Return

 

◆Grampus Diary 2005

12月>>11月

12月30日 この忙しい時に燃料投下

上田TDと契約せず。色々妄想はできるけど真相は闇の中。どっかのカメラマンみたいにブログでネチネチとチーム批判してくれればいいけど上田氏のブログなんてなかったよねぇ。

成績不振の責任ってあるけど上田氏がそこまでチーム運営の権限を持っていたのかなという疑問はある。もし成績不振が原因なら10月頃に解任して後任を決めてからその人を中心に来季のチーム編成をすべきではなかったのか、と思う。そうでないなら契約延長の予定だったがここに来てなんらかの対立があったのか?

どうも後任はいないようだし外部からの人材を登用せずにTOY○TAからの出向社員だけで好き放題やりたいんだろうね。

好きにすればいいんじゃない?株主でもない我々が取締役会の決定に異議をとなえるなんておこがましいですからね。

さらにワロスなネタがない限り年末年始の更新はお休みします。再開は気分次第で。世の中がアレなんでウチもそろそろ……。

では皆様、良いお年を

 

12月27日 さらにネタ一つ

ウェズレイ広島移籍。今年らしいオチがつきました。

 

12月27日 やっと一人

韓国代表MF金正友獲得。まあ、クライトン以上の選手なら何の問題もないワケだが。

韓国代表のためW杯終了まではほとんどチームに合流できず。そういう選手を獲得する余裕があるの?ゼロからチームを立ち上げなければならないキャンプの時期に不在で本当に大丈夫なの?

「グランパスは鹿児島・指宿キャンプ(1月31日−2月12日)前の来日を韓国側に求めていく方針だ。」

相手がOKを出すとでも?そもそも契約の時に決めておくべき項目じゃないの?普通に考えたら代表優先でしょ。なんかズレてるよな。

しばらく前にシーズンチケットの案内が来ました。「期待を裏切って申し訳ない」という社長の一言があるかと思っていましたがそういう紙は入っていませんでした。

「チーム創設最大の危機」とか言いながら本当はそんなこと微塵も思っていないだろ

結果的に「観客激減」「成績不振」という失態を演じた以上その責任はフロントに帰するはずじゃないの。「期待を裏切って申し訳ない」と社長(または役員全員)の名前で一言あるのがひとつの責任の取り方じゃないの?

取締役会でチームの運営方針、監督人事を決める権限を持っているならそれに対する責任があるはずでしょ。権限ある者が同等の責任を持つと思うんだけどTOYOTAでは違うんですか?

まあいいや。自分たちの態度が正しいかどうかはシーズンチケットの売上と来年の観客数が教えてくれるさ。

 

12月25日 行く人、来る人

新入団選手

片山奨典(国士舘大)

竹内彬(国士舘大)

和田新吾(磐田東)

青山 隼(名古屋ユース)

阿部翔平(筑波大)

見事に後ろの選手ばかり。そして久しぶりの左サイドの補強。今年のルーキーは外れがなかったので来年も期待していいかな?

ここ1〜2年の入団選手と若手選手だけでもいいチームが作れるんじゃないかと妄想してみる。

鴨川  杉本

本田       山口

須藤  井上

片山 中島 青山 角田

川島

あ、なんかいい感じw

 

来季契約を結ばない選手

諸江健太、西川 司、セバスティアン、エドアルド

河野直人(→広島)

西川あたりは愛媛移籍ってワケにはいかないのかね?

 

今のところ他に話題がない。お約束の「阿部にオファー」もないし。本当だったら1年のうちで名古屋の名前が一番出てくる季節なのにね。あ〜つまらん。ウソでもいいからなんかネタないですか、報知さん。

お金の話題はまた別の機会にでも。

 

12月14日 長文乙

フェルホーセン監督の記者会見の模様はこちら

……

…………

「私は日本のタレントの大竹まこと氏に似ているかもしれない」まで読んだ

 

むっちゃ論理派なのか、おしゃべり好きなのかよく分からんが何かやってくれそうな気配はする。試合後の記者会見でもこれぐらいしゃべってくれると面白いんだけど。

あと冒頭の松岡氏のコメント。

「今年のリーグ戦は長丁場の1シーズン制となる中で、グランパスはシーズン途中での監督交代や外国籍選手の移籍、ケガ人等の多発等いろいろな状況が発生し、安定した戦いを展開する事が出来ず大変厳しく、苦しいシーズンとなりました。」

いろいろな状況が発生し?発生させたのは誰やねん。当事者の発言とは思えませんね。アンタにとって他人事なの?

TVでトヨタカップ見ているんですけど、この前日本平で見たものと同じスポーツとは思えません。気のせいでしょうか?

 

12月12日 VERGOOSSENと書いてフェルホーセンと読むのか

オランダ語って難しいな。というわけで9月の半ばから監督不在で戦いつづけた名古屋でしたが、やっと正式決定。頑なまでに4−4−2、組織的な攻撃とザル守備が特徴らしいです。うわ、むっちゃ楽しみ。

 

12月12日 30じゃ足りません!

師匠んところで今年の30大ニュースやってます。つーかこれ全部今年の出来事だってんだからもう笑うしかない。ホントお腹いっぱいです。

つーか師匠!30じゃ足りません。勝手に追加していいですかぁ?

31位:シーズン途中ついに9番、10番、11番が不在

32位:クラブ史上初。磐田から勝ち点6(05年のピークはアウェー磐田戦だったな)

33位:クラブ史上初。浦和、C大阪から勝ち点0(かつてのお得意様は今では雲の上)

34位:本田、史上4人目のルーキー開幕戦先発(去年の今ごろは高校生w)

35位:大分戦、ルーキー5人出場(本田、津田、須藤、中島、杉本)

36位:3試合連続無失点勝利(みんな忘れてるだろうけど、これも今年だからね)

37位:瑞穂最終戦不敗神話崩れる(ブーイングのオマケつき)

38位:10年ぶりにハットトリックを平本(東京V)にくらう

39位:杉本、鴨川が初出場初ゴール(新人は良かった)

40位:ジニーニョ、奇跡を呼ぶオウンゴール(コレがなかったら……)

 

12月10日 甲府J1オメ。来年はきっと名古屋から2勝(ry

日本平。延長戦が終わってさあ帰るべ、という時に飛び込んだ情報。

「柏0−2甲府」

なにが起きているんだ日立台。そして飲み会のため静岡駅に到着。携帯の画面に踊る文字。

バレー

バレー

バレー

バレー

バレー

バレー

6得点って何ですか?嘉悦ハットトリック以来の衝撃だわ、こりゃ。数年前にチーム消滅寸前まで行ったチームがついにJ1ですか。下で新時代と書いたけどホントに新時代になっちまったよ。小瀬か……石和温泉とセットで遠征だな、こりゃ。小瀬の電気設備が実は日立製だったら笑えるな。

正直こんな結果予想できなかったよ。ホームで柏の逆転勝ちだと思っていた。J1下位とJ2上位ってもっと力の差があるかと思っていたけど実はほとんどないんだな。確かに今の名古屋だったらJ2上位チームには勝てんわ。

そして柏の惨状を見て名古屋サポ全員心の中で叫んだはずだ。

「明日はわが身」

 

12月10日 1513人

名古屋1−2大宮

・シャトルバスがないと途方にくれてしまう日本平への道。

・初めて座った日本平ホーム側。なんて景色の素晴らしいこと。

・「売店もないんじゃねーの」と思っていたらバック裏とホームゴール裏1Fは普通にやっていた。さすが日本平。

・先発に新人二人、サブはGK以外全員新人。しかも現時点でのベストメンバー。もほや笑うしかない。

・延長戦の方式がよく分からないまま延長戦突入。

・大宮サポのブーイングを受け大活躍。神技連発の川島

・名古屋サポのブーイングを……受けることもなく活躍の藤本。

・いつまのにか失点、得点、失点で負け。

・120分戦ってしっかり交代枠を残していました。「戦術的選手交代は絶対しない」という信念だけは誰にも負けない監督でした。

・試合内容に特記すべきことはありません。試合があるから試合した。それだけの話。来年につながるものは100%何もありません。

・「俺、こんなところまで来て、なんでこんなツマンナイ試合見てるんだろう?」と自問自答し、涙が自然にこぼれ落ちるような試合はこれっきりにして下さい。

 

12月4日 新時代

・優勝は結局ガンバ。まあ、別にどこが優勝してもいいんだけど、気持ち的にはセレッソに優勝して欲しかった。4年前、刈谷で観衆300人の前でプレイして試合終了後には出口でサイン会をしていたキング・オブ・カリヤこと徳重隆明が日本一になる姿を見たかったな。

・J2は最終節で甲府が3位浮上。4〜5年前、下位に低迷し観客が3桁の時も有り、存続すら危ぶまれたチームがついにJ1へ挑戦する。J2やJFLのチームのいい手本になるんじゃなかろうか。日本のサッカーを支えるのは代表じゃなく甲府のようなチームであってほしい、と思ってみたりする。お金より情熱ですよ。

・JFLは愛媛が優勝。念願のJ2昇格がほぼ確定。こちらも長かった。いつのまにか徳島に先を越されるし。来年は四国ダービーで盛り上がるんだろうな(でも両都市ってけっこう離れているのね。むしろ神戸vs徳島の海峡ダービーの方が盛り上がったりしてw)

・その愛媛の相手はデンソー。デンソーとしての最終戦でもあった。東海リーグの日本電装からの長い歴史に幕。来年からは市民クラブとしてJFLを戦うことになる。厳しい戦いになると思うがまずはJFL残留が目標か。

・チーム名はFC刈谷。カマタマーレに比べるといかにも平凡だが刈谷の名物たって自動車のパーツしか思い浮かばない。スパーク刈谷とかエアコン刈谷とかトランスミッション刈谷ってワケにもいかないしねぇ。ディナモ刈谷とかどうよ?ちなみにお隣の知立にチームができたらチーム名はやっぱりオオアンマッキー知立(ry

・さらに地域リーグ。決勝大会でFC琉球が優勝。沖縄初の全国リーグ参戦チームになるはず。……JFLのサポみんな遠征どーすんの?ちなみに2位はジェフ千葉アマ。JFLでフクアリ使うのかね?3位が嘉悦のいるロッソ熊本。愛媛がJ2昇格すれば熊本もJFL昇格。これで来年、長崎、北九州、鹿児島あたりが上がってきたら……すげぇな九州。

・こうなると1〜2年後にはJ2のチーム数一挙拡大とかJ2とJFLの入れ替え戦とかJ3とか大きな動きがありそうな予感がしなくもない。ドイツW杯を境に日本サッカー界も大きく変わるかもしれませんね。

で、周りがどんどん変わっていく中で、ウチのチームはいつまで同じ事を繰り返すつもりかね?

 

12月3日 フクダ電子アリ〜ナ

・新幹線ホーム〜京葉線ホームと蘇我駅〜フクアリとどっちが短いのだろうか?

・オープンカフェw

・もしかして工場の敷地内?

・仙台スタジアムを少し簡素にしてコンパクトにした感じ。ゴール裏はもちろん基本的にどの席からでも見やすそう。

・電光掲示板は当然のようにアウェー側に設置。

・当日はかなり寒かったため「そば」「うどん」が大人気。ホーム側にはナンカレー(異常に並んでいたため断念)やらコーヒーショップやら何でもあり。今シーズン行ったアウェーの中でも1、2を争う売店のよさ。ぶっちゃけ途中のコンビニで買って行く必要なし。

・これまで臨海と瑞穂でJ1スタジアム最下位を争っていたがこれで名実ともに瑞穂が最下位。

・しかしチームが強くて、やってるサッカーも面白くて、駅から近いところにサッカー専用スタジアムが出来て、これで観客が少なかったらシャレにならんぞ>千葉。

・でもこれなら来年は観客動員数は名古屋を回るでしょう。

・まあ、いずれ名古屋市内にもできるでしょう。30年後ぐらいには。

 

12月3日 確か開幕戦も千葉にロスタイムで

千葉2−1名古屋

「ロスタイムに集中力が欠け2点を失ったのは残念だ。だが若くて将来性のある選手が多い楽しみなチームだ。ユースの状況は分かった。次はトップチームの試合を見せてくれたまえ」と試合を見たフェルホーセン氏が言ったとか言わないとか(言ってません)

ウチのチームのエースは鴨川だと思ったんじゃなかろうか。ま、あながち間違ってはいないけどなw。得点シーンでは他の選手ならトラップミスってボール取られたり焦って外すだろうけどよく冷静にヘディングで決めたな。正直動きがいいとは思わないけど得点感覚はありそうだ。楽しみだ。カモショウ。

さて試合。前半は千葉の方が動きが鈍かったようで、千葉ペースながら無失点。名古屋もそれなりに攻めてチャンスをつかむ。特に最初は千葉を上回るデキだったのだが相変わらず10分限定。あとは中盤省略放り込み。ちょっと待て。藤田、中村、本田がいて中盤省略?中盤なり前線なりにキープ力のある選手がいれば、そこを使って落ち着いた攻めができるはずなのだが。

つクライトン

まあそれでも前半0−0。山口が結構効いていたかな。後半も同じような展開。ただ千葉がさらに積極的に攻めてきて防戦一方。さらに楢ア、山口が味方同士で激突し両者負傷退場。代わって入ったのは川島とルーキー中島。……新潟戦の川島先発ってコレを読んでいたのか!アル・レオニスなみの読みだ>中田監督。その割には豊田→杉本の交代はかなり遅かったけどな。

アクシデントがあったものの川島やゴールポスト、中島の活躍で千葉の攻撃を防ぐと千葉の一瞬の隙をついて先制ゴール。これで千葉は残り5分ほどで2点取らなければならなくなる。で、千葉は取っちゃうワケだ、コレが。

PKはしょうがない。だがその後の集中力を切らしたプレイはなんだ?判定に不満があったのかどうか知らんが、あまりにもヒドい。引き分け狙いは意味がないが、いったんゆっくりボールをまわして落ち着くべきではなかったか?藤田と秋田がいて声をかけなかったのか?結局必然ともいえる逆転ゴール。まあ、実に今シーズンらしい終わり方やね。

 

12月1日 左サイドの即戦力……ですよね?

例年よりやや遅いかな。新人さん内定です。大学の選手という事で即戦力の期待がかかります。特に片山の方は左サイドのスペシャリスト(でいいんですよね?)ということで明日にでも試合に出て欲しいくらいの選手です。

ただし来る人あれば去る人もあり。A契約選手がかなり増えたので、さらに新人を5人くらい取るとすると……。さてどうなることやら。