HOME>DIARY

HOMEDIARYRESULTPLAYERSLINKBBS

◆Grampus Diary 2003

11月<-10月->9月

10月25日 「勝負弱い」じゃなくて普通に弱いだけなのか?

G大阪3−1名古屋

普通に崩されての失点。得点はFKのみ。上位陣が勝ち点を伸ばしきれない時に当たり前のように連敗。このヘタレっぷりは名古屋。誰がなんと言っても名古屋。

 

10月23日 要するにまだまだ試行錯誤中ってわけね

FW滝澤の興奮冷めやらぬうちにまたも新ネタが。中盤がここまで固定されないのも珍しい。固定したくてもできないのでしょうねぇ。良く考えれば名古屋のMFって誰か突出している選手がいるわけではないし、いろいろな組み合わせが可能ということを考えるとFWやDFよりは層が厚いといえるかも知れません。で、中スポの記事通りとすると

滝澤  ウェズレイ

酒井

中谷         海本幸

中村   山口

古賀  パナ  大森

楢崎

期待:30% 不安:50% 笑い:20% というわけでやっぱり3−5−2になるのであった。

10月22日 3−5−T−1

ネタですか?ネタですよね。

次節はマルケス出場停止ですが、代わりに滝澤が……その、なんというか……FWとして起用されるというかなんというか……とりあえず練習で試したらしいです。

その昔、FWに平野やバウドが起用されたこともあるし磐田でも名波がFWやったことあるしあながちデタラメな起用ではないのですが。歴代の監督でFW滝澤を試した監督はいないはずです。しかも原、中村、藤本、石塚がいるのにあえて滝澤。そるべしネルシーニョ。

フォーメーション的には3−4−T−2が3−5−T−1になるわけですね。……名古屋って滝澤のチームだったわけだ。がんばれ滝澤

10月18日 文字通り勝ち点3をプレゼント

名古屋1−2神戸

ウェズレイの代わりに原、岡山の代わりに藤本、古賀の代わりに深津、楢崎の代わりに本田。主力4人が入れ替わったわけですが4人が4人とも……。

試合終了後には観戦仲間とともに「自滅だよな……」と一言発したあとは5分ほど無言でした。名古屋の勝負弱さは本物です。

 

・「今日もフォーメーションは3−4−−2か」「T?」「そう、滝澤的MF」「滝澤というポジションかよ」うん、確かに的確な表現だ。

・主力4人が欠場。GKは本田。「大丈夫でしょ。オレの中では川○より上だもん」

・その本田。芸術的チョンボでオウンゴールをお膳立て。「なんやねん、今のは。オレの中では川○より下に降格だ」

・トップ下に入ったのは藤本だが、どうしても藤本のところでボールがいったん止まってしまう。

・「10何試合勝ってないチームに中盤が負けてるんですけど」「後半になれば直志、吉村が入ってくるからそれまで我慢だ」

・それでも次第に名古屋ペースになると、マルケスが同点ゴール。「よし!まだ2〜3点取れるぞ!」

・が、その直後、左サイドを崩され失点。「だめだ。深津が相手の攻撃の起点になってる」「そりゃ、深津をねらうよなぁ……」

・前半終了。ハーフタイムでは深津の代わりに誰を入れるかをみんなで語り合う。

・後半開始。深津→吉村、滝澤→中村。「深津の代わりは吉村?3バックと見せかけて2バック?」

・後半開始早々オゼアスが退場。「まずい。これで神戸は完全に引いてくる」。この後神戸は幡戸以外全員自陣から出ず守備オンリー。神戸は完っっっ璧に引いている。「まるで白黒の団子作戦だな」「葬式饅頭かよ」

・それでも必死で神戸DFを崩しPKを得るが……マルケス、これを決められず。「コースは悪くなかった。マルケスは責められないよ」「掛川が本田の分までかんばってやがる」

・何とかチャンスをつくるもののシュートは枠の上、枠の右。枠の左。

・後半のシュート数は名古屋16本に対し神戸1本。攻めながらも結局引き分けに持ち込むこともできず1−2と敗戦。

・オゼアス退場で守備オンリーになった神戸。その後のマルケスのPK決まらず。この二つが今日のポイントだったでしょうか。まあ、あれだけ引いた神戸を崩せるようなチームだったら首位独走してます。

10月16日 1ヶ月ぶりのホームです。ずえったい勝ちましょう

サッカー雑誌では12節の横浜戦がヤマになるとありましたが、それまでの2試合を勝たなければ意味がありませぬ。神戸、G大阪という相性の良くないチームですが、ここを乗り越えてベストメンバーで横浜戦を迎えたいものです。2001年以降2分3敗、5試合で1得点というデータは見なかったことにします。

久々の更新なので1週間分のネタを

石塚レギュラー間近?

足が遅い、とウワサの石塚ですが「独特のリズムとためで攻撃にアクセントを与え」という言い方もできるようで。先発で見てみたい気もしますがサブの方がいいんじゃないですかね?

片岡片桐練習態度悪いんかい

新聞に堂々と「態度直せば一流」なんて書かれた選手は他に知りません。もっとも試合中の態度を直してほしい選手はいますけどね。暴言野郎とか。

天下のトヨタに空き巣だと?

ウェズレイとマルケスに警備を頼みなさい。みんな逃げます

それはそれで楽しみな3トップ

ウェズレイ出場停止に加え岡山ケガですか?で、石塚トップで1.5列目がマルケスと中村。あ、案外いいかも

古賀もケガ?代役はヨンデ?

さらに古賀までいないとなると……。神戸戦は厳しくなりそうですが、これで勝ったら名古屋は本物だ。勢いに乗って残り全勝しちゃうぞ、この野郎。

10月4日 2点差を追いついたり追いつかれたり

2−2名古屋

・酒井出場停止のため山口、岡山負傷という事で藤本がそれぞれ先発出場。山口は無難なできだったが藤本は精彩を欠きハーフタイムで交代。

・今の名古屋でのトップ下の役割はウェズレイ、マルケスが動き易いスペースを作ることを求められている。そういう意味では藤本は機能しなかった。

・藤本→石塚より藤本→中村の方が良かったかも。中村が入ってから攻撃にメリハリがついてリズムを変えることができたと思う。中村のミドルシュートは貴重な武器だしね。

・石塚は……TVでは分かりませんでした。オプションとしては面白いかも。

・今までのチームと違って柏の守備の堅いこと。これではサイド攻撃も難しいですな。それでも何度かいい形で崩すことができた事を考えればチームとしてはそれなりに良くなってきているのかなと。

・失点はミスと言えばミスだが……失点するときはあんなものでしょ。

・それにしてもウェズレイのFK。あの角度で直接入りますか、普通。あんなの目の前で見たらチビっちゃいます。

・古賀のゴールはまあ、その、アレだ。ラッキーと言えばラッキーだが周りがオフサイドと思い込んでいた中で一人だけボールに飛び込んだ執念、ということにしておこう。本来オフサイドと決め付けて動きを止めるのは古賀の得意技だったはずだが。

・2点差を追いついての引分け。勝ちたかった試合だったが負けなかっただけマシですね。首位との勝ち点差は3。ギリギリ優勝争いにからんでます。横浜戦までの2試合をきっちり勝ちたいところです。

・と思ったら次節ウェズレイ出場停止。さて先発メンバーはどうなるか?

・FW石塚でも面白いかも。あ、独り言ですのでスルーして下さい。

10月3日 代表?だったらウェズレイを完璧に抑えてみろや

でもってウェズレイやマルケスに抜かれまくったら代表の座を大森に譲るように>永田クン

横浜−市原は引分けに終わりそうな雰囲気が漂っているので明日の柏戦を勝って再び首位の座を目指すべし。藤本が先発で直志が復帰すると言うウワサもあるようだし。

RRRR

「あ、○○の△△です。4日なんですけど□□をお願いしたいんですけど。時間は13時からで。大丈夫ですか?」

柏までサッカーを観にいくので絶対無理です!分かりました。4日の13時ですね」

……こうして筆者は柏遠征を断念したのであった(涙)