バックナンバー

戻るHOME

グランパスエイト日記帳(11月)

11月29日「平野V川崎移籍へ前向き」

29日付中日スポーツによると平野は「さらなる技術の向上」を目指し川崎への移籍を希望していることがわかった。特にV川崎の新総監督李国英氏には以前から技術的なアドバイスを受けていたこともあり信頼もしている様子。球団としては慰留を続けるとともにV川崎に対しては移籍金は満額(約2億円)を要求。

*  *  *

今季の年俸が1000万円ではフロントは平野に何も言えませんね。球団が信用されなくて当然です。毎年のことですが他の選手に波及しないかどうかも心配です。平野の性格からいって自分から取り消すことでしょう。「名古屋ではこれ以上の技術の向上はない」という平野の気持ちも分からなくも無いです。平野を引き止めるには監督代えるしかないでしょうね。

11月28日「平野孝移籍か?」

28日付中日スポーツによると平野が退団を申し入れ、移籍を希望していることがわかった。前日にはV川崎から正式にオファーがあったことも報じられているが平野の希望がV川崎かどうかは不明。球団は慰留に全力。前日には中西永輔(市原)獲得との情報も流れておりリストラはないと表明した名古屋にも激震が走りそうである。

*  *  *

平野孝……いまさらいうまでもなく名古屋唯一のW杯経験者。チーム創立以来のレギュラーで人気実力とも名古屋随一の選手である。今シーズンオフにはかなりの大型補強の噂が流れているがその一方で大きなものを失いそうである。どーなる?グランパス

11月23日「楢崎正剛(横浜フリューゲルス)にオファー」

中日スポーツによると横浜フリューゲルスの楢崎正剛にオファーを出していることわかった。現時点でC大阪、浦和、札幌などのチームもオファーを出しているが名古屋の年俸が一番上らしいといわれている。以前報道された名古屋移籍確定報道に対して小川強化部長は「あくまで横一線」と答えている

*  *  *

……となると伊藤裕二は?ディドに代わって伊藤がレギュラーになってからは正GKに動きのなかった名古屋だがここに来て様子がかわってきたようだ。東福岡の富永獲得により本田、水原や河野の立場も微妙になってきている。

11月19日「泣くな中西、川崎J1昇格ならず」

J1参入戦の初戦「福岡−川崎F」が博多で行われた。両チームとも気迫の攻防を見せ川崎F悲願達成かと思われたロスタイムに痛恨の失点。最後は福岡のVゴール勝ちとなった。

中西哲生はインタビューで失点の時のプレイ(GKと中西が連携を誤り山下の同点ゴールを許した)について「僕が1年間のみんなの努力を無駄にした……」と答えている……。

*  *  *

中西は今シーズンはチーム事情からセンターバックに転向。川崎Fの最後の砦して活躍していた。瑞穂への登場は残念ながらもう1年待たなければならない。来年こそはFC東京を破りJ2で1位となり昇格することを信じている。

11月16日「盛田剛平(駒沢大学)獲得断念、富永英明(国士舘大学)獲得に全力」

地元名古屋出身で大学No1ストライカー盛田の獲得を目指していたが本人より断りの連絡があった模様。盛田は浦和入りが濃厚。これを受け関東大学リーグの得点王、富永(国士舘大)の獲得をめざすこととなった。富永は189センチの大型FWでグランパスにいないタイプの選手。長良川での天皇杯3回戦(名古屋の初戦)では対決の可能性がある。

11月15日「来期も田中監督?」

中日スポーツ(11/15)によればセカンドステージ6位で終えた名古屋だが田中監督の留任がほぼ確定となっている模様。理由として

1.第1ステージ3位、第2ステージ6位と上位で戦い続けた

2.外国人依存から大岩、望月らが引っ張るチームに変えた

3.福田、中谷ら若手を成長させた

とのこと

*  *  *

以下個人的な感想です

1.について

メンバー的に「上位で戦い続け」て当然のメンバーだと思いますが?このメンバーで上位争いできなければよほどの無能な監督でしょう。普通に11人選ぶだけで十分中位以上は狙えるメンバーです。むしろ選手の力だけで戦ってきたという感じがします。。むしろ戦術的には何の上乗せもなかったように思えます。選手交代でもかなり疑問を感じずにはいられません。もし石川康が獲得できなかったらどうなっていたかを考えるとぞっとしますね。

2.について

大岩、望月の能力の問題であって監督の手腕ではないでしょう?それにストイコビッチ、トーレスがいなかった場合でも上位をキープすることができたかどうか疑問が残ります。確かにアルーやウリダには全く依存していませんけど。シーズン中「ウリダを育てる」という監督のコメントがありましたがどこにそんな余裕があったんでしょ?

3.について

「左SB」の飯島がけがをして仕方なく起用したらうまくいっただけだと思いますが。積極的に起用したとは思えません。結果オーライも監督の手腕のうちか?古賀を未だに育てきれておらずボランチでの起用も中途半端(しかもセンターバックとして飯島より信用していない?)。若手を育てたという評価がどこから出てくるのか疑問。

正式決定は天皇杯の結果次第でしょう。組み合わせに恵まれているので準決勝進出が最低ノルマでしょうね。