バックナンバー

戻るHOME

グランパスエイト日記帳

2月27日「名古屋1−1横浜」

(^_^;)期待と不安が半々のゲームでした。期待はやはり呂比須、山口、楢崎。呂比須はパス、ドリブルも高い能力を見せあたかもストイコビッチが二人いるかのよう。山口はミスのないプレーで攻守に貢献。正確なミドルシュートもあり得点力も期待できます。楢崎は後半のピンチを好セーブで防ぎ代表の実力を見せます。守備陣との連携も大きな破綻はなかったように見えました。失点については中村と永井を誉めるべきでしょう。楢崎、山口の加入で守備はさらに安定するようになりました。問題は上記以外の攻撃陣。平野、岡山は前半の決定機でことごとくミス。去年と全く同じ。これはあと一週間でどうこうという問題ではないのであきらめるしかないでしょうね。ボールを回すばっかりでゴールまで行けない、という去年からの課題が開幕までに修正できるのかどうか?まだまだ不安が残ります

2月24日「名古屋0−1平塚(練習試合)」

前半:楢崎、石川、古賀、大岩、中谷、岡山、望月、山口、平野、ストイコビッチ、呂比須

後半:伊藤裕、飯島、古賀、大森、山道、宮原、浅野、伊藤卓、矢部、福田、伊藤健

前半はほぼベストメンバー、後半は控えメンバー中心で実質意味があったのは前半のみ。呂比須、山口、楢崎の移籍組が個人能力の高さを見せるものの相変わらず組織力のない展開。この試合後、大岩が「メンバーを固定してほしい」と田中監督に直訴したとのこと。

*  *  *

(-_-)大岩の言う通りだと思うが今ごろ何を言ってんだか…。後半は全く無駄なメンバー構成だし、伊藤裕、福田の立場がないですね。後10日でどこまで修正できるものやら。

2月19日「名古屋0−0G大阪(練習試合)」

キャンプ最終日、宮崎シーガイアでG大阪との練習試合が行われ0−0に終わった。メンバーは

前半:楢崎、飯島、古賀、大岩、中谷、岡山、浅野、山口、平野、ストイコビッチ、呂比須

後半:伊藤裕、石川、古賀、中谷、岡山(矢部)、望月、山口、平野(山道)、小倉、福田

( )は後半途中から

前半4本、後半1本のシュートに終わりパスミスが多く見せ場のない90分だった。呂比須、山口、楢崎は安定したプレイを見せたが連携の完成度は低い。特に後半福田と組んだ小倉はシュート0本に終わり期待はずれの結果となってしまった。田中監督は状態は上向きといいつつ今後はメンバーを固定して連携の精度を高めるとのコメントを残している。

なお開幕までの対外試合として24日に平塚と練習試合(豊田)、27日に横浜とのプレシーズンマッチが予定されている。

2月17日「名古屋3−2大宮(練習試合)」

キャンプ地の宮崎で今季初の対外試合が行われた。J2の大宮相手に3−2(1−0、2−2)で辛勝。得点は富永英、岡山、福田。メンバーは

前半:楢崎、石川、古賀、大岩、矢部、伊藤健、山口、望月、野口、ストイコビッチ、富永英

後半:富永康、飯島、古賀、山道、中谷、岡山、浅野、ウリダ、平野、呂比須、福田

というように主力を完全に二つに分けた格好。野口の左MF、矢部のDF起用などテストの要素が大きいが、田中監督は「それなりの収穫はあった」とコメント。また、トーレスと小倉は軽い痛みのため欠場した。

なお、2月19日にはG大阪との練習試合が予定されている。

*  *  *

(^_^)主力を完全に二つに分けているので評価は難しいですね。3点目は呂比須のポストプレイから、平野、岡山とつないで福田のゴールと流れるような展開での得点だったそうです。今回は4−4−2でしたが3バックも試すのかどうかも気になるところです。

2月10日「サッカーマガジンでグランパス特集」

本日発売のサッカーマガジンは10番」特集。新ユニフォームのストイコビッチが表紙を飾った。巻頭ではストイコビッチの記事、その他、グランパス特集ということで平野、大岩、望月のカラー記事も掲載。

2月7日「ナゴヤドームでファン感謝デー」

本日ナゴヤドームにて恒例のファン感謝デーが行われたが昨年の倍、過去最高の2万人が詰め掛けた。これには選手も驚きを隠せずファン参加のゲームでは大ハッスル。呂比須、山口、楢崎ら移籍選手も「名古屋のファンは熱い」と感激の様子。

また、毎年減りつづけていたファンクラブ会員も増加中。2月27日のプレシーズンマッチ(横浜戦)のチケットもほぼ完売。大型補強の効果が早くも現れてきている。

2月6日「練習場にファン500人」

今季の練習開始後初の土曜日となった今日、練習場にファン約500人が集まった。昨年福岡との練習試合に800人集まったことがあったが通常の練習日にこれほど集まったことはなかったという。岡山は「寒い中本当にありがたい。期待にこたえなくちゃ」とコメント。

2月2日「宮原U−20代表落選」

U−20代表合宿に参加していた宮原は落選となった。宮原は「少しも気が抜けなかった。Jリーグを経験した選手ばかりで、違いを実感した」とコメント。

2月1日「新生グランパス始動」

グランパスの練習が本日スタートした。呂比須、山口、楢崎らとの加入により各ポジションで激しいレギュラー争いが予想される。特にFWはストイコビッチのパートナーに新旧の代表が争う激戦区だが、福田は丸刈りで登場。周囲を驚かせた。また事前に球団より連絡なく「1番」を取られた伊藤裕は「内心ムッときた」といいつつも「背番号でサッカーするわけじゃないから」と楢崎と真っ向勝負。昨年全試合フル出場の偉業をなしとげた望月ですらチームのフォーメーションによってはレギュラー確定ではなくボランチを山口と争うことになる。練習は初日から緊迫感あふれたものになっている。

*  *  *

(^o^)いよいよ今季グランパスのスタートです。丸刈りの福田には鬼気迫るものを感じます。近年にないハイレベルなレギュラー争いが繰り広げられそうでホント楽しみですね。

<TOP>