家庭内外暴露日記

個人的なストレス発散の場所やねん!!
家庭内の不満も会社のグチも暴露してまうねん!!

...でも、嫁さんとはラブラブやで(^^)ゞ...

線

☆過去の日記☆

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

2004年10月31日(日) 時代遅れ
パソコンを買い換えようと思っている。
が、一つ問題があって、まだ考え中なのだ。

それは、モデムが必要という関門があるのだ。
今、CATVのインターネットで接続していて、もうじきFTTH(光ファイバー)にするつもりなのに、何故モデムが要るのか。

それは――。
馬券を買うためなのだ(^▽^;)。

JRAのPATというソフトを導入していて、コイツは電話回線を利用して馬券を買うので、モデムが必要なのである。
しかしなあ。
ブロードバンドが普及しまくってるこのご時世にモデムって、JRAは何やっとんねんっ!!・・・と思いつつ、ちょっと調べてみた。

すると――。
PATの会員はすでに2年も前にモデムなしでもネットから買えるようになってるやん。
時代遅れなんは僕であった(; ̄ー ̄川。

2004年10月30日(土) 来年はできるかな
実家に呼ばれたので、昼前から遊びに行った。

まだ3日早いが、娘ちんの1歳の誕生日をお祝いしてくれた。
もう1年か。早いもんやなあ。今では歩き回って目が離されへんようになったもんなあ。

夕方、親父が買ってきてくれたケーキを前に、ささやかなセレモニー。
「ふーってやってロウソクの火を消すねんで、ふーってするんねんで」と言いながら嫁さんは自分で火を消してしまう(笑)。

もう一度火をつける。
娘ちんは何が何だか分からない様子だが、部屋が暗くなり、大人たちに囲まれて「何かいつもと違うな〜」と感じている様子だった。

「1歳やで〜。“ひとつ”ってやってみ」
「だあだあだあσ(⌒▽⌒)丿」

こういう写真を見て、何年か後にまた「懐かしいなー」ってなるんやろなあ。

↓結局「ふーっ」も「ひとーつ」もできなかった娘ちん↓
チーズ

2004年10月29日(金) 献立が決め手
以前は毎日無条件で呑んでいたので、なーんも考えずに缶ビールのプルトップを『ぷしゅっ!』とやっていたのだが、週に2〜3日のノンアルコールを実践している最近では、考える。

さて、今夜は呑むか呑むまいか。決め手は献立。

皿に見えたのは鳥の唐揚げ。

ぷしゅっ!!

ほとんど条件反射でした(^▽^;)。

2004年10月28日(木) とある問題
こんな問題を嫁さんに出してみた。

3兄弟がイチゴを食べたくなって、それぞれ100円ずつ出しました。
そこへ3兄弟のお姉ちゃんが来て、代わりにその300円を持って買いに行ってくれることになりました。
ちょうど1パック300円のイチゴがあったのですが、50円負けてくれました。
お姉ちゃんは弟たちに10円ずつ返し、自分は駄賃として20円もらうことにしました。
弟たちは100円払って10円返してもらったので90円払ったことになり、3兄弟合計で90x3=270円払ったことになります。
ところがお姉ちゃんの駄賃は20円。
270円+20円=290円。
もともと300円あったのに、10円はどこにいってしまったのでしょう?


嫁さん、即答。
「答え。10円がなくなることなどありえへん」
お前、ちょっとくらい考えろよ(-_-;)。

2004年10月26日(火) ノンアルコールの影響
酒を呑まない日は腹が減ります。
お医者さんからは「術後10日間はアルコールを控えてね」と言われていたので、結局12日間アルコールを断ち、その後も週に2〜3日はノンアルコールを実施している。

が、どーしても夜中に腹が減るのだ(ToT)。
ノンアルコールだと寝つきが悪いし、ナゼか体重も減らないし、全然えーことないやんけ。

2004年10月25日(月) で、実はもうだだ呑み
朝、起きると・・・。
おおっ! ゴムがっ!!・・・取れてた。
苦節1ヶ月弱、ついに自由の身に!

慌ててお医者さんに行って、診てもらったのだが、ほぼ完治。痛みも数日で引くという話であった。
良かった良かった。

ちなみに、興味のある方は(おるんか!?)seton法なんぞ見てやって下せえ。

2004年10月24日(日) 初めての“家族で遠足”♪
で、今日もお出かけ。神戸の王子動物園に行ったのだ。
考えてみれば、家族三人でおでかけは初めてである。しかも嫁さん手作りのお弁当付き♪

が、娘ちんは動物よりもどちらかと言うと周りの人々に興味を示していた(^▽^;)。
でもまあ、娘ちんなりに楽しんでくれてたのだと信じよう。
にっこり
↑手すりにつかまる娘ちん↑
にっこり
↑シロオリックスに見入る娘ちん↑



蛇足1)お弁当を食べていた僕たち家族の隣にシートを広げた団体。そのうちの一人、何となく見たことがあるなあ・・・と思いつつその場を離れて午後の部へ突入した僕たち家族の横にまた偶然、その団体が。
「ひょっとして・・・うめ?」
「ええっ!?」
高校3年生の時のクラスメートであった。
実に20年ぶり。いやあ、めちゃくちゃ凄い偶然であった。

蛇足2)帰宅して、ぎりぎり数分で買えなかった菊花賞。
こういう時に当たっとんねん。
しかも万馬券Σ( ̄[] ̄;)!

2004年10月23日(土) お礼参りで眠れん娘ちん
『お礼参り』ってのはどのタイミングで行くのか知らないが、この日以来、実に1年5ヶ月ぶりに行ったのだ。

1年5ヶ月前は娘ちんは嫁さんの腹の中でまだ10cmとかそのくらいやってんなあ、と思うと昔日の感がある。
そして、今や娘ちんはとことこ歩いては石を口に入れそうになるので少しも目を離せず、大変である。

その後、近くの大きな園芸店に行って苗を買い、この日以来ほったらかしにしていた木も買うことにした。
結局、まったく同じのを買うことにしたのだが、約20000円也(ToT)。
今度はちゃんと水をあげよう。

で、ほとんど寝る間もなかった娘ちんは、夜、めちゃくちゃ寝つきが悪く、嫁さんの怒りを買っていたののであった。ま、これも、五体満足で健康な体を授かった運命であろう(何じゃそりゃ)。

2004年10月22日(金) まだイタイの
手術後、週に一度は通院して、処置してもらっているのだ。
実は、患部にはまだゴムが入っていて、こいつがだんだんと輪を小さくして治るような術式なのだが、これがイタイイタイ~(>_<。)ゝ。

先生は2週間もしたら慣れるとおっしゃっていたが、3週間以上過ぎても慣れない(_ _,)ゞ。

「これはどうですか?」
「イタイです」
「男の人は痛みに敏感ですねぇ(笑)」
「これくらい締めておきましょうか」
「は、はあ・・・(実はめちゃくちゃ痛い)」

そして、処置が終わって説明を受ける。
「ご自分でゴムをぐりぐりと何度か回してもらうと治りも早いんですけどねー」
だから、イタイっちゅーとんねーん"/(*▽*)!

2004年10月21日(木) 靴の寿命
すっかりとてちてたーと歩き回っている娘ちんである。

「台風も過ぎたからなー、今日は一時間くらい家の周りをうろちょろさしてん」
「うん。もうだいぶ歩いてる?」
「それがなー、買ったばかりの靴がもうズタズタ(ToT)」

娘ちんが歩くようになるとすぐに嫁さんが買ってきた靴の前あたりがもう、磨り減ってしまっているのだ。
3週間もたず。

2004年10月20日(水) 台風の影響
台風もついに10個目が上陸である。
さすがに以前の教訓を生かしたのか、苦情があったのか知らないが、午後1時には総務から「業務に支障のない限り帰宅してください」との放送があった。

で、2時過ぎに退社。すんごい風雨である。
すでに利用している電車は明石以西が運転を見合わせていた。

家に着くと・・・ショック( ̄□ ̄;)!
せっかくここ数日、良い匂いをまき散らしていたキンモクセイの花が散りまくっていたのだ。
越してきて一年目はほとんど花を咲かせずに心配していたキンモクセイも年々逞しくなって今年は満開だったのになあ。

2004年10月19日(火) セクハラ疑惑(いや、疑惑とちゃうがな)
熱はびみょ〜に36度7分から37度の間を行き来していたので、がんばって出社。

休憩時間にはどういうワケか1年ほど前の呑み会での写真を三木嬢と藤若嬢から見せつけられて「セクハラで訴えるからっ!」と詰め寄られた。
・・・っちゅーのはウソだけど、両手に花で、両脇の女性二人の肩を抱いて写っている写真なんぞ、嫁さんにも娘ちんにも見せられへんなあ(^▽^;)。

女性曰く「うめさんはトク」とのこと。他の男性にこんなことされたらイヤだけど、僕だったら許せるらしい。
んで、それをいいことに図に乗るねんなあ、僕ってば(; ̄ー ̄川。

2004年10月18日(月) 体力ないのう
都合上、昨日は土曜日ではなく日曜日のイヴェントだったのだが、やっぱり土曜日に限ります(ToT)。
イヴェントの翌日に会社っちゅーのはホントに何でやねんと暴れたくなるくらいしんどい。

会社ではどうも仕事がはかどらない。ぼーっとしてしまうのだ。事務所が暑いんとちゃうか?
休憩室でそんな話をしていると、藤若嬢が僕のおでこに手を当てて言った。「熱あるよ」。
熱いのは僕であったか(-_-;)。

7時前には退社して、家で早速熱を計ってみると37度2分。びみょ〜。
しかし・・・・・・。何て虚弱ッキーなの、僕って。

2004年10月17日(日) ひょっとして初家族サービス!?
舞洲スポーツアイランドで、中山家と中尾家とバーベキューをしたのだ。

今回は我が家がホストだったので、昨日から買出しに行き、今日は今日で朝から準備のため大変であった。
何が大変って、娘ちんが邪魔するのっ(>_<)!
かまってくれとぎゃーぎゃー泣きわめくし、とことこ歩き回るし、娘ちんが気になってちっとも準備が進まない。
小さなお子様がいる世の親御さんたちはよくやってるよなあ、と感心至極の今朝であった。

幸い、絶好の秋日和で、初めて利用してみた肉屋さんの肉も柔らかくて美味しく、もちろんビールも美味しく、サイコーであった。

最後のビールを呑んでから4時間は経っていたのでアルコールも抜けてるだろうと帰りも僕が運転したのだが、あまりに眠くて危なっかしいので、嫁さんに代わってもらった。

家に着いても眠くてたまらない。
何とか娘ちんを風呂に入れたが、もうへとへとで、10時半には床に就いた。
世の親御さんたちはよくやってるよなあ、と再び感心至極なのであった。

2004年10月16日(土) タープの使い道
明日、バーベキューをするので、10年以上前に買ったタープが使えるかどうか調べてみることにした。
家の中や周りで広げることはできないので、嫁さんと娘ちんとで近くの自然公園に行ったのだ。

ちょっと広い場所を見つけて、袋から中身を取り出す。大きなシートとか、柱になるパイプとかロープとか、員数を確認するが、不足はなし。
ところが、説明書がショボすぎて設営方法が分からない。

僕が頭をひねりつつがさごそやっていると、嫁さんが「こらっ!」「あかんって言うてるでしょ!」と叫びまくっている。
娘ちん、石ころとか草とか口に入れまくるし(ToT)。

僕も次第に娘ちんに気を取られ始めて、結局、タープの設営は諦めることにした。中身は揃ってるのになあ。
こーなったら、シートだけ敷く用に使うか(^▽^;)。

2004年10月15日(金) そんな世代
珍しく我が社に新入社員が入社して、うち一名である中谷君が品質保証グループに配属されたので、彼の歓迎呑み会があったのだ。

呑み会好きな僕は、アルコールがあんましオススメでない体調でありながら、それをモノともせずに(しろよ)呑み、そのままカラオケになだれこんだ。

酔っていたので誰のリクエストか忘れたが、僕が『いとしのエリー』を歌うことになった。「中谷、この歌知ってる?」
すると、中谷君が言う。
「知りません」
「“いとしのエリー”を知らん Σ( ̄□ ̄;!?」

いとしのエリーが発売されたのは1979年、彼が生まれたのは1981年。
ちょっと前まではピンクレディーを知らん世代がっ!・・・って驚いていたのに、ついにいとしのエリー知らん世代かー。

2004年10月14日(木) 成長確認
“他人の子は成長が早い”ってよく言いますが、なんの、自分の子も成長が早い(^-^;)。
特に初めての子だし、まあ0歳児なんて誰でも成長が早いよね。

で、こーやって日記なんぞをぼちぼちつけていると、成長の確認ができて便利である。

晩飯を食べながら娘ちんを観察していると、すでにたたたたたーと10歩どころか20歩ほどを要してリビングを縦横無尽に歩いている。多少、つま先立ち歩きになってるけど。
何とか歩けるようになって以来、ほぼ2週間。おお〜\(*^▽^*)/♪

娘ちんの前に嫁さんと僕の二人が並んで「お母さんはー?」「お父さんはー?」とやっていると、本日、100%の確率で正しく指差しができるようになった。嫁さんも「もう理解してるみたいねー」。
偶然?なのか大感激して以来、8日間。おお〜\(*^▽^*)/♪

2004年10月13日(水) 自分が一番自分の体に気を遣わない
今週の金曜日に部署の歓送迎会があると言う。

事情を知っている藤若嬢が僕に訊く。
「うめさん、どうすんの?・・・やっぱり無理なん?」
「出るで」

事情を知っている幹事さんがあらためて僕の席にきて訊く。
「うめさん、どうしまっか?・・・まだ無理やわなあ」
「出まっせ」

呑み会には意地でも出るっちゅーこの意地汚さ執念深さはどこからくるんかいなあ(^▽^;)。

2004年10月12日(火) 社会復帰
実に2週間ぶりに出社した。
上司の桂さんには「特に秘密にしなくてもいいですよー」と休む前に伝えていたので、ほとんどの人が、長期に亙って休んだ理由を知っていた。

で、休憩時間になると仲のいい女性陣二人とも、ついついその話題で盛り上がってしまった(^-^;)。
すると、藤若嬢が言う。
「じゃあ、今は大丈夫?」
「いやいや、まだ完治してないよ・・・ってゆーか、今も薬塗ってガーゼ当ててるし」
「ガーゼ?」
「うん」
「生理用品使ったらいいじゃないですか」

生理用品の便利さなんぞ、解説してもらわないと分からないが、なんかこう、照れる話題ですな(^▽^;)。

2004年10月11日(月) 娘ちんの変貌
夜、嫁さんと娘ちんが実家から帰ってきた。

かなり智慧がついてきた娘ちんは、ちょっと前から嫁さんの姿が見えなくなると時折泣くようになっていたのだが・・・・・・どないしょーもこないしょーもなくなっていた|||(* ̄ロ ̄)ガーン|||!

嫁さんの姿が見えないどころか、ちょっとでも離れると激しく泣き出す。
家事で手が離せないので、娘ちんをほったらかしにするのはどうしようもない。
娘ちんがうるさいので嫁さんもイライラし始める。
そうなると、父親としては娘ちんをなだめるように努力するべきである。ああそうなのさ。僕は娘ちんを抱き上げて「おーおーよしよし」。

が――。
どうしてさらに激しく泣くのΣ(T▽T;)!?
娘ちんは一刻も早く僕から逃れたいとばかりに体をねじり倒して泣き喚くのであった。
ショック。

2004年10月10日(日) ノンアルコール効果
今日はプチ独身生活。

しかし、2週間近くもほとんど動かずに三度の飯を食ってゴロゴロしていると、どれだけ太ったか不安になる。確かに腰のあたりは以前にも増してぷよぷよしている感じで、それは嫁さんからも鋭く指摘されている。

自宅療養中は早い夕食を食べてしばらくしてから風呂に入っていたので、体重を量っていない。体重を量るときは夕食前に入浴する場合に、風呂から出た時と決めているからである(夕食を食べて体重が増える前にネ)。

なので、僕一人しか家にいない今日は、夕食前に風呂に入ることにして、その後体重測定をしたのだ。

すると・・・減っているではないかっ!
何でや、やっぱり、アルコールか!? アルコールを断っているから運動しなくても体重は増えへんのか!?

嬉しくなって13日ぶりのビールを呑んだ。

2004年10月9日(土) 嫁さんの気遣い
嫁さんと娘ちんを乗せて、嫁さんの実家へ行った。僕は日帰りだが、二人は月曜日まで泊まる予定。

娘ちんの相手をしつつ、僕は椅子に座ったり床に座ったりするのだが、ホントは寝転びたい。まあ、ガマンできなくもないが、やはり寝転んでいるのがラクなのだ。
しかしまあ、他人の家でずーっと寝転んでいるワケにもいかず、寝転んでばかりいてお尻の病気がバレるのもちょっと恥ずかしいし。まあ、恥ずかしがるもんでもないけど、気を遣わせるのも悪いし。

嫁さんのねーちゃんは僕の腰の状態について話し掛けてくれたりするのだが、「いやあ、ちょっと前に鍼治療に行ったんですけど、最近は・・・ちょっと・・・ある事情があって行ってないんですよねー・・・」と、僕の返事もどうも歯切れが悪い。
カミングアウトしてもいいのだが、タイミングも難しいし。

で、晩飯の時間になって、僕ははっと気付いた。
ビールが出されてないΣ( ̄□ ̄;。
僕がビール好きなのを知っているので、嫁さんの実家でお呼ばれすると必ずビールを出してくれるのだが。

あ。そゆことね。嫁さんが事前に伝えていたのね。

2004年10月8日(金) 飛び上がるサラリーマン
「うひょっ(>_<)!!
晩飯を食べている途中に突然飛び上がる僕。
「どしたん?」と嫁さん。

かなり良くなってきたので、座布団もなしで普通に椅子に座って晩飯を食べていたのだ。痛くない姿勢ってのがあるので、まるで大丈夫・・・だが、ソイツは突然襲ってくる。

ちょっとした姿勢の変化か、はたまた患部にあてているガーゼのあたり具合か分からないが、何の前触れもなしにギュッとつねられたような痛みが走ることがあるのだ。
普通に食事をしていて、急に二の腕なんぞをつねられると飛び上がるでしょ? あんな感じ・・・って誰もそんな状況にならへんか(^-^;)。

来週月曜日から出社しようと思っているのだが、やっぱり仕事をしていても突然飛び上がってしまうのだろうか・・・。

2004年10月7日(木) やればできる
毎晩ビールを呑み、ほぼ毎晩焼酎を呑み、週に何度か梅酒を呑み、たまにワインやバーボンを呑む、というアルコール漬けの生活なので、冷静に考えてみると(考えなくても)、一年365日のうちノンアルコールデーは0日か1日か2日、という状況であった。

が。
ついに本日10日連続ノンアルコール達成\(*T▽T*)/!
おそらく、ここ10年間ほどで初めてのことじゃなかろーか。ま、自業自得やけどね。

お医者さんは「10日間は呑まないほうがいいですねー」とのたまっていたので、明日はついに解禁か!?

2004年10月6日(水) とにかく大感激
絵本を使って娘ちんに教育してみた。
「ワンワンはどれ?」
「ばーぶー」
「うーたんは?」
「ばーぶー」
多少は分かっているのか、娘ちんが小さな人差し指を立てて本を押さえる。正解したり、間違ったり。

「じゃあ、おとーさんは?」
「だあ」
僕の方を指差した!!
大感激ヽ(〃^▽^〃)ノ♪

何度も繰り返すと、その後も2〜3回、僕の方をちゃんと差した。
嬉しくて嫁さんに話すと「そんなん偶然に決まってるやん」と、つれない。
「なにをー。じゃあ、お前が見てる前で証明したる。娘ちん、おとーさんは?」

しーん・・・・・・・・・・・・まあ、こんなもんです(^-^;)。

2004年10月5日(火) 経過良好
まだ調子が良くないので、今日もお休み。
で、昼過ぎにトイレに行った時のこと――。

「いてててててて・・・ん? 何じゃこりゃああっ!」
大出血していた(^▽^;)。

たまたま医者に行く日だったので、夕方診てもらった。
「ああ、出血しましたかー。ちょっと早かったかな」
「は?」
「いやね、実は中にゴムでとめてるところがあったんですよ。それが取れたんですね。予定通りです」

それならそうと最初に言うといてんかいな。焦りましたがな。
とにかくまだ出血の可能性があるので、安静にしてなさい、とのこと。この調子じゃ今週はずっとお休みじゃな。

2004年10月4日(月) 鳥取が呼んでいる
今日から会社に行くつもりをしていたのだが、20〜30分ならまだしも、どう考えても数時間座ったまま仕事ができるとは思えず(まだ、痛みと出血があるので)、もうしばらく休むことにした。

あれだけ忙しかったのに1週間も休んだら、もうどーでもええわい、という心境になってくる。
上司の桂さんは「無理せんとちゃんと治せよ」と言ってくれるので、そのお言葉に甘えさせてもらっているが、桂さんともう一人チームリーダーの村田さんとで僕の仕事のフォローでてんわやんやどないやねん状態で大変なようである。

会社のメールを家に転送しているのだが、じゃかじゃか来るので全部見てられない・・・が、今日、とんでもないメールを見つけた。
僕、明日鳥取へ出張行くことになってるみたいですけど=( ・_・;)⇒?

桂さんに電話すると「まあ、今回は品証グループは欠席させてもらお」とのことでホッとしていたのだが、つい先ほど(夜10時くらい)にもう一度メールチェックすると今度は別件で金曜日に鳥取へ出張行くことになってるみたいですけど=( ・_・;)⇒?

どうしても僕に鳥取へ行かせたいのねぇ(大丈夫かなあ?)。

2004年10月3日(日) 普通のカール
かなりラクになったので、夕方に家族三人で買い物に出掛けた。ラクになったとは言っても、娘ちんを抱っこするのは無理なので、ベビーカーに乗せて僕が押し、嫁さんが買い物かごを持って、という状況である。

で、レジで順番待ちをしていた時の話。
「今日はお菓子買ってないなあ。何かスナック菓子買っとく?」
「そやなあ。じゃあ何でもいいから持ってきて。私、並んどくから」
「おう、分かった。カールでもいい?」
「いいよ。早くねっ!」

売り場へ行くと、チーズ味とうす味が置いてある。僕は特に迷うこともなくチーズ味の方を手にして嫁さんのもとへ戻った。

「ええっ、チーズ味ぃ!?」
「何やねん。文句あるんか? お前、“何でもいい”って、しかも“カールでもいい”って言うたやんけ」
「普通のが良かったのにぃ(○`ε´○)!」
「は? 普通て何が普通?」
「うす味が普通に決まってるやんかっ(▼O▼メ)!」

そうなん( ̄■ ̄;)!?・・・皆さんは、どうですか?

2004年10月2日(土) 自力立ち
ちょうど生後11ヶ月の今日、娘ちんがついに自力立ち!

これまではどこかにつかまりながらしか立てなかったのだが、観察していると座ったまま柔軟体操をするように足を広げた娘ちんは、その間に両手をついて、そのまま立ち上がった。
おとーさんおかーさん感激(T-T)。

午後から梅田へ買い物に出かけた嫁さんは、早速娘ちん用の小っちゃい靴を買ってきたのであった(^-^;)。

2004年10月1日(金) ビデオに撮らねばっ!
術後の経過は良好。ずい分ラクになってきた。やっぱり名医だったんだなあ。こうしてパソコンにも向かえるようになったし。

娘ちんの相手もかなりできるようになり、伝い歩きのスピードを日々上げて進化している娘ちんを目の当たりにすると、子供の成長は早いなあ、としみじみする。

ここ数日は“つかまらない立ち”が10秒ほどできるようになった!
おとーさんの目尻は下がりっぱなしである(^-^;)。
そして、夕方にはそのまま10歩、とととと、と歩いたっ!!
クララがぁ〜、じゃない、娘ちんが歩いたよぅ〜。
おとーさんの目尻は床に達した(意味分からん)。

線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

Akiary v.0.42