■HOME■

<Grampus Diary>

バックナンバー(12月)

11月>>

山口、石川を除き契約更改

「ただし、フロントは全ポジションの補強を進めており、大物数人がグランパス入りしそうだ」(中日スポーツ)

西沢(川崎F)、原田(大津高)って確定したん?原田獲得なら文句ないやん。

ところで大物って誰やねん。当然代表クラスだよなあ。三浦淳とか?い、いかん。正月中気になるやんか(笑)。

噂になっているのは酒井(市原)、ふっとわいたのが海本(神戸)。100%とは言わないまでも80%補強を成功させ、今一度、優勝候補と言われるようなチーム作りを!

2001年Jリーグ開幕まで

あと69日

↑……計算合ってるよね

(12/30)

小倉隆史V川崎へ移籍

小倉はV川崎(=東京V)へ完全移籍が決定。オグ&ゾノというある意味夢のコンビを結成。きわめて残念な結果だが、監督の構想外で本人が選んだ道ならしょうがないのかも知れない。しかし中日スポーツにあったコメント「本当は名古屋で優勝するのが夢だった。名古屋と本格的な話し合いもできないまま、移籍リストに載せられたのは残念。今は新天地に向けて吹っ切れています」が非常に気になるんですけどねえ>凶化強化部長様。

(12/28)

楢崎契約更改、4800万で合意

しかも奇跡の2年契約

ならざきぃーーー!!!!!ごいごいごいごいごいごいごい、ごいごいごいごいごいごいごい、(ハッ)、ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ご〜い!ごぉ〜〜い!ごぉ〜〜い!

……シーズンチケット購入者の90%がほっとした模様。

(12/28)

西沢淳二(川崎F)獲得へ

「どーせ補強する気ないんちゃう」と全く信用されていなかった名古屋が西沢(川崎F)を獲得の模様。チーム幹部(←って誰のことや、凶化強化部長のことか?)「これからも補強がどんどん進んでいきます」となんとか言っているらしい。この「どんどん」の中に酒井(市原)、遠藤(京都)、三浦(横浜)、路木(浦和)、久保山(清水)、安藤(横浜)、本田(鹿島)、井原(磐田)、澤登(清水)らが入っているかどうかは不明である。

(12/27)

平岡靖成完全移籍

注目の平岡靖は大分も慰留に努めていたようだが名古屋への完全移籍が発表された。なお、管理人が多分名古屋へ来るだろうと楽観していた奥野(川崎F)は広島へ移籍。……あと獲得できそうなセンターバックって誰かいたっけ。もしや森岡獲得に全力を挙げているとか。

喜名哲裕東京へ完全移籍

管理人が多分名古屋へ戻って来るだろうと楽観していた喜名が東京へ完全移籍と相成った模様。貴重な中盤の戦力なのにあっさり放出。移籍金かせぎか?もしや酒井の獲得が確定しているとか。

……まさかセンターバックと守備的MFは名古屋の補強のポイントになっていないとか?

……まさか即戦力を補強しない方針だったりして。

(12/23)

楢崎年俸アップも保留

名古屋が誇るスーパースター楢崎が保留。「僕は地味で目立たないかもしれないが、だれよりも仕事をしている自負はある」。え〜うそ〜。「名古屋には楢崎しかおらんのかい」っていうほど目立ってたって!「納得いかないことはないけど、もう少し評価してほしい」とのこと。い、いかんぞ楢崎。そういうことを言うと真っ先に(以下同文)。

*  *  *

古賀もアップながら保留

「評価はしてもらえたが、考えている数字と違った」。い、いかんぞ、古賀。そういう(以下同文)

*  *  *

渦中の人、福田も保留

永井(浦和)とのトレード話が名古屋をターゲットにガセネタを提供しまくる報知で報道された福田だが、プロ入り初の減俸で契約交渉では保留。このトレード話の賛否について多くの名古屋サポと浦和サポが「ホントはどっちが得やねん」と真剣に悩んでいる模様。

(12/23)

岡山契約更改

名古屋唯一の創設時のメンバー、岡山が契約更改。「名古屋でずっとやりたい」というようなことを言ったらしい。泣かせるなあ、岡山。また交渉の席上「呂比須とか、名古屋に呼ぶときは持ち上げて、辞めるときは正反対。来た選手、出て行った選手みんなみてきたけど、そこは直さなければと言った」とのこと。い、いかんぞ、岡山。そういうことを言うと真っ先に追い出されるぞ。名古屋に残りたかったら小宮様には絶対逆らったらいかんのじゃ〜〜〜。

*  *  *

山口は保留

補強などが明確でないとして3回目の交渉も保留。そんなもん明確になるの待っとったら3年くらい経ってまうぞ。そもそもそいうことを言うと真っ先に(以下同文)

(12/21)

三原レンタル移籍の鳥栖から復帰

レンタル先から復帰という快挙を達成

矢部は完全移籍。W富永は鳥栖へレンタル移籍。山道は鳥栖へ完全移籍が濃厚。

あ〜あ、DFの補強できたのかなあ。吉本と山内で終わりかなあ〜。

どんどん薄くなる選手層。でもフロントには関係ないもんね。人件費が減ってよかったね(はぁと)

(12/20)

呂比須ワグナー東京移籍

呂比須の東京移籍が確定。移籍金は0円也。やっぱり浜松から通うんだろーか?

(12/19)

名古屋0−2磐田

代表7人を擁するJ1磐田に完敗

予想通りすぎて面白くもなんともない

圧倒的な実力差がありながら前半0−0。後半なんとか守ってどさくさまぎれの得点で奇跡の勝利……。と思ったらやはり順当な結果。さすがに4回戦ともなればジャイアントキリングは起きないですね。

この試合のメンバーは

ピクシー  ウェズレイ

滝澤   岡山

ウリダ   山口

大森 平岡靖 古賀 石川

楢崎

(交代)ピクシー→福田 平岡靖→原

ストイコビッチ、楢崎以外で他のJ1チームでレギュラーになれる選手がはたして何人がいるでしょうか……?

およそ全ての局面で負けていたため試合のポイントを挙げるのは無意味。プレッシング、ラインコントロール、展開力、創造力、その全てにおいて完敗名古屋は少なくともJ1上位〜中位レベルにはありません。「今ごろ気づいたんかい」とツッコミがきそうですが。

多分選手は自分が何をすべきかどう動くか全くわからないまま試合に出ているのでしょう。監督も手取り足取り教えることもできないだろうし、そもそもトラップがまともにできない選手に戦術教えてもしょうがないですしね。

2001年の開幕まであと3ヶ月。どうにかなるのかね?

(12/17)

主力選手誰も契約更改せず

減俸確実の新システムにとまどい?

勝利給の比率を大幅にアップした新システムの場合、勝率7割で現状維持であるらしい。7割といえば21勝。優勝チーム以上の勝率であっても現状維持となってしまう。また、個人の能力よりチームの結果が優先されるため、例えば代表に選出されるような活躍をしても年俸が上がらないということになる。選手が簡単に納得しないのも分かるような気がする。まあ今年に関しては選手も言いたいことがやまほどあるだろうし、チームの方針がはっきりする=補強選手が決定するまでこの状態は続くであろう。……ま、もっともフロントは聞く耳なんざ持ってないだろうが。

(12/15)

鹿島2−1鳥栖

負けて本気で悔しがる三原、矢部

今の名古屋に必要なのは彼らのような選手ではないのか?

鳥栖にいた半年で二人とも大きく成長したのではないだろうか?名古屋でつまらないサッカーをやらされるよりも鳥栖で昇格を目指して戦った方が二人のためにはいいような気がする。そもそも今の名古屋に戻りたがらないないだろうけど

(12/13)

稲本(G大阪)、酒井(市原)にオファー

……らしい。報知の記事なので無視しても良いのだが、ネタ的におもしろいので一言。

ものすご〜くうがった見方をすると

(1)山口が契約しない可能性が高いと判断した

(2)そこで、ボランチの補強が必要となった

(3)また、人気選手の放出、有力なユース年代の選手獲得に失敗し、サポーターがあきれシーズンチケットの継続購入者が予想をはるかに下回り危機感を持った

(4)そこで人気選手の獲得を考えた

(5)まず、遠藤(京都)にオファーを出したが本人にあっさり断られた(かっこつかないので「獲得否定」と言ってごまかした)

(6)とにかく誰か獲得しなければいけないので稲本、酒井にオファーを出してみた

(7)ダメで元々。やる気を見せれば少しはサポーターが見直してくれるだろうという計算もあった

(8)または呂比須移籍問題でダウンしたイメージを少しでも回復し話題を提供したかった

半年先に欧州に行くと言い切っている選手を獲得するのもどうかと思うが……。同じお金を使うなら素直に遠藤獲得した方が良いと思うが。この調子だと次は城にオファーとかいいだすぞ。

(12/13)

ヒサゴ(株)様、遠藤獲得資金ありがとうございます

TOYOTA以外の初めての袖スポンサーは地元のヒサゴ(株)に決定。というわけで、今まで以上にタックシールなどを使わせていただきます

(12/12)

カルロス監督契約延長

名古屋の監督は長くても1年半まで、という暗黙の了解があったのだが、カルロス監督が1年半の壁を破りそうだ。17日の磐田戦の結果を見る前に契約更改するとは、フロントもなかなか度胸がある。この決定が来年、吉とでるかと出るかは神のみぞ知る。

(12/12)

移籍リスト発表

12月12日発表の移籍リストに伊藤卓、呂比須ワグナー、岸川義隆、小川誠一、小倉隆史、飯島寿久の6人が載せられた。なお、呂比須には東京からオファーがあったらしい。

(12/12)

Jリーグアウォーズ開催

MVPには中村(横浜)

……らしい。ベストGKには高桑(鹿島)。確かに最小失点だけど、そもそも鹿島はDFのレベルが高いからなあ。それよりザルDFの後ろで孤軍奮闘したGKを選んでほしかったなあ。

(12/11)

名古屋3−2湘南

内容不問

トーナメントの初戦は勝てばよし

呂比須は古巣に痛烈な一撃

4回戦の相手はベストメンバーで愛学院を一蹴し愛知ダービーの夢を砕いた磐田

(12/10)

小川凶化強化部長遠藤獲得を完全否定

「移籍金で折り合わない」ってあんたらの交渉が下手なだけだ!

移籍金満額で2億円ということだが交渉次第で1億円〜1.5億円くらいになるだろう。放出するときは移籍金0。獲得するときは「高いからできない」では話にならない。

……なあ、そろそろ白状しろって。「私の本当の目的はJ2に落ちてもいいから赤字を解消することです」って>小川凶化強化部長

(心配されていた新人獲得は成功だと思う。これについてはちゃんと評価できる。しかしそれだけではチームは成長しないのではないか?チームに刺激を与え、山口の後継者を育てるためにも遠藤の獲得は必須だと思うが)

(12/8)

小倉隆史来季契約せず

他チームへ移籍

小倉が「戻りたくない」って言うようなチームに誰がしたのだろう?

でも

私にとって小倉=名古屋です。今までも、これからも

仮定の話をしても仕方ないのだが、小倉があの日着地に失敗しなければ……

(12/8)

秋田商の山内友喜(DF)入団内定

センターバックも左サイドバックもできるDF。DFの層の薄さが少しずつ解消されつつある模様。秋田豊ではなく秋田商だったのか……

(12/6)

呂比須ワグナー戦力外通告

「なぜグランパスが優勝できないかが分かった。サッカーを知らない人がやってる」(中日スポーツより)

いや、そんなのみんな知ってるって。

それにしても呂比須が激怒するくらいだがら、かなり失礼なことを言ったんだろうなあ。

あのさあ、今が大事な時ってフロントは分かっているのかなあ。遠藤(京都)も移籍に前向きな発言しているし、センターバックも補強しないといけない。新人も獲得しなければいけないし、無論現有戦力の流出も防がなければならない。この時期になんで無用のトラブルを起こすのかなあ。このままでは、誰も名古屋でサッカーやりたくなくなるよ。

(呂比須の移籍についてはチーム構成上やむをえないところもあると思う。今必要なFWはスピードのあるタイプだが、残念ながら代表に入ったころのスピードはないし、呂比須が望むプレイはできないだろう。しかし、J1でやる力はあるし呂比須を生かせるチームもあると思う。引退勧告はやはり失礼だろう)

(12/6)

平岡靖成完全移籍か?

「勝てるチームかどうかの判断が重要」っていうことは

(1)毎年のように何らかのトラブルを起こし

(2)以前より選手層が薄いといわれながら補強をせず

(3)最重要課題であったセンターバックの補強に失敗し

(4)シーズン途中に主力選手をいきなり放出し

(5)代わりの選手を全く補強せず

(6)突然「長期的展望」に方針を変え

(7)低迷したまま1年間を終え

(8)フロントは全く責任をとらないにもかかわらず

(9)勝利給優先の新年俸システムで選手個人の責任だけを追及する

こんなチームでもいいんですか?

(12/5)

愛学院2−1横浜FC

作者が愛学院−横浜FC戦を見ていて

大爆笑したのはもちろん内緒である

がんばれ愛学院!

4回戦は愛知ダービーじゃ(笑)

(12/3)

天皇杯3回戦の相手は湘南

12月10日の相手は湘南に決定。伊藤裕二が1年ぶりに瑞穂に帰ってくる。今年もちょこちょこ番狂わせがあるが名古屋もフジタ、コスモ四日市、東京ガスにころっと負けた過去があり、他人事ではない。17日瑞穂で磐田−湘南戦なんぞ見たくないので、まずはきっちり勝ってもらいたい。

(12/3)

遠藤保仁(京都)名古屋移籍有力

風の噂よりたちの悪い報知によれば完全移籍の条件を出した名古屋への移籍が有力らしい。山口と遠藤のダブルボランチでトップ下にウリダ。おおお!いいぞ、これは。てゆうかホントに実現するのか?

(12/1)

日本大の中村直志(MF)入団内定

高校卒ルーキーの獲得にことごとく失敗し「実は名古屋って人気ないんちゃう?」と作者に酷評されていた名古屋だが、実は大学卒の即戦力に的を絞っていたことが判明。つーわけで本日、日大の攻撃的MF、中村の入団内定が発表された。

(12/1)

小川、飯島戦力外通告

93年より名古屋で活躍してきた二人だったが若手選手に追われるように戦力外通告された。飯島は引退もかんがえているようだが、まだまだやれる。ベテランDFの力を欲しているチームはあるはず。新天地での活躍を祈る。いやマジで。

(12/1)

さようなら、中西哲生

(12/1)

11月>>

▲TOP