バックナンバー

戻るHOME

不定期連載

グランパスエイト雑記帳

バックナンバー(8月)

「横浜出張日記?」(8/29)

「まだ本当の平野を見ていない!」(8/18)

「瑞穂で公開練習」(8/17)

「日本0−3ブラジル」(8/13)

「南雄太が練習参加」(8/4)

8月29日「横浜出張日記?」

2週間の出張から帰ってきました。こーゆー時に限ってグランパスは関東の試合がなし。仕事の都合でこれからもしばらく生観戦できず。調子のいい時にかぎってーーーーーーーー!

……というわけで他チームの偵察?に行ってきました。

8月20日 横浜M 2−1 市原戦(三ッ沢)

代表最後の試合なのに10000人入らないかあ……。市原はFWが広山じゃ苦しいかな。スコルテンは最後まで安定したプレイを見せていました。内容的には盛り上がりに欠け最後は謎のPK?でマリノスがとりあえず勝ちましたが……。最後にマリノス選手のサインボール投げ入れがあったのですが城が一人市原サポーターのところまできてボールの投げ入れと挨拶をしていました。この時ばかりは市原サポーターも「城」コールでした。

8月23日 平塚 1−3 横浜M(平塚)

マリノスのGKは河野でした(見るのははじめてだったりする)。終始安定したプレイでマリノスの勝利に貢献していました。伊藤裕の代わりが十分務まりそうなだけにちょっと複雑な心境です。この試合のポイントは平塚が中田不在&ロペス不調でさらにマリノス中村を押さえ切れなかったことですね。平塚はいいところのなかった試合でした。逆にマリノスは中村を中心に中盤が充実。鹿島と優勝を争うような勢いです。

気になったのはスポーツニュースや翌日の新聞です。まあ某ベテラン選手の記事中心にしたいのは分かりますけど中村、柳沢、福田らユース代表が得点したのだから「フル代表不在でもユース代表が活躍」ぐらいのことは書いてほしいよなあ……。

8月24日 川崎F 1−0 水戸(等々力)

Jリーグだけではありません。来年にそなえてフロンターレの試合も偵察(?)してきました。JFL応援日記をご覧下さい。

8月18日「まだ本当の平野を見ていない!」

次はだめかな……という思いをまたもや振り切り平野孝が代表選出されました。しかし、代表では(というよりグランパスも含めて)まだ本領発揮とまでいっていないようです。ハーフウェイラインからペナルティエリアまでのドリブル突破、20m、30mの矢のようなロングシュート、そしてDF、GKを弾き飛ばす左足のフリーキックなど代表の試合では見せてせん(これは過大評価ではなく95年後半−96年前半は本当にそれだけの力がありました)。しかも今回はもう一人のFKの魔術師、三浦淳(横浜F)が選ばれており出場機会がなくなるかもしれません……。今度こそ、その左足を見せてほしい!それがフランスへの鍵を握るのだから。

8月17日「瑞穂で公開練習」

前日(8/16)グランパスは試合なしということでファンサービスの一環(ですよね?)として瑞穂で練習を行ったところ約1000人のファンが集まったそうです。この試みは現場サイドでも好評のようで、道具の運搬などの問題があるもののまたいつかやるらしいです。グランパスの練習といえば日進が思い浮かびますが、よく考えたら名古屋市内には試合の時しか来ていなかったんですね。他のチームでホームタウンに練習場がないなど問題になっているところもありますが実はグランパスもそうだったとは……。人気御三家といわれ観客が入っていたので気にならなかったのですが、平均5000人以上観客が減っているという現実を考えるとホームタウン=名古屋というものを球団サイドも考えなければいけないのかも知れません。

今のチーム状況や将来などを考えると不安を隠せません……。

8月13日「日本0−3ブラジル」

タイトル通りです。完敗と言わざるを得ないでしょう。予想に反して(?)平野が先発でした。最近の不調振りからどうなることかと思いましたが、それなりの活躍だったと思います。特にあのロングシュートは今シーズンほとんど見られなかったので、久々に平野らしさが出ていたと思います。それにしても……スピード、テクニックとも比較しようがないですね。一つ一つのプレイの速さ、確実さなどはるかに上をいっています。とはいえ「さすがブラジル!」で済ませるわけには行かないでしょう。チーム戦術は本当に確立しているのでしょうか?最終予選まであと1ヶ月だというのに……。私は未だに安心することができません……。

8月4日「南雄太が練習参加」

ちょっと前の話ですが8月1日にユース代表GK南雄太(静岡学園)が日進でグランパスの練習に参加したそうです。「いってみれば、ダイヤモンドの原石だね。人によって完成する時期は違うが、普通よりずっと早く試合で活躍できるだろう」(ギャスパーGKコーチ)。また、南本人も当初関東のチームを希望していたが、最近はあまりこだわっていないとのことで「7,8チームから誘いを受けたが、今はかなり絞っている。9月頃に進路先を決めてスッキリしたい」(南)とのことでグランパスも一応候補に入っているらしいです。グランパスのGKといえば最初のころのディドを除けば伊藤裕二の独壇場。あまり話題にはならないのですが実力的には代表レベルだと私は思っていますし年齢的にもまだまだだと思います。とはいえ後継者の育成も必要なこと。ぜひ獲得をめざして欲しいと思います。それにしても福田、古賀と次期オリンピック代表、日本代表を抱えるグランパスの責任はおおきいですね。