タイトル

線
FILE-018[1999.9.1] 『赤い染み』

嫁さんが突如として、バァン!とふすまを叩いた。

一体何が起こったんや? どうしたんや? 怒ってるんか? 僕か?・・・と、ドキドキしながら成り行きを見守っていると、嫁さんが手をのけたふすまに赤い染みが現れた。

ふすまに止まっていた蚊を殺しただけだった。あー、びっくりした。
しかし、ふすまの赤いのん、どーすんねん。逆の立場だったら「ちゃんと血ぃ拭き取ってや! もう!」って怒られているに違いない。ふと、夫婦間の厳然と存在する不条理を感じた瞬間であった。



《独白》 今ではふすまはズタボロである。
夫婦喧嘩がどれだけ激しいかを物語っとんねん。

BACKBACK MENUMENU NEXTNEXT


ホーム