光の箱や光のツリーを考案し、作品展示とワークショップを各地で行う松村泰三のサイト

TAIZO MATSUMURA

プロフィール

破線

松村泰三本人の写真松村泰三|筑波大学大学院芸術研究科修士課程修了。修士。
現在、東北芸術工科大学総合美術コース准教授。1987年第18回現代日本美術展大賞受賞、2003年ロレアル色の科学と芸術展金賞受賞。また、1992年にはセビリア万博日本館に招待出品されるなど、受賞、展覧会など多数。また「光の箱」など様々なワークショッププログラムを考案し、各地で行なっています。

新着情報

破線

光の箱とは?

破線

光をフィルムミラーに乱反射させ、
トレーシングペーパーに投影する「光の箱」。
光にかざすと様々に模様が変化する不思議な箱です。
「光の箱」は松村泰三が考案したものです。

光の箱キット

ワークショップ「光の箱」を工作キットにしたものです
【内容】ミラーフィルム、トレーシングペーパー 1枚、カラーセロファン4色 各1枚、紙箱 1枚、説明書

作り方

大人の科学.net  から、特集記事と詳細な作り方のムービーがご覧いただけます。

販売

光の箱は、定価1080円(税込み)で下記の美術館ショップにて販売しております。
また、光の箱を置いてくださるショップの方も募集しています。

ワークショップ

活動一覧  から、ワークショップ「光の箱をつくろう!」の様子や制作後の展示風景をご覧いただけます。

ワークショッププログラム

破線

さまざまなイベントや学校で、
ご希望に応じたワークショップを実施しています。
開催例は活動一覧から簡単に検索することができます。
ワークショップについてのお問い合わせは
お問い合わせからお願いいたします。

光の箱を作ろう!

光の箱を掲げて喜ぶ子供たち

光にかざすと様々に光の模様が変化する不思議な「光の箱」。光の美しさや面白さを楽しく体験しながら、自分だけの光のアートを制作します。(光の箱は松村泰三が企画、考案しました。)

対象:小学生〜

所要時間:90〜120分

光のツリーを作ろう!

光を灯した光のツリー

紙に色を塗り光を反射させ、白いツリーをさまざまな色の光で彩ります。色の塗り方によって、自分だけのすてきなツリーが完成します。(光のツリーは松村泰三が企画、考案しました。)

対象:小学生〜

所要時間:90〜120分

ローズウィンドウ

光の灯ったローズウィンドウ

古くからのクリスマスオーナメントである、ローズウィンドウの手法を簡単にアレンジしたワークショップ。特殊な薄紙をいろいろな形に切り、重ねあわせて絵や図形を作っていきます。

対象:小学生〜

所要時間:90分

スタンプパラパラアニメ

スタンプを押す小学生と完成作品

様々なスタンプを押すだけで、簡単にぱらぱらアニメを作ることができます。完成作品はその場で撮影し、観賞します。(スタンプぱらぱらアニメは松村泰三が企画、考案しました。)

対象:小学生〜

所要時間:30〜60分

コマドリアニメーション

廊下でアニメーションを体験する子供たち

自分自身をモチーフとしたコマ撮りアニメーションを制作します。映像を通して、瞬間移動や飛行など、誰でも簡単に不思議な効果を体験することができます。

対象:小学生〜

所要時間:120〜180分