↑戻 る

<<3月 1月>>

2月28日 ドラガン・ストイコビッチ氏来日

支持率13%を切ったチームの応援にストイコビッチ氏が来日。練習を視察し「君達は磐田より強い」と檄を飛ばしたもよう。テクニカルディレクターとしての初仕事か?エコパでの試合も観戦するらしい。ドゥンガ氏やジーコ氏のような選手に対する影響力があればいいのだが。

 

……そいえば前回観戦した試合は佐川急(以下省略) 

 

2月27日 あと3日

totoの投票状況が発表されてます。……名古屋支持率(名古屋勝ち)は13%を切りそうな勢いです。いえ別にいいんですけどね。今日発売のサッカー雑誌では磐田、鹿島のライバルとしてちゃんと話題に……なってへん

……

…………

「寝て覚め」は後藤健生氏を応援します

 

……同じ理由で小杉敏之氏を応援しないかも知れません

 

2月26日 toto再開

totoの投票状況が発表されてます。……が、名古屋はJ1最低の約14%の支持率です。全体を見ても鳥栖の8%についで下から2番目です。素で泣けます。

名古屋サポ一部の物好きな方穴狙いの方しか投票していないんですか?

楢崎出場できるんですよ?マルセロもケガ治りましたよ?ウェズレイは相変わらず調子いいですよ?酒井は仕事きっちりですよ?なんてたってベルデニック監督ですよ?ゾーンがプレスしてるんですよ?それでも名古屋が勝てないと思うんですか?ああ、そうですか。

 

……一応年間5位のチームなのに(泣)

 

2月24日 監督 ジュビロ磐田を偵察

拝啓 ジュビロ磐田様

非公開の練習試合に我がベルデニック監督をご招待していただきましてまことにありがとうございました。え?招待してへん?まあまあ、そうおっしゃらずに。

……まあ、無理やり入り込んだわけでもないし大目に見てくだされ。22日のPSMでは磐田のスタッフもちゃんといらっしゃっていたようだし……ああ、だから前半30分でゾーンプレスを止めたのか。

 

……お願い、そうだと言って

 

2月22日 プレシーズンマッチ

名古屋0−1G大阪(名)(G)松波

平日ナイターでどうなることかと思われたPSMだったがなんと観客5000人。屋根を閉じたためか死ぬほど寒いという事もなかった。懸念の芝もついにめくれることがなかった。道中の商店街にはチームフラッグが飾ってありホーム気分を盛り上げる。これで試合内容がよければ文句なしなのだが……。

ウェズレイ マルセロ

滝澤     岡山

山口  酒井

中谷 古賀 海本 大森

楢崎

前半30分ぐらいまでは守備面はすばらしいでき。DFラインを高く保ち2、3人で囲みボールを奪いすばやく展開。G大阪を圧倒しほとんど名古屋ペースで試合が進んだ。ただ攻撃面はゴールに近づいてからの工夫が足りずフィニッシュの精度を欠き得点に至らず。後半はDFラインが下がり始め中盤に大きくスペースができるようになり、G大阪がパスをつなぐサッカーをするようになると完全にG大阪ペース。楢崎が孤軍奮闘し無得点に抑えてきたが守備の連携は乱れたまま。時折チャンスをつかみ惜しいシュートがあったものの無得点。結局、松波にゴールを奪われ0−1で終える。

確かに前半30分ぐらいまではこれまでの名古屋では見られなかったプッレッシングサッカーだった。しかし後半、DFラインがずるずる下がり中盤に大きなスペースが空き守備が乱れるのは相変わらず。DF−MF−FWの距離が開くためパスもつながらず、両サイドのオーバーラップがないため攻撃に厚みがなく単発になってしまう。このへんは去年と変化なし。

ただ前半のサッカーで期待が持てたのも確か。時間はかかるだろうが去年より面白いサッカーになるのは間違いはない……ような気がする。

2月21日 楢崎0試合。ウリダ2試合

「1試合相当の出場停止は翌年に持ち越さない」

……そんなルールあったのかよ。

去年誰もそんなこと言わなかったぞ〜。レッドカードの場合、無条件で1試合出場停止だと思ったんだけどな〜。

「開幕戦なのにW杯会場の試合がガラ空きでは困る。しかも全国放送。せめて楢崎選手が出れれば……」なんて配慮から今日作ったルールじゃないだろ〜な?

ま、楢崎も気分がすっきりしたようだし活躍を期待しよう。…ってその代わりウリダが2試合出場停止?なんだそりゃ?

 

……開幕GKがトミヤスというのもマニアックだったのに

 

2月17日 シーズンチケット

シーズンチケットが送られてきました。今年はチーム創設10年目ということでチケットホルダーの表紙裏には歴代の監督が載っていたのですが……

10年で監督9人

監督代行4人

こういうとこだけリーグ1位(多分)になってもねえ。

ちなみにこんな感じ。斜字は代行の方

平木隆三

与那城ジョージ

G・ミルン

三浦哲郎

A・ヴェンゲル

コスタ

C・ケイロス

田中孝司

サンチェス

マザロッピ

J・カルロス

三浦哲郎

ベルデニック

与那城ジョージ代行監督なんて忘れてたな〜。

2月16日 練習試合

名古屋3−2横浜(名)ウェズレイ2、滝澤(横)久永、坂田

熊本ウインターリーグ最終戦。初のJ1チームとの試合。45分×3本で行われ結果は1−0、2−2、0−0。詳細はこちら。メンバーはこんな感じか

ウェズレイ 原

滝澤     岡山(中村)

山口  酒井

中谷 古賀 海本 大森(石川)

楢崎(富永)

ほぼ開幕メンバーと思われる名古屋に対し、横浜もウィル抜きまがらほぼベストメンバー(だっけ?)。ただし後半は若手にチェンジ。結果だけ見ると順当……か?ウェズレイが期待通りの2得点。「サイドからもいい展開が増えたしDFの裏へのパスもあって今までより、いい感じ」と、チームが上向きであることを思わせる。

しかし監督のインタビューを見ると、チームとしての完成度はまだまだのようだ。練習は実質的にはまだ1ヶ月。監督に言わせれば5ヶ月かかるとのこと。しばらくは勝ったり負けたりが続くのかも知れない。

ここに来てけが人が多いのも気になる。マルセロ、ウリダ、本田……本田?開幕戦のGKはどうなるのだ?

 

……ついにデビューか?トミヤス

 

2月13日 練習試合

名古屋2−1鳥栖(名)秦、原(鳥)川前

熊本ウインターリーグ第3戦。45分×3本で行われ0−1、0−0、2−0とトータルでは勝利したもののレギュラーチームは0−1。先発メンバーはこんな感じ。

ウェズレイ 森山

滝澤       中村

山口  酒井(山口慶)

大森 古賀 海本 石川

楢崎

決定機もほとんどなく無得点に終わり「ミスが多すぎる」と監督も嘆いていたようだ。この試合では試合中の指示をあえて行わず選手の自主性に任せたが流れをつかむことができずハーフタイムには監督に「勝つことは求めていないから、落ち着いてプレーしなさい」といわれる始末。試合後は「パスが続けて3本通らない。簡単なミスが多すぎる」とコメント。

 

……誰ですか。「やっと名古屋らしくなった」なんて言う人は

 

2月11日 片桐キャンプから離脱

注目のルーキー片桐が高校の行事のためキャンプを離脱。合流が9日のため実質3日間(内1日は休日)のキャンプ参加だった。チームでの練習がほとんどできず前途多難のスタートとなった。練習中は「もっとパスをしろ」という指示が出されているようでチームになじむのはまだまだ先の話になりそうだ。

 

……高校の行事って……やっぱり期末テスト?

 

2月9日 練習試合

名古屋5−0大分(名)ウェズレイ3、秦、大森(大)

熊本ウインターリーグ第2戦。45分×3本行われ2−0、1−0、2−0と名古屋が完封勝利。出足の早い大分にペースを握られパスがつながらない(……またかよ)不安定な内容ながら終わってみれば5−0で勝利。メンバーはこんな感じ

ウェズレイ 原

中村      岡山

山口  酒井

中谷 古賀 海本 石川

楢崎(本田)

太字はここ何試合かの傾向からレギュラー確定かな?と思われる選手です。これにウリダが加わればほぼ今年の基本メンバーでしょう。平岡直、マルセロのケガが気になりますが、まあまあ順調にきているようです。このまま練習試合を重ねて、名古屋にもどってさらに戦術の徹底を図り、メンバーをある程度固定させて実戦練習をってあと3週間で開幕じゃん。

2月7日 鄭容臺入団

テスト生として名古屋の練習に参加していた鄭容臺の入団が正式に発表された。ポジションはMF。背番号は33。

あれ?てっきりDFだと思っていたのだが……。それに長身だと思っていたが178センチ。テスト生というので若いと思っていたら24歳。

なにをどう勘違いしていたのか分からないが、フィジカルも強そうだしセンターバックもできそうだし、なかなか面白い補強だと思う。地元(名古屋)出身の彼の活躍に期待したい。

 

……青梅FC時代の情報プリーズ……無理?

 

2月6日 練習試合

名古屋1−1湘南(名)岡山(湘)シルバ

キャンプ開始していきなりJチームと練習試合。メンバーは多分こんな感じ。

ウェズレイ 森山(原)

滝澤(中村、藤田)  岡山

山口  酒井

中谷 古賀 平岡靖 大森

本田(楢崎)

相変わらず対磐田戦バージョン。このままずっとウリダ、抜きでやるのだろうか?CBは海本がケガしたらしく平岡靖。レギュラー組に藤田が入ったのが注目される。内容はイマイチだったようで唯一の見所は岡山のゴールだけだったらしい。ただ監督は「今の時期であれば悪いデキではない」とのこと。ピークはあくまでも3月2日ということを考えればこれで良いということなのだろう。

なお同日、若手中心のメンバーで福岡大と練習試合を行ったがこちらは原のゴールなどで2−1で勝っている。

2月4日 熊本キャンプスタート

去年に引き続き熊本でキャンプ(16日まで)。この間、横浜、湘南、大分、鳥栖との練習試合が予定されており6日には早くも湘南と練習試合を行う予定。ベルデニック監督は徹底した実戦主義で行くようだ。ここでほぼレギュラーメンバーが固定されるであろう。どのようなメンバーになるか楽しみである。また鄭容臺の活躍→契約にも期待したいところ。唯一マルセロのケガが気になるところだが……

2月2日 練習試合

中1日でまたまた練習試合(阪南大)。なんて気合が入っておるのだ。マルセロがケガのため先発は原。1本目〜2本目の途中までのメンバーはこんな感じ。

 ウェズレイ 原

滝澤       岡山

山口  酒井

中谷 海本 古賀 大森

楢崎(本田)

結果は4−0(原3、ウェズレイ)。45分の前半はあまり動きが良くなく攻守ともに今イチのでき。途中から動きがよくなり特に原、酒井の精力的な動きが目立った。特に酒井はデュリックスを思い出させるような活躍。司令塔とまでは言わないが中央〜右サイドで起点となっていた。気になったのは攻撃が左に偏っていたこと。中谷が中盤に上がり3バックに近い状態だった。そのため大森はあまり上がらず。また滝澤は主にライン際に張る形で、岡山はやや中央よりだった(2本目はライン際に寄ったようだ)。この辺は監督の指示によるものだろうか?。山口や海本のミスが目立ったのも気になるところ。

2本目後半〜3本目はこんな感じだったと思う(自信ないです。間違いあればご指摘ください)

森山 秦

原田(山口慶)  中村

  ウリダ  鄭容臺(吉村)

藤田 吉本(鄭容臺) 山内 石川

富永(澤田)

鄭容臺は2本目は守備的MFで3本目からCBに。高さもありフィジカルも強そうでCBが合いそう。FW秦というのは???結果は3−0(原、ウリダ、?)、3−0(ウリダ、森山2)。このメンバーではウリダ、森山、石川は別格という感じ。3本目は疲れからか全体的に雑であまり見所なし。この中では原田、中村の積極的なプレイが目立った。

練習開始してまだ10日ということで劇的に変わったところは見られないがこれから徐々にレベルアップしていくだろう。

▲TOP