<戻 る>

 Grampus Diary (1月)

豊田スタジアムに選手の足型

名古屋の選手の足型をが豊田スタジアムに残されることになったそうである。確かピクシーゲートも作るという話もあるし、ホームスタジアム化への伏線か?とはいえ名古屋中心部から遠いし、そもそも名古屋市でないので移転はないだろうが……。しかし「愛知県がホームタウンだ」と言い張れば豊スタはちょうど真ん中だしな。数年先のことは分からないよねえ。遠い遠いと言っても広島駅から広島ビッグアーチのことを考えれば(以下自粛)

(1/31)

Jリーグ日程発表

開幕戦は冗談抜きで

瑞穂球技場で浦和

20000人以上確実に集まる試合をなんで球技場でやらなあかんねん。多くのサポーターが楽しみにしている開幕戦、しかも浦和戦をあんな狭いところでやるわけ?なんのメリットがあるの?これって浦和に対しても失礼ではないのか?たかが14勝しかできなかったチームが開幕の開催権を主張したってしょうがないでしょうが。

川淵チェアマン様。こんなん認めていいんですかあ?お得意の超法規的措置でなんとかなりませんかね〜。

まあ、Jリーグの試合より翌日のマラソンの準備の方が大切なんだから仕方ないよなあ。

(1/29)

ナゴヤドームでファン感謝デー

ナゴヤドームに約14000人の「観客」を集めファン感謝デーが開催された。内容は

(1)グランパスヒストリー

過去の映像をみんなで見た

(2)プロの技見せます

プロの技をみんなで見た

(3)ザ・ピクシー

秋に発売されるDVDの映像をみんなで見た。この間、他の選手がどこにいたかは不明。

(4)大抽選会

選手が帰った後で盛大に行われた

なおファン感謝デーの様子はテレビ愛知で2月12日に大幅に編集されて放送予定

(1/28)

新キャプテンは楢崎

01年の主将に楢崎が指名された。元々人気、実力ともに名古屋NO1の選手。中堅として今後チームを引っ張っていかなければならない楢崎にとっても適任であろう。まあどう考えても適任者は山口以外には楢崎しかいないが。

(1/26)

楢崎、酒井が代表候補に

「あれ?海本は」と思った方こちらを見るべし。またU−17代表候補にはユースの平林輝良寛選手が選ばれている。

 (1/26)

JFLに5チーム加盟

地域リーグ決勝大会で1、2位となった東京佐川急便、YKKに加えNTT熊本、SC鳥取、愛媛FCの計5チームが加盟。将来のJリーグ入りを目指す愛媛FCや、山陰地区から全国リーグ入りしたSC鳥取などの活躍が期待される。また地域リーグ時代のライバル、アローズ北陸vsYKKの富山ダービーが再現。他にも東京ダービー、静岡ダービー、四国ダービーなどダービーだらけ(?)のJFLに注目。

(1/26)

福田’ナンバー9’健二が帰国

公式HPの「全員集合」の文字をを見つけた福田がグラアニから急遽帰国。「ヒントがたくさんありました。ボールのないところでの動き、DFとの駆け引き、そしてずるいプレー…」。「何より精神面の収穫が大きかった。トップに上がろうとする若手の過酷な争いからは、すごく伝わってくるものがあった。もっと自分もうまくなりたいと思ったし、こんなんじゃ駄目だとも思った」というコメントを残し9を背負った今期の活躍が期待されるが「だったら3年前のアーセナル留学では何学んでんねん」というのは管理人の独り言である。

(1/25)

J・カルロス監督4冠宣言(笑)

22日より練習開始した我らが名古屋だが、初日から監督が笑わせてくれた。いや、目標が高いのは悪いことではないが。それにしても「わたしが出した獲得希望選手は一人も取れなかったが、それに近いレベルの選手は取れたし、この補強に不満はない」というコメントには苦笑してしまう。まあ、監督とフロントが十分話し合った上での補強ならなんの問題もないのだが。名古屋に限っていえばそれは有り得んな。……獲得希望選手っていったい誰やねん?

(1/23)

新人選手入団発表

吉本岳史、中村直志、山内友喜、原田拓、澤田和樹の5人の入団発表が行われた。「選手層が薄いから出番あるやろ」と思って入団したら大間違い。厳しいチーム内の戦いがあるががんばってほしい。

最後の大物、三浦淳の東京Vへの移籍が決定し移籍市場も一段落。名古屋の補強もほぼ完了か。全体的には失った戦力を補い、弱点を埋める的確なもの。滝澤、藤田、原、岩田らの出場が危ぶまれるが去年は元々タナボタで出場したようなものであり今年が本当の勝負の年である。

さてさてもはや予想不可能なフォーメーションであるが、個人的な希望としては

 ピクシー ウェズレィ

ウリダ      酒井

   古賀 山口

中谷 西沢 海本 大森

    楢崎

古賀のボランチがポイントである(笑)。試合展開によっては古賀が下がって3バックに移行できるという特長を持つ(が、選手が対応できるかどうかは知らんが)。チームの問題点がどのように改善されていくのか?いよいよ22日【全員集合】である。

(1/21)

中谷勇介(川崎F)獲得?

左サイドバックになお不安をかかえる名古屋は川崎Fの中谷にオファー。獲得が決定的らしい。管理人またも大爆笑。いろいろ事情が(中略)戻って即レギュラーとはいかないかもしれないが活躍を期待したい。え?トルシェボーイズ(笑)復活?

(1/18)

移籍選手入団発表

海本慶治(2)、酒井友之(8)、西沢淳二(18)、佐藤浩(30)、三原廣樹(34)ら移籍選手の記者会見が行われた(カッコ内は背番号)。それにしてもみんなえらい気合がはいってるなあ。特に三原。精悍な顔つきは別人のようだ。また新ユニフォームも発表されたがこれについてはコメントを差し控えたい(笑)。ん?西沢が18ということは福田は9か?

(1/17)

ピクシー・プロジェクト発足

ストイコビッチの引退セレモニーを行うためにチーム内にプロジェクト発足。各種の記念イベントが行われる模様。ただし引退試合については未定。プランとしては

(1)全国各地で記念写真展、ピクシーの大型人形(笑)の展示

(2)ピクシーグッズの発売、DVDソフト、写真集などの発売

(3)サビチェビッチ、ミヤトビッチを招待しての記念イベントの開催

(4)サビチェビッチ、ミヤトビッチを酔っ払わせてこっそり契約書にサインさせる

(5)↑エリア88じゃあるまいし

(6)しかしこれで1stステージ最下位じゃシャレにならん

(7)つーわけで他の選手に余計なプレッシャーがかかるのであった

しかし、これで本当にピクシー引退かと思うと一抹の寂しさを感じてしまう……

(1/16)

大型補強(笑)

かねてより噂のあった海本慶治(神戸)の移籍が確定。また酒井友之(市原)もほぼ確定。そしてなんとなんと森山泰行も獲得したらしい。それを日本代表ニュースで読んだ管理人は3分ほど笑い転げたらしい。シーズンチケット料金振込み締め切り日の直前に発表するところがナイスである。

(1/15)

山口、石川契約に合意

よっしゃあ!!!

いろいろ噂のあった山口が契約。石川も契約。どんな補強をしようとも彼らのような経験豊富なベテランの力は必要になるはず。逆に二人にはそういう仕事をしてもらわないと困る。頼みます!

(1/14)

氏原良二、新潟へ

ユース出身、期待のFW氏原が新潟へレンタル移籍。行き当たりばったりの補強の犠牲になったともいえなくないが三原の例もあるし新潟で活躍して力をつけて名古屋復帰をはたしてほしい。呂比須についでFWの放出ということはFWの大型補強が成功したということだろーか?

(1/12)

ブラジルのクラブ、グラアニと提携

福田、大森、松山コーチが留学中のグラアニと提携。今後相互に選手の留学などを行うらしい。若手育成とチーム強化のノウハウを学ぶのが目的とのこと。いつのまにかブラジル路線に転向し、ベンゲルつながりのヨーロッパ路線は切れたらしい。

(1/11)

酒井直樹(柏)にオファー?

サッカーダイジェスト今週号のJリーグホットラインで「ここまで名前の挙がった選手では、市原の酒井友之、柏の酒井直樹、神戸の海本など。そのいずれも、獲得の可能性は高いという」という記事が。柏の酒井というのは初耳なのだが……。原、岡山ともろかぶるしピクシー引退後の保険とも思えないし……。そもそもすでに柏と契約していなかったっけ?21日に今シーズンの体制発表があるのでそれまでにははっきりするはずだが。その柏は柳想鐵を獲得。これが本当の大型補強である。上記選手を獲得できなかった場合、柏との戦力差は開く一方だがね。

(1/11)

酒井(市原)、海本(神戸)獲得か?

以前から噂にはなっていたが、中日スポーツによると酒井友之の獲得が決定的、また海本慶治についても移籍に前向きとのこと。決定すれば移籍した選手の穴を埋める的確な補強で戦力アップは確実。降格候補から一歩抜け出した模様。それにしても中日スポーツの「2選手の獲得が決まれば、昨季、低迷したグランパスが、再び優勝候補として注目を集めることになる。」という記事は相変わらず能天気すぎるなあ。

(1/7)

原田拓(大津高)入団内定

原田拓(大津高)。左利きの技術力の高い中盤の選手。三原とかぶりそうな気もするが、今後を考えるといい補強ではないだろうか。喜名移籍の理由がわかったような気がする。出遅れた観のある新人の補強だったがまあまあ合格といってもいいかな〜。

(1/6)

▲TOP