家庭内外暴露日記

個人的なストレス発散の場所やねん!!
家庭内の不満も会社のグチも暴露してまうねん!!

...でも、嫁さんとはラブラブやで(^^)ゞ...

線

☆過去の日記☆

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

2004年5月31日(月) ヒヤヒヤの出国
出掛ける直前、腹が痛くなってトイレに行くと、乗るつもりをしていたバスに乗れず、6分後のバスになってしまった。これでもまあ、間に合う。いつもなら。
ところが7時〜7時半くらいって混むんやねえ。空港行きのバス停に到着すると、リムジンバスはちょうど出発したところであったΣ( ̄□ ̄;。走り去るバスの後姿を悲しく見送る僕。次のバスは35分後(ToT)。

空港に着いて搭乗券を手にし、入り口へ向かうとこれまでに経験したことがないくらいの人が並んでいたのでチビりそうになった。
ただでさえ35分遅れたのに、どないやねん(_□_;)!

ゲートに着くと、搭乗が始まっていた・・・ちょっと余裕を見ていたので間に合ったが、ちょっとヒヤヒヤもんの始まりであった。

フィリピンに着いて早速仕事にとりかかり、8時半に会社を出て途中晩飯を食べ、ホテルにチェックインしたのは10時半(日本時間では11時半)。疲れた。

2004年5月30日(日) 地獄の遠征
嫁さんの友達の家に遊びに行った。高速を使って1時間ちょい。頑張れよ、娘ちーん。・・・と思っていたらエアコンの効き悪しΣ( ̄□ ̄!
昨年、ガスを充填したところなのだが、やはりどこか悪くて漏れちゃったのだろう。今日みたいにめちゃくちゃ蒸し暑いのにエアコンがちょびっとしか効かない。
ゴメンね、娘ちん。

僕に似て汗っかきの娘ちんなので、ベビーシートにがんじがらめにされた娘ちんはやっぱり汗だくになっていた(^-^;)。

帰りは少し曇っていたのが幸いしたのか、ちょっとは効いたが、家に着いて娘ちんを解放してあげると・・・う○こしてるしΣ( ̄□ ̄!
娘ちんにとってはさぞかし地獄であったことだろう。
ゴメンね、娘ちん。

2004年5月29日(土) 還暦祝い
母の誕生日であり、60歳になったために還暦祝いをしてあげたのだ。
両親、妹、嫁さんと娘ちんを連れて予約していたしゃぶしゃぶの店に行った。そう、娘ちん初デビュー♪友達の家とか実家とかお外はあったけどね、お店は。

個室を予約していたこともあって、わざわざ娘ちん用の椅子も持って行ったのだが、座らせるとご機嫌ナナメ(v v*)。どうも“ハイハイ”をじーちゃんばーちゃんに披露したくてたまらないらしい。しかしそうなるとどこへ行くか分からんので大人たちは落ち着いて食べてられない。
娘ちんの動きを気にしつつ――と言ってもじーちゃんばーちゃんは喜んで面倒みてたけどね――料理を楽しみ、そのうちに娘ちんはうとうとし始めた。店が用意してくれた小さな布団で寝てしまう。
いい子じゃのう( ̄ー ̄)ヽ。←親バカ?

主役の母には旅行券のプレゼントもしてとっても喜んでもらえたので、たまの親孝行をした僕たちにとっても良い日となったのであった。

2004年5月28日(金) 焼肉女
三木嬢が会社の帰り際に「今日焼肉食べに行くねん♪」と言う。
あんた、2日前に行ったとこやん(~-~;)。・・・一緒に(笑)。
とにかく肉が好きらしいのだ、めっちゃ細いのに。

で、ちょっと議論になった。
三木嬢は一週間連続で焼肉が食える、と言う。まあ、僕も男だし(関係ないか!?)、肉は人並みに好きだから一週間連続はOKかも知れないが、彼女は続けて恐るべきことをのたまった。
「今日は絶対に焼肉食べる体勢になってるからねー」
「うん」
「一緒に行く子が都合悪くなっても行く」
「誰と?」
「一人で」
「マジィ!?」
さすがに僕でもそれはでけへん・・・と思う。一人で焼肉に行くなんて(^-^;)。

2004年5月27日(木) 我が同志よ
昨年は22勝6敗と圧倒した横浜ベイスターズ相手に今年は0勝7敗と元気がない我が愛しの阪神タイガース。すでに去年1シーズンかけて負けた以上に負けとるがな。

仕事をしながらインターネットでこっそり途中経過をチェックすると、ナント、今日は3点先制している。しかもタイガースの投手はエース井川。
「よっしゃあ〜」
小さな声で叫んで小さくガッツポーズ。

昨年は20勝を数えた井川が今年は調子が良くない。けどいくら何でも5度も連続でぶざまな投球はせーへんやろ。
・・・と、思いつつ仕事をし、しばらくしてまたチェックしてみるとあっさり次の回に3点を献上して同点にされとる。

「何しとんねん、井川(▼、▼)!」
しまった。思わず声に出して怒ってしまった。
「なになに?」
当然、僕の後ろに座っている上司の桂さんにもその声は届いた。ありゃまー、見つかったΣ( ̄□ ̄;!

「あっちゃ〜。アカンなあ、井川は。今日くらい何とかして欲しいなあ」
問題なし(~-~;)。
良かったー、同じ阪神ファンであり、話の分かる上司で。
良かったー、おまけに結局阪神がやっと横浜相手に勝利して。しかも爆勝。

2004年5月26日(水) 久々にユッケ食ったなあ
てなワケで会社の女の子二人と僕の三人で焼肉を食べに行ったのだ。
気のせいか、どうもモテるなあ、僕ちゃんたら。

一昨日の結果もどこへやら、最初は大ジョッキ、2杯目から中ジョッキを立て続けに5〜6杯呑んでしまった(^-^;)。
そのせいか、それほど食べなかった。結構高い店だと聞いていたのに、僕が払ったのは6000円、女の子はそれぞれ3500円。

それにしても、女の子ってコワいと言うかよく人物を観察している。『会社にもナイショ』を標榜している当日記コーナーだが、それでももし本人が読んでいたらなんて考えるとコワくて書けません(^-^;)。

2004年5月25日(火) 焼肉の誘惑
夕方6時すぎ、すでに退社した藤若嬢からメールが来た。
「うめさん〜〜〜仕事大変?〜〜〜三木嬢と〜〜〜焼肉〜〜〜?」
というような内容であった。

うおーっ! 焼肉食いたい\( ̄▽ ̄)/!
仕事をほっぽり出しても行きたいところだが、とりあえず急いで再び仕事に取り掛かる。
7時頃にようやく目途がついたので藤若嬢に電話した。「今、どこにおるん?」
「え? 電車ですよ。帰るところですけど」
「はあ(?-o-)?」

よくよく話を聞いてみると、誤解であった。メールを受け取った時、僕は焼肉ばかりに目が行ってしまい、「〜〜〜」部は目に入っていなかったのだ。
お誘いは明日の話であった(* v v)。読み返してみると「うめさん、明日仕事大変?・・・・・・」。

もちろん、ほっぽり出そうとした仕事に戻りましたとも(~-~;)。

2004年5月24日(月) とりあえず赤ワイン(←ポリフェノール)?
先月に受診した健康診断の結果が返ってきた。
総合で『B判定』。

色んな項目があってほとんどはA判定なのだが、いくつかはB判定(ちなみにD判定で再検査要)。
肝機能を示すGOTとかGTPが基準値を若干超えていてB判定。(「・・)ン? 昨年、肝機能の疑いがあった時と同じような値ではないかいなっ!
昨年はその後の再検査でGOTが23、GPTが32と、問題がなかったのに、禁酒をやめたせいか両方元に戻っとるがなっ!・・・けど、どうして今回は再検査じゃないんやろ(゜〜゜)ヾ?

しかも、コレステロール値も基準値以上でB判定。肥満度が上がっているのは自覚していたが、こんなもんも上がっているとは。

おまけに、今回はA判定で安心レベルなのだが血圧が一昨年、昨年、今年と着実に上がっており、このペースでいけば来年は優に基準を超えてしまう。

うわあああああ(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)!!
・・・とりあえず明日から禁酒とか色々健康のことを考えよう(明日からかいな)。

2004年5月23日(日) 冤罪
夕方、嫁さんがとんでもないことのたまった。
「あんた、お隣の奥さんのお風呂、覗いたん?」
「何じゃそりゃー(・_・;)!?」

聞けば、お風呂の窓――ガラス製で大きめのブラインドみたいな形状になっている――を開けた時に裏庭にいた僕と目が合った、「素っ裸見られた(/-\*)」って言うてたよ、とのこと。
「知らん知らん、そんなん見てないぞー。確かに裏庭で草抜きしてたけど」

いや、待てよ。
作業中、確かにお隣さんのガス装置がぼんとか言うて生暖かい空気が僕の顔にかかったのを思い出した。うわ、びっくり。と、そう言えばガス装置に視線を投げた。
どうやらその時にお隣の奥さんがお風呂に入っていて、窓を開けたらしい。目が合ったと言うのは勘違いだが、そちらの方を向いたのは事実だ。

くっそー。
もう少し視線を上げていれば・・・。

2004年5月22日(土) 早いぞ娘ちん
父と妹が遊びに来た。娘ちんを見てびっくりしている。
このごろの娘ちんの成長ぶりには目を見張るものがあり、すっかり「ずりばい」をモノにしている。嫁さんによると、ひざを使ってはいずるいわゆる「はいはい」ではなくて、足の指を使って背伸びするように床を蹴ってはいはいするのが「ずりばい」なのだそうだ。

「うわ〜、もうほっといたらどこに行くか分からんくらいやね〜」
うん、そやねん。

「スピードも速いなあ。この分だと歩くのも早いんとちゃうか」
いや、それは・・・どうかな。

「言葉覚えるのも早いかも」
関係ないやん(~-~;)。

2004年5月21日(金) 阪神ファンの熱い思い
頼むで井川〜(ToT)。
何度裏切られても、めちゃくちゃ腹が立っても、やっぱり応援してるので次こそ頑張ってくれ、井川。
逆に言えば、井川が本調子に戻りさえすればそれだけで阪神は頭一つも二つもリードできるのだから。

2004年5月20日(木) 事務所のポンコツ共
出張で悪化した腰痛に顔をしかめていると上司の桂グループ長が「腰、大丈夫か?」と声をかけてくれた。いつも僕の腰を気にしてくれるありがたい上司である。

「腰が痛いのは分かってるねんけど、悪いと思ってるねんけど、6月1日あたりからフィリピンに行ってもらうかも」

マジですかー\(;゜∇゜)/!
「はあ・・・桂さんは?」
「わしはポンコツやからのう」
「いや、僕もポンコツですよぅ。一緒に行きましょうよー」
「ムリやねん。薬服んでも血圧下がらんし」

まるでじじい同士の会話じゃのう(笑)。

2004年5月19日(水) 一緒に寝ようよ
娘ちんが「抱いて抱いて〜」と(多分^^;)はしゃいでいる。
ところが僕ときたら出張の疲れで眠い眠い。仰向けに寝転がり、そのまま娘ちんを抱き上げて「高い高い」をした後、娘ちんをうつ伏せの体勢のまま僕の上に寝転がったまま娘ちんを抱くような格好で「寝なさい〜」と抱きしめる。

しばらくじたばたしていた娘ちんがやがて僕の体の上でちゅーちゅーと指を吸いながら眠りに落ちる。
きゃわいい(*^-^*)!

以上、父と娘のふれあいの巻でした(何のこっちゃ)。

2004年5月18日(火) 一番頑張ったのはスペシャリストの女の子
んでもって、朝8時半から作業再開だったのだ(ToT)。
腰はバキバキで、背中にも痛みが走るようになる。5分ほどの休憩を挟んだだけで、1時過ぎにやっとお昼休み。おにぎり1ヶを食う。

今日できなかったら連泊である。それだけはイヤなので、メンバー5人で必死に戦った。お昼休みも結局15分ほどで、さらに途中また5分ほどの休憩を挟んだだけでフルパワー全開モード検査(なんのこっちゃ)のおかげで夕方5時半にやっと終わることができた。今日一日で3000ちょいの品物を検査したのは驚異的なことであった。ホントにもう、へとへとである。みんな朦朧としている。

客先の工場を出てしばらく行ったところのコンビニでアイスクリームを買ったりなんぞして「良かったなあ。終わったなあ。もう絶対にこんなんイヤやなあ」と肩を叩きあいながら達成感に浸っていると僕の携帯に営業から電話があった(まあ、それまでにも何回もあったのだが)。
「うめさん、すみません。実は今日720ほど検査対象の品物が客先工場に届いたらしいんで、申し訳ないけどちょっと戻って仕上げてきてもらえませんか?」
「イヤです。絶対ムリ」

もう精も根も尽き果てているのに何ちゅーこと抜かす。また戻って、やれだとぅ!? 夜中までかかるのは必至だし、そうなるとまた泊まらなあかんねんぞぅ。いっぺんお前がやってみろ(ToT)!

何とか説き伏せて勘弁してもらい、また車で3時間以上の旅をし(さすがに運転は若者に代わってもらった)、会社に戻って結果報告し、家に着いたら午後10時半。死んだ。

2004年5月17日(月) 岡山だキビ団子だ鬼退治だ
朝出社すると、同じ部署の池辺君が騒がしい。客先からのクレームでてんてこまいの様子である。すぐにでも客先の工場へ出向いて選別作業をしなければならないらしい。
ところがグループ長は体調不良で休み、サポートできそうなメンバー二人も研修でいない、池辺君は客先からの命令で事務所待機。工場へ出向く現場のメンバーは確保できたものの、品質保証から行けるメンツがいないのであまりに可愛そうになり「俺が行ったろか?」と言ってしまった言ってしまったああなんてお人好し。

まったく僕の担当外の話なのだが、こうなったらしゃーない。現場の人間4名を連れて計5名で昼前に会社を出た。
が。
岡山県(倉敷よりさらに西なので広島寄り)まで車を3時間半も運転したのは誰あろう僕であった(>_<)!!こ、腰があ・・・。
さらに、顕微鏡を覗きっぱなしの選別作業は過酷で大変。こ、腰があ・・・。
で、客先から解放されたのは午後11時半(>_<)!!こ、腰があ・・・。

作業は明日も続くので岡山泊(ToT)。

2004年5月16日(日) おうちで練習
先週の日曜日に続いて今日も一日中雨。出掛けるのはもちろん、娘ちんを散歩に連れて行くことすら叶わない。

そんな娘ちんは家の中で一生懸命“はいはい”の練習をしているのだった。
はいはい練習


そしてこれまた少し前から始まっている“離乳食”にもせっせと取り組んでいるのだった。こらこら、スプーンをつかむんじゃなくてもぐもぐしなさい!
離乳食

2004年5月15日(土) 照れてんの?
駅前まで買い物に行くと、ちょうど広場で吹奏楽の生演奏があったので僕は娘ちんを抱っこして、聴いていたのだ。嫁さんが一人でその間に買い物。

しばらくすると、上品そうなおばあちゃまが近づいてきた。
「んまあっ! 可愛いわねぇ」
「そ、そうですか( ̄∇ ̄)?」
「そうよぅ。あらあ、しっかりこちらを見て、賢そうねぇ。お利口さんねぇ」
「ホ、ホンマですか( ̄∇+ ̄)v?」
「ホントよぅ」

何でこんなに嬉しいのか、親バカここに極まれり、という感じですな。

「初めてのお子さん?」
「はあ」
「こんなこと言うと悪いかも知れませんけどね、この子はお父様お母様の子というだけではなくて『日本の宝』なんですから、大事にしてあげて下さいね。では、失礼しました」

そう言うとおばあちゃまは去っていった。

「娘ちん、ホメられたなあ。良かったなあ」
ふんぎゃあああっ(>o<)!
なんで泣くねん(^▽^;)。

2004年5月14日(金) 超お久しぶり呑み会♪
ついに実現したのだ。超お久しぶり呑み会が。
れいちゃんとえびちゃんと呑みに行ったのである。

れいちゃん:子供の頃、しょっちゅう一緒に遊んでいた近所のガキ共の一人“ひろちゃん”のいとこの男の子で僕より一つ上。夏休みとか春休みになるとひろちゃんちに泊まりに来てたので、一緒に遊んだ。
えびちゃん:中学の塾で一緒のクラスになり、仲が良かった女の子。つまり、同級生。その後、同じ高校・大学に進学するがクラスも学部も同じではなかったので出会ったときに話す程度になった。

れいちゃんとはおよそ30年ぶり、えびちゃんとはおよそ15年ぶり。
ホントにびっくり!・・・なのだが、超久しぶりに会ったとは思えない盛り上がりで楽しんだ。1軒目はれいちゃんが出してくれて、じゃあ2軒目は僕が・・・と言ったのに2軒目の途中から例によって記憶喪失|||(* ̄ロ ̄)ガーン|||。まさか、お金出さへんかったんやろか、僕。

ちなみにどっかの寿司屋で男二人で呑んでいたれいちゃんが、女二人で呑んでいたえびちゃんに声をかけ――まあ、ナンパですな――それがきっかけで二人は呑み友達になったらしい。で、出身校やなんかを話しているうちに僕の話になり、二人とも僕を知っているということになって、今回、三人での呑み会が開催されたのだ。

不思議な縁やねえ。

2004年5月12日(水) お土産騒動
鳥取に出張に行った。
帰り、列車の発車時刻まで余裕があったので珍しくお土産を買うことにした。鳥取と言えば『梨』なので、会社には『梨ゼリー入りチョコレート』、嫁さんには『梨果実入り大福餅』。

家に帰って紙袋から大福を取り出し嫁さんに渡す。
「わあ、大福や♪」
「おう、鳥取やから梨入りやぞぅ」
かぷ。
つぶあんじゃないっ(▼□▼メ)!」
「当たり前じゃ(~-~;)!・・・大豆が入ってるワケじゃないのに」
「私はつぶあんが好きやのにぃ」

せっかくお土産を買ってきてやったとゆーのに、文句ばかりたれる嫁さんである。
しばらくすると、紙袋をあさっていた嫁さんが声をあげた。
「あ、チョコレートもある!誰に買ってきてるねんっ(▼、▼)!?」

いちいち扱いにくい嫁さんである。会社用じゃい、と答えると、「私、こっちの方が良かったなあ」などと口走るにっくき嫁さんでもあった。

2004年5月11日(火) 怪しげなシールに挑戦の巻
カイロプラクティックに行っても毎回4000円取られるし、一番最近の整体では初診料込みで15000円も取られた。

んで、藁にもすがる思いで、ネットでこんな怪しげなシールを購入したのだ。医者に行って高い金を出しても治らないのでダメもとで3500円捨てるのも惜しくない心境だったのである。

んでもって、届いたソイツをすぐに試してみた。
あ〜らビックリ(ノ゜凵K)ノ!
こんな、ちゃちな、原価は一体何百円やねんいや何十円やねん、と思われるようなシールが効きまくりなのだ。あれだけ大変だった腰の痛みがすーっと和らいでしまった。錯覚ではない。

誇大広告かと思ったのだがそうでもないようだ。効く効かないは個人差があるだろうが、少なくとも僕には効いた・・・瞬間的に(ToT)。
つまり、数時間で痛みは元に戻ってしまった。しかし、説明によると痛みはある程度戻るらしく、何回か繰り返すうちに引いてしまう、とある。
ま、もともと騙されたつもりだったのでもうしばらく試してみるのである。

2004年5月10日(月) 整理の代償
書斎の整理をしようと一大決心をしたのがゴールデンウィークに突入する前だった。しかし、整理を始めるとその途中段階ではめっちゃ散らかる(分かるよね?)。しかも僕の書斎の場合は、一日やそこらで終わるような部屋ではないので――ごった煮のように色んなモノが部屋をさまよっているので――めっちゃ散らかった状態になっており、さらにヤル気が失せたのでそのまま半月以上放置していたのだ(; ̄ー ̄川。

僕でさえうんざりするほどだったので、嫁さんに至っては発狂寸前だったのかも知れない。普段は書斎に踏み込んでくることもなく、管理外であったハズなのに、帰宅したらびっくりするほど綺麗になっていた。

「いい加減目に余るから整理したよっ(▼、▼)! 今後は何か一つ出したままにするたびに500円徴収」
「そんなアホなーΣ( ̄□ ̄。すぐに1万円超えるやん。そんな規則反対!」
「うるさい」

2004年5月9日(日) 大的中
部屋を整理していると、昔買った競馬の攻略本が見つかった。この手の本はいろいろと買ったが、まあ、当たることもあれば当たらないこともあり、読み物程度として楽しんだだけでそんなに熱中したワケでもない。

で、今日は予想が面倒だったので、この本の買い方で楽しんでみることにした。すると――。

まずは6R(レース)。軸にした2番人気が1着。配当5090円的中! 馬単(買ってなかったけど買えば良かった)は配当9650円を的中!!
7R、8R、9Rは外れ。
そして10R。軸にした9番人気(単勝4850円!)が1着。2着が1番人気だったので配当は低めだがそれでも3220円的中! 馬単(買ってなかったけど買えば良かった、ホントにToT)は配当は万馬券! 11860円を的中!!
11Rは外れ。
そして東京のメイン、GTのNHKマイルカップはこの本では2頭が軸として浮かび上がったが、ナント、この2頭で決着! 配当は1340円だったけど、1点的中やん! 本の買い目は5点だったので5点買ったけど(^-^;)。

まあとにかく、遊びのつもりだったのでちょっとしか買ってなかったが、儲けさせてもらって、おまけに阪神タイガースも爆勝の楽しい雨の休日であった。

2004年5月8日(土) 油断大敵・・・って油断してたワケじゃないけど
設計グループの同期から電話がかかってきた。
「来週水曜日な、S社で品質打ち合わせがあるねんけど、予定はどう? もともと桂さんと行こうと思っててんけど、別の出張があるねんて。あ。てゆーか、もう担当じゃないんやったっけ?」
「おお、S社はもう俺の担当とちゃうで。前ちゃんが担当やから彼と行ってくれ」

実は、僕の後に担当となった前ちゃんはそれまでの仕事を引きずっていてS社担当としての仕事はあんまりしていない。
そしてしばらくすると品証のグループ長である桂さんに呼ばれた。

「うめ、腰が大変やと思うけど行ってくれ」
「え? 僕の担当じゃないですけど」
「ええねん。担当変えるから」

ぎょへー(>_<)!
“担当変える”っちゅーより“元に戻る”ってことで“担当増える”ってことです。
鳥取まで日帰り出張決定(ToT)。

2004年5月7日(金) 憂鬱の探偵ナイトスクープ
TVから『探偵ナイトスクープ』が流れ出すと、「そろそろ二階へ行こうかな。寝るのにもまだ早いし、ネットしよっかな、ゲームしよっかな、あ、そや、明日の競馬の予想しよっかな」と、ワクワク気分になるのだ。毎週。

しかし、今夜は当然そんな気分にはなれなかった。

お、『探偵ナイトスクープ』が始まった。そっかー、今日は金曜日やってんなあ。なのに・・・明日は仕事かあ(ToT)。
がっくし。

2004年5月6日(木) トマト疑惑
毎朝、朝食はトーストにサラダ、コーヒーである。ちなみにサラダは嫁さんが用意してくれている(エラいぞ嫁さん!)。

そして今朝、そんないつもの朝食を食べていると、サラダのトマトがどうもおかしい。心なしかカビの味がするのだ( ̄∇ ̄;)!
まだ寝ている嫁さんを起こして問いただすのも悪いので、仕事から帰った夜に訊いてみた。

「なあ、今朝のサラダのトマト、何かカビの味がしたんやけど」
「やっぱり分かった?」
「ぬぁにぃ!? 知ってて入れたんか?」
「うん。ちょっとカビてたから、その部分を取ってんけどなあ」
「アホか、お前は! そんなもんを使うな(▼、▼)!」
「私のサラダにも使ったわ(▼▼#)!!」

いや、そんな問題とちゃうやろ(~-~;)。

2004年5月5日(水) 抱きたい・・・(泣)
駅前に買い物に出掛けようと家族3人で家を出ると、ご近所さんたちがたむろしていた。
「きゃー、赤ちゃんお出ましー」
人気者の娘ちんにご近所さんがわらわらと集まってくる。

「ちょっと抱かせてねー」
お向かいのおばあ様が娘ちんを抱く。
「びえ〜・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・」
あらまあ、さっきまで機嫌が良かったのに。

「ちょっと抱かせてねー」
お隣の奥様が娘ちんを抱く。
「びえ〜・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・」
やっぱりダメ。

「ちょっと抱かせてねー」
斜向かいの奥様が娘ちんを抱く。
「びえ〜・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・」
やっぱりダメ。

「おいおい、泣いたらあかんやん娘ちん。もう人見知りか?」
僕が娘ちんを受け取って抱く。
「びえ〜・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・」
何でやねん(~-~;)!

2004年5月4日(火) 抱きたい母(=ばーちゃん)
そぼ降る雨の中、僕の親の実家に帰った(しょっちゅう帰ってるけど)。
娘ちんもすっかり慣れたようで、もう泣かない。寝返りの次にずりずりと後退するワザを覚え、今日はお尻をぴょこんと上げてふりふりしていた。

「おおっ! もうすぐ“はいはい”か!? 頑張れ娘ちんっ!」
しばらくすると疲れたのか、「あーあー」と不機嫌な声を出すが、そこを乗り越えてこそ上達するんやで、と僕も嫁さんも優しく見守る――が。
「しんどいのねー、可愛そうに(*^-^*)」
と、母が抱き上げてしまった。こらー、そこで抱き上げたらあかんがな。

とにかく初孫が可愛くてたまらないので、母はいつも娘ちんにべったりである。

2時頃、娘ちんがお昼寝を始めた。
「3時か3時半、長ければ4時くらいまで起きへんよ」
と言うとちょっとがっかりな様子の母。寝入ってしまった娘ちんの隣で横になり、動かない娘ちんを見て何が面白いのかじーっと見ている。

そして2時45分頃、娘ちんが眠ったまま寝返りを打った。それでもこのまま眠り続けるハズなのだ――が。
「あら、起きたのー(*^-^*)?」
と、母が抱き上げてしまった。こらー、そこで抱き上げたらあかんがな。

とにかく初孫が可愛くてたまらない母なので、口を出さずに許してあげたのであった。

2004年5月3日(月) これでもかっ!
引越ししてきた当時に張り切って造った庭は、今年の春はチューリップを咲かせただけであった。こんなこっちゃアカン!・・・庭担当として。

で、せっかくの休みなので夏に向けて準備――苗を植えたり種を蒔いたり――を開始することにしたのだ。

家の横でせっせと作業していると娘ちんを抱いた嫁さんが背後の勝手口から現れた。
「お父さん、頑張ってまちゅねー」
「おう、任せとけ!」
勝手口を開けたまま嫁さんが部屋に戻ったのを認識してはいたのだが、作業に熱中した僕はすっかり忘れていた。

しばらくして立ち上がろうとすると――。
ガァン!!
びえぇ(XoX)!!
勝手口の扉の角で腰を激しく打ち付けてしまったのだ。皮が少しずるむけ、もともとの腰痛と打撲の痛みでどうにもこうにもにっちもさっちもブルドッグなのであった(何じゃそりゃ)。

2004年5月2日(日) でかした娘ちん
娘ちんが生まれて初めて嫁さんの実家に帰ったのだ。
家から嫁さんの実家まで約1時間。こんなに長い間チャイルドシートに縛られるのは初めてなので、どうなることかと心配していたのだが、ほとんど泣かなかった!
隣で嫁さんがあやしてくれていたのもあるが、エラいぞ娘ちん!

さらに僕の実家に帰った時にはびゃーびゃー泣いたのでどうなることやらと心配していたのだが、まったく泣かなかった!
嫁さんの姉ちゃんたちが入れ替わり立ち代り相手をしてくれていたのもあるが、エラいぞ娘ちん!

実際には、女ばかりの家族ですさまじい会話(大声でしかも成り立っていない)の中に埋もれて泣き出す隙がなかったのかもね、娘ちん。

2004年5月1日(土) 腰痛に悪いことばかり
朝早くから車を洗い、その後は嫁さんと娘ちんとで近くのホームセンターへ買い物に行き、昼飯を食べてちょっと休憩すると、一人でオートバックスへ買い物に行き、帰ってきてからチューリップを抜いたり新しい苗を植えたり裏庭の葱を抜いて耕したりと庭の世話をした。

腰がああああ〜q(T▽Tq)(pT▽T)p。とっても痛い。

夕食を待っている間、娘ちんを抱っこしてそのまま座椅子に座ろうとすると、ずでーんと後ろに転んでしまった。思いっきり娘ちんをかばった代わりに、腰がああああ〜q(T▽Tq)(pT▽T)p。割れました(゜ー゜;A。

線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

Akiary v.0.42