Return

 

◆Grampus Diary 2004

4月<-3月->2月

3月27日 打倒西野!カップ戦Bグループ首位!

G大阪1−3名古屋

天敵、西野監督相手に勝利!大森、角田、中村の中盤が予想以上の出来でした。川島もマグロン大作戦やフェルナンジーニョの突破に対しても落ち着いた対応でした。遠藤や宮本がいなかったことを差し引いても、及第点のできだったと思います。

ガンバの選手が呪われたように1対1を外しまくったとは言え結果的には3−1で勝利。パナや海本がケガのためか本調子でないのが気になりますが、課題だった中盤ポッカリ穴空き病も角田ボランチという裏技でなんとか克服できそうです。この勢いを次につなげて欲しいものです。

3月26日 行け、ナオスィー

ナビスコカップ開幕です。初戦はG大阪。きっちり勝って次につなぎたいところですが、チームは相変わらず試行錯誤中のようで今回はトップ下に中村起用とのこと。中盤のメンバーが落ち着きませんねぇ。まだまだ試行錯誤中なのか、監督が3月中はプレシーズンマッチと勘違いしているのか……。まあメンバーが無条件に固定している代表チームよりはマシか?

ええい。グダグダ言っててもしょうがない。ガンバに勝って勢いつけて鹿島、柏を連覇だ。関西遠征不敗神話の筆者も万博行くぞ〜。

3月25日 またオプションですか?

パナディッチ復帰だそうです。となると気になるのはDFライン。誰が外れるのかというと……誰も外れず角田ボランチ起用という荒業です。もはやなんでもアリというか後ろの5人が全員センターバックてどういう事よ?ボランチの補強に失敗してヤケになってるんだろうか>ネ監督。

角田に関してはフィードには定評があるのでボランチもありかと思うが、だったら2ボランチのもう一人はもっと展開力のある選手にしないといつまでたっても中盤に穴が空いたままになってしまうと思うのだが……。

吉村、山口Kがダメな理由っていったいなんざんしょ?

3月20日 また福西以下略

名古屋1−3磐田

ゴールこそ奪われなかったもののPKを与えるきっかけとなる飛び出しを許してしまいました>福西。シミュレーションっぽかったですが審判はすぺしゃるな人なので文句をいっても仕方ありませぬ。

あのタイミングで福西がペナルティエリアに走りこんでくる磐田と、大森、直志が決して2トップを追い越そうとしない名古屋。結果は明らかですな。

前半の15分くらいまでは磐田が寝ていたため互角以上の戦いをしていたのですが……中山のゴールで磐田を起こしてしまいました。ボールを貰ってから次の展開を考えている名古屋と、ボールがないところでも常に2手先3手先をイメージしている磐田との差がそのまま出たという感じですかね?

3月19日 福西にゴールを許さなかったら勝ち点0.5ください

さて福西率いる磐田との対決です。明日の観戦記のタイトルが「また福西かよ」とならないように選手のみなさまにはがんばって欲しいものです。いや、もちろんグラウや中山や藤田や名波や西も抑えなければなりませんが。注目の中盤ボランチは中村+大森のようです。これでトップ下が岩本だとすると二人同時に消えるという荒業が出るかもかも知れません。大森にかなりの負荷がかかりそうです。大森、よろしく。

まあ「中盤で磐田に勝て」なんて無茶は申しません。でもやっぱり不恰好でもなんでもいいから4年ぶりの勝利をぜひホームで見せていただければと。角田もなんか知らんけど自信はありそうだし、ウェズレイもやる気まんまんだし楢アも絶好調だし、なんかこう奇跡が起きるような気がしませんか?

……ほら、福西のシュートがポストに跳ね返るシーンや滝澤の蹴りそこないのクロスボールが運良くゴールに入っちゃったシーンとか浮かんできませんか?

3月13日 開幕戦勝利でとりあえずホッ!

C大阪1−2名古屋

アウェーで逆転勝ち。期待と不安が半々だったが勝ち点3を獲得できてホッと一息。前半と後半30分以降を無かったことにすれば言うことなしです。

日中は仕事だったため情報を遮断して帰宅後ビデオ観戦。結果を知らないためワクワクドキドキ。さあ再生。

……ああ、中盤の問題がなにも解決していない。前5人と後5人の間に広大なスペースが。ここを森嶋、西澤、徳重、久藤が使いたい放題。CKから再三ピンチを招くが相手のミスにも助けられ失点には至らず。

と思ったら徳重のシュートで失点。「こりゃ2点目は森島かな」と思いつつおもむろにビデオの「早送りスイッチ」オン!

さて後半。ヨンデ→岡山に交代し中盤を修正。これが功を奏したようだ。後半開始早々ウェズレイのシュートがポスト直撃。そして4分、岩本のCKから同点ゴール!あわてて「再生」スイッチオン。誰だ?古賀か?秋田か?えーと誰だっけ?ああ、角田だ!ユニ姿初めて見た。

ここからは名古屋ペースで試合が進み17分、なぜか右に流れていた滝澤がクロス。ウェズレイが豪快なヘディングで逆転ゴール。「ウェズレイは神!」テレビの前で叫ぶ筆者。

その後、何度かピンチを招くものの楢アやDF陣の踏ん張りと運の良さに助けられそのまま2−1で勝利。移籍選手の活躍でアウェーで逆転勝利。内容は???だったが開幕戦勝利は気持ちがいいもんだ。

結局中盤の連携はPSMの清水戦から改善されていなかったのか?大森+ヨンデのコンビにこだわるならトップ下に運動量の少ない岩本では無理がある。攻撃の形が作られるようになったのは結局岡山投入後。2ボランチにこだわることはないのでは?今のままでは磐田戦は藤田、名波に好き放題やられる可能性がきわめて高い。次節に向けてどのように修正するか、注目である。

待てよ?滝澤が好調のようなので思い切ってボラン(以下削除)

3月12日 さあ、開幕!

幸治郎がケガから回復。角田も間に合った。岩本もサイン会からちゃんと帰ってきた。パナの回復遅れ、平林、ジョルジーニョの骨折と残念な話題もあるものの、ほぼベストメンバーで開幕戦を迎えることができそうだ。

開幕戦は3−5−2か?メンバー的には試合中に4−4−2に切り替えれそうだが、そこまで無理することはないような気もする。ヨンデ、大森のボランチは本番でも機能するのか、中盤の広大なスペースはちゃんと埋められるのか、不安な点もあるがここは監督と選手を信じてみよう。

メンバー的にセレッソに劣るとも思えない。きっちり勝って後に続けよう。開幕戦で勝ち点を獲っておかないと2、3節が苦しいからなあ……。(ちなみに筆者は仕事の関係で大阪遠征はできず。福西が退場になることを祈りつつこっそりヤマハへ行ってきます)

3月6日 気が付けばあと1週間

名古屋1−2神戸

前半に先制しながら後半立て続けに失点。今年も神戸戦は苦しみそうだな、おい。開幕前に課題がはっきりするのは良いが修正できなきゃ意味がないわけで。いや、もちろん、あと1週間で修正できると信じてますけど。

……って試合も見ていないのに、中盤の連携ミスからサイドのスペースを狙われて失点と決め付けていたりして。

まあ、ここ一番で神戸に負けるのはお約束なので、今負けておけば、もう今年は大丈夫であろう。

 

久々更新なのでその他の話題を

・やっと角田が出てきたようです。清水戦で秋田、大野は結果を出したので次は角田の番ですな。パナや海本幸が出遅れているのでチャンスといえばチャンスだ。

・まさかブラジル人3トップ?……秘密兵器のまま終わらないように。

走る〜走る〜イワモト〜。……開幕に間に合うのかよ

おまけ

竜鯱2で見つけた大野のインタビュー。ハルちゃん、いいキャラだ