HOME>DIARY

HOMEDIARYRESULTPLAYERSLINKBBS

◆Grampus Diary 2003

9月<-8月->7月

8月30日 わずかに光る希望の星

名古屋1−3市原

リーグ戦では7年ぶりに市原に敗戦。もちろん筆者も生で見たのは初めて。まあ、実力どおりの結果と言ってしまえばそれまでだが。

前半の中谷のゴールまでは互角。市原の2列目からの攻撃を許していなかった点は評価してもよいかな。後半、市原の足が止まりかけ、判定がなぜか名古屋寄りになっていた時間帯で追いつけなかったのが残念。ゴールが左右どちらかに5センチずれていればウェズレイのFKが決まっていたのに。ゴールを設置した人は反省するように(←いいがかりです)。滝澤→藤本の交代は監督のミスでしょう。岡山と藤本の同時起用は無理だって。

結局つまんない守備のミスで負けたとはいえ、攻撃に関しては少しずつですが良くなっています。DFラインもかなり上がっているし、2列目の飛び出しも見られるようになってきてMFのシュートも目立つようになってきました。今は「3点取られても2点取るサッカー」だが、これが「3点取られても4点取るサッカー」になる日も近い、かも知れない。その前に残留確定させてほしいんだけどね。

8月29日 ネルシーニョ、あなたもか

歴代の監督が1度は思いつき1度は必ず試してみる禁断の甘い果実。結果はいつも……。いやそうしたい気持ちは分からなくもないんだが。

まだまだ1試合1試合が試行錯誤。明日の相手は王者(候補)市原。チームの状態を考えれば市原勝利は間違いないのだが、なんせリーグ戦6年無敗、なぜか勝ってしまう相手だし。さて、どうなる事やら。

 

今週のオレンジ:予想通りの展開とはいえ……

8月26日 試合があった事をわざと忘れていたり

名古屋0−1鹿島

イケイケな中盤のわりには結局0点。ま、鹿島があれだけ守りに入ったら手も足もでまへん。とはいえここまで攻撃的なメンバー揃えたんだから、3−3とか4−4とかもっと点の取り合いになれば面白かったんですけどね。

ホーム&アウェーで最初に4点差つけられたらどうしようもないちゅう見本でした。

8月23日 岡山先輩と瑞穂の芝生に乾杯☆

名古屋3−2

再び4−4−2に戻しての東京戦。両サイドに中谷、酒井を配したため実際は2−6−2に近い形。今回は中村外して藤本。ヨンデは本来の中盤の底に。

……いや〜面白い。まだまだ試行錯誤中のメンバーではあるがこの2−6−2は使えるのではないか。両サイドが積極的に前へ出ようという意志は見られた。しばらくこのメンバーで試してもらいたいところ。まあリスクは大きそうだけど。しかも前半30分までしかもたないし。で、次第に東京ペースになりつつ前半終了。

さて、後半開始。予定通りDFラインが崩され0−2。「こりゃあかんわ。でもまあしゃあないか」と思いつつ見ていたら70分に土肥のアシストからマルケスのゴール。まあ、ウチの楢アも年に1回ぐらいやるけどね。

この時点ではウェズレイが下がってマルケス、原の2トップ。中盤で汗をかくウェズレイを初めて見た。この布陣が成功。マルケスの突破がジャーンのハンド=PKを誘う。これをウェズレイが決め2−2。これがこの試合の最大のポイントだったと思う。名古屋は原、岡山、中村を立て続けに投入しておりイケイケ状態で東京の守備の乱れを誘う。

そして89分。マルケスのクロスにお、お、岡山のヘッドォォォ!!

なんと0−2から20分で3点取っての逆転勝ち。貴重な勝ち点3。ネルシーニョ監督初勝利。内容はまだまだ、修正点も多々あるが監督や選手に自信がつけばそれで良し。

8月22日 2+2バック

古賀が復帰のようです。センターバック全滅&飯島復帰は避けることができました。でDFは4バック、最終ラインは

滝澤 古賀 大森 酒井

らしいです。いやまあなんというか面白すぎ。いろんな意味で見る価値があります。いや明日しか見られないし。

毎試合色々なフォーメーションが楽しめるなんてさすがネルシーニョ。

滝澤の対面が石川だなんて想像しただけで怖いぞネルシーニョ。

いやもうホントに楽しみ☆

 

今週のオレンジ:いやもう1ページも見逃せません。

今週のUー31:……フットボールアンチクライマックスですか?

8月19日 さて、どうしましょう

パナ、古賀、海本、平岡に続いて富永まで負傷。センターバック全滅という事態になってしまいました。ははは。

案その1 深津起用(ホントの最後のセンターバックです)

案その2 ユースの誰か起用(誰かいます?)

案その3 藤田起用(単にDFというだけですが)

案その4 吉村起用(サテでメンバー足りないときにCBでした)

案その5 富永康センターバック転向(高さだけなら負けません)

案その6 飯島復帰(川崎、福岡ではレギュラーでした)

……その5、その6が冗談になっていません

8月16日 真の開幕はもちろん次節です……いや来月かも

鹿島1−0名古屋

師匠他遠征された方々お疲れ様でした。電車が止まったり道中大混雑したとかアウェーの洗礼だらけだったようで。やはり国外遠征は大変ですね

・メンバーは藤本外して中村がFWぎみのMF。滝澤がボランチ。トミヒデ、ヨンデ、大森の3バック。いやもう面白すぎ。

・結局は小笠原のFK1発のみ。中2日、アウェー連戦、雨の中、カシマスタジアムという悪条件を考えれば、このメンバーでよくやったと言えるのでは。

・とにかく動いてなんとかしようという意識は感じた。今後このメンバーでいくのかどうかわかりませんがかなり時間をかければ面白いチームができるかもしれません。

8月15日 先発大予想

公式HPを読めば読むほど先発メンバーが分かりません。鄭容臺が先発の噂もありますがCBですか?だとするとこう?

ピチブ マルケス

滝澤       藤本

吉村  中村

中谷 鄭容臺 大森 海本幸

楢ア

いや待て3バックに戻すかも

ピチブ マルケス

藤本

中谷        海本幸

吉村  中村

富永英 鄭容臺 大森

楢ア

待て待て。藤本がトップ下とは限らないぞ。中谷と滝澤はどっちがどうだろう?もしかしたら鄭容臺は中盤か?いやいや片桐も遠征メンバーにはいっているらしいしもっと違ったメンバーかも知れない。

いや楽しみですね。メンバー発表までは。

8月13日 杜の都へ

元名古屋の福田と望月が仙台移籍だそうです。対名古屋戦未だに勝ち星のない仙台の秘密兵器になりそうです。

元名古屋の選手がなぜか同じチーム集まる傾向がありますが、そうなると次はもちろんベルデニ(以下自粛)

……

そういえば「PC版サカつく」で右サイド望月、左サイド岩本という布陣になったことがあります。いやホントに実現することがあるんですね。

8月13日 「あ、課長。27日の年休は取り消します」

鹿島5−1名古屋

・新監督来日して2日。当然チーム状況は把握していない

・パナ、古賀、海本慶、平岡とCBがケガで全滅

・今までやったことのない4バック、3ボランチ

・相手の鹿島はほぼベストメンバー

・鬼門カシマスタジアム

・これで勝てたら奇跡。てゆうかサッカーの神様が許さんやろ

・あまり大きな声ではいえないが、今日の惨敗は実は鹿島を油断させるための作戦なのだ

・お願いだから土曜日は油断してください鹿島さん

・多分それでも鹿島の方が強(以下自粛)

8月8日 ネルシーニョ監督就任正式発表

つーわけで、0からチーム作りを余儀なくされるものの、当時のヴェルディと違ってタレントのいない名古屋で、どんなサッカーをやるのか皆目見当がつかないネルシーニョ監督の就任が発表されました。10日来日のようです。

とりあえず就任後1週間でろくに選手の顔と名前も一致しないうちにアウェーで鹿島と2度も戦わなければならないず、さらに結果も求められるネルシーニョ監督を応援します。

今気が付いたのだが「ネルシーニョ」ってローマ字変換で入力するのは結構面倒くさかったりする

8月5日 小一時間問い詰める気にもならない

大分4−0名古屋

えらい中途半端な時期のプレシーズンマッチ。そもそもウチのチームは監督いません。ヘタレなチームでごめんなさい大分さん。

良かったこと:中谷復帰近し

悪かったこと:平岡負傷全治3週間

8月4日 セレッソ戦その2

2点目については「ビデオで観た感じでは多分ゴールではないが、真横から見ない限り判断は不可。Jリーグの副審にそこまで求めるのは酷」ということで、まあしょうがないですね。Jリーグではよくあることですから。

古賀のケガは頭蓋骨ではなく頬骨の骨折ということで最悪の事態にはならなかったようです。全治4週間ながらトレーニングはできるとの事。試合出場は9月からでしょうか?

8月2日 残留確定まであと勝ち点いくつですか?

C大阪2−1名古屋

……この試合の内容や結果を評価の対象にしても仕方ないのでスルーしときます。誤審についてはビデオを見てからにします。トミヒデ先発、氏原、秋葉登場とネタには事欠かない試合でしたが笑う余裕もありませぬ。とりあえず1日でも早くJ1残留を確定していただきたく。

そして、世界のトヨタ様がサッカーではなぜ日産に勝てないか、関係者の皆様にはちゃんとお勉強していただきたく。