● 出版社主催/だるまん講座

『漢方.和漢薬で風邪を考える』

日程…平成26年9月18日(木)   
時間…午後6時30分〜午後8時30分
参加費…3,000円
会場…TKP東京駅前カンファレンスセンター9B

〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-20 石塚八重洲ビル

定員…30名 

疾患の中でも最もボピュラーなものは風邪でしょうが、和漢薬の用法においても最も重要なのは風邪への対処ということになります。『だるまんの陰陽五行』シリーズの中でも「東洋医学の章」にはその詳細が描かれていますが、今回は、まずは漢方薬の処方でも有名な葛根湯や桂枝湯を中心に、さらに和漢薬の可能性について考えてみたいと思います。
 本講演は『だるまんの陰陽五行』シリーズの版元である三冬社の主宰する「和漢薬総合医療協会」の旗揚げを記念して行うものですが、一般の方でも参加できます。ふるってご参加ください。

お申し込みは三冬社 03-3231-7739 まで。