家庭内外暴露日記

個人的なストレス発散の場所やねん!!
家庭内の不満も会社のグチも暴露してまうねん!!

...でも、嫁さんとはラブラブやで(^^)ゞ...

線

☆過去の日記☆

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

2001年5月31日(木) 夕方の攻防ってゆーかやられっぱなし

僕がまとめ役というか、主催している会議が夕方にあった。
が、どうも参加者のノリが悪い。僕もちょっとイラついてしまってこう言った。
「じゃあ、今後は部品点数100点以下の機種についても電気検査するということに決めますよっ!」
「うめさんがそれでいいのなら・・・」
「あ」

そのプログラムを作るのはわしやんけー!
うめさんは100のダメージを受けた。

そして、会議が終わって、中島君から声を掛けられた。
「うめさん、3557の機種なんですけど、明日の予定やったのが今日の丙番(=夜勤)になったんですよ。部品点数700超えるんですけど」
どっひゃあー!
うめさんは200のダメージを受けた。

「それと、もともと今日の丙番になってた2481の基板が9時の到着になるらしいんですわ」
基板がないとプログラムの最終チェックができないのに。
9時まで基板を待たなアカンのかいなー!
うめさんは息絶えた。

2001年5月30日(水) 嫁さんが早く起きた理由(ワケ)

僕は毎朝6時半に起きている。家を出る7時前になっても嫁さんは寝ている。おそらく7時を過ぎてから起きて、8時前に家を出ているのだろう。

しかし、今朝は。
6時半ちょっと前、つまり目覚ましが鳴るちょっと前、
「あ、トラックが来た」
というセリフを残して嫁さんがバッと起き、たたたたた、と階下へ行ってしまった。

何じゃあ(?_?)・・・はっ(゜◇゜;)。
そう言えば昨日、「頼んでる荷物が早くに届くから受け取っといてなー」などと言っていた。何気なく聞き流していたのだが、まさか、こんなに早く来るなんて。

朝の6時半に荷物を届ける方も届ける方やけど、トラックの音に気づいてしゅたっと起きる方も起きる方やなあ(笑)。
エラいぞ、二人とも。
僕は嫁さんがまた寝床に戻ってきてからゆっくりと起きてんけど(^◇^;)。

2001年5月29日(火) 埼玉からの電話

大学時代、大学祭実行委員をしていた。よく遊ぶ後輩たちもこの集団の後輩たちだけど、中には卒業後ほとんど会っていないような人も当然いる。特に関東方面の人とは。

夜、嫁さんが電話を取った。「埼玉の○○さんって人・・・」
ええっ!? 愛ちゃん!?
実行委員では同期だった愛ちゃんである。卒業後は一度会ったかなーって程度で、今は年賀状での付き合いくらい。実際に声を聞くのは10年ぶりくらいかも知れない。

「もしもし、こうめちゃん?」
「うおおお、懐かしいやん。なになにどうしたん?」
言いながら、僕の胸には何かしらいや〜な思いが漂った。愛ちゃんとは仲が悪いワケではない。むしろ仲が良いのだ。“便りのないのは元気な証拠”と言うけど、付き合いは年賀状だけになってるけど、それはそれでいいのだ。

10年も、電話さえお互いにしていない愛ちゃんから、わざわざ電話がかかってくるなんて・・・。
そして。
僕のイヤな予感は的中した。

同じ実行委員でとても充実した青春のひとときを過ごした一つ下の葉子ちゃん(仮名)が、今月の初めに亡くなったという電話だったのだ。
葉子ちゃんとも卒業後は会っていない。でも、風の噂では結婚した話も聞いた。大学時代には男女4人でドライブに行った想い出もある。

「葉子が・・・亡くなったんかあ・・・」
「うん。旦那さんから電話があってん。去年の12月には赤ちゃんも産まれたって聞いてたのに」
詳しい話は分からないが、突然倒れて、そのまま逝ってしまったらしい。

卒業後10年以上会っていない。葉子ちゃんとは年賀状のやりとりすらしていない。近況もなぁんも知らん人が死んだってどってこと・・・ないことないやん。
ずーっと会ってないのに。
こんなに悲しい気持ちになるんやなあ。生きていれば会う機会もあったかも知れないのに、と思うとなおさらである。

遅すぎるけど、ご冥福をお祈りします。

2001年5月28日(月) 名義変更のナゾ

「ねえ、こんなん来てるねんけど」と嫁さんが葉書を差し出した。
見てみると、水道局と電力会社からの名義変更を要請する葉書である。僕は思わず声を上げる。

「あれえ? 確か不動産屋が“名義変更しときます”って言うててんけどなあ」
て、おい。そもそもそういう手続きを他人ができるのか!? まったく常識を知らないとんでもない夫婦である。もう引っ越しが終わって50日近く経つというのに、まだそんな手続きも終わってないのだ!←自慢するなっ(^◇^;)。

ほんでまた、手続きするのん忘れるんやろなあ。最近、めちゃくちゃ忘れっぽくなってるしなあ。で、ついには水道と電気、止められたりして(^^;)。

2001年5月27日(日) 家庭のミゾも一蓮托生

1時半にバンド練習が終わり、ちょっと遅い昼飯にしよう、と近くのファミレスへ行くためにスタジオを出ると、
「あれ? こんなところに居酒屋ができてる!」
「おお、ホンマや。でも開店は5時やなあ」
「スタジオの裏にこんなん作られた日にゃ、いつか来る事になるんやろなあ」

そしてファミレスでは、まるで居酒屋に来たかのように呑んでしまう家庭持ちの4人。なんと、それぞれ生ビールを5杯呑んでしまった( ̄◇ ̄;)!

「おいおい、何でファミレスに昼飯食いに来て一人4千円近くかかるねん」
「てゆーか、もう4時半回ってるで」
「なるほど。とゆーことは・・・」

結局スタジオ裏の居酒屋へ行くと、時刻は4時45分。店員は準備中だからダメ、と言う。
「そりゃあ5時開店は分かってるけど、入れてくれてもエエのになあ」
などと文句を言いながらも結局待ってしまう僕たちであった。

ま、1杯だけ呑んで終わろう、と言っていたにもかかわらず、結局2杯呑み、店を出ると一人がつぶやいた。
「家に帰るのがコワい・・・家庭にミゾが・・・」
残りの3人も同じですヤバいですもうしません許してください。

2001年5月26日(土) 夫婦の危機!?

夜、親父から電話が掛かってきた。明日のダービーの馬券を買って欲しい、と言う。
「無理やわ〜」
「何でやねん、お前、パソコンで買えるやないか」
「だって、買えるのは朝9時からやもん。明日はバンドの練習があるから9時前には出るから」
「嫁ちゃんほったらかしにしてまだそんなことやってるんか。ほんならしゃーないなあ。ところで6/17にうちのマンションの内覧会があるねんけど、お前も一緒に出てくれへんか?」
「無理やわ〜」
「何でやねん?」
「朝から野球の試合があるねん」
「嫁ちゃんほったらかしにして?」
「うん」
「その嫁ちゃんは今そこにおるんか?」
「いや、職場のみんなで食べてくるって言うてたから10時とか11時になるんとちゃうかなあ」
「お前ら夫婦、うまいこといってんのか?」

うまくいってるハズやけど・・・(^◇^;)。

2001年5月25日(金) 眠すぎ

最近、めちゃくちゃ眠いのだ。朝6時半に起きて7時前に家を出る生活に慣れてきたのだが、ひょっとしたら気が張っているだけで体の方がついていってないのかも知れない。

で、11時前に寝ました。

2001年5月24日(木) 僕の憂鬱

工場長から「技術報告会に参加しといてね」というメールが来たので拝聴しに行ったのだ。今月は設計グループの発表だったのだが、この部署に来てまだ9ヶ月のぺいぺいの僕に知見を広めろという意味が込められているのだろう。

3人が発表したのだが、どいつもこいつも大したことないなあ、レベルの低い発表もあれば、内容はそこそこなのに発表自体が下手だったりするしなあ。
・・・などと心の中でせせら笑いながら聴いていた。自分も大したことないのに(^◇^;)。

報告会が終わって席に戻るとまた工場長からメール。
「どういう構成・レベルの報告会か確認できたかと思われますが、いずれ工場の当番が来たらうめ君に発表してもらいます」

どっひょえ〜( ̄◇ ̄;)!!
この部署に5年も10年もいる人たちがあんな発表なのに、まだ1年にも満たないわしに何を発表せえっちゅーんじゃー! どないしょどないしょおろおろへらへらワクワク(←?)。
今日の発表者や昨日の嫁さんを笑ってる場合とちゃうがなー!! バチじゃ祟りじゃ、うわああん。ああ、憂鬱やなあ。

2001年5月23日(水) 嫁さんの憂鬱

9時半頃帰宅すると、嫁さんがメシも食わずに何やらしている。職級があがるらしく、そのための小論文みたいなものを提出しないといけないらしいのだ。

「原稿用紙3枚半書かなアカンのに、1枚半で終わってしまうねん。どうしよー(半泣)」
「よし、分かった。任しとけ」
でっちあげ報告書を いろんな文章を書くのに慣れている僕は、嫁さんの文をさらっと読み、いろいろと提案して差し上げる。
「例えば子供を預けに来た親に5分くらい時間をもらって、子供の肉体的及び精神的な状態を聞くような場を作るとか」
「延長保育における子供へのデメリット、その家庭のメリットを書いて、今後どう対応していくか検証するとか」
などと、エラそうに述べる。

「でもなあ、私も中堅やし、そんな新採(=新規採用)の子が書くようなこと書かれへんしなあ」
ガーン(T△T) 。保育ってのも奥が深いのね。

2001年5月22日(火) マイペース、マイペース♪

いやあ、まいった。書くことがないのだ。
・・・と、急激にヒマになった夕方、定時も過ぎたしもうそろそろ帰ろっかなーなどと考えながら会社にてここまで書くと、隣の席の中島君が言った。
「うめさん」
「は?(ちょっとドキッとしてウィンドウを素早く閉じる)」
「XXXXのデータ、できました?」
「(ちょっと安心しながら)もう基板入ってきたん? 図面に認識点がないから基板がないとプログラムでけへんねんけど」
「いやあ、それが、基板は夜中に入ってくるんですよー」
「じゃあ諦めて(即答)」
「分かりました。じゃあ計画変更してこっちの機種と入れ替えますわ。こっちは丙番(夜11時からのシフト)から入りますのでデータよろしくお願いします」

はっはっは。日記なんか書いてんとさっさと帰れば良かった(T-T)。でも早く帰りたい派の僕はスーパーウルトラな早業で普段3時間はかかりそうな作業を2時間で仕上げたのだっ!
・・・普段からちゃんとせんかい(* ̄∇ ̄*)エヘヘ。

2001年5月21日(月) 旅行とローン

「ねぇ、どっか旅行に行こうよー」
また始まった。嫁さんの“旅行に行きたい病”である(そのまんまやん)。
「ん?」

僕は考えた。今の職場って、スタッフはほとんど有給休暇を取らない。つまり、どうも雰囲気的に休みにくい。
それに・・・家のローンである。

基本的にケチな僕は、ローンの金利なんぞを払うのはもったいなくて仕方がないのだ。少しでも繰り上げ返済して、一刻も早くローン地獄から逃れたい。そのためには無駄な出費は抑えたいのである。

「会社、なかなか休み取られへんし、何よりもローン返すまでは旅行なんか行く金があったら繰り上げ返済したい。ローンが終わってから行こか」

「30年も待てるかあ(▼▼メ)!!」
ごもっとも(^◇^;)。ま、ぼちぼち考えるとしましょう(←結局うやむやにして逃げた)。

2001年5月20日(日) 芦屋ラーメン

日本全国に○○ラーメンってのがあちこちにあると思うけど、「芦屋ラーメン」というのをご存知だろうか?

僕もここ数年で知ったのだけど、今住んでいる西宮市の隣の芦屋市に美味しいラーメン屋さんが並んでいるらしいのだ。
せっかく近くに引っ越したんやし、一度行ってみよう、と嫁さんと食べに行くことにした。

場所も知らなかったのだが、国道2号線を西に行くと・・・おおお! 店の外まで人が並んでるっ! 道路を挟んだ向かいにもラーメン屋があって、そこも並んでるっ!!

20分ほど待って店に入り、僕は「チャーシューメン」を注文した。
「赤身ですか白身ですか?」と訊かれる。ふうん、そんな区別があるんかー、と思いながら、深く考えずに「じゃあ白身で」。

運ばれてきたのは脂身が多いって言うか、脂身だらけのチャーシューが入ったこってりしたラーメンであった。
僕はダイエットが・・・まあええわい。ぱくり。んまいっ(>_<)!!!

さすがに人が行列を作るだけのことはある。僕たちは評判の芦屋ラーメンを堪能して満足一杯で家に帰った。

が。家に着くと、どうも僕の腹の調子が悪いのだ。
「何でやろ。脂の食べ過ぎかなあ? 急激に脂いっぱい食べたから体が拒否反応起こしたんかなあ?」
「そんなことないでー。あんた、体にいっぱい脂蓄えてるのに拒否反応なんか起こすワケないやん」

お、おのれ〜。

2001年5月19日(土) 嫁さんの嘆き

「窓拭きお願いしてたけど、それより洗濯物を干しとってなー」と言って嫁さんが仕事に出掛けた。
もちろん、指令にそむく僕ではない(忘れなければ)。ちゃあんと干したし、夕方には取り入れましたとも。

そして、仕事から帰ってきた嫁さんを駅まで車で迎えに行く。
「ちゃんとやってくれたぁ?」
「うん。バッチリや」
「部屋の掃除は?」
「え? そんなん言われてないやん。やってないで」
「はあああ(ρ_;)ぐすん。あんた、家のこと全然してくれへんようになったなあ。前はいちいち言わんでもしてくれとったのにぃ」
「いやいや、今日は忙しかってん。来週バンドの練習あるからずーっと楽譜書いてたんや」
「それは家のこととちゃうわ(ノToT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・おらっ〜!!」

す、すんまへん・・・。

2001年5月18日(金) 祝♪ 一日2000アクセス突破!

会社でインターネットを閲覧することはできるが、システム室の奴ら(←敵視しとる(^^;))が監視しているので業務外のページを見ることはできない。

っちゅーても、何百人の閲覧先をいちいちチェックしているワケでもあるまい、と高を括って、でもちょっと心配なので、週に数回くらいの割合で自分のページを覗いたりしている。

で。今日の午前中に覗いてみると・・・あれ? 今日のカウンタ、600超えてるがな!?
毎日大体400アクセス前後。調子が良い日でもせいぜい500〜600アクセスのサイトである。

何でじゃあ(?_?)、と思ってアクセス解析のページを見てみると、判明した。
MSNの「MSNトピックス」のページに取り上げられていたのである!!

うぉのれーMSNめ。わしに断りもなく勝手なことをしおって!・・・などと思うはずもなく、ははあMSN様ありがたく存じまする〜、と東の方へ向かって頭を下げたのであった。

で、問題のページを見てみると結婚関係のページの特集のようだが、『ぷらむずぶっく』も紹介されていた「厳選! おすすめサイト」のコーナーを見てみると、『衝撃! 山本リンダが電撃入籍!』『秀樹、45歳で結婚決意のワケは?』『職場、家庭、地域への男女の共同参画をめぐる状況』『平成12年 人口動態統計の年間推計』『独身者の信用』(←糸井重里氏のコラムらしい)『第11回出生動向基本調査結婚と出産に関する全国調査独身者調査について』『おはようタカラジェンヌ』『結婚の格言』『ことぶき科学情報館』『県民性ワールド』『カトリック教会の結婚観』と、こんなサイトと肩を並べて紹介されてもええんか!? 状態だったのだ。

帰ってから見てみるとあれよあれよと2000アクセス突破!
カウンタがへしゃげとる(^◇^;)!
3桁用に設定してるからなあ。まさか1日に1000アクセス超えるとは思ってなかったしなあ。でも2度とこういうことはないやろから直さない(笑)。

2001年5月17日(木) 衣替えしたいのに

会社でアナウンスがあった。
「少し早いですが、来週から夏用の作業服の着用がOKです。5月31日までを移行期間としますので、夏冬どちらの作業服でもいいですが、6月1日からは全員夏用を着て下さい」

わーい\(^o^)/!!
暑がりの汗っかきの僕としては嬉しい限りである。もう、これくらいの季節になると、通勤途中でもうっすらと汗をかくほどだし。

が、はた、と気づいた。
夏用の作業服はどこじゃ?
そうなのだ。引っ越しの後、生活に直接かかわるような荷物の荷解きはしたが、本とかモロモロのダンボールはそのまんまである。
もちろん、夏用の作業服などまだどこかのダンボールの中である。

ダンボールに「書籍類」とか「衣類」とか書いてあるけど、空き部屋に積んでいるダンボールのどこに「衣類」があるんやあ?
うわあああん、探さなあかんー(>_<)。めんどい。

2001年5月16日(水) 嫁さんのパソコンでこのページを見たい。

僕の書斎は2階にあって、そこでCATVインターネットができる。しかし、晩飯を食べてすぐTVも見ずに、嫁さんとの団欒の時間も持たずに2階へ行って部屋にこもってしまうのもちょいと寂しい。

その点、社宅の時は居間にTVもパソコンもあったので良かったなあ、などと思っていると、はた、と気がついた。

そう。嫁さんのノートパソコンがあるではないか。ダイニングだと嫁さんがいるし、TVもあるし、CATVは無理だけどダイヤルアップでネットもできる。しかも嫁さんはかれこれ1週間ほどパソコンに触ってない(興味ないんやったら買うなっちゅーねん(^◇^;))。今日は久々に触ってたけどね。

しかし。嫁さんのパソコンでネットしたところで、自分のページが見れないことに気づいた。
アドレス欄に直接URLを打ち込んでこのページを見たとする。履歴は消せばいいねんけど、アドレス欄の横にある▼ボタンをクリックすると最近訪れたページのURLがずらーっと出る。

これでは後で嫁さんにこのページの存在がバレてしまうっ!!・・・っちゅーか、こいつも消す方法ってあるんデスカ? 僕が無知なだけデスカ?

2001年5月15日(火) 花が咲いた

家の前には花壇予定地があって、そこはまだ土があるだけで、えごの木という高さ3メートルくらいの木が一本植わっているだけである。

今朝、玄関の前に白いものがちらほら。
「ん? 誰じゃ、こんなところにゴミを蒔くのはっ!!」
と思ってよく見てみると、小さな白い花びらだった。えごの木を見上げるとたくさんの花が咲いていた。

何だか嬉しくなりつつ「お前、感謝しろよ」とつぶやいた僕であった。
今朝も家の周りの木に水をやるために10分早く起きたんやしさあ。

2001年5月14日(月) 嫁さんの髪型

またしても嫁さんが僕に断りもなく(断る必要はない)髪を切りやがった。

「お前なあ、勝手に髪切るなよお。俺、ちょっと長めの髪型が好きやのに」
「だって私、髪が多いから暑いねんもん」
「ポニーテールにしてくれって100回くらい言うてるやんけ!」
「私は短い髪型が好きやって1000回くらい言うてるっちゅーねんっ!」

結婚する前、交際していた時には一度だけポニーテールにしてくれたことがあったのになあ。あの頃の素直な嫁さんはどこへ・・・(←人のことは言えない)。

2001年5月13日(日) 阪神戦へのお誘い

引越しの当日にA新聞と2年契約をした。
それなのに今日、Y新聞がやってきて契約してくれ、と言う。事情を説明すると、2年後、つまり、3年目からでいいから契約してくれ、と言う。

あんまりしつこいし、僕も新聞にこだわりはないし、何やらチケットをくれると言うので契約してやった。
「好きなだけ取ってください」
と、チケットの束を差し出されるが、陶器の展覧会なんぞ興味がないし、子供向けの映画も興味がないし・・・と見ていると阪神タイガースのチケットがあったので、欲張って2試合分もらった。

一つは6月の週末なので嫁さんと行けるとして、もう一方は6月中旬、平日のヤクルト戦である。僕はきっと早く会社を出れるけど、嫁さんは仕事だし、そうでなくても2回も野球を見に行くほど興味はない。

誰か、僕と行ってくれる人、いませんかぁ? 外野席だけど。

2001年5月12日(土) カーテン屋さんの早とちり

やっと1階のカーテンを選んだのでカーテン屋さんに来てもらった。このカーテン屋さんにはすでに2階のカーテンと、1階はカーテンレールだけを取り付けてもらっている。

「で、出窓のレースなんですけど、この“バルーンタイプ”ってのにしたいんですよ」
「えっ!?」
「な、何か具合が悪いんですか?(おろおろ)」
「いやあ、これはちょっと高いやつなんで、費用がかかる分なんですけど」
「ああ、それはいいです」
「で、先に取り付けたカーテンレールには対応してないんですよ。専用のレールになるんです。普通のカーテンをつけられると思ってたので」

どうやら、お金がないように見えたらしい(-_-)ゞ゛。
結局、取り付けたカーテンレールをはずして、バルーンタイプをつけてもらうことにした。

2001年5月11日(金) 編集完了

やっと、完了。この10日間ほど、ずーっとナイショで取り組んでいた作業がやっと終わってホッと一息。

2001年5月10日(木) ストーカー見参!?

新居は住宅街にあるので人通りが少ない。バス通りですら、車はあまり通らない。今日のように帰りが夜の8時を過ぎるとひっそりしている。

バス停を降りたのは若い女の子と僕の2人だけであった。先におりた女の子が道路を渡り、僕も渡る。女の子はそのままゆるやかな坂道を上り始め、僕も後ろからついて行く。
――が、僕は気づいた。女の子の足取りが心なしか速くなったことに。

ひええええっ! わし、ストーカーと間違われてんのか!?
頼む、そのまままっすぐ行ってくれ。僕はそこの角を右に曲がるねん。
しかし、思いもむなしく女の子は角を曲がってしまった。

ぎええええっ! この夜道に二人きり。明らかに怪しまれてるでぇΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!
少し遅れて角を曲がると、女の子の速度はさらに速くなっていた。
た、頼む、そこを曲がってくれ。僕はそのまままっすぐ行くから!

果たして、女の子は次の角を曲がり、僕はそのまま直進した。
良かったあ・・・と思ったのは女の子の方やね、きっと(~ヘ~;)。

2001年5月9日(水) 泥棒がカーテン?

実は、引っ越ししてもう3週間ほどになろうかと言うのに、新居の1階の4つの窓にはまだカーテンがない。2つは雨戸があるし、1つは小さな窓だから良いとして(良いのか!?)、問題は家の正面にある出窓である。
ここにカーテンがないので、リビングがあっけらかんなのだ。日本語がオカシイがニュアンスは分かるよね。

ところが、会社から帰ると出窓にカーテンがある。嫁さんは会議で遅いはずなので、まだ帰っていない。
ダ、ダレガツケタノ( ̄◇ ̄;)?

もしかしたら留守の間にカーテン屋さんが来てこっそりつけて帰ったのだろうか。でも、まだどのカーテンにするか決めてないねんで?
ならば、泥棒が入って、「カーテンもないとは可哀相な家じゃ。運良く他の家で盗んできたカーテンがあるからこれをつけといてやろう」と親切な処置を施してくれたのか?

遅くに帰ってきた嫁さんに訊ねてみると、
「捨てようと思っててんけど一応社宅で使ってたカーテン持ってきてたから、朝出掛ける前につけてん」
ほんだら引っ越ししてすぐにつけとかんかいっ(^^;)!
3週間も人様にリビングを見せびらかしてからに(笑)。

2001年5月8日(火) タイピングしときなさい

2つ加入していたプロバイダのうち、1つは解約した。もう1つはこのサイト運営のためにキープしている。

実は3日前に嫁さん用のノートパソコンが来たのだが、嫁さんのレベルを考えると家庭内LANを組むほどでもないし(てゆーか、ようせんし)、CATVインターネットも必要ないやろ、と考えてこのプロバイダにダイヤルアップするように設定をし、無料のメールアドレスの登録もしてやった。

「わーい\(^o^)/、これでメールできるぅ♪」
たまに思い出したように「メールしたい」と言っていたので、これで気が済むだろう。が、甘かった。

「ほんで、あんたのホームページはどうやって見るんo(^-^o)?」
ひええええっ!! 焦った。

「いやいやいやいや、それよりもお前、まずはタイピングの練習せなあかんで」
すぐさまタイピングソフトをインストールし、やらせてみる。
「あ、これ面白い♪」
とりあえず、気が逸れたようだ。

ダイニングの食卓で1時間ほど熱中した後、何事もなかったようにパソコンの電源を切ってくれたのだが、Xデーが刻一刻と近づいているような気がするのは僕だけ?

2001年5月7日(月) 朝の超運動

よおし、長期休暇も終わったし、ここは一つダイエットに取り組もう! でも食べるのを控えるのは無理やからパワーアンクルじゃ!
と、朝っぱらから足首に重りをつけて出掛けたのだ。

6時58分に家を出たので、7時2分発のバスには十分に間に合う。バス停までは歩いてちょうど3分の距離なのだ。
ところが――。

バス通りに出ようとした矢先、そこを走り過ぎていったのはバスであった。
ぎええええっ!!
ヤバいヤバい、あのバスに乗り損ねると完全に遅刻や! ここからはまだ50mほどある。走るしかないっ!!

何でこういう日に重りなんかつけるかなー、と半泣きになりながら重い足をひきずるようにして走った。ぜえぜえ。バス停の先の信号が運良くだったので、バスは発車せずに止まっている。

はあはあひいひい、間に合ったぁ!
久しぶりの運動なので心臓がばくばく言いながら口から飛び出たのでそいつを飲み込みつつ、席に座る。死ぬかと思うほど息が切れたけど、とにかく間に合って良かった良かった。

しかし。
それからたっぷり1分間、バスは止まったままであった( ̄◇ ̄;)。

2001年5月6日(日) 夜中に大騒ぎ
昨日の日記の続きである。

後輩たちを送り出すと、とっても眠かった僕たち夫婦はすぐさま2階へ行って布団に潜り込んだ。

しばらくすると、嫁さんが布団から抜け出す。
「おなかの調子が悪い」
と、言う。

そんな言葉を聞いたからではないだろうが、僕も胃がムカムカしてきた。あ。ヤバい。吐き気や。
嫁さんが2階のトイレを占領しているので、大慌てで1階に下りたのだが、トイレよりも近い台所へ走った(冷静に考えたらトイレの方が近かってんけど)。

えろえろえろえろ。
ぜーんぶ吐いてしまった。スッキリした。途端に喉が渇いたのでお茶をぐびぐび飲んだ。

布団に戻ってしばらくすると、また胃がムカムカしてくる。
2階のトイレへ走る。――さっき飲んだお茶を全部吐き、ついでに胃液もしこたま吐くと、口の中に苦ーい味が残った。

トイレを出ると入れ替わりにまた嫁さんが入る。余程お腹が悪いらしい。
そんなこんなで落ち着いて眠ったのは3時を過ぎていた。

朝、目覚めて最初にしたのは、台所のえろえろの後始末だったのは言うまでもない。こうして僕のGW9連休は幕を閉じたのであった(何のこっちゃ)。

2001年5月5日(土) バーベキューの果てに
大学時代の後輩たちとバーベキューをしたのだ。ウチの嫁さんを入れて総勢8名。僕の家から車で20分くらいの川辺で11時頃からの開始だった。

8人中女性3名だが、みんな呑むのだ。350mlの缶ビール50本ほどが空いてしまった。僕は例によってギターを持ち出し、夕方の4時頃まで騒いだのであった。

勢いがついてしまったので、その後、新居にみんなを呼び、2次会である。初のお客様である。酔ってへろへろなのにダンス・ダンス・レボルーションなんぞをし、さらに僕を除いた(僕は日本酒がダメなので)7名で日本酒の一升瓶を空けていただき、僕はさらに缶ビール2本を呑み、その後カルアミルクなんぞをガバガバ呑んでいるとうつらうつらしてしまった。

結局、後輩たちは午前1時半頃にご帰宅。
いやあ、楽しかった。しかし、これだけでは終わらなかったのだ。

2001年5月4日(金) 憧れのソフマップ
やっとカーテンを見に展示場へ行ったのだが、場所は梅田。
普段、西宮と尼崎を往復している身としては、梅田などという繁華街に行ったら本屋さんとか・・・そう、ソフマップなんぞに行きたくなる!

これまでパソコン関係の買い物は日本橋まで行かなくてはならなかったのだが、確か昨年、ソフマップが梅田にできたのだ。僕はまだ行ったことがない。

飲み屋で夕食を済ませると、嫁さんが「百貨店に行く」と言うので、ここから別行動をとることにして僕は喜び勇んでソフマップへ行った。

しかし。
別に何が買いたいってワケじゃないのよなあ。ただ行ってみたかっただけなんよなあ。おまけに飲んだ後やから頭がボーッとしてるしなあ。買いたいものが決まってから来るべきやったよなあ。

店を出るとき、僕の手には『三国志2』のゲームソフトがあった。
何でこんなすることないようなゲーム買うかなあ。

2001年5月3日(木) カーテンは?
2階は既製品のカーテンをつけたのだが、1階はまだカーテンをつけていない。オーダーメイドのをつけようと思っていて、今日、展示場へ行く予定であった。

すると、チラシを見ていた嫁さんが倒産!!とでっかく書かれたチラシを発見。
「ここ、倒産するから大安売りするみたい、行こう!」
「カーテンは?」
「明日」

倒産するからみんなで寄ってたかって漁りに行くなんてハイエナみたいやなあ、とは思うが、ま、わしら貧乏人やからしゃーないな、と考え直す。

しかし。いろいろと衣料品が置いてはあったが。
ショボかった(T△T) 。
なのに。
1万円も使うなよ、貧乏人。

2001年5月2日(水) 貧乏性は治らない
新しいパソコンはディスプレイ付属ではないので、配線を差し替えつつ前のパソコンと交互に使用しなければならない。データを移動したり、まあ、いろいろと前のパソコンを使うこともあるのだ。

でも、CATVインターネットは速くて軽快である(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
この日記もまたWEB上で更新できるようになった。うまくいかずに約1ヶ月の間FTPで更新していたのだが、ま、それも解決。

しかぁし!
「常時接続じゃあ! やりたい放題じゃあ!」
と、ネットサーフィンを楽しみ、他のページの掲示板にカキコなんぞをしているとどうにもソワソワしてしまって仕方がない。なぜなら――。

接続時間が気になるのだ(*_*)!
もう気にする必要はないのに、これまでのクセで、早くネットを閉じてしまおうとする僕が僕の中にいるのである。

2001年5月1日(火) 合理的もほどほどに
ゴミの分別って、尼崎よりも西宮の方がいい加減である。
尼崎では発泡スチロールは分別して“燃えないゴミ”として捨てていたのに、ここ西宮では“燃えるゴミ”と一緒に捨ててもよかったりする。

さて、引越しの時に捨てたい“大型ゴミ”。尼崎では確か、一括で3200円かかる。でも、引越しの10日前に電話すると、
「4月25日まで予約でいっぱい」
と言われて、新居に持ってきていたのだ。

で、西宮ではいくらなんやろうと思って、荷物一つ当たり、300円か600円が要ると言う(*`Д´)ノ!
いや、まあ、それはそれで合理的やとは思うけど、5000円以上かかるやんヽ(+▽+)ノ!

線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

Akiary v.0.42