● アルカノンセミナー 教養講座 in東京

「だるまんの陰陽五行」をテキストに、陰陽五行のさらに深い理解と解釈をお話しします。


テーマ 『だるまんの陰陽五行』

シュタイナー神秘学論〜陰陽五行と霊的進化〜

日 程 2014年11月9日(日)
時 間 10:00〜12:00(午前です!)
料 金 6480円
会 場 アルカノンセミナーズ

〜東京渋谷の占い学校〜

〒150-0002 
東京都渋谷区渋谷3ー10ー14 長崎堂ビル7階

お申込み 03-6427-1360

『だるまんの陰陽五行』シリーズで、従来の五行の解説書と最も異なるのは西洋神秘学の視点が入っているところです。シュタイナーの人智学に登場する「エーテル体」「アストラル体」などの用語も頻出しています。
陰陽五行そのものは中国の思想なので全く畑が違うとお思いになる方も多いようですが、陰陽という相対的なものをさらに五つの要素に分けるという基本姿勢は日本古来の「五元」思想にも見られるものであり、西洋においても四大(地水火風)という似たものがあります。つまりは、森羅万象を4ないしは5の元素に分けてみる姿勢は東洋や西洋といった地域に限られるものではないのです。
この視点から五行を見直し、さらには両者を合わせると、私たちの「霊的進化」という最重要のテーマに重なってくるのです。
今回は、陰陽五行の視点からシュタイナーの神秘学をおさらいし、さらに発展的な理解に役立てていただきたいと思います。

参考文献   『だるまんの陰陽五行』シリーズ (既刊5冊。第三巻のみ未刊)