「金」の章徹底解説  全3回シリーズ

2013年春に発売された『だるまんの陰陽五行』「金」の章を三つの視点から深く掘り下げて解説いたします。

※ 2013年8月以降の配信になります。

講演日 演題
2013.5.19 『宇宙生成神話』
2013.6.23 『錬金術』
2013.7.21 『聖婚』

全3回のセットで受け付けております。

セット価格.....10000円(税込み)

第1弾:『宇宙生成神話』
内容/「金」の章の軸になっているのが、宇宙がとどうやって出来上がり、その構図の中で、神と人がどう関わっているかと言うテーマです。本編では古代の神話を元にした「光の三兄弟」と言う話しが語られますが、その背景にある神話群、そしてその信憑性、五行との関係について解説いたします。

第2弾:『錬金術』
内容/五行の「火剋金」(火から金の相克ルート)は日本においては刀鍛冶と金屋子神で解きますが、西洋では錬金術がまさにこのことを体系化しております。そこで、錬金術をベースに、その意味と大系を深く考察してゆきます。


第3弾:『聖婚』
内容/陰陽五行を学問として生かす究極の目的は陰陽合一にあります。それは医学はもちろん、民俗学での陰陽道、易学など、気を作用させる学問に対して一般的に用いられている事です。神秘学ではそのことを「聖婚」と言う言葉で表現します。古くはシュメール文明から現代に至るまで、その痕跡を探り、すべてに生きるその意味を理解します。