家庭内外暴露日記

個人的なストレス発散の場所やねん!!
家庭内の不満も会社のグチも暴露してまうねん!!

...でも、嫁さんとはラブラブやで(^^)ゞ...

線

☆過去の日記☆

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

2002年8月31日(土) 大河ドラマ
ヒマだった。
しかしまあ、たまにはゆっくりと部屋でゴロゴロするのも良い。この日のようにN●Kインターナショナル三昧だったのだが、TVをずーっとつけっぱなしにしていると始まったのが「利家とまつ」であった。

僕は子供の頃から「大河ドラマ」が苦手で、両親が喜んで観ているのを見て、「何がオモロイんやろ、大人になったらオモロくなるんかなあ?」と思っていた。
結局ああいう陰気くさそうな歴史物というのが好みに合わないようで、大人になってからも観ようとも思わなかったのだが、今日の状況ではもう観るしかない。

が。
面白かったのだ(◎_◎)!
今までは食わず嫌いならぬ、観ず嫌いだったのだなあ。あるいは、これは僕がおっさんになった証拠なのか!?
ともあれ、続きが気になるよう。

2002年8月30日(金) しあわせ
昨日はいい加減しんどくて断ったのだが、今日は断れずにまた別の店に行った。
まあ、安いって言う話だったし、エルちゃんも「会社の連中と別の店に行くなら文句は言わない。ただし、2回以上同じ店に行っても同じ子を指名しないこと」と言っていたので行ってみることにしたのだ。

が。
安いだけあってカラオケの機械はショボく、混んでいたこともあるが指名できる女の子が3人しかいなかったのだ。この中から選べって・・・普通は少なくとも20人くらいから選ぶのに選択の余地無しかいな。

で。
選んだ子は。
「日本語できる?」
「ほんの少しだけ」
「じゃあ英語でいいよ」
「少しだけ」
「は?」
タガログ語オンリーかいなっ!

でも、何とかなりました(^-^;)。
※タイトルは店の名前(笑)

2002年8月29日(木) それは誤解なのに
出張中は、大体6時半〜7時半の間に退社する。帰りは渋滞で1時間半くらいかかるので、外食せずに部屋に戻れば8時〜9時くらいになる。

何人かで同じ車に乗るので、例えば他のメンバーが6時過ぎには仕事を終えているのに一人だけ仕事が片づかずに待たせる・・・なんて状況を避けたいので、早めに仕事を終わらせるように努力しているだが、今日は夕方にトラブルがあって時間がかかってしまった。
ずーっと休憩もなかったものだから、7時半過ぎにコーヒーを飲みながらちょっと休憩していると、エルちゃんから電話がかかってきた。

他愛ない世間話をしていると、そこへ登場したのは後輩の芝君。僕がエルちゃんと話をしているのを悟ったらしく、彼は僕の後ろでとんでもないことを口走ったのだ。
「うめさん、今日もいつものところ行きましょか。それか例のゴーゴーバーにします?」

こらこらこら何を言うねん、と焦り笑いながら、
「冗談やでー。そんなとこ行ったことないよ」
と、真実を告げ終わるか終わらないかのうちに、ガシャンと電話を切られてしまった。

うわあああ、何てことするねん芝ぁ。またエルちゃんが怒ったではないかいな。しかも誤解で(泣)。

2002年8月28日(水) 危機一髪
誘われたら断れない・・・ってんで、今夜も町へ繰り出すことになったのだが、コンドミニアムで夕食を終えて部屋に戻り、さあ、出かけようかという時間になって失神しかけた。
財布がないっ(°o°;)!

コンドミニアムの食堂に忘れたんか!?
例の件があるので食堂に行ってメイドに、「おい、お前ら知らんか?」とは訊ねにくいのだがそうは言ってられない。何しろ中身は例の件の時よりも多いのだ。

で、食堂に行って訊いてみたのだが、案の定、「また私たちを疑うのか?」みたいな顔をされ、財布はやっぱりなかった。

となると・・・帰りの車の中で落としたんか?
ちょうど食堂に帰りの車のドライバーがいて、「車の中じゃないですか? 僕が車を降りるときに後部座席はチェックしてないので見に行きましょう」と言ってくれた。

駐車場に降りるエレベータの中で、ホントにもう、祈るような思いである。分かる、この気持ち?・・・って、自分が悪いんやがな。
果たして、財布は見事に後部座席の上に落ちていた。
めちゃくちゃ嬉しくてドライバーにお礼のチップを渡そうとすると、「いいです。要らないですよ」と言う。ああ、良いフィリピン人もおるんやなあ。当たり前だけど。

チップを無理矢理握らせて、僕は遊びに出かけたのであった。
めでたしめでたし。

2002年8月27日(火) 女の勘
会社の帰り、エルちゃんから電話があった。今日店に来ないか、というお誘いである。
う〜ん、ちょっと節約したいし、今日は大人しく帰るか、と断った。

ところが部屋に戻ると今度はJちゃんからの電話であった。
「昨日は私の誕生日だったのに、お客さんなしだったー」
と、言う。可愛そうなので(←とってつけたような理由などどうでも良い)、本日到着した林さんを誘って行くことにした(←やっぱし行くんかい)。

で、1時間を過ごすと、申し訳なくなってやっぱりエルちゃんの店にも行ったのだ(←はしごかい)。
すると・・・何だか機嫌が悪い。なんでぇ(ToT)!?
浮気(?)がその日のうちにバレるハズはないのだが・・・これって、女の勘!?

おそろしやおそろしや。

2002年8月26日(月) Mahirap ang Tagalog.
理系の大学を卒業したけど、もともと語学は好きな文系人間なもんだから、会社へ行く途中の車の中では結構タガログ語の日常会話集とにらめっこしたりしている。

本格的な本ではないので、基本的な会話がずらーっと並んでいるだけ。つまり、文法が分からない。
だって、タガログ語って文章によって主語があっち行ったりこっち行ったりするし、形も変わるのだ。例文を見ながら文法を推理しているのである。

で、これまでの滞在日数を合計するとかれこれ70日ほどになる。一日、一単語覚えれてるかな、と思って数えてみるとすでに100を越えていた。
しかしなあ、100じゃあ、日常会話もままならない・・・って、あんた、フィリピンに永住する気かいな(^-^;)。
※タイトルは、「タガログ語は難しい」という意味です。

2002年8月25日(日) 僕は有名人?
昨日はBAに行ったので今日はCLに行っとかなマズいよなあ、と、半ば義務感のような感じでCLに行ったのである。
ところが。
エルちゃんの機嫌がめっちゃ悪い。

「昨日はどこに行ったの?」
「え? い、いや、部屋におった。すぐに寝た」
「あなたがBAに一人で行ったのを見てた子がいた」

バ、バレてます( ̄◇ ̄;)!
ちょっと行っただけやのに、こんなにすぐにバレるなんて、僕は有名人デスカ?
エルちゃんが拗ねて怒って泣き出すのでエラいこっちゃだったのだが、何とかなだめすかして泣きやんでもらったのだった。浮気がバレた夫のような気分だった(いや、そんな経験はないけどね←昨日から言い訳ばっかし)。

2002年8月24日(土) 浮気?
今日は出勤日だったのだが、8時には部屋に戻ったので夜の町に一人で繰り出すことにした。
いつもなら当然エルちゃんがいるCL(店の略称)に行くのだが、前回の出張時に前の会社の同僚に連れていってもらったBA(店の略称)に行くことにしたのだ。ちなみに前に指名したJちゃんが目当てである。

ここは日本のカラオケBoxのような造りになっていて、今夜の場合だと僕は一人で行ったのでJちゃんと二人きりで個室で・・・いやいや、皆さんが想像するような(?)変な店ではなくて、歌を歌ってお話して酒を呑むだけである。ホンマやってばあっ!←誰に言い訳しとんねん。

ところが、翌日エラいことになったのだ。

2002年8月23日(金) 頑張れジャイアンツ!?
久しぶりに早く帰ったので、ちょっとだけ阪神−巨人戦を観ることができたのだ。
普段は巨人戦しか観れないのだが、阪神戦なので、久々の阪神戦(日本語を書け)。

ところが、回の合間に流れたフィリピンオンリーのCMを見てひっくり返った。
どうやら、『ジャイアンツ応援云々』のCMだったのだが、各選手の写真が出ると横にふきだしが現れる。

ビールを呑んで酔っぱらっているのでちょっと忘れたのもあるのだが、松井選手の場合、
「ホームランは少ないけど頑張ります」
って、アンタ、ホームラン王どころか三冠王取れそうな勢いですがなっ!

で、ひっくり返ったのは最後だった。
「読売ジャイアンツ今年も頑張ります」
ええ加減に内容変えんかいな(^-^;)。もうすぐペナントレース終わりやがな(苦笑)。

2002年8月22日(木) はははは歯歯歯歯
2日前、出張に来て早々とプレステがお亡くなりになった事件を書いた。
さて、今日はコンドミニアムで夕食を食べていた時のこと――。

毎日似たようなメニューやなあ。しかしまあ、日本食だし、味付けもほぼ日本人好みだし、自分的には旨いと思ってるし、まあいいかー。
ん? これは肉ダンゴかなあ。むしゃむしゃむしゃガリッ。

は、はあ?
肉ダンゴに何を入れとんねん、と思って歯ごたえのあったソイツを口から出してみると、それは出張前にかぶせてもらった治療中の歯であった。かぶせの歯が取れて、しかも思いっきし噛んでしまったためにあろうことかまっぷたつになっているではないかっ!
これではもうかぶせ直すこともできない。

あーあー。まだこれから先の方が長い滞在やのに、歯抜けかいな、僕。

2002年8月21日(水) 高いしゃぶしゃぶ
今回は初日も2日目も会社のコンドミニアムで夕食を食べたのだが、今日は3人でしゃぶしゃぶを食べに行った。
この店に来たのは3回目やけど、何か高かった気がするなあ・・・と、思いつつも、アメリカンビーフに舌鼓を打つ。アメリカンだからってバカにしちゃーいけませんぜ、奥さん。

このご時世、日本で「日本産」と書かれた肉を食うのもフィリピンでアメリカンビーフを食うのも大差はないのだ。だって、めちゃくちゃ旨かったんだもんっ(>_<)!

が、会計でビックラこいた。
一人900ペソォ!?
高いですがな、高過ぎますがな、めっちゃ高級ですがな、ダンナ(ToT)。
しかし、冷静に考えると日本円で2250円。感覚がとっくにフィリピン化してるなあ。

2002年8月20日(火) 痛恨の失敗
前回の出張ではめんどくさかったので持ってこなかったのだが、今回は1ヶ月の滞在なので、持ってきたのだ。そう、プレステ&変圧器を!

過去にプレステから煙を出してしまったアホな奴もいたらしいのだが、僕はちゃんと調べたのでOKッ!
持ってきた変圧器は『フィリピン用』! 220Vか240Vをちゃーんと100Vに変換してくれるし、電力も1000WまでOKッ! ちゃーんとプレステの消費電力も調べたねんもん。

で、今日初めて接続したのだ――が――プッシュウウウ。
何で電源も入れてないのに煙がぁぁぁあぁああ!!

慌ててプラグを引っこ抜き(遅すぎ)、変圧器が不良品か!? と、慌てて説明書を見てみると(遅すぎ)「この変圧器はドライヤーなどの熱電化製品用です。規格電力内でもオーディオ等の製品には使用できません」などと書かれていた。
やってしまいました(ToT)。
大ショック。

2002年8月19日(月) 前途洋々の出だし
盆休み中に装置が壊れた旨の連絡を受けていたので、暗澹たる気分で今年早くも6回目のフィリピン出張だったのだが、午後3時に到着して早速工場に行ってみると、もう一台壊れてました(ToT)。

さらに暗澹たる気分になりながら、ごちゃごちゃやっていると、休み中に壊れた方はワケが分からんうちに直り、もう一台の方は簡単な不具合を発見して修理できたので、初日からごっつい良い気分♪

さあ、これから長い長いフィリピン生活が始まるぞう。

2002年8月18日(日) あっと言う間の日本
あああああ。もうお盆休みは終わりなんかー。
昨日まで旅行に行っていたせいか、8日間も連続して休んだ気がしない。しかも今日は会社に行ったしなあ。
携帯電話を返しに行っただけやけど。

「すき焼きでもしよっかー」
と、ちっとも手伝わない僕に文句を言うでもなく準備をしてくれた嫁さんの優しさにホロリときてしまった。
いつも出張前に特に寂しくなることはないのだが、今回はちょっと寂しい。およそ1ヶ月も嫁さんと会えなくなるから・・・って、嫁さんはてんで平気やがな(^-^;)。

2002年8月17日(土) ディズニー旅行・3日目
もうエエやん、今日はディズニーランドへ行こう、ということにしていたのだが、疲れてたのでホテルをチェックアウトしたのは12時前であった(^-^;)。

ところがディズニーランドへ行ってみてビックリ。
お盆だと言うのに、思ったより人が少ないではないかっ!!
以前だったら優に1時間半とか2時間待ったアトラクションの待ち時間が30分とか40分だった。まだまだディズニーシーの方に行ったことのない人が多くて、そっちに客が流れているのだなあ。

ランドの方でもまだ経験したことのないアトラクションがあったので、それらに挑戦することにする。
そのうちの一つ、『グーフィーのはずむ家』ってのが待ち時間15分くらいだったので並んだ。
結局20分以上待たされたのだが、順番がやってくると係のねーちゃんは我々にこう言い放った。

「保護者の方はこちらへどーぞ♪」
「いや、保護者ではないんですけど・・・」
と思って、ようやくそのアトラクションを覗くと、単なるトランポリンでした(泣)。中では子供たちが飛び跳ねていた。
並ぶ時に説明せんかい、ワレ(▼、▼)。
てゆーか、僕たちがアホなんでしょうか?

ランドは人は思ったほど多くなかったのでそんなに疲れなかったけど、それでも3日連続はこたえた。が、
「次はもっと涼しい時季に来ようね♪」
とおっしゃる嫁さんのセリフに「お前、まだ来るつもりなんかい」とは言えず、力なくうなずく僕なのであった。

2002年8月16日(金) ディズニー旅行・2日目
よぅし、今日は気合入れて開演前に行ったるでぇ〜、と思っていたのは昨夜寝る前までで、予定より1時間寝坊してしまった我々夫婦。
朝から中華料理のバイキングでエネルギーを補充し、いざ、ディズニーシーへ。

かなり要領が分かってきたので「アラビアコーナーはどこやねん」とか「待ち時間240分ってどーゆーことやねん」とか「ファストパスって何やねん」とか「ファストパスってどーやってとるねん」とか「スプリットフィンガードファストボールって何やねん」とか戸惑うことはなかったのだが(最後のは関係ないな)、とにかく暑いし歩きまくって疲れてしまった。

今回、ほんとーに年を感じた。いや、単に運動不足?

午前中の勢いもどこへやら、午後に入った途端にへとへとになって、ついには夕方5時頃にホテルに帰ってしまったのだ。
で、ホテルでビール呑んで、1時間ほど寝て、またディズニーシーへ繰り出して晩飯。

2日、ディズニーシーで遊んで思ったこと。
ショーが見えへん。
そうなんである。設計が悪いとしか考えられないのだが、人垣の1〜2列目くらいまでに位置していないと真ん中の池で行われるメインのショーが見えへんのだ。だって、ステージが観客席より低いねんもん。

それにしても、死ぬかと思うほど疲れた。

2002年8月15日(木) ディズニー旅行・1日目
過去、TDLには3回行った。すべて嫁さんと。で、僕は待つのがヤなので2度と行くまいと誓ったのに、「ディスニーシーは行ったことないやん」と押し切られて行くことになったのだ。

これまではかなり早い飛行機に乗ったのだが、今回はゆっくりめ。先にホテルにチェックインして、ディズニーシーに着いたのは2時を過ぎていた。

よおし、遊ぶぞう♪
RRR・・・。
「あれ? 電話が鳴ってるよ」と、嫁さん――上司からだった(泣)。
フィリピンで装置がぶっ壊れたので、盆明けの出張早々、何とかしてくれ、との連絡だった。

着くなり仕事の電話。一気に気持ちが萎えた。
人は多いし、暑いし・・・けど、閉園までいたのだった。わははは。

ところが、モノレールの駅からホテルまでのバスがなかなか来ない。15分くらい待ってやっと来たかと思ったら、大渋滞。
普通、バスは6〜8分おきに到着して、ホテルまではものの5分で到着するのに、駅からホテルまで30分近くかかったのであった。
疲れた。

2002年8月14日(水) 日曜出勤!?
フィリピンにはお盆がなく、出張者は休みナシで働いている。そんな中、僕は休みを取っているもんだから、休み前に、
「MOグループの携帯を10〜19日まで借りれるように、井戸グループ長にお願いしました。お盆休みの間、持っていて下さい」
と、上司の中田さんからメールがあったのだ。
つまり、フィリピンで問題が発生した時に、向こうのスタッフが僕が借りた会社の携帯へ電話をかけてくるので対応せい、っちゅーことである。

そしてメールはこう締めくくられていた。
「19日の携帯の返却方法については別途相談しましょう」
つまり、19日のお盆明け早々フィリピンへ飛び立つ僕には借りた携帯の返却がでけへん、っちゅーことである。

なのに。
今日、中田さんから電話があった。
「携帯、19日から必要なんだそうです。どうします?」
“どうします?”とちゃうがなっ!
「友達に頼むかして、18日の夕方には返しておいてください」

あんたあんた、何ちゅー無責任な。
結局、18日の日曜日、会社に返しに行かなあきまへんがな。めっちゃ腹立つ(▼▼#)。

2002年8月12日(月) 日本にいる時くらいエエやん
あらたまって時間があると、どうしてもゲームなんぞをしてしまう。
いやいや、今日は車を洗って一日分の仕事をしたつもりだったので、夕方だけやねんけど。
ゲームをしていると仕事に行っていた嫁さんから電話があったので、駅へ車で迎えに行った。

外でラーメンを食って家に帰り、まったりしていると2階へ上がった嫁さんの怒号が響いた。
何でこんなに散らかってるんよっ(▼▼メ)!!
へ? へ?

ああ、そう言えば帰ってからゲームの続きをしようと思って出しっぱなしだった。
「ゲームしててさあ、続きをしようと・・・」
「片付けなさい」
「いやいや、まだ遊ぶんやがな・・・」
「あんたが家におるとちっとも片付けへん」

おい、僕の話を聞いてくれえ。

2002年8月11日(日) 星里さんお疲れ飲み会
さあっ!待ちに待ったお盆休みである。

今日は、前の会社で同じだったメンバーで呑み会があった。
僕は行かなかったのだが星里さんはそのままアメリカに渡っていて、このたび退職となって日本に戻ってきたのだ。

何だかとっても懐かしかった。
もう2年が過ぎたのかあ・・・2年前って、僕は主夫生活をダラダラしながら将来の不安を抱えまくってたなあ(笑)。

2002年8月10日(土) 有給休暇取得奨励日
どうやら、そういう日だったらしい。
我が部署は結構出勤していたけど、その他の部署が半分ほど休んでいる。

えっとー、この件の問い合わせは・・・って、休んでるの!?
仕事になりまへんがなっ(>_<)!

ってなワケでだんだん腹が立ってきた。この1ヶ月、4回の土曜日のうち3回出勤してるやん、僕(ウチ1回は昼過ぎに帰ったけど)。
どうにもこうにも仕事のしようがないので、4時頃退社。

ま、こーゆー日があっても良かろう。
※ちなみに「良かろう」という言い回しは僕の場合、磯野家の波平を思い起こさせる。

2002年8月9日(金) 500mlの汗
日本は暑いですなァ。
会社にいても、ついついいつもより水分を摂っている。500ml飲料1本と190mlの缶コーヒー2本、紙コップのコーヒー1杯。

夏じゃない時よりも500mlの飲料1本分多いのだ。
が。
汗っかきの僕は、それこそ滝のような汗をかく。一体どれくらい汗をかいとるんやろー、と思って帰ってから体重を計ってみるとまるで変化ナシ。

つまり、いつもより多い分、500mlの汗をかいてるっちゅーこっちゃなあ。もうたまりまへん。

2002年8月8日(木) ピンクのまま行けない
もうかれこれ5ヶ月ほど通っている歯医者がまだ終わらないのだ。
まあ、日本にいる期間が短いってのもあるけど、僕の虫歯が多いってのもある。

ほんでまた、この歯医者さん、治療時間が長いのだ・・・っちゅーか、半分は待ち時間なのだ。
診療台に座っても、ちょっとガリガリやって、麻酔して、待って、ガリガリやって、他の患者さんへ移動して、待って、という具合なのだ。

今日なんて1時間45分もかかった。おまけにガリガリした歯には一時的にピンクのかぶせがしてある。

こんなままフィリピンに行かれへんがなっ!
・・・ってなワケでお盆休み中にもう一度行かねばならないのである。ヤだなあ。

2002年8月7日(水) 出張の結果
よくよく考えたらフィリピンではハードに働いたり、メシ抜いたり、と、結構タフな生活を送ってきた。

で。

久々に体重を計ってみたのだ――すると。

新記録更新♪
半年ほど前の記録をさらに上回って、いや、下回って、つまり、出張前と比べたら2kgぐらい減っているではないかっ!

嫁さんに自慢すると、「それだけ減ったらもういいよー」と言われた。
僕の体重が自分の体重に近づいてきたので危機感を覚え始めたらしい(^-^;)。

2002年8月6日(火) 関空にて
リムジンバスを待ちながら家に電話した。
「もう着いたんー? 何か食べたいもんある? ソーメンやったらあるけど」
何とまあ、優しい嫁ではないか。

「うーん。ソーメンはエエわ。卵焼きが食べたいなあ」
「卵焼きぃ!? 私は今日は会議で今帰って来たとこやっちゅーねんっ(▼、▼)!」
何とまあ、カチンときたではないか。

「じゃあエエわい。自分で作って食べるわい」ガシャン。
即座に電話を切った。こっちの方が疲れ果ててクタクタやっちゅーねん。優しさのかけらもないんか、クソ嫁め。

しばらくすると電話がかかってきた。
何で突然切るねんっ(▼▼メ)! 謝りぃや」
「ご、ごめん」すぐにビビッて謝る僕。
「じゃあ卵焼きだけでいいねんね? 作っとくから」

じゃあ始めっからそう言うてぇな。優しい嫁さん。

2002年8月5日(月) ピグモンラッセル
さあ、いよいよ明日は帰国。一日フルで仕事をするのは今日が最後・・・と張り切って出社するとまた装置が壊れてました(ToT)。
作った本人たちが徹夜しても分からない装置を僕が直せるハズもなく、とにかく何が悪いのかを調べていると、現地新人エンジニアのラッセル(♀)が「1号検査機が30V印加時に電流値が異常に高い」などと言う。

コイツはいつも邪魔ばっかりして(しかも無意識)、しかもピグモンのような容貌をしていて、ちょっと遠慮願いたいエンジニアなので嫌いなのだが、この会社には現地人のエンジニアが2人しかいない。
仕方がないので「また後で」と答える。

壊れた装置を調べているとラッセルが横で手伝ってくれるのだが・・・俺がノートに記録している画面を次へ送るなっちゅーねん(▼▼凸)!!・・・ってのが1回じゃ済まないんです。お前、どっかに行け。

昼前の空き時間にラッセルが言っていた1号機を調べると・・・壊れてました(ToT)。アンタ、何かやらかしたん(?_?)?

昼飯の後、うんざりしながらまた現場へ行くと、ラッセルがさらに別の装置もおかしい、と言う。
どれどれ・・・と僕が近づくと、ラッセルは「ケーブルが断線してるのかも。換えよう」といきなりケーブルを外した。
が。
バチッ!・・・ケーブルが焦げました(ToT)。お前なあ、電圧印加したままそんなことしたらショートするに決まってるやろが(号泣)。もちろん装置は壊れました(爆泣)。

僕はビザの都合で明日帰国が決まっているので、明後日急遽上司の中田さんと先輩の鍋田さんが予定を前倒しして、こちらにきて対応することになった。

ラッセル、お前、くび。

2002年8月4日(日) N●K三昧
いやあ、まいった。
特にすることがない一日だったので、ずぅーっと部屋でゴロゴロしていたのだ。
何もする気が起きず、ネットもつながらない。本を読んでもすぐに飽きる。

で、そーなると残る娯楽はTVなのだが、当然のようにN●Kインターナショナルなのだ。
のど自慢を見て、プロ野球ダイエーvs西武戦を見て、みんなのうたを見て、中学生日記を見て・・・何じゃ、そりゃ(笑)。

夕方、やっとネットがつながったので1時間ほど時間つぶしができたけど、ヒマすぎる日ってのもやぁねえ。

2002年8月3日(土) わがままフィリピン娘
夕方、エルちゃんと飯を食いに行くことにしたのだ。
先週、外から見て何となく雰囲気が良さそうな店を見つけたのでそこに行くことにした。てゆーか、8時まではビール1杯25ペソって書いてあったのでつられたのだ(日本でもフィリピンでもおんなじかいな)。

店はスペイン料理のレストランだった。
が。エルちゃんの機嫌が悪い。
「ここには来たことあるの?」
「いーや、初めて」
「じゃあどうしてここに来たの? おまけにスペイン料理だからメニューが全然分からないっ!」
「英語で説明が書いてあるがな。だいたい俺の場合はどのレストランでもほとんど初めてやがな。何を怒ってるねん」
「私はご飯とサンマが食べたかったのにっ!」

知らんがな。日本人か、おまえさんは(笑)。
料理は美味しかったんですけどねぇ、エルちゃんの機嫌が悪かったので二皿注文しただけでビール3杯飲んで500ペソ。ま、いっか。

2002年8月2日(金) 盆休んでスミマセン
もちろんフィリピンにお盆休みなんぞないのは知っていたが、出張前に上司の中田さんと「盆休みは会社のカレンダー通り取らせてあげる」と約束を交わしていたのだ。もう、予定も入れている。

でも、時期的にとっても忙しくて、僕と同じようにこちらに出張に来ているメンバーはみんな盆休み返上なのである。
で、今日日本にいる中田さんから電話があった。
僕が盆休みを取ることになっているので、盆休みの前半は鍋田さん、後半は中田さんがこちらに出張に来ることになりそうだと言うのだ。

正規の休みを取るだけやのに、なんか、めっちゃ心苦しいがな。

2002年8月1日(木) 上には上が・・・
わあ。
はっと目が覚めたら時計の針は7時30分を指していた。駐車場に集合は7時30分。
慌てて服を着替えて部屋を飛び出て車に乗ると、ここでの上司でもある桂総括が一言「遅い」とのたまった・・・。5分の遅刻だけど遅刻は遅刻。

うーむ。
先週忙しかった反動で今週は遊びたおしてるしなあ。

で、会社で訊かれたのでついつい「5日連続出勤です」と白状すると、ここに駐在している上村君は最高21日連続の記録を誇り、さらにこの間フィリピン女性と結婚した佐々野さんは33日連続ご出勤という記録を保持していると聞いた。
上には上がおるもんやなあ。僕もがんばろう(こらこら)。

線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

Akiary v.0.42