↑戻 る

<<2月

1月31日 練習試合

ベルデニック監督初の練習試合はCFE(松阪市のクラブチーム)を相手に45分3本で行われた。結果は2−0、3−0、4−0と勝利。詳細はこちら。磐田戦の基本布陣と思われる1本目のメンバーはこんな感じか↓

マルセロ(原) ウェズレイ

滝澤        中村

山口  酒井

中谷 海本 古賀 石川

本田

マルセロがケガで原と途中交代。その原が2得点1アシストと活躍。監督が「新たな驚き」と高く評価したようだ。

雑誌などのインタビューにもあったように4−4−2を継承。現時点ではなんとも言えないが、とりあえず慣れたメンバー、フォーメーションで約束事を徹底させる方針なのだろうか。熊本キャンプでは去年と違いJ1、J2チームとの練習試合が組まれており実戦をこなしチーム作りをしていくことになりそうだ。

なお2本目途中からは若手中心のメンバーに。注目の練習生、鄭容臺が出場している。

 

……DFの秘密兵器、なのか?

 

1月30日 開幕戦にあわせナイター練習

「開幕戦の時間に合わせて、体をなじませておくことが必要だ」とベルデニック監督。開幕戦が全国放送の都合で19時30分キックオフとなるため、2月に3回ほどナイター練習を行い、身体を順応させ開幕戦に臨むようだ。

相手は磐田。しかも楢崎、ウリダ抜き。そんな不利な状況ではあるが、あの手この手でトップコンディションに持っていき、勝ち点を奪おうという監督の意志が感じられる。

また監督の意志を事前に感じ取ってたのごとく1週間前のプレシーズンマッチもわざわざナイターで実施。わざと見に行きにくい日時にしたのもチームのコンディションを整えるためだったわけだ。

 

……そういう理由なら平日ナイターでも仕方が無いな

 

1月29日 古賀練習合流

去年シーズン後半に負傷。そのまま忘れ去られていた古賀が練習に合流。「体力的な面では、まだ完全ではないけど、練習試合もいけますよ」と故障明けの不安を、全く見せなかったとのこと。

 名古屋の5番=ライン統率ができるDFリーダー

 名古屋の5番=古賀正紘

 ゆえに

 ライン統率ができるDFリーダー=古賀正紘

 

……この等式が正しいことを今年こそ証明してくれい

 

1月21日 新背番発表

10番は既報の通りウェズレイが、9番はマルセロがつけることになった。その他は空いた背番号を埋める形になった。そして小倉、平野、ウェズレイと受け継がれてきた栄光の11番は……

平岡直起

インタビューで「背番号の数だけゴールしたいですね」なんて答える姿が目に浮かぶようだ。あらゆる意味で一番11番が似合う選手かも知れない。

 

……11番着けただけでネタになる選手っていったい……

 

1月21日 豊田自動織機様スポンサーに

天皇杯では全国放送されるどころか3回戦で佐川急便に完敗してしまうようなヘタレなチームに2億5千万円もの大金を投じてくださいましてありがとうございます。回収できるかどうかはさだかではございませんが、これからもよろしくお願いします。

 

……この2億5千万円で誰を獲得するんですか?ねえ?ねえ?

 

1月20日 奥(磐田)横浜へ

我らが中日スポーツ様にて獲得濃厚と報道され、サポーターの間にトップ下論争を巻き起こした(?)奥であったが横浜へのレンタル移籍が正式に発表された。

 

 ……どこでどう間違って獲得濃厚になったのだろう?

 

1月19日 新体制発表

ベルデニック監督、および新人3選手の入団発表が行われ、今シーズンの体制がほぼ確定した。ベルデニック監督に関しては中日スポーツにて。

どちらかといえば選手の力に合わせたチーム作り、選手の長所を伸ばすチーム作りをするような雰囲気を感じた。補強などが監督に希望通りだったとは思えないが、1ヶ月でどこまでチーム作りをすることができるか楽しみである。2/22のプレシーズンマッチでは内容のある試合を期待したい。

 

……ほとんどのサポは見に行けないけどな

 

1月16日 キャンプ日程発表

名古屋は2/4〜2/16熊本の水前寺競技場でキャンプを行う。新監督のもとじっくり戦術の徹底を図ることになるだろうが、代表クラスの選手が加入したりして主力が代わったわけではないので、チーム作りはすんなり行くであろう。そのためにあえて補強しなかったんだよな?な?

 

……練習試合で地元のアマチュアチームに負けないことを祈る

 

1月15日 徳重(デンソー)C大阪へ移籍

JFLのMVP、キング・オブ・カリヤ、トクシゲ・ニッポンこと徳重隆明がC大阪へ移籍。デンソー社員からプロ契約選手となった。上のリーグへの移籍ということでファンとしては嬉しくもあり寂しくもあるといったところだろうか。C大阪での活躍に期待したい。

 

……ライバルは森島、尹晶煥……て、手強い

 

1月11日 片桐獲得内定

選手権の得点王、岐阜工の片桐の入団が内定。本人は浦和を希望していたらしいが、なぜか名古屋に入ることになった模様。地元の選手だけに活躍を期待したい。

2年後に原と2トップを組んで名古屋の黄金時代を築くか、それとも別のチームで活躍しているかは神のみぞ知る。

 

……スカウトとしてはスゴ腕のようですな、三浦さん

 

1月10日 富永英湘南へレンタル移籍

富永英明の湘南へのレンタル移籍が発表された。鳥栖でお役にたったのかどうか今イチよく分からないが、湘南でもがんばってほしい。

 

……FWなのかDFなのかは謎のままではあるが

 

1月9日 2/22プレシーズンマッチ開催

■大会名称  '02Jリーグプレシーズンマッチ豊田大会

■対戦カード 名古屋グランパスエイト VS ガンバ大阪

■日  時  2002年2月22日(金) 19:00

■会  場  豊田スタジアム

(JリーグオフィシャルHPより)

 

2月なのにナイター?しかも平日に豊田で?何かの冗談ですか?観客を呼びたくない理由でもあるのですか?休日はマラソンの準備で使えないのですか?

 

 ……相手チームもえらい迷惑やのう

 

1月8日 岐阜工1−3国見

初の決勝戦進出となった岐阜工だったが、さすがに国見の壁はあつく準優勝に終わった。片桐は6戦連発はならなかったものの得点王に。名古屋はその片桐にオファーを出したらしいが以前練習参加した浦和の方が有力らしい。準地元の選手だしぜひとも獲得を……といいたいところだが「名古屋に来ても伸びないし飼い殺しになるだけ。そもそもストイコビッチいないし名古屋に来る理由がないやん」とふと思ってしまった。

 

……選手本人までそう考えていないことを望む

 

1月5日 岐阜工4−1四中工

注目の東海対決は意外な大差で岐阜工が勝利。今大会大活躍の岐阜工の片桐はプロ志望ながら進路未定とのこと。地元の選手だけに獲得してほしいところですが、名古屋に来ても

【1年目】1、2試合に出場

【2年目】ケガの繰り返し。試合に出られず

【3年目】レンタル移籍

となるのがオチですな。むしろ他チームで活躍しているところを引き抜く方が名古屋らしいか?

 

……しまいにゃ新人来なくなるぞ

 

1月1日 清水3v−2C大阪

決勝にふさわしい好ゲーム。2点差を追いつかれた清水がVゴール勝ち。どっちが勝ってもおかしくない面白いゲームでした。

やっぱり天皇杯は決勝までいかないとダメだということを痛感。

 

……なんせ名古屋と無関係の試合が1ヶ月近く続いたしね

 

1月1日 あけましておめでとうございます

相変わらず本業多忙ですが出来る限り更新頻度を落とさないようにしたいと思いますので今年もよろしくお願いします。

今年の希望はまずはJ1残留。そして運が良ければどっちかのステージだけでいいので優勝争いにからんでくれれば言うことなしです。

 

……え?チーム全体の体質改善?そんなもん期待してませんて

 

▲TOP