↑戻 る

<<12月 10月>>

11月30日 磐田から2点も取っちゃいました

名古屋2−3磐田

完全な消化試合。というより磐田の優勝記念ファン感謝マッチ。優勝パレードの前夜祭。空気を読んだ名古屋は前半で2点をプレゼント。試合を盛り上げるために同点に追いつき最後は中山隊長のPK。絵に描いたようなファン感謝マッチでよかったなあ、おい。

名古屋はこれで2ndステージ13位。13位というのは球団史上最低の順位であることを監督、選手は決して忘れないように。私たちも決して忘れませんから。

11月29日 ナオキもか……

↓3選手に続いて平岡直起も来季の契約しないそうです。もう一度ゴールシーンが見たかった。無念。

11月27日 素さん、巧さん、ゴリさん……

公式発表ではありませんが山口素、石川、森山と来季の契約を結ばないそーです。ああ、涙で文字がかすむ……

若返りはいいけど若返りできるほど人材豊富か?若手が本当に育っている?冷静に考えて欲しい。ウェズレイと楢アを除いたら札幌や広島や神戸や柏と戦力変わらないでしょ?来季延長廃止になれば上位と下位の勝ち点差が縮まるんですよ?ウチなんかプレッシャーに弱いから勝ち点が伸びずにズルズルいっちゃう可能性だってあるんですよ?大丈夫?ベテラン切ってホントに大丈夫?

もちろん抜けた分はそれなりの補強はするだろうからどんなチームになるかは補強の結果を見ないとなんとも言えないけど。

……とりあえず現段階でシーズンチケット買う気なし。

11月25日 ベ監督、続投

面白くもなんともない試合を続けるベルデニック監督が来季も指揮を執る模様。すでに11月に入って凶化強化部と来季の補強について話し合っているようだ。補強といってもGKとFW以外は全ポジションが補強対象になっているんだろうな、多分。さてさてどうなることやら。

11月23日 アウェー全敗。ある意味完全制覇(何が?)

横浜1−0名古屋

……勝利を夢見て東へ西へ北へと遠征し続けたサポーターをあざ笑うかのごとくアウェー全敗。そのほとんどがW杯会場ということはウチの選手はでかい会場が苦手なのけ?

11月17日 札幌より弱いチームがJ1でいいのか?

札幌1−0名古屋

札幌の年間勝ち点13点の内6点をプレゼント☆札幌市民の皆様は名古屋に足をむけて寝ないように。

……つまんね。勝ち負け以前に試合内容がつまんないんだよね〜。実力通りの試合内容だと言ってしまえばその通りなんだが。

大森の右サイドが思ったより機能していない、というより守備の負担が大きすぎる。結局中盤やDFラインを見直さないと誰が右サイドをやっても一緒。判断の遅さは相変わらずで中盤でボールを失いすぎ。で、この「中盤でボールを失いすぎ」というのが見ていて一番つまらない。

原や滝澤、山口慶あたりは悪くなかっただけに他の選手のサポートが欲しかったところ。ヴァスティッチや中村はどこで何をしていたのだ?

ところで残り5分のパナパナ大作戦の時、DFラインには誰がいたんだろ?

11月16日 セレッソあっさりJ1昇格

最終節までもつれるかと思いきや直接対決で新潟を圧倒したセレッソがJ1昇格決定。おかげさまで名古屋からの遠征費は新潟に比べ約3分の1に。関西の中では唯一相性のいいチームだし来年も勝ち点プレゼントしてくれないかなー☆

11月14日 札幌不勝神話

え?と思って調べてみると……

93年06月12日●市原3−1名古屋

97年09月13日●V川崎2−0名古屋

98年10月17日●札幌3−2名古屋

01年06月16日△札幌2−2名古屋

うわ−、ほんとに勝ってへん。まさか試合前日にススキ(以下自粛)。通算でも2勝1分2敗と札幌とは相性が良くないのだ。今年当たりスカっと勝ってもらいたいもんだ。ここで負けたら来年は借りが返せないしな。

11月12日 ロペス・ワ〜グナー・オ〜オオオオ〜

99年〜00年のチーム得点王、天皇杯決勝戦で先制ゴールを決め、浦和戦で5得点をあげ浦和を地獄に落とした呂比須ワグナーが引退のようです。最近は怪我に悩まされ満足に活躍できてなかったからなあ〜。

呂比須の思い出といえば……初めて行った広島ビッグアーチで前半でいきなり退場になって試合もぼろ負けしたことかな。帰り道が遠かった……。

11月12日 代表発表されたみたい

20日のアルゼンチン戦のメンバーに楢アが選出。

……名古屋から他に選ばれそうな選手もいないし、今の時期の代表戦なんか面白くもなんともないし個人的には盛り上がりませんなあ。15日から始まる地域リーグ決勝大会の方がよほど気になりますわ。

11月9日 瑞穂の最終戦不敗神話

名古屋1−0東京

例えどんなチーム状況でも瑞穂の最終戦だけは勝つ。ちなみに2ndステージ瑞穂では5勝0敗。う〜ん、サポーター思いのいいチームじゃないか。

さて瑞穂についたのが2時少し前だったのだが寒い、とにかく寒い。「こりゃ原が5点ぐらい取ってドラゴンダンスを5回ぐらいやんないと暖かくならねえなあ」

 

……88分も待ったぞ。

11月8日 さあ「東名ダービー」だ

↑いや、普通ダービーとは言いませんて。

ここに来て若手重視ということで素さんを押しのけて山口慶が先発するらしい。素さんの胸中やいかに。相棒は酒井。若手起用はいいとしてまとめ役が誰もいないという状況で好調東京を抑えることができるのかちと心配である。

4試合連続ゴールのウェズレイ不在。原の1トップに近い形になるだろうが攻撃力ダウンは否めない。全員攻撃、全員守備の意識を持たないと大敗の可能性もあるだろう。

リーグ戦では瑞穂での最終戦になる。選手達の意地を見せてもらいたいところだ。

11月3日 祝!デンソーJFL残留

デンソーホーム最終戦はソニー仙台相手に引き分け。JFL残留が確定。いやーよかった。徳重、小池が抜けて戦力がダウンして優勝争いにからめなかったのは残念だった。来年に期待しましょう。

11月2日 祝?大森サイド起用

中京大との練習試合で大森を右のサイドMFに起用。「将来を見据えて、一部ポジションを変える」ことになったらしい。試合の中でもCB→右SB→左SBとポジションチェンジしたことがある大森だけに特に問題なくこなせそうだ。

この日もパス、ドリブルと右サイドで攻撃に起点になっていた模様。次節の好調東京相手に新フォーメーションがどこまで通用するか楽しみである……が、ちょっと待て。元々SBの大森をCBで起用していたのはCBに適任者がいなかったからじゃなかったけ?

11月2日 祝!大分J1昇格

J1大分が大宮に勝利し悲願のJ1昇格。九州にJ1チーム復活。

というわけで来年は温泉旅行を兼ねて大分へ〜☆

ついでに鳥栖スタにも寄りたいなあ。

うわ〜来年が楽しみだなあ

ちなみに交通費は……

……

…………

お、おめでとう、大分トリニータ

11月1日 燃える3連休

J2もいよいよ大詰め。大分が勝てばJ1昇格と管理人の別府温泉旅行が決定。C大阪、新潟、川崎も昇格を賭けた熱い戦いを見せるだろう。

JFLも残り2試合。デンソーは勝ってJFL残留を確実にしたいところ。優勝争いは佐川急便東京、ホンダ、大塚が3チームが熾烈な争い。大塚は天皇杯での打倒名古屋を目指す。

そしてナビスコカップ決勝戦。ゴッド・オブ・ウラワ福田初タイトルなるか?

燃える燃える3連休。どの試合を見ても「優勝にも降格にも関係ないからモチベーション上がらないや」なんていうのんきな選手は一人もいないだろう。

▲TOP