Return

 

◆Grampus Diary 2005

5月<<4月>>3月

4月28日 本田&慶 初ゴールおめ

名古屋5−4東京V

携帯の届かない地下の居酒屋で会社の飲み会だったため経過わからず、後で結果を見たら5−4。野球の試合でつか?

本田&慶のゴールという嬉しい話題もあったようだけど4失点というのはどうなんだろ?しかもリーグ戦では10年ぶりにハットトリックくらっちゃうし。

とは言え鹿島以外の優勝候補のチームが伸び悩んでいる中、4連勝で2位キープ。まだ全体の4分の1だけど予想以上の健闘だよなぁ。

……予想以上すぎて落ち着かんw

寸評は録画中継を見てから書けたら書きます。

4月27日 なんか色々

柏戦試合後の件については書きたいことがうまくまとまったら書きます。とりあえず私達はギリギリのところでスタンドを出たため無傷でしたが、観戦仲間の内一人が旗竿のようなものでどつかれ帽子とタオルマフラーを取られました。痛みがしばらく引かなかったそうですが大事に至らなかったようです。

【ウェズレイ退団】完全に監督の構想外になってしまった以上移籍はやむなしだけど。セレモニーもなくチームを去ることになったら寂しいねえ。

【増川全治4週間】ち、ちょっと待てぇ。柏戦の後笑顔で歩いていたぢゃないかぁ。

【藤田にオファー?】マジですか?移籍の話題はとりあえず名古屋と神戸と書いとけっていうヤツじゃないんですか?来たら来たで面白いけど直志君の控えじゃねえ。ボランチやってみる?

さて明日は苦手のヴェルディ戦。ワシントンだけのチームじゃないですからね。相馬も山卓もみんな要注意ですから。連勝しているとはいえ内容はまだまだですから。ここで勝って一挙勢いに乗りたいですね。

 

4月23日 3連勝。なんか落ち着かんw

0−2名古屋

川崎戦と比べて内容が良かったかと言うと……。柏に押し込まれていた時間帯も結構あったし柏のシュートがどれか1つでも決まっていたら流れが変わったかかも。まあでも勝てる時はこんなものでしょうか。もっとも角田体調不良で急遽秋田起用3バック、前半に増川負傷交代というアクシデントの中で守備を修正しながら90分戦い続けることができたんだから良しとしましょう。

【楢ア】神

【古賀】本当に古賀か?というくらい獅子奮迅の大活躍。あれは古賀ではない古賀だ。

【秋田】精神的柱。

【増川】ケガで交代した時は血の気が引いた。が試合終了後は普通に歩いているのを見てホッとした。

【井川】今日はいい井川。警告なし。

【山口】慣れない右サイドで健闘した。

【中谷】勇介の勇は勇気の勇だろうが。守備は良かったがゴールが近づくにつれ消極的に。たまにはマルケス放っておいて自分で上がってみなさい。ま、昨日は悪くはなかったけどね。

【吉村】中盤のあちこちにいた。驚異の運動量を発揮。

【クライトン】中盤で好きにやれ、といういう指示がでているとしか思えない。持ち味と言えば持ち味だが……。

【中村】代表に選ばれない理由があれば教えて欲しい。もっとも今呼ばれても迷惑だが。

【本田】毎試合なぜか前半より後半の方がデキがいいのはなぜだろう?シュートこそなかったものの効果的なパス連発。

【マルケス】普通にマルケスらしいプレイぶりだった。しかし後半の警告となったファールはいかんでしょ。あれはレッドでもおかしくない。

【ネルシーニョ】角田不在を3バックで乗り切った。後半の修正もうまくいった。どっかで杉本投入して欲しかったがケガ人を考慮し交代枠を残したかったのかも。

【大型ビジョン】アウェーゴール裏からは見難いがまあしょうがないか。裏側から見るととってつけたような構造だが日立台らしくてそれもまたよし。

【柏のマスコット】歩き方がすでにマスコットではないw。なんか試合前にお祈りしていたな。仲間内でヤク中と認定。

【柏駅前】5年ぶりに行ったけど前回と雰囲気が全然違っていたためレイソルロードが分かんなくて、うろうろ歩き回っちまったぜい。

 

4月22日 大型ビジョン争奪戦

勝ったらこれ下さい。持って帰って瑞穂に(ry

さて相性がいいんだか悪いんだかよく分からない柏戦です。天敵大野が復活してやがります。

名古屋の流れからいくと「上位チームに連勝」「2位浮上」「2試合連続無失点」「相手が下位チーム」というマイナスの条件ばかりが揃っていますがもしこの試合勝つことができれば今年の名古屋は名古屋じゃないという証明になります(ん?)。

いや楽しみ楽しみ

 

4月19日 ヨンハッーー!

川崎戦で負傷した安英学だったが骨には異常なしとのこと。

よ、よかった〜

1〜2週間で復帰との事。ここは焦らずじっくりと治してほしいところだ。3試合ほど不在となるようだが吉村がきっちり代役を果たしてくれるだろう。いや昨年のレギュラーに代役といっては失礼か。安英学の真似をすることはない。吉村は吉村でやるべきことをやればよい。もちろん他の選手の起用という選択肢もある。よりハイレベルな競争を期待する。

しかし今回は公式HPの対応も早かったな〜。

4月17日 2連勝、2位浮上、等々力で2勝目

川崎0−2名古屋

得点シーンだけを見れば完勝といえる試合ではありますが……。名古屋は高い位置でボールを奪うもののそこからの展開が遅く攻撃がワンテンポ遅れていく。しかも0トップに近い状態なのでPエリア内に人が足りずシュートに至らない。

対する川崎はボールを奪って中央→両サイド→中央と同じ展開を淡々と繰り返すだけ。後半リードされても前がかりにならず常に同じリズムの展開。ジュニューニョ不在の影響がもろ出ていたようだ。

こういう展開の時はつまらないミスから失点するのが常だが先制点は名古屋。誰も期待していなかった直志君のFKが直接ゴール。久しぶりに見たFKからのゴールだ。前半も終わり頃だったのでこの得点は大きかった。

後半も同じような展開。そこで手を打つネルシーニョ。本田→杉本に交代で流れを大きく変えた。その杉本がこれも交代出場の井川のパスをニアに飛び込みゴール。本人も磐田戦の後ゴールがなかっただけにこのゴールは自信になるだろう。

この後流れは名古屋になるのだがせっかくサイドを崩してマルケスや杉本が絶妙なクロスをゴール前に放り込んで中で合わせる選手が誰もいない。飛び込んで脚に当てるだけなのに。

結局2−0で勝利。3バックも特に破綻なく2試合連続無失点で連勝、2位浮上。え?2位?

 

【楢ア】2試合連続無失点。普通に実力発揮。5年前の借りを返した。

【秋田】「自分の目の前の相手を倒すだけだった」(東京戦後のコメント)。今回もアウグストをふっ飛ばし見事に有言実行。影のMVPというのは言い過ぎかな?

【増川】競り合いには強いのに時々とんでもないクリアミスをしでかす。まさに増川ファンタジー。とはいえ締めるところは締めていた。

【角田】やっぱり上がってやがったw。守備に関しては特にミスもなく90分遠して安定していた。

【山口】右サイドでアウグスト封じ。中谷交代後は左サイドへ。地味ながら最後まで守備に貢献した。

【安英学】中盤の底で攻守に奮闘。脚が動かなくなっても得点につながるパスを出した。今や名古屋のキープレイヤー。重傷でないことを祈る。

【クライトン】ダイレクトでつなぐかと思えば持ちすぎともいえるキープ。挙動不審っぷりには慣れた。この際FWで使うかw。

【中谷】悪くはなかったが攻撃にからめないところもあり。たまには怒涛のオーバーラップでもやってくれないと。ところでケガは大丈夫か?

【本田】中央でプレイする時間が多かったがマルケス、中村との連携が今一。後半多少良くなってきたかな、というところで交代。少々疲れありか?

【中村】まさか直接FKが決まるとは思わなかった。だんだん高いレベルで安定してきた。代表に選ばれたらどうしよう。

【マルケス】個々のプレイは相変わらずハイレベルだが後半やや動きが重かったようだ。

【杉本】本田との交代により名古屋に流れを引き込んだ。あまりに見事なゴールだったため最初マルケスのゴールと勘違いしていた。10得点ぐらいいけるかも。

【井川】登場したと思ったら早速イエローカード。芸風変わらず。

【吉村】短時間ながら役割をきっちりこなした。アン不在の時のキーになりそうだ。

【ネルシーニョ】本田→杉本の交代で流れを引き寄せることに成功。井川右サイド、山口左サイドというポジションチェンジも的確。あと井川とセンターバックに、角田を右サイドにチェンジしなかったのもいい判断だ。

【等々力】久しぶりの等々力。売店を楽しみにしていたのに、アウェー席とバックスタンドの通り抜け禁止のためカツサンドもラーメンも食べられなかった(カツサンドは観戦仲間から頂けたけど)。しかしあれだけ入って(見た目8割以上は埋まっていたと思う)14000人ってことはないだろ?

【某代表監督】何しに来たんだ?と思ったが単に関塚監督に会いにきたついでにヒマだから試合を見ていただけのようだ。

 

4月16日 3バックかよ

つまり秋サンでは4バックは無理だと言いたいワケですか。そうですか。

角田の攻撃力が生かせなくなるので増川−秋田−角田の3バックはつらいんだけどな。まあ角田のことだからスキを見て上がっていっちゃうんだろうけど。その辺のコントロールは秋サンの「喝っ!」に期待しよう。

攻撃は東京戦を見る限りある程度スペースがあればボールをまわせるようだからマルケス1トップでも問題ないだろう。

警戒すべきは重戦車アウグストと楢アキラーの我那覇か。

 

4月13日 勝ち点プレゼントの対象は下位チームだけです

名古屋1−0

これ以上勝ち点差が開くとヤバイという状況で1−0の勝利。やはりホームでは相性が良かった。

仕事&録画失敗という状況なので感想は後日。楢アが神だったり、秘策がそれなりに成功したり、主審がジョ〜ジだったり、秋サンキターーーだったり楽しそうな試合だったようで見に行けなくて残念…。よし等々力行くぞ。

4月12日 秘策のデパート

今度の秘策はマルケス1トップだそうで。キャンプ中も練習していたというから思い付きではなさそうですが。素直にマルケス&中村の2トップでもいいような気がするな。

あまり勝ち点を意識したくないがここで負けてトップとの勝ち点差が8になるとさすがにヤバイ。

試合終了後「前半は前線の選手の運動量が少ななかったが後半は杉本を投入したことにより修正できた。内容は悪くなかった」というのは勘弁な。マジで。

せっかく平日ナイターチケットを販売するんだから30分過ぎに来たサポーターが入場した瞬間にorzってなるような試合はやめてくれぇ〜。……もっとも前半勝っていても後半ロスタイムに(ry

4月10日 FC岐阜

なんか楽しい話題はないかな、と探していたらFC岐阜のロゴ・エンブレム決定の記事を発見。お、なかなかカッコいいではないか。チームカラーは緑に変更になったのね。雷鳥って岐阜の県鳥だったのか。知らなかった。あ、雷鳥といえば松本山雅も愛称は雷鳥らしいぞ。チームカラーも同じ緑だし数年後には雷鳥ダービーか。

 

4月10日 「策士、策におぼれるというヤツだな」

TVで見ていてどうも変だと思っていたらマンマークでやっていたのか。

前にも書いているが今の名古屋は全体のバランスは決して悪くない。だから下手な小細工をせずに基本戦術のまま戦えばいいものを、カップ戦でのイメージが強すぎたのかセレッソの1.5列目を警戒してマンマーク。結局これが裏目。各選手がマーク相手の選手に引っ張られ、中盤のバランスが崩れっぱなし。どうせセレッソ相手に無失点なんて無理なんだから点の取り合いに持ち込めばよかったものを。

いずれにしてももっと動いてボールをもらうようにしないと、足元でボールをもらうばかりでは次への展開が遅くなるばかり…っていい加減書き飽きてきたけどな。

もうゲームメイクは本田に任せて他の選手はひたすら走りまくってパスを受ける事だけに専念しろ。前に本田休ませろって書いたけどダメだ。そんな余裕はない。

 

4月9日 「次につながるのは確かだ」←お詫びして訂正します

C大阪1−0名古屋

磐田戦の勝利は忘れろ!

俺も忘れるから!

 

というわけで攻撃パターンが試合毎に減ってくる名古屋。4月は我慢の月になりそうだ。4月だけですむのか?という突っ込みは禁止だ!

 

4月8日 本田、杉本温存か

いや別に温存というわけでもないだろうけど、こちらこちらの情報によれば先発は山口K、豊田のようだ。チーム戦術のぶれはないからメンバーが代わっても大丈夫だろう。むしろ後半に杉本、本田が出てくると相手チームはいやだろうな。

前節は引き分けで終わってしまったし、4月の連戦を戦い抜くためにもセレッソ戦に勝って勢いをつけたいところだ。カップ戦の借りは3倍にして返してやれ。

 

4月5日 お前は米倉か

ナビスコ鹿島戦で退場。3節広島戦は出場停止で4日のサテライトに出場したところイエローに2枚でまたまた退場w。何をやっておる>角田。

去年もPSMで退場くらって2nd開幕戦出場停止だったよな?気合が入っているのは分かるがもう少し自重しなさい。

米倉みたいなそーいう暴れっぷりも嫌いじゃないけどさ。

ちなみに出場停止となるのは5/15のサテライト。トップの試合に影響なくて良かったなあ。

4月2日 なんともいえない試合だが次につながるのは確かだ

名古屋1−1広島

毎回書いているけど全体のバランスは悪くない。ただ今日は広島の4−3−3にうまく対応しきれず中盤のいいタイミングでボールを奪えなかった。両サイドが1対1に弱すぎ、中盤でパスミスが多すぎた。パスミスは本人のせいだが受け手の問題もある。ポジショニングはまだまだ修正が必要だな。

序盤、広島を圧倒していた時間帯に1点でも取れていれば楽に勝てる試合だったかも知れない。逆に広島が圧倒していた時間帯に1点でも取られていたらそのままズルズル失点したかも知れない。どっちもどっちだった。

後半は名古屋が選手交代で流れをつかみかけたところでパスミスから失点。チャンスをつかむもののゴールまで近づけないという流れの中、最後に同点に追いつくことが出来た。勝ち点1にとどまるものの次につながる1点になるはずだ。

【楢ア】代表での疲れを感じさせず。文句無し。

【山口&渡邊】1対1で勝てず広島両サイドの攻撃を許すことに。右は角田がいるからいいとして左は中谷、渡邊で調子のいい方を使っていくしかないだろう。元々本職じゃないしなぁ。

【中谷】渡邊に代わって登場。広島の右サイドを押さえ込んだ。

【古賀&増川】広島に攻め込まれた時間帯はあったが全体的には安定。終盤の攻撃参加のタイミングも的確。

【安英学】久々登場。後半は主に右側でサイドの守備のカバーに。代表での疲れを見せず攻守に健闘。

【クライトン】相変わらずに挙動不審ぶり。パスミス多し。尤もパスの受け手のポジションも悪いため一概にクライトンのせいとは言えないが。

【本田】疲れのせいかプレイエリアは異常にせまかった。開始早々の豪快なボレーシュートが決まっていれば……。もし疲れがたまっているのなら次節は休ませてもいいと思う。

【吉村】後半から守備建て直しのため登場。一人で中盤の底はやや荷が重かったか。あのヘディングは惜しかった。

【中村】鹿島戦のできに比べるとちょっと……。中村一人が悪いわけではないがもう少し高いレベルで安定感があればねえ。

【マルケス】必殺マルケスターンが決まらなくなってきたな。良くも悪くもマルケスのチームでなくなってきた。最後のシュートはマルケスらしさ全開。お見事。

【杉本】スピードが生かせない状況だとつらい。まだまだこれからだ。

【豊田】アシストという形で期待にこたえた。次はゴールを。

【ネルシーニョ】4−4−2にこだわり結果を出している。ハーフタイムのフォーメーション変更、選手交代も的確。動けていない本田に代えて守備固めに吉村を投入した上、安、クライトンにサイドの守備を徹底。さらに杉本のスピードが生かせなくなると高さの豊田を投入しチームを活性化させた。渡邊→中谷はもう少し早くてもよかったかも。次の課題は攻撃のバリエーションか?

【下田】「ええい、広島のGKは化け物(ry」

【豊田スタジアム】芝生が……芝生が……はがれなかったぁ!豊スタ史上初じゃないのか?

【広島サポ】自分達でアウェー席を区切り緩衝地帯までつくっていた。お見事w。しかしアウェーで引き分けてブーイングとは厳しいねぇ。

 

4月1日 お家騒動でもなんでもない

主力選手が監督を公の場で批判→チームが当事者に事情聴衆→選手に対し処分。これのどこがお家騒動だ、グランパス君よ

いや、本当は大問題だが名古屋サポはこの程度の事件には慣れてしまっているのか?実際みんな結構冷静だしw。

 

監督は悪くない。コンディションなど総合的に考えて先発を外したのだから。

フロントも当然悪くない。監督批判は処罰の対象でありどの選手にも公正に処分しなければならないから。

では悪いのはウェズレイか?ならば問う。コンディションは悪くない(と自分では思っている)のに新人に先発を奪われてベンチスタートといわれ文句の一つも言わず素直に納得するようなストライカーでいいのか?

みなさんだって経験ありませんか?例えばある職場で順調に仕事をこなしていきお客様にも信頼されるようになって、さあ次のステップだという時に他部署の社員が不祥事を起こして退社することになって、その穴埋めに玉突き人事があって余ったところに異動させられることになり「そんな理由納得できねぇ!オレはスキマ家具か!」ってブチ切れて上司や会社の批判をいや俺のことはいいから。

まあそういうわけで一部のアンチブラジル派の方々とは違って個人的にはそれほどウェズレイ批判する気はないです。ウェズレイもこれで重いもの背負っちゃたしね。結果を出そうと必死でがんばってくれるでしょう。そのがんばりがチームに還元されれば、それでいいんじゃないですかね?

 

【おまけ】4月1日用に準備していたネタ

「直志代表選出」「本田来年にも欧州移籍」「石川功現役復帰」「ジーコやはり名古屋を知らなかった」などなど公式HP風に作ろうとしたけど、いずれも完成に至らず。来年の分は今から準備しておこう(いや、来年まで残っていないか、このHP)