HiNote Ultra V

 Compaq Presario 1900 シリーズ


ノートPC黎明期に存在した偉大な名機

DEC Hi-Note Ultra の末裔!

薄型ノートPCの元祖として一世を風靡した同機の直系の子孫にして正常進化モデル
同機へのオマージュを込めて HiNote Ultra 3 を勝手に襲名!

(左から1928・1925・1920)


* * * オモロイトコロ * * *

 その壱 ・ HiNote Ultra 

10年以上前、まだパソコンがいまほど普及しておらず、ましてノートPCがまだ希少であった時代、、
その中に在って、、ひときわ高価で、光り輝く存在が在りました

もともとワークステーションのメーカーであったDECがノートPC市場に送り込んだ高級機 HiNote シリーズ
そして、革新的コンセプトに基づいて同シリーズの筐体を半分の厚さに凝縮したのがHiNote Ultra シリーズでした

当時のノートPCはどれも厚さが40mm以上あり、40mm以下であれば薄型といわれていた時代に
一気に30mmを切る厚さを実現した同シリーズのコンセプトと技術は革新的でした!

   

HiNote Ultra には大きく分けて3つのモデルがあり、
登場当初の486CPU時代の初期モデルと、、
CPUをペンティアムに換装した第二世代初期モデル
そして、、液晶が10.4から11.3へと大型化したした第二世代後期モデルです
ペンティアムを装備する第二世代モデルはHiNote Ultra Uと命名されていました。

いずれのモデルも、薄型のボディとトラックボール
そしてそれを囲むようにデザインされた楕円形のクリックボタンなど、
独創的で強烈なアイデンティティを発揮するデザインは共通していました


 その弐 ・ DEC消滅! 

洗練されたデザインと高い機能でユーザーの注目を集めたHiNote Ultra シリーズでしたが
その価格の高さ(40〜50万円)がネックになり誰もが買える代物ではありませんでした!

当時の他メーカーの同スペック品に比べて、1.5〜2倍の価格で、、
”金持ち”しか買えない文字道理の”高嶺の花”だったのです!!!

製品があまりに高すぎて売れなかった(というよりはユーザーは買えなかった!)からか、、
時を同じくして始まりつつあったPCの低価格化=大衆化の志向を読み違えたからか、、

経営の芳しくなかった名門DEC社は、ある日、、突然にCompaqに買収されてしまいました!!!
大衆向けの格安PC(IBMに対して!)を中心にモノ造りしてきたCompaqとしては、
DECの技術とノウハウを取り込む絶好の機会であったのではないかと想像します

こうして、、憧れの”華”であった”HiNote Ultra シリーズ”も市場から姿を消すこととなってしまいました、、、

”いつか、、金持ちになったら、、HiNote Ultra を買ってやる!!”、、と思っていたのに、、


数年後、、、そのCompachpに買収されてしまったのは意味深な感じ!!


 その参 ・ 名機復活! 

DECCompaqに買収されてから程なくして、、
Compaqから新しいノートPCの発表がありました!

しかも(!)”買収したDEC社の薄型化の技術を用いた新製品”Compaq自らがの公言して!
Presario 1900 シリーズ(発表・第一弾は、1915というモデル>PENU266)

とかくゴテゴテしたデザインのCompaq製品にしては異様にスッキリしたその概観は
紛れも無くアノ”HiNote Ultra シリーズ”の面影を色濃く有していおり、
一見して”Hi-Note Ultra シリーズ”の流れをくむモノであることがわかりました

   

新しいPresarioは、Compaqに吸収された旧DECのスタッフによって企画&製作された
実質的な”HiNote Ultra シリーズ”の進化形だったのです

>>> Tボールは廃されたものの、かってのオーバル型のボタンを踏襲するような三日月型のボタン!
   (初期モノはスクロールボタンが黒(左)、1925/1922から水色(右)に!)

   

>>> ”Hi-Note Ultra ”と同じ趣向で装着されるドッキングモジュール(ウェッジ)
    しかも今回はFDD(右)だけでなく光学ドライブ(左)もココに装備している!

   

>>> 薄さを強調するクリーンな面デザイン><対照的に当時のCompaqは凝ったデザインが主流でした

嬉しい事に、、この新しいPresario は”HiNote Ultra シリーズ”のアイデンティティを継承しつつ
ハード面での進化もちゃんと盛り込まれており(アタリマエダケド、、)
PENUの採用、XGA液晶の採用(1920から)、光学ドライブの標準装備(DVD)、USB、など
今時のPCとほぼ同等の装備を持っていて、、お陰でも辛うじて現在でも使用可能なのです、、

因みに、、”HiNote Ultra ”は最高スペックのLTS150でもMMX無し(!)のPEN・150Mhzでした、、
コレだと流石にチョット辛い、、、
一度は入手した”HiNote Ultra(LTS150)”を手放してしまったのもコレが理由、、、


 DECの影! 

羨望とオマージュの的であったHiNote Ultra シリーズですが、、、
実は影(ダメ)の部分もいろいろ持っていて、、Presario もその一部を受け継いでいます

影・その1>筐体の強度!

”HiNote Ultra シリーズ”の最大の弱点がコレでした!
いかに高い技術を誇っていたDECとはいえ、、当時の技術や素材のレベルで、、
一気にボディの厚さを従来の半分にしたデザインコンセプト最優先の設計は、、
ボディの強度をそれは脆弱なものにしてしまいました、、
”HiNote Ultra ”は、その高価さと、その壊れやすさから、、
サブノートでありながら、、屋外へ持ち出してはイケナイ!、とまで言われたほどでした!

Presarioは、流石にその反省を取り入れて、”HiNote Ultra ”に比べれば丈夫なボディになっています
が、、、やはり、、、頑丈といえる部類ではなく、、、
Think-pad などと比べると、、脆弱な筐体と言わざろう得ません!

ボディを持つ時は、特定の部位を注意して持たないとスグに亀裂や欠損が起こります

影・その2>塗装の劣化!

通称・ベタベタ症(!)、筐体の塗装(特にパームレストまわり)の塗装が劣化してベタベタになる症状
”HiNote Ultra シリーズ”でも塗装が剥げてくる症状はウィークポイントだったけれど、、
Presarioでは、、もっと最悪になってしまった!!!
高級感を狙ったマットのウレタン塗装が、、経年劣化で加水分解してベタベタになる症状

   

外付けマウスを使用していれば発祥しにくいようだけど、、
タッチパッドを使用していた場合、、かなりの確立でベタベタになってしまうようです

その様子は、安物フィギアの塗装が劣化した時とソックリで、、
ベタベタになって最後に埃や毛屑がびりつく始末、、、最悪です!

うちの初号機(1920)もこれになってしまいました、、
こなると、、もう筐体を交換するしかありません、、、>パネル交換した初号機

   

影・その3>剥げ・その2

筐体の塗装と同様か、、それよりも更に脆弱なのがスピーカーネットの塗装と錆

Presarioは、ご大層にJBL製のスピーカーが装備されており、、
コレが当初は(!)セールストピックにもなっていたのだけれど、、、
(因みに1900シリーズは、片側2個づつの4スピーカ搭載です)
(昔は小馬鹿にしてたけど分解してからチョット関心した!)

   

このスピーカーのネット>パンチング・メタルのカバーの塗装がスグに剥げてしまいます
そして、、剥げたあとは、、スグに錆びてくる!!!

特に右手との接触が頻繁な右のネットはダメージが出やすく、、
私の初号機も新品で購入してから数ヶ月で錆びてしまいました、、

コレも発祥したらもう交換(しかも筐体ごと)するしか手立てはありません、、、
、、20万円以上する機材がこんな程度でいいのかと当時は腹が立って仕方なかった


* * * マニアックな話 * * *

 1928の秘密 !?! 

98年に発表された新しいPresario 1900シリーズは、名機”HiNote Ultra ”の優れたコンセプトを受け継いだ
正常進化モデルとして造られた秀作ではありましたが、、
その凝った構成故に”HiNote Ultra ”同様コスト高になってしまい、、
商業的にはあまり成功しませんでした、、、

”HiNote Ultra ”の値段を知っていたヒトには”割安感”があったと思います>私もそうでした!

ですから1900シリーズの製造期間は約1年と短く、、発表された機種もあまり多くは在りません
しかしながら、、その短い期間内にも地味な改良と進化を遂げており、、
その一部を、、時系列的に紹介します、、、(こんなことに関心ある人間は稀有だと思うけど、、)

   98年秋>新Presario・1900シリーズ登場>HiNote Ultraの再来!
     Model 1915 >PEN2-266,SVGA,HDD-4GB

   99年冬>追加モデル登場>XGAのフラッグシップ登場!
     Model 1920 >PEN2-300,XGA, HDD-4GB

   99年春>追加モデル登場>セレロン搭載の廉価モデル登場
     Model 1919 >CEL-300, XGA, HDD-6GB
     Model 1905 >CEL-266, SVGA,HDD-4GB
     Model 1906 >CEL-266, SVGA,HDD-4GB

   99年夏>追加モデル登場>実質的なマイナーチェンジ!
     Model 1925 >CEL-333, XGA, HDD-6GB
     Model 1922 >CEL-300, SVGA,HDD-5GB

   99年秋>追加モデル登場>内容的にはフルモデルチェンジ!
     Model 1928 >CEL-400, XGA, HDD-6GB
     Model 1929 >CEL-400, XGA, HDD-6GB

面白いのは、1915から1925までの7モデルは”お約束”のグレードアップ
>CPUとHDDのスペックUPのみで、構成的にどれも同じ内容であったのに対して、、
1928(9)では、マザーBの大掛かりなの変更が施されており、かなりのパワーUPがされている点!

変更点@CPUソケットの変更>1925まではMMC-2ソケットだったものが、普通のFPGA
変更点Aビデオチップの変更>1925まではNEO-MAGIC(2.5MB)だったものが、RAGE-MOBILITY(8MB)

また、冷却用の導風設計が変更され、これによってダクトの形状や位置が微妙に変更されており
これによって僅かながら1925以前のモデルと1928は概観上の差異を持っています

 ☆ ☆ ☆

事後談的な話だけれど、、これらは実は、、ベタベタ症になってしまった初号機(1920)を
復活させる為の試行錯誤の過程で知ったことなのです

1920を復活させようと部品取り用にジャンクの1928を購入し、
、、折角なのでCPUも早い方に交換しよう(PEN2-300>>>CEL-400)と作業を始めたところ、、、
実にこの2台、、マザーBのCPUソケットがまるで違うことが判明!!!(アジャパー!)

左:MMC-2ソケットの1920、右:FPGAソケットの1928、CPUの乗ってるゲタの仕様が全く違う!

    

同一型番であり、製造年月日も1年しか違わないのに、、マザーの仕様がこんなに違うなんてオドロキ!
ビデオチップが違うことはカタログから知ってたけれど、、、

一旦、退却して、、後日、、パーツを買い直してからの再挑戦となりました、、

   

現在は、、多くのドナーのお陰で1920、1925、1928の3台が復活しました!