Return

 

◆Grampus Diary 2004

2月<-1月

1月31日 日程正式発表

公式戦の日程が正式に発表されました。1st2ndカップ戦

・臨海立ち入り禁止解除。つーか松本の方がいいんですけど。

・2年ぶりのビッグアーチ。水曜開催のため早くも断念

・9月にアウェー3試合。新潟、東京、大分。夏休みは9月に取りなさいということですか

・新潟デビューは6/5カップ戦か?新幹線乗り継ぎで日帰りできるし。

・ナビスコカップ磐田戦。か、か、か、鴨池?18:30キックオフ?私たちにどうしろと?

・2ndステージ最終節はホームで鹿島戦。何かとんでもないドラマが起きること希望(ただの消化試合だったら素で泣きますよ?)

もっとも最大の敵は12月休日出勤7回、1月休日出勤8回の我が会社であることは間違いないのだが。

1月28日 オレは阿波踊りを生で見ていない

突然の発表で仕事場で「ほへ?」と声を出してしまった筆者です(←仕事中に日刊スポーツのサイトを見ていてはいけません)。

ネルシーニョ監督のもとでは出番が少ないと判断したんでしょうね。1年のレンタルっつーのが微妙だな。移籍するならシーズン途中だと思っていたけど。来年大野が柏に戻れば藤本も戻ってくるのかな?移籍金1億円の元はまだ取れてないからなあ。とりあえず名古屋戦以外で活躍して戻っておいで。筆者は生で阿波踊り見てないし。

……1stステージ最終戦、瑞穂で神戸戦か……。ああ、背中に冷たいものが……

さて、これで終わりませんよね?一人出て行った以上補強ありますよね?上田さん。

1月23日 GKコーチ補強

いつまでも裕二さんが兼任じゃマズイというわけでGKコーチを獲得。名古屋初期のGKコーチ、市原で櫛野を育てた人。早速川島に檄を飛ばしたもよう。楢ア、川島、河野ら日本を背負うGKのコーチということで責任重大ですぜ、芦川さん。

ところでルングさんて家庭の事情で一時帰国じゃなかったっけ?

移籍の話題も一段落してキャンプが近づき各選手のトレーニングの話題もちらほら。始動日が2月6日と遅いが開幕にピークを持っていくために計算された結果だろう。まずは29日をプレシーズンマッチ清水戦に期待しよう。

1月18日 諸江君の昇格はいつ決まったんだっけ

新人5選手の入団が発表されました。ん?5人?豊田、平山、河野、西川……あ、ユースの諸江もだ。諸江がダメならユースからの昇格はなしか、と思っていたが無事一人昇格。みんなガンバレよ。2〜3年我慢すればポジションが一挙に空く(以下略)。

それにしても……河野187cm、諸江181cm、豊田186cm、平山190cm……今年の新人でかいわ。

1月18日 いつかまた、どこかで

あの95年天皇杯鹿島戦でのGKってこの人だったことを忘れておりました。92年入団だったんですね。ディド、伊藤の陰に隠れて出番はなかったもののいい選手だった記憶しております。今後は市原の育成部門へ行くとのことですがいつかは沖縄で活躍できるといいですね。(情報多謝です>ほねろっくさん)

また富永康、平岡両選手の鳥栖移籍も決定したようです。富永は地元に帰ったわけだし、平岡もケガを直してがんばってほしいです。

1月17日 さらば、片桐

ついに国外追放……じゃなくてレンタル移籍か。しかもアルゼンチン。どういうルートで見つけた移籍先だ?「サッカーに集中できる環境で、力を伸ばしてほしい」……つまり名古屋ではサッカーに集中できない、ということでよろしいですか?実は今シーズンは結構期待していたんですけどね。ま、ガンバレや。しかしFWの控えはどうするよ?ゴリさん復帰とか?

さて注目の角田。「グランパスは良いチームと一番に言える。でも(京都)サンガの時、絶対的に強いとは思えなかった。これから自分で変えていきたい」 ……これ20歳の選手のコメントですか?いや、ウワサ以上の大物だ。試合中に「なにやっとんじゃ、手ぇ上げて審判見とるヒマあったらちゃんと目の前のボールをクリアせんかい!」という感じで角田に怒鳴られそうだなあ>古賀。

1月16日 秋葉、仙台へ

仙台って岩本も根本もいなくなって左サイドで試合出場のチャンスじゃないか?ガンバレ秋葉。こっそり応援しているぞ。

1月14日 大野獲得

川島に続いて大野(京都/柏)を獲得。大野といえば2001年11月3日。初めて日立台に行った日、ウェズレイの直接FKで同点に追いついた直後にロングシュートを決められ、雨の中呆然としたのを思い出したわけだが、あの時の南のガッツポーズは今思い出しても腹が立つ。……いやそれはそれとして、ここのところ今イチのようだがかつては柏で10番背負った選手だったんだから名古屋で再び活躍してくれることを祈る。とりあえず今日からちゃんと「はるたか」と呼びます(「としたか」じゃなかったのね……)。

結局新井場以外は当初のジムさんの構想通りの補強ができたわけですね。補強はこれで9割とのこと……残り1割ってこれ?。いやオファー出すのはありかもしれないけどそのうち市原サポに刺されますよ

……まあオシム監督が契約延長すれば市原の選手はみんな残るだろうから阿部の移籍はあり得ないでしょうね。……あり得ない……よね?

1月11日 川島も獲得

年末に報道された時はネタとしか思えなかったGK川島ですがホントに獲得してしまったようです。え〜と、ホントに名古屋でいいのか?99%出場機会のないチームに来て大丈夫なのか?そんなに伊藤裕二のコーチを受けたいのか?と小一時間問い詰め(以下略)

というより楢崎の移籍の話が水面下で進んでいるんでしょうかね。欧州がシーズンオフの6月にもしや……。そろそろ「環境を変えたい」とか言い出す時期ではありますが。楢崎が今より成長したいというのなら名古屋では不足かも。ま、安易な移籍容認だけは勘弁してもらいたいですね。

角田については古賀、大森に続く若いDFが育っていないことを考えると的確な補強ではありますが……パナ、秋田、古賀、大森、角田のうち一人ないし二人はベンチにも入れないことになりますな。でもそれくらいの厳しさがあった方がチームのためです。

これで補強はほぼ終わりでしょうか。新井場は残念でしたが代表目指そうと思ったら間違いなく名古屋より鹿島ですからこれはもう仕方ないですね。さすがにFWの補強は無理でしょう。むしろ氏原や片桐に期待したいですね。後は中盤の底、いわゆるボランチができる選手。できれば守備範囲が広くパスセンスがあり得点力もある選手(←贅沢です)。国内なら福西か明神か遠藤保と言いたいところですがいくらなんでも無理なんでここは山口Kを稲本レベルまで育てるべし。

そういえば年末にシーズンチケットの継続申し込みをすっかり忘れていた筆者ですが昨日無事一般予約完了。チャンピオンシップの招待券が今年こそ手元に届きますように。

1月8日 大型補強

……なんて日刊にでっかく書かれてしまいました。ウワサのあった角田がほぼ確定。大野の獲得も決まりのようです。この二人は京都も柏も出すわけないじゃんと思ってたんですがジム上田が必死こいて説得したんでしょうか?その他に大宮のGK川島の名前も挙がっているようです。楢崎の後継者を川島と河野で争わせるつもりだろうか?

しかし今回の補強はレギュラークラスの選手を獲得しながら名古屋でのポジションが約束されていないところが面白い。秋田も岩本も大野も角田も全員がレギュラーの可能性があるし全員が控えの可能性もある。FW、GK以外のポジションは白紙と考えていいのではないだろうか。パナ、大森でさえもレギュラー確定ではないと思う。

チーム内の競争がより過激になり結果的にチーム強化につながり、最後まで優勝争いできるようになればと思う。そうなれば今回の補強は成功だったと後世の歴史家は語るであろう。

……それにしても角田、大野、川島の移籍金の合計っていくらなんだろ?一人1億円として3億?もし新井場獲得するのであればプラス2億円?あわせて5億?移籍金だけでサガン鳥栖が(以下略)

1月5日 崔龍洙によろしく

かねてからウワサのあった原竜太のレンタル移籍が正式発表。崔龍洙、黒部の控えになるのか3トップになるのか分かりませんが、京都で活躍してJ1昇格に貢献して京都サポに「ずっと京都にいてくれ!」と言われるぐらいがんばって下さい。もちろん返してもらいますけども。

また富永英明の甲府移籍も突然発表されました。FWかDHかCBかどのポジションで起用されるか分かりませんが甲府で再び「大先生」とよばれるくらいがんばって下さい。筆者もこっそり小瀬に行くかもしれません。

1月4日 ご、後藤君。ウチに来ないかね

セルジオ越後氏も絶賛。伊藤のハットトリックの方が話題になっているが、むしろ後藤の同点に追いつくループシュートが最高だった。最初はGKのミスかと思ったがDF二人の影からいきなりボールが浮いてきたのだから反応するのがやっとだったのだろう。その他パス、クロスも精度が高くプロでもやっていけるのでは?山形が苦戦したのも当然といえるくらい岐阜工もレベルが高いですね。

というわけで片桐クン。いいかげん今年あたりブレイクしたまへ。

1月1日 あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

補強もうまく行ってんだか行ってないんだかよく分かりませんが、優勝目指してがんばってほしいと思います。とにかく最低一つはタイトルを獲ってほしいですね。

天皇杯は磐田優勝で終わりました。どうせなら「田中と大久保がやりあって両者1発退場」「徳重ゴール」となれば筆者としては最高だったのですが。