果物狩りTOP>桃狩り


関東周辺の桃狩り


桃狩りと温泉情報 桃狩り観光農園のリンク 桃のネット通販
桃の品種と収穫時期 おいしい桃の見分け方 桃の栄養と歴史


桃狩りと温泉

桃というと山梨県と福島県が有名。桃の楽しみ方は2つあり、4月初旬の桃の花見と夏の桃狩りとなります。
山梨県東部の産地はブドウと同じで笛吹市の一宮町、甲州市の勝沼町や塩山地区、山梨市などになります。中でも一宮町は桃の生産が日本一といわれ、花見の時期には桃祭りが開かれます。その時はまさに桃源郷、里山が桃の花のピンクにそまります。
桃はたいへんデリケートな果物なので桃狩りが出来る農園は、ぶどうなどに比べると少なくなります。また収穫できる期間が1週間と短いため、品種の谷間にあたると桃狩りができない場合があるので、事前に確認するのが無難です。また農園によって「食べ放題」があるところと無いところがあります。
一宮町にはももの里温泉という温泉施設があり、4月にはお風呂からも桃の花が楽しめます。
この桃源郷を高いところから眺められるのがフルーツラインを登った「ほったらかし温泉」。山裾にピンクの帯が広がる素晴らしい眺めです。また勝沼町の「ぶどうの丘温泉」もとても眺めの良い温泉です。他には、山梨で一番古い岩下温泉、露天風呂が有名な裂石温泉などもあります。
山梨県の西部では南アルプスの麓、南アルプス市の白根地区周辺も桃源郷と呼ばれ桃園がたくさんあります。ここには日本でも有数のアルカリ泉、天恵泉温泉などがあります。

TOPへ


果樹園・観光農園のホームページ

群馬県 原田農園 望景園 陣平農園
桃季館
埼玉県 稲葉農園
山梨県 滝島フルーツ園 しまむら農園 手島農園
一宮園 御坂農園 果王園
金桜園 見晴らし園 蜂城園
あすなろ園 理想園 川口園
くぼた園 雨宮甲子男農園 ピ―ネック・オ―チャ―ド
萩原フルーツ農園 佐野農園 釈迦堂東口園
金丸農園 中込信之農園 くぬぎ観光農園
中込農園 金果園 米山盛允農園
塚原山フルーツ農場 松里果実園 樋口桃園
マルサフルーツ古屋農園 丸山フルーツ農園 豊玉園
長野県 大森園 布山久義観光果樹園 駒ヶ根フルーツランド
マルダイ 大場農園 信州フルーツランド

TOPへ


桃のネット通販

サイト 販売状況
JAタウン 「黄桃」や「黄金桃」などを販売しています。
Yahoo!ショッピング いろいろな桃を販売しています。
楽天市場 いろいろな桃を販売しています。


桃の品種

品種 特徴
白鳳 「桃の王様」と呼ばれ山梨を代表する品種です。ピンク色の実は美しく、白い果肉は果汁が多く、甘味が多く酸味が少ないので上品な味わいです。
日川白鳳 山梨産。果肉は白色で果汁が多く甘味もある桃桃です。
一宮白桃 果肉は白色、しまっています。甘味が多く果汁も多い桃です。
浅間白桃 山梨産。果肉はち密で果汁が多く甘味も高い桃です。
加納岩白桃 山梨産。浅間白桃の枝変わりで果肉は白色、繊維は少ないですが果汁は多く甘味の多い桃です。
長沢白桃 山梨産。果肉は白色、甘味は多く硬めの食感です。
川中島白桃 長野産。果肉は白色、果汁もたっぷりで甘味が多く酸味が少ない桃です。
ちよひめ 一番、最初に収穫される桃です。実は小さめ果肉は白色、甘味は控えめですが酸味も多くありません。
嶺鳳 あかつきの枝変わり。果肉はち密で甘味が高い桃です。
あかつき 白桃に白鳳を交配した桃で果肉は白色、実はち密で甘味が多く、酸味は少ない桃です。
黄金桃 長野産で別名「ゴールデンピーチ」。名前のとおり実は黄金色、果肉も黄色いの黄桃です。実は柔らかく果汁も多く香りも良いです。

TOPへ


桃の収穫時期
収穫時期は目安です。時期や品種は産地、農園、その年の気候などで変わります。

品種 6月 7月 8月 9月
千代姫
日川白鳳
日川白桃
白鳳
加納岩白桃
浅間白桃

嶺鳳

あかつき
長沢白鳳
一宮白桃
川中島白桃
黄金桃

TOPへ


おいしい桃の見分け方

表面全体に毛があり、傷みがなく実の底まで色がついた物を選びます。


桃の栄養

桃の中に多く含まれるのは糖質と食物繊維です。糖質は水分とともに体の補給源となり、疲労回復などに効果があります。また精神を鎮める効果もあるといわれています。
食物繊維のペクチンは整腸作用があり、便秘に効果があります。また、コレステロールを抑え成人病の予防によいといわれます。カリウムは利尿作用があり二日酔いの時によいともいわれます。


桃の歴史

桃の原産地は中国の高原地帯であるといわれ、シルクロードを通って紀元前1世紀ごろにはヨーロッパにも伝えられます。中国では「不老長寿の実」として珍重され、西遊記などにも登場します。
日本での歴史も古く「古事記」「日本書紀」にも登場し、鎌倉時代にはふつうに食べられていたようです。江戸時代には京都の桃が有名でした。
現在、生産されている桃は明治の初めにヨーロッパやアメリカ、中国からいろいろな品種が導入されます。この時に入ってきた上海水蜜桃で、この血を引いた「白桃」が明治32年に岡山で大久保重五郎によって発見されます。その後も神奈川や岡山で相ついで新たな品種が発見されます。大正時代に入ると国や県の試験場でも品種改良がさかんになり、現在の品種が育成されていきます。






TOPへ







おいしい桃を産地直送

山梨・長野・関東の桃狩り