バックナンバー

戻るHOME

グランパスエイト日記帳

6月30日「呂比須、楢崎、望月活躍!しかし……」

コパ・アメリカ開幕!名古屋の三人がなんと先発出場。前半は文句なしだが後半は息切れか?三人はとりえず合格ラインだと思うが望月が負傷退場。相当量の鼻血を出しており鼻骨骨折の可能性ありとのこと。ああ、また怪我に泣くか>望月。大事ないことを祈るばかりです。

そして呂比須、連続ゴールなるか?浦和戦から4試合連発なんですよねーーー。

6月29日「『試合に出たいだけ』小倉隆史移籍発言?」

小倉とフロントが話合いを行った。小倉は「試合に出られる状況がほしい」と訴えたが希望はあくまでもグランパスでプレーすること。移籍の話はでなかったという。

*  *  *

とりあえずは今後の起用状況によるか?呂比須不在の今、小倉の先発出場は間違いなしと思われるが結局は監督次第。個人的には試合に出て感覚を取り戻してほしいと思いますが……

6月19日「名古屋4−2V川崎」

あいにくの雨となった瑞穂。選手の動きがやや重そうだったのは仕方ないところか?それでも1stステージよりはましだったぞ。

福田欠場で注目のFWは小倉ではなく野口でもなくましてや富永英でもなく平野。3バックを石川、トーレス、大岩とし両サイドは岡山とウリダ。守備に不安がおおありだが3点差の余裕か前半から攻勢。15分にウリダのクロスを呂比須が「ボーズヘッド炸裂ゴーーーーーーール」。23分には平野が「呂比須に続いて頭でゴーーーーーール!」。それにしても場内アナウンステンション高すぎ(^^)

それにしても平野って左足より頭の方が得意じゃないのかぁ?ところがこの後ペースダウン。平野は私の目の前でフリーのシュート外すは呂比須のヘッドのシュートはポストにあたるはで流れは川崎へ。ボールを支配され39分に1点返され、栗原投入後の後半は完全に川崎ペース。スカスカの両サイドを狙われる狙われる。19分には栗原に決められ同点。楢崎怒る。この時点でDFは崩れかけていた。サイドの二人守備しねーもん。しかしその5分後ストイコビッチがPKを決め3点目。流れは再び名古屋に傾くと35分に呂比須がGKに倒されPK。ところがこのPKを呂比須が外したのは愛嬌か?ここで余裕の小倉、富永のFW2人。小倉はシュートはできなかったものの積極的に動き復活をアピール。富永は……背が高い(^^;)てゆうか頼むからDFラインまで下がらんでくれーーー。終了間際には芸術的ステップでGK菊池をかわしたストイコビッチがゴールライン上でボールを一旦ストップ。飛び掛ってきた菊池を嘲笑うかのようにポンと蹴りこみ「寸止めゴーーーーーール!!」。2試合で2ゴール4アシストというストイコビッチの活躍で2回戦を突破した。

*  *  *

やはり2トップ+ストイコビッチという形が一番名古屋に合っているのではないか?。FWの下にストイコビッチ入ることによって相手DFはマークの相手が増え、また望月、山口が巧みにバランスをとることによって中盤に穴が開かず無駄なパスが少なくなったと思う。今後の戦い方におおいに期待が持てる。

つぎの相手はここのところ苦手の清水。ここを乗り切ると優勝できるのではないかと本気で思えて来たぞ!

6月12日「V川崎0−3名古屋」

岩手に集まった11000人(川崎のホームなのに名古屋サポの方が多かった?)の前で名古屋完全復活か?

古賀がいないため飯島を加えた4バックとなったがこれを除けばベストメンバーの名古屋。

前半終了間際、ストイコビッチのパスを受けたトーレスがするするっと上がり「おいおい誰がマークするんだ?」と迷う川崎DFを尻目にシュート!トーレスの「足でのシュート」が決まり先制。後半開始直後にも復活呂比須が決め2点目。これで焦ったか北澤が退場となり名古屋の勝ちは決まったあ!と思ったら6分後に飯島も退場。終了間際にはストイコビッチのトリッキーなパスに岡山が反応してドン!という必殺パターンで駄目押し!結局ストイコビッチが3得点にからむ活躍でなんなく先勝。準々決勝進出がほぼ確定。瑞穂球技場ではのんびり観戦できそーである(^^)

福田ーーー早くカゼ直せーーー!

6月8日「福田代表落ち!?望月は復帰!?」

1STステージ(名古屋にとっては15節のプレシーズンマッチですよね?ね?ね?)も終わりいよいよオリンピック予選。なにげなく見ていたU−22代表メンバーの中に福田がいない……(・o・)

合宿中カゼで体調を崩していたため本人も覚悟していたとか。柳沢との2トップを見たかっただけに残念……。でも、紅白試合ではいい動きで得点を決めていたと書いてあったぞ?

まあここは温存ということで復帰を待ちましょう。V川崎戦でハットトリックでも決めればいやでも復帰だーーー!

復帰といえば呂比須、楢崎に加え望月まで代表選出。アレアレ?望月の右サイドバックをまだあきらめてないのかあ>トルシエ。

<TOP>