最もショッキングな結果を招いた責任は誰がどうやってとるのですか?

(7/4)

「長いスパンで見ることになった以上、仮にJ2に落ちても、やむを得ない」と話す幹部もいた(中日スポーツ)

↑それはちょっと違うんじゃない?チームの幹部がJ2なんて口にして許されるわけ?

言い換えれば「J2に落ちてもフロントはなーんの責任もとりませんよ。だって長期スパンなんだもーん」ということ?あと13試合もあるのに?

(7/3)

ジョアン・カルロス監督辞意表明も慰留「最大限の支援をする」(小宮副社長)

てことは今まで「最大限の支援」をしていなかったというわけ?

こういう話はシーズン前にする話じゃないの?

長期政権?監督権限拡大?監督の能力を正確に把握した結果で続投を決定したの?それとも単に天皇杯優勝したから?

チーム内の不協和音はどうするの?監督に一任するわけ?

そもそも本当に勝つチームを作る気あります?

(7/3)

磐田5−1名古屋

理解不可能な采配で必然の敗戦

ウリダ&滝澤のダブルボランチ?いやあれをボランチとはいわん。アウェーで相手が磐田となればまず守備を固めんか?山口がいないと3人くらいいなくなった気がする。結局「守備的MF」がいなかったために攻守がものの見事に破綻したわけで、とりあえず古賀をボランチに上げて大森をCB、左サイドは滝澤か藤田にしておけばなんとかなったはず……なんてのは結果論か。守備は自分のことでせいいっぱいで他人のカバーリングなんかできない状況では5失点も当然。守備がこれでは思い切った攻撃ができるわけもなく、結局ゴールまでのイメージができないから遠くからポンと放り込んであとは運まかせ。決して好調とは言い切れない磐田相手にこの結果では……。ところでもはや誰も触れていないが宮原がついにデビューした。今のチーム状況では判断しようがないが確かにセンスはありそう。とりえずカップ戦で90分起用して見たら?

あ、あと一言。オフサイド主張して手を上げて止まるな!セルフジャッジはやめろ!今後二度とするな!去年のガンバ戦でこりたんじゃなかったのか?

(7/1)

<<8月 6月>>

▲TOP