Return

 

◆Grampus Diary 2004

3月<-2月->1月

2月29日 仕上がりは50%……かな

名古屋1−0清水

ウェズレイの得点で勝利。でもウェズレイの得点までだったかな。ボールが回っていたのは。メンバーはこんな感じ。

マルケス  ウェズレイ

大野        岡山

鄭容臺  大森

滝澤  古賀  秋田  森

楢ア

で、後半は多分↓のような3−5−2

マルケス  ウェズレイ

大野

滝澤        森

鄭容臺  岡山

古賀  秋田  大森

楢ア

どっちにしても中盤でボールが回せない。大野のスルーパスが決まりまくった時間帯があるにはあったが全体的にはまだまだ連携不足か。中盤でキープする選手がいないため攻撃が単調になってしまった感じ。守備では2列目と3列目の間を清水に使われ、そこからサイドの裏をつかれまくった。2週間でどこまで修正できるか。逆に言えばそこが修正されケガ人が復帰してくれば結構いけるのではないか、と期待してみたりする。

・今日はメインでぽかぽかシートでマッタリ観戦。「一度このシートに座ったら動きたくなくなるよね」いや全くです。通路の寒かったこと。

・あ、上田TDです。「ジムさ〜ん」の声に軽く手を上げて応えるジムさん。「明神オファーまだ〜?」おいおい。

・「うわ〜ホントに秋田がいるよ」未だに違和感があるのは筆者だけじゃないようです。

・メンバー発表。「予想通りの4−4−2か」「岩本いねーじゃん」「早くもモメたか?」いや、ただのカゼらしい。

・試合開始前清水ゴール裏。「オーレ、オレオレオレ〜、エスパ〜ルス、エスパ〜ルス」「うわエスパルス、ビッグフラッグ出してるよ」「初の豊スタだから気合入ってるね」「さすがキング・ドム」「ドムの王様?」(←KINGDOMのことを言っているらしい)

・試合開始。……4分後、市川負傷退場。すまん市川。

・メインでの観戦だったため前半は目の前を森君がいったりきたり。最初は良かったんだが清水に裏を狙われるようになるとアタフタ。大森、秋田、古賀がみんなで森にコーチング。ピッチに響く「森ー!森ー!」の声。「守備は今イチだな」「でも幸治郎の守備もたいして変わらないじゃん」……確かに。

・その右サイドの突破から中央でダイレクトでつなぎウェズレイのゴールで先制!

・……で、その後は次第に清水ペース。中盤でボールキープできず。

・大森、ヨンデのダブルボランチだというなら片方は縦の動き、片方は横の動きが基本になると思う。ところが二人とも横の動きのため前4人との距離が開いてしまい中盤でボールをまわせない。本来は大野、岡山が中へ絞るのか、大森かヨンデのどちらかが前へでるのか、どういう指示が出ていたのか分からないが、この4−4−2では厳しいと思う。せめて吉村、中村のうちどちらかを起用すべきでは?

・ボランチからの展開がなくてはどうしようもない。「ヨンデのパスが2回に1回しか通らへん」「それボランチとして致命的じゃん」

・後半開始。大森がDFの位置に入り3−5−2。「こっちの方が落ち着くな」「大野も真ん中のほうがやりやすそうだ」

・俺たちの滝澤はなぜか絶好調。亜空間キープから亜空間ドリブル。「おお、タキザワ・ルーレットだ」「当たり外れが大きいけどな」「そっちのルーレットかよ」「タキザワ自体バクチだし」

・秋田が鹿島流ディフェンスで清水の選手を跳ね飛ばす。「あれはオーラで跳ね飛ばしてるな」

・絶妙なスルーパスを何回か披露した大野。68分に交代「大野はよかった。角田のオマケじゃないことが分かった」「これからはちゃんとハルちゃんと呼ぶぞ」

・大野に代わって中村登場。なぜかみんなスルーパスを狙いまくる。「みんなで大野の真似しようとしてる」

・そして71分。森山登場!「森山35番って違和感あるな〜」「いや3×5で15だ」「ホントだ。3と5の間に×が」ありませんて。

・「で、マルケスと森山が交代したけど誰が森山にパス出すの?」誰もいませんでした。

・後半終了間際、CKのチャンス。「よし、秋田のヘッドが見られるぞ」「上がれ〜秋田〜」ベンチに確認する秋田。ベンチの指示は「上がるな」。「えぇ〜〜」結局この試合、秋田が上がるシーンが見られず。残念。

・ウェズレイの1点を守りきり1−0で勝利。チーム自体まだまだ連携不足か。「前半の4−4−2はあくまでもオプションでしょう」「岩本も角田もいるし色々なオプションが使えるな」オプションが増えるのはいいが肝心の基本フォーメーションは……さて、どうなるか?。

・3〜4失点していてもおかしくない展開も楢アの活躍で無失点。「今の楢ア見てるとフリーでシュート打たれても失点する気がしないね」だからつってフリーでシュート打たれてもいいワケじゃないのだが。

試合の様子→公式HP中日スポーツ

2月28日 練習試合

東海学生選抜との練習試合。5−3で勝利って3失点はないやろ。主力組と違って連携が今イチなんでしょうね。中谷、山口、吉村がここまでサテライト組というのも気になります、というか気にいらん。この3人はトップに入れないほど選手層が厚くなったと言えなくもないが……。

さて清水戦。ケガの選手と練習試合に出ていないメンバーが出場するとすると

マルケス  ウェズレイ

大野        岡山

鄭容臺  大森

滝澤  古賀  秋田  森

楢ア

SUB:川島、岩本、中村、氏原、森山

って感じですかね?今回は主に4バックを試すと思うんですが、さてどうなるか?直前で仕事がなくなった筆者はマッタリ観戦です。

2月26日 今年もやってくれそうです……グランパス君一家

キャンプから戻り後援会総会、選手激励会が開催。参加者1200人て。トヨタパワー恐るべし。秋田は「久屋大通りで優勝パレードしたい」と目標を語ってくれました。さすが地元出身。目標が思いっきり具体的です。

グランパス君も負けてはいません。今年はコスプレするほど気合入ってます。豊スタではあの格好で磐田の選手にガンつけてビビらせてくれるでしょう。いや、ビビらせてどうすんねん。

2月25日 選手名鑑。今年の突っ込みどころ

毎年恒例のサッカー雑誌の選手名鑑。中盤の3人が笑ってないとか、相変わらず北村だけタレント顔だとか、みなさん雑誌を見ながら色々突っ込んだことでしょう。

サッカーマガジンの秋田、岩本、角田の座談会も読み応えあり。3人ともいい味出してます。角田の最後の一言には爆笑。さすが関西人。

2月24日 ほんのちょっとだけ札幌に借りを返しました

札幌との練習試合が行われました。3−0で勝利。2002年の借りをちょっとだけ返しました。三原は元気だったでしょうか?

マルケス  ウェズレイ

大野   岡山   森

滝澤  大森

古賀  パナ  秋田

楢ア

中盤がよく分からないがこんな感じの3−5−2か?大野、滝澤は逆かな?本番では森→海本幸になりそう。後半は4−4−2に変更。

マルケス  ウェズレイ

岩本        岡山

鄭容臺  大森

滝澤  古賀  パナ  森

川島

この二つが今年の基本か。中村、吉村、中谷、山口が入ってきませんねぇ。単に新戦力を試しているだけなのか、現時点で主力からはずれているのか気になりますな。29日の清水戦も上記フォーメーションで展開次第で3バック−4バックを切り替えるのでしょうか。

キャンプの成果を試すことになるであろう清水戦。MF大森、トップ下大野、岩本の光速クロスなど注目です。

2月22日 練習試合と社長とトンビ

初の練習試合が行われました。相手は地域リーグの強豪、ヴォルカ鹿児島。メンバーとポジションは新聞から判断すると

 

マルケス(森山) ウェズレイ(氏原)

大野(岩本)   岡山(藤田)

鄭容臺(吉村)  大森(中村)

滝澤  古賀  秋田  森

楢ア(川島)

 

( )は交代選手。ウワサにあった4バックのようです。パナ、海本幸、角田が別メニューのためかメンバーに入っていません。試合は前半3−0、後半0−0。得点は鄭容臺、ウェズレイ2。中盤が鄭容臺+大森というのが意外。守備力は問題ないにしても攻撃力はどうかなあ?

大森中盤転向は成功するのか、鄭容臺がこのままレギュラー獲得か、大野、岡山、岩本のレギュラー争いはどうなるのか、パナ、海本幸、角田が戻った時4バックがどうなるのか、次の練習試合も注目です。中谷、山口あたりが主力組に入っていないのが気になりますが……。

その中谷、トンビに携帯電話を盗まれたそうです。俺たちの名古屋は常にネタの提供を忘れません。

なお、筆者は滝澤左SBは見なかったことにしています。

2月21日 無理に右足の技術磨かなくてもいいです

滝澤どうした?と書いた翌日にちゃんとアップされました、中日スポーツ滝澤の右足のシュートってどんなんか見てみたいですな。右足のシュートの前に左足で正確なクロスを上げくれや、と突っ込んでいいですか?

ひそかに期待している大野の話題も出ました。「どんな動きをするか見てみたかったが運動量が抱負な選手だということが分かった。いい動きをしていた」(監督コメント)。大野といえば「不動のトップ下」というウワサもあったんですが、そんなことはないようで安心しました。

さてチームの戦術ですが今年は3バックと4バックの併用になりそうです。メンバーを見れば不可能ではないですね。というよりこれが目的の補強だったわけですし。古賀クンあたりが「え?3バック?4バック?ねえ、今どっち?」と悩んで泣いたり、そんな古賀に「見て分からんか、ヴォケ」と秋田や角田が怒鳴ったり。その横でパナが「ガハハ」と笑ったり。いや楽しみですわ、開幕戦。

2月18日 楢ア、Aマッチ7試合連続無失点

引き分け→監督解任という流れを期待していた人にとってはなんともいえない久保のゴール。筆者も引き分けて解任騒動でも起きたほうが面白いと思ったクチだが、例え今日負けたとしてもキャプテンも監督も誰も辞めるわけがないので、それだったら勝った方がマシかなと。試合内容に関わらず勝ち点は3もらえるわけだしね。

2月17日 大森コンバートか?

公式にはMF登録でありながら毎試合DFで出場し経歴詐称の疑いもあった大森先生が今年はついにMFになりそうである。JFAの鳥栖時代以来らしい。筆者も生で見たのは田中監督時代だったと思う。監督が昨年から暖めていた構想ということだから秋田、角田の獲得もこの構想に従ったものと考えれば合点が行く。

……といいつつ大森が真ン中というのはイメージが湧かないなあ。相棒はオフェンシブな選手かと思ったら鄭容臺だしなあ。他にも中村、吉村、山口という候補がいるし。誰と組んでも大森ならこなせそうだし、さてどうなることやら。

……今気づいたのだが大森ってJ1で120試合ノーゴール?

ハード・魂。

2004年、超える。

いや、飯島の記録は超えなくていいから。

2月16日 とりあえず初日

注目のフォーメーション。秋田と岩本がレギュラー組に入った模様。まあ初日だしとりあえず起用してみたという感じだが……。秋田じゃなくて角田だろ、という気がしなくもない。またトップ下は岩本より大野だろ、という気がしなくもない。まだお試し期間というところか。去年のメンバーをベースに大森を中盤に上げた形が基本になりそうだ。そうなると最近新聞で全く名前の出てこない俺たちのタキザワはどうなるのだろうか?

2月15日 地獄のキャンプ

指宿キャンプスタート。移動日の様子はこちら。レギュラー獲得のために生き残りをかけた地獄のキャンプになるらしい。砂むし風呂でのんびりというわけにはいかないようだ(当たり前だ)。ネルシーニョ監督下では初の長期キャンプ。選手は大変だろうがファンとしては楽しみですな。

ちなみに宿泊地は指宿いわさきホテル。……変形して宇宙でも飛びそうなホテルです。そういえば予定表をよく見たら練習試合の会場も指宿いわさきホテルになっていた。おいおいホテルで試合するのか?と思ったらできるのかよ。しかも豊スタより芝生がきれ(以下略)

2月14日 男だ、森山

森山復帰で喜んでいたら衝撃の事実が。同年代のサラリーマンと変わらない給料で、しかも半年契約とは。結果が出なければ1stステージで解雇の可能性も……。「いや、逆境を乗り越えてこそ森山だ」と妙な納得をしてみたり。目の前でゴールしようものなら筆者は泣いちゃうよ。

2月14日 鹿児島へGO

鹿児島・指宿でのキャンプがスタート。スケジュールはこちら。地元新聞の情報はこちら。22日に鹿屋体育大、ヴォルカ鹿児島と、24日には札幌との練習試合が予定されています。当然ながら行けませんが。3バックか4バックか、レギュラーは誰になるのか、気になるところです。正直今の段階で全く予想がつきません。キャンプ情報は毎日チェックじゃ。

2月13日 楢アよければ全て良し

仕事のためでTV観戦もできず帰宅したのは0時過ぎ。ネットで楢アが無失点だったことだけを確認し就寝。翌日の新聞で2−0で勝ったことを初めて知る。

楢アの無失点記録以外はなんの興味もない代表の試合だが、気が付けば予選開始目前。本来なら余裕で突破できるはずだが……。FWが得点したらニュースになるようなチームで、この先いったいどうなることやら。

2月11日 あっちの平山

「平山って10回言ってみろ」

「平山平山平山平山平山平山平山平山平山平山」

「世界で一番高い山は?」

「ヒマラヤ!」

……なんていう遊びを思い出してしまうU−23代表の試合です。無理矢理スターを作ろうという協会およびマスコミのみなさま、ご苦労様。

筆者としては平山は普通にすごいと思うが12年前に小倉を見た時の衝撃度の方がはるかに上でした。

2月10日 神戸のねらいは正しい

イルハン獲得に成功し前売りチケット売上アップでウハウハのクリムゾン神戸が大森に目をつけたらしい。秋田、角田の加入で大森がレギュラーを外れるとでも思っているのだろうか。まあ、大森の実力を評価してくれるのはありがたいこと。目の付け所がいいのは確かです。出さないけどな。

こうやってウチの選手がヨソのチームに評価されるっていうのは悪くはないですね。オファーが全然来ないような選手ばかりじゃねえ……。

2月8日 角田ファンは泣いているかも

カゼでダウンの筆者と関係なくファン感謝祭が開催。秋田、岩本効果?でお客さんも去年より多く盛り上がった模様。で下の方のカラオケ大会の写真なのだが……角田と大野は何かの罰ゲームですか?秋田に脅かされて無理やりやらされたとか?京都ではこんな体験はできないだろうから名古屋に移籍してきてよかったですね(いいのか?)。

……サッカーでもがんばってくださいね、みなさん。

古賀さんへ。来年はぜひ巫女(以下略)

2月6日 始動

いよいよ、というかやっとというか今シーズンスタートです。選手が見ているパンフレットには何が書いてあるのか気になるところですが、まあそれはおいといてケガ人もなく無事スタートできてなによりです。

……秋田と岡山が並んで走っている姿って違和感ありすぎです。ホントに名古屋に来たんだなあ、秋田。

そういえば今年のスローガンも決まったようです。

ハード・魂。

2004年、超える。

だそうです。もちろん年間順位7位なんて余裕で超えてくれると信じておりますが。

2月2日 復活

やっぱり森山は名古屋なんだよ!

年齢のこととかケガのこととか色々言う人もいると思う。正直J1で通用するのかとも思う。でもいいんだよ。理屈じゃないんだよ、森山だけは。

2月2日 36人いる

今季の体制と背番号がが正式に発表されました。……つっこむところがありません。てゆうか背番号誰も変わってないやん

秋田2番は予想通り。岩本8番は本人がバラしていたし大野11番、川島22番もこんなものかなと。意外なのは角田20番ぐらい。来年原が戻ってきたら原が20番つけて角田が一桁つけることになるかな?8番が空いたんなら吉村につけてほしかったところだが。

ざっと見てみると97年以降背番号が変わらない選手がただ一人。そう、21番岡山先輩。そんな先輩に敬意を表してレプリカは21番にしようかな……。