タイトル

線
FILE-052[2000.10.31] 『ガチンコファイトクラブ』
毎週、気に入って、ガチンコファイトクラブ(不良共を集めてジムで練習させ、プロボクサーに仕立て上げようというTV企画)を見ている。
今日は見る前に、先週ビデオに撮っていた分を慌てて見る。

ちなみに僕は大のボクシングファンなのだ、実は。
プロの試合を見ていてもやいのやいの言うのに、こーゆー素人のボクシングなんぞを見ていると、ついついいつも以上にあーだこーだ言ってしまう。

「ちゃうやん! そこはスウェーで逃げなー。ホラ、ジャブや、アッパーや! ああん、もう。もどかしいなあ」
「アンタ、うるさい」と、嫁さん。
「そうは言うけどなあ、まだるっこしいねん(注:正しくはまどろっこしい)。俺、もうちょっと目が良くて体重が少なくて腕力があってセンスがあって、強いて言えば身長ももうちょっとあってリーチがあったら、こんな奴らには負けへんねんけどなあ」
「その時点で別人 やんか」

嫁さん、ナイスつっこみ。



《考察》
つまり。
別人でないこの僕に
ホレてる
っちゅーワケやな。

BACKBACK MENUMENU


ホーム