↑戻 る

<<7月 5月>>

6月30日 ブラジル2−0ドイツ

セネガルに始まりブラジルで終わった2002年W杯。やはりブラジルは強かった。守備力とか組織力ではブラジル以上のチームがあったかも知れないがここ一番での強さはブラジルがNO1だったかも。

……すげえよ、ロナウド

これで至福の1ヶ月が終わり。次のW杯は4年後、日本での開催は数十年後……?

それまで長生きしましょうかね。グランパスを応援しながら。

6月29日 W杯ファイナル

いよいよ決勝戦。ドイツVSブラジル。両チームがW杯で対戦するのはなんと史上初。W杯史上に残るであろう対決がいよいよ明日キックオフ……なんですがみなさん盛り上がってますか?

日本が負けたからって、韓国が負けたからって、ベッカムがいなくなったからって、W杯が終わったわけではないんですよ〜。

6月27日 F1対決

トヨタ名古屋6−2ホンダ

ホンダとの練習試合は6−2で勝利。公式HPに詳細があったはずですが1日で消えてやんの。6点取って2点取られて調子いいんだか悪いんだか。このうちイヴォが3点取って調子を上げているようですが……。

次の練習試合は29日にJFLのFC京都と対決。この際佐川急便ともやってほしいものだ。

6月23日 ひっそりとキャンプ終了

飛騨古川キャンプは無事終了。アローズ北陸(JFL14位)との練習試合が2−2で終わったのにどこが無事やねん、という突っ込みは不可。

イヴォとパナが出ていなかったようだしちと気になりますな。

7月13日に間に合えば問題ないのですけどね。

6月22日 爽快感

トルコ1−0セネガル

昼間は都合で韓国−スペインの生中継を見ることができずトルコ−セネガル戦と昼夜が逆だったらいいなあ、とか思ってました。

 

……トルコ−セネガル戦面白かった。見れてよかった。どちらの国にも特に思い入れがなかった分単純にサッカーを楽しむことができました。中盤でプレスがかかっていないぶんラフプレイも見かけなかったし、両チームともボールを持ったらゴールへ一直線というシンプルなサッカー、それが高いレベルで繰り広げられるもんだから面白いのなんのって。最後はトルコの組織力が上回った感じですが、どっちが勝ってもおかしくない好ゲームでした。こういうゲームばかりなら言うことないのですが……

6月18日 日本0−1トルコ

「さあ、どこへ蹴ってくるんや……来た!……あかん、前へ出られへん……うわ、ノーマークや、あかん、あかんて……み、右……し、しもたぁ……」

この借りは4年後に返すべし>楢崎。

*  *  *

……文字通りの惜敗でした。残念でした。決勝トーナメントはおまけみたいなもんだから……といいつつ負けたらやっぱり悔しいです。采配についていろいろ批判もあるようですが、負けた試合の采配は常に批判されるもの。個人的にはしょうがないかなと思います。1試合余分に楽しめたのだからそれだけで十分です。

6月15日 ピクシー来たりて

古川キャンプも3日目。なんとストイコビッチ氏がサッカーマガジンの原稿書きの合間をぬって訪問。アドバイザーとしての仕事をしたとかしないとか。

さてこの日は富山県選抜チームと練習試合。詳細はこちら……って公式戦なみのレポートやね。イヴォとパナももちろん参加。これを読む限りは……とりあえずみんな元気そうです。

6月14日 日本2−0チュニジア

森島シュートォ!

ゴーーーーーーーーール!!

「よぉーーーし!」

 

市川右サイドからクロス中田ヘディングゥ!

ゴーーーーーーーーーーーーーーール!!!

「うおっしゃぁ!!」

 

ここで試合終了のホイッスル!!

ニッポン無敗で決勝トーナメント進出ぅぅぅ!!

 

「う、う、うおおおおおぉぉぉぉーーーーーーー!ホントかよ、すげえよニッポン、うわーウソみてぇ」

 

……え?もちろん仕事中ですよ。それがなにか?

6月13日 飛騨古川キャンプスタート

夏の恒例、古川キャンプがスタート。カメルーンと違ってちゃんと予定通り到着。W杯出場チーム以上の歓迎をうけた模様。

ポイントはやはりベルデニック戦術の徹底とイヴォ、パナがどれだけチームに溶け込むかというところでしょうか?

6月12日 応援より暴れるのが目的のやつら

こちらとかこちらを見て呆然。

「お前ら豊スタの芝生の上でなにやっとんじゃ!」

「スタンドに降りないで下さい」っていう簡単な日本語もわからんのか、こいつら?

暴れるのが目的なら他でやってくれ。

6月11日 ウリダの後継者、またも九州へ

10番候補三原廣樹が今度は福岡へレンタル移籍。2年前鳥栖で大活躍し名古屋に戻ったはいいがケガ&ケガで出番なし。やっとあの「曲がって落ちるFK」が公式戦で見られるようになったと思ったら……(T T)。

た、たのむ。福岡で活躍して戻ってきてくれ〜。

……そういえば元名古屋のファンタジスタが福岡に集まりつつあるなあ〜。三原とか宮原とか呂比須とか飯島とか。

6月10日 毎年恒例レンタル移籍第1号

この時期になると試合出場機会がなく実力のある若手選手が移籍するの恒例となっているが今年の該当者は吉本岳史。横浜FCへのレンタル移籍となった。

パナの獲得によりCBとしての出番がなくなることを考えれば移籍もやむを得ないところか(って毎回同じ事書いてる気がする。まあいいか、湘南でボランチとして大活躍している富永英の例もあるし)。

 

横浜FCサポの方へ

吉本はロングフィードが得意でCBもボランチもできる(はず)の大型DFです。プレイスタイルはこちらの上から11番目の写真をご参考に……。え?どっちが吉本かって?

……聞きたいですか?

6月9日 歴史に残る勝ち点3

日本1−0ロシア

こんなに早くW杯で欧州の強豪チームに勝てる日がくるとは思いませんでした。

楢崎……中田……小野……稲本……

 

 

あ〜もう嬉しくて言葉が浮かばねえ……

6月6日 イヴォ&パナ☆

5日にバスティッチが、6日にパナディッチが来日。それぞれ記者会見を行っております(イヴォパナ)。

コメントを見る限りバスティッチはゲームメーカーというよりはトップの選手っぽいですね。ウェズレイと2トップか、ウェズレイ1トップでバスティッチは1.5列目か、気になるところです。

いずれにしても監督との意志の疎通はスムーズに行きそうなのでその点は問題なさそうです。チームとしてはいい補強ができたのではないでしょうか。練習再開に間に合うようにちゃんと来日したという点も評価できるでしょう。

……ま、これで失敗したら後がないけどな。

6月4日 勝ち点1ィィィィィィィィィ!

日本2−2ベルギー

日本サッカー史上初、W杯での勝ち点1。「勝てた試合だった……」という声もありますが(例:ウチの会社の同僚とか)前回3戦全敗だったことを考えればベルギー相手に2点取って引き分けたのだから上出来ではないでしょうか?森岡→宮本の交代でゲームプランが狂ってしまったところもありますが……。

試合内容もDFの連携とか攻撃の組み立てとかフィニッシュのときのアイデアとか、気になるところはなくもないですが(結構ありますが)ベストメンバーでベストゲームだったのではないでしょうか?そういうことにしましょうよ(笑)。

心配なのはこれで燃え尽きてしまうことですが試合後の選手の顔を見る限りは大丈夫でしょう。

 

韓国2−0ポーランド

韓国W杯初勝利!得点は黄善洪、柳想鉄。さすが柏レイソル(違)。凄かったのは安偵桓。気持ちいいくらいのシュート、シュート。某国のディフェンシブFWに見習ってほしいものですな。

6月1日 地元で復活なるか

元名古屋の宮原裕司が福岡入団。名古屋では10番候補といわれ期待されながらケガもあり活躍できず。地元福岡での復活に期待したいところです。

▲TOP