家庭内外暴露日記

個人的なストレス発散の場所やねん!!
家庭内の不満も会社のグチも暴露してまうねん!!

...でも、嫁さんとはラブラブやで(^^)ゞ...

線

☆過去の日記☆

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

2004年11月30日(火) 酒豪復活?
今回の出張はめちゃくちゃな忙しさに加えて、昼飯を抜いた日も数日あったため、ひそかに『体重、減ったんちゃうか』と期待をしていた。腰の周りは相変わらずたるるるんだが。

ところが、アシスタントの藤若嬢が帰国して以来、連日のようにカラオケに行っている。
後輩の宮田君が「行きましょー!」と凄い目で睨むのだ。

以前にハマッていたときと比べると、僕も落ち着いた(年食った?)ので、別に毎晩行きたくもなく今夜も断ったのだが、「うめさん、最後の夜じゃないですか。行きましょー!」とまたしても粘りつくような目で睨むので、行った。

店に入ったのが10時過ぎ。出たのが午前1時過ぎ。

ホテルに戻ると、僕はとあることに気付いた。「あ、チューハイを買って冷蔵庫に入れてたんやった」
ホテルの部屋で一人で飲んだ。
あらあらあら。
きっと、体重は増えて帰国ってなことになるんやろな。

2004年11月29日(月) かつての休日の光景@フィリピン
マニラは一日中雨。

明日が大統領令で休みらしいのだが、会社としては3連休にするために明日を出勤日にしたので、今日は休みだったのだ。まあ、土曜日出勤したので、とんとんじゃな。

あまりにもヒマだったので、一人でスターバックスへ行ってコーヒーを飲みながら本を読み、その後はなつかしのショッピングモールをぶらぶらした。買う気もないのに店員と話したり、それなりに楽しんだのであった。

で、夜。
昨日と同じメンバーで晩飯を食べ、いつの間にか同じカラオケに行くことになってしまった。
・・・っちゅーか、僕が指名のカワイコちゃんは今日が二十歳のお誕生日ヾ(´ー`)ノ。・:*:・゜'★
ってそれ、犯罪やん。

いやいやいやいや。
何もしてませんよ。いや、させてくれませんよ(どやねん)。

2004年11月28日(日) PINAKA MAGANDA(これまで会った中で一番可愛い)
や〜〜〜〜っと休みである。
一週間の疲れを取るべく、一日中ホテルの部屋でゴロゴロしていた。昼にコンビニに買い物に行った以外は、本を読んだり洗濯したり。

夕方、同じホテルに宿泊している後輩二人から電話があり、一緒に晩飯を食べに行った。晩飯が終わるとそのうちの一人、宮田君が「行きましょうよ」と誘うので、三人でカラオケへ。

今回は客と行った以外は行っていないし、どうも面倒臭くて行く気がしなかったのだが、行ってみればパラダイス♪

しかも、レベルの高い店だったのだが――僕は初めての店だった――僕が指名した子がめちゃくちゃ可愛い♪

明日も行くぞう(病気再発)。

2004年11月27日(土) 仕事は日記
日曜日に日本を出たとゆーのに、もちろん土曜日も出勤である。
今回がんばりまくった藤若嬢は本日帰国。ちょっと、さびしい。
しかしまあ、山を越えたので仕事は少しラクになった。

客が午後から来るので、11時半頃に「外に昼飯行きましょー」と誘われたが「急な仕事があるからやめとく」と、断った。
仕事はラクになったんちゃうんか!って?

ホテルの部屋ではネットにつなげないので、会社からアップするしかないのだ、この日記は(^▽^;)。

つまり今、昼休み時間にせっせと日記を更新しているのんきなサラリーマンなのであった。昼飯も食わずに(^▽^;)。
ま、これくらいええやろ。

2004年11月26日(金) えんちょー!
数日前に「日本でもお祭り騒ぎ=問題連続発生」ってなことを書いたが、どうにもこうにも話がこじれてきて、今、フィリピンのラグナという客先の工場に出張しているお客さんがここへくるという話になった。

来るのは明後日の11月27日。あれ? 僕の帰国日ではないか。
「当然、品証は打ち合わせに参加やんな」
と周りから言われ(まあ、当然ですナ)、実際、監査後の宿題もこちらでした方が何かと都合が良い。

ってんで、帰国は来週水曜日に延長\(*T▽T*)/!

いい加減、娘ちんにも嫁さんにも会いたいのになあ。

2004年11月25日(木) 日本人の彼女@フィリピン
ローカルも駐在スタッフも毎日遅くまで対応してくれたおかげで、監査は無事終了した。「条件付き合格」であった。キビしいお客さんなので、無条件の合格なんぞもらえる会社はどこにもなく、これは大成功なのである。
何しろ、前回は「不合格」だったのだから。

いつも監査当日は午後9時や10時までかかるのに、何と、6時に終わってしまった(ノ゜凵K)ノ!

監査後はまだ仕事が残っていたので、本日の接待は丁重にお断りし、仕事が終わるとみんなと一緒に帰った。

僕がホテルに戻った後、呑みに行ったのかどうかは知らないが、今回は僕は行かないのだ。藤若嬢と同じホテルなので、彼女と一緒にラウンジで話す方が楽しいのだ♪
注:もともと彼女とは仲がいいのです。それだけです。

結局、午前2時くらいまでおしゃべりしてました(^▽^;)。

2004年11月24日(水) 連続板ばさみの神経戦
実は、日本もお祭り騒ぎ。僕が担当の機種が立て続けに問題を起こし、上司の桂さんが対応に当たってくれている。

当然、問い合わせの電話もかかってくるし資料作成も依頼されるが、こっちはこっちで今日明日が本番(=監査)である。
どないせぇっちゅーんじゃあ(ToT)!

こちらのスタッフは本番を前にピリピリしているし、僕が日本の仕事をしていると「ちょっとは手伝えよ」という雰囲気を僕に投げてくる。
どないせぇっちゅーんじゃあ(ToT)!

それだけに、藤若嬢の存在は大きかったのだ。僕の代わりにせっせと働いてくれたので、「うめなんか来んでも良かったんちゃうん」という雰囲気が漂ってくる。
どないせぇっちゅーんじゃあ(ToT)!

今日は事前打ち合わせで、ギリギリ間に合った資料で前回の改善説明や品質状況の報告をしてすんなり終わってホッと一息である。

が、営業の中田グループ長に呼ばれて僕は客の接待に参加しなければならなくなった。監査本番の明日の準備は今夜もするのに、またまた板ばさみである。
「手伝いもせんと呑みに行くんか。えーなー」とは言われないがそんな雰囲気が・・・。
どないせぇっちゅーんじゃあ(ToT)!

2004年11月23日(火) 文化祭前夜
明日、客が来るのだ。が、“改善”が完了しておらず、てんやわんやである。提出資料さえ完成していない。

こっちの奴らは何をしとってんっ!!・・・なんてことは当然言えない。こちらの人間も日常の仕事が優先なのだから。

今回は同じ品質保証グループの藤若嬢に先週フィリピン入りしてもらって、仕事を進めてもらっていたのだが、僕が自己嫌悪に陥るくらいヒジョーにすごい仕事ぶりなのだ・・・って、僕と比較するのがおこがましいほど英語がペラペラなので、僕が自己嫌悪に陥る必要はないのだけれど。

で、仕事はとんでもなく忙しかった。
まるで文化祭前夜に徹夜して準備するかのように、最後は野田取締役や経理の加藤さんまでが作業を手伝ったのだ(笑)。

それでも完全には終わらなかったが、午後11時過ぎに切り上げた。それから1時間かけて戻り、遅い晩飯を食べ、ホテルに戻ったのは午前1時半だったのであった。ばたり。

2004年11月22日(月) 目覚まし騒動
今朝の出勤は6時40分ホテルのロビー集合。ってことは6時には起きなければ。ってんで、目覚まし代わりに使う携帯電話を5時にセットした。携帯電話は日本時間のままであり、日本とフィリピンは時差が一時間なのだ。

初日から遅刻するのもマズいので、きっちり携帯の目覚ましで起きたが、めちゃくちゃ眠い。
で、6時40分ギリギリにまだ外も暗いロビーに降りると、誰もいない。同じホテルに泊まっている二人と一緒に出勤の予定なのだが、ふと、不安に駆られた。
ひょっとして、今日から僕も一緒に出勤するのん知らんと先に行ったんとちゃうか!?

慌ててドアボーイに訊ねた。
「二人の日本人見た?」
「ノー、ちょっと前にフィリピン人が一人出て行っただけです、サー」
「フィリピン人? いつ頃?」
「4時半くらいです、サー」

誰がそんな前の話しとんねん(▼▼#)!!

「じゃあ、6時半から6時40分の間にはまだ誰も外に出てないんやね?」
「サー、それはフィリピン時間の話ですか?」

当たり前じゃ、シバくぞ(▼▼#)!!

どうも会話が噛み合わないので、こちらはフィリピン時間に合わせている腕時計を見た。
4時45分であった(o ̄∇ ̄)o・・・。

携帯の目覚まし、5時にセットするんじゃなくて7時にセットせなあかんのやった。
6時起床のハズが4時起床をしてしまっていたのだ。どうりで眠かったハズや。何回フィリピンに来とんねん、僕。

2004年11月21日(日) バンザイタクシー
7:12JR西ノ宮発の空港バスに乗ろうとしたら、タクシーを呼ばないとJR西ノ宮へ行くバスがない。
その一本後であれば、タクシーを呼ぶ必要はないが、空港へ着くのが飛行機が出る1時間15分前なので、ちょっとせわしない。

で、タクシーを呼ぶことして8:15頃に空港に到着したのだが。
何ですかこの混みようはΣ( ̄□ ̄;!!
今までに経験したことがないくらい混んでいる。

なぁるほど、火曜日が祝日なので、月曜日も休みを取って旅行に行く人が多いんやな。こちとら仕事なのに(ToT)。

ゲートに到着すると、すでに搭乗が始まっていたΣ('◇'*)。
良かった〜、タクシー使って。

2004年11月20日(土) そーっとしといて巻き込まないで
なんかやたらと忙しい日であった。やっぱり、海外出張前には余裕が欲しい。
日曜日帰国は過去一度経験があるが、前回と違って今回は45分も飛行機の時間が早い。バス、始発でも間に合えへんやんっ!!

で、タクシーを予約した。タクシー代は会社に請求するからなー!!!

そんなこんなで忙しい折、夜、携帯に着信記録があるのに気付いた。営業からであった。
「緊急事態です。XXの機種で問題発生。XXの機種で問題発生」
知らんっちゅーねんっ(▼▼#)!!
今さら僕に何をしろとゆーのだ。当然、無視(いいのか!?)。

そもそも、僕の出張中は上司の桂さんに仕事を委託する旨を営業にも伝えてある。ただでさえ日曜日がツブれるのに、土曜日にまで電話してくるなよな(サラリーマン失格^^;)。

んでは、行ってきます。フィリピンから更新できたらします。

2004年11月19日(金) 行く前から疲れる情報
日曜日にフィリピン入りするのだが、その日はもちろん空港からホテルへ直行である。
「おおっ。そう言えば月曜の朝のピックアップ訊いとかなあかん」

そう、月曜日の朝、どのドライバーがどの車で何時に迎えに来てくれるか知っておかないと出勤するのも不安である。で、フィリピン駐在の総務の加藤さんにメールで訊ねてみた。

「ドライバーはGimsです。車は白のウルバン。ピックアップは6時半です」
いきなり早出かいっ!!!

もう、サイアクである。
通常、ピックアップは7時半なのだが、たま〜に会社の都合――っちゅーより、政府の渋滞規制の都合でもあるのだが――で早出、つまり6時半にホテル発ってやつをしなければならないことがあるのだ。僕はフィリピンに駐在していたのでその辺の事情は知っている。会社が保有するすべての車が対象になるのではなく、せいぜい一台ってことも。

つまり、今回の場合、駐在者は7時半に出るクセに出張者に6時半の早出をさせるのだ。
ただでさえ日曜日出発の土曜日帰りでツイてない出張なのに、着いた翌日が早出かいな。僕が駐在してた頃は駐在者が早出してたのに(ToT)。

2004年11月18日(木) スゴいデータ
実は・・・本気で考えているのだ。株に手を出してみようかと。
そのうちひっそりブログでも作ってみようかなんて考えてもみたり。

で、凝り性な僕は株価の上下を示すチャートで分析してどないかならんもんかと勉強を始めているのだが、そのソフトを入れてみた。
ソフト自体は大した容量はないが、分析するには過去のデータが必要であって、3000を超える銘柄の5年分のデータをダウンロードしようと「クリック♪」してみると――。

このスバラシイ環境――パソコン最強且つブロードバンド――なのに10分経っても20分経ってもはたまた30分経ってもダウンロードが終わりませんヽ(*ToT*)/!
こんな量のデータ、どうやって分析するのか教えて欲しい。

2004年11月17日(水) オソロシイ事態
日々せっせとニューパソコンにデータを移動したり、ドライバやソフトをインストールしたりしている。
で、せっかくニューだし心機一転、ちゃんとしたパソコンライフを送りたいので、まっさきにインストールしたのがセキュリティソフトだったりする。
「え? じゃあ、これまではなぁんもウィルス対策してなかったん?」

そーなんです!←いばるな(^-^;)。
はっきし言って古いほうはウィルスの温床と化しているかも知れないのだ。

で、やっとネット環境も整い――結局、CATVモデムをリセットしたらつながったのだ(ToT)。設定は問題なかったのだ(ToT)(ToT)――メールチェックすると検出したウィルス約50ケ!
わはははははは・・・コワいのう。

2004年11月16日(火) 関空へは21時着
「明日から社長が出張でおれへんから、今日中に海外出張申請書を出しといてな」と上司の桂さん。

で、慌てて申請書を作成して提出すると、昨日に引き続き桂さんがツレナイことを言う。

「すまんけど、帰りは11月27日にしといて」

何で土曜日帰りやねーん(ToT)ねーん(ToT)ねーん(ToT)。

日曜出発の土曜帰りかい。

2004年11月15日(月) 関空は10時発
来週あたり、フィリピン出張やなあ、という仕事の状況だったのだが、上司の桂さんがツレナイことを言う。

「すまんけど、11月21日に飛んでな」

何で日曜日出発やねーん(ToT)ねーん(ToT)ねーん(ToT)。

日曜日の朝っぱらから5時半起きかい。

2004年11月14日(日) 2つ目のヒトヘルペスウィルス
娘ちんの熱は引いたのだが、体に発疹がぷつぷつと現れてきた。

「何やろ〜?」
「ただの熱やと思ってたのになあ」
「突発性発疹はもう済んでるし」
「3日ばしかかなあ?」
「お前、保母さんやのに分からんの?」
「細かい医学的なことまで分からんよ。保育園では医学辞典あるし」
「けど、突発性発疹の時と症状がめちゃくちゃ似てるからそうちゃうん?」
「突発性は1回罹ったら終わりやっ!」

カチン。もう慣れたとは言え、頭ごなしにエラそうにのたまう嫁さんの言い方が気に障った。
で、2階への書斎へ行ってネットで調べてみる。

『ヒトヘルペスウィルス6が原因ですが、ヒトヘルペスウィルス7というウィルスも突発性発疹と同様の症状をおこすことが知られており稀に2度罹ることもあります。』

「見てみぃ! ゴルァ!!」
「あっそ」

ムッカ〜。

2004年11月13日(土) 残るはFTTHだけさっ
環境大チェンジ作戦が、実は着々と進んでいる。
すでにディスプレイを17インチ液晶に買い替え、スチールラックを購入して部屋に散らばっていた本とかモロモロを整理した。

そして本日の午前中についにパソコンラックを買い替えた。思えば初めてパソコンを買った時は、寮の狭い部屋で買ったパソコンを梱包していたダンボールをパソコン台にしていたのだ。
結婚してTVを買い換えたのを機に、ダンボールパソコン台はTV台に変わった。
6年もTV台をパソコン台として使っていたのだ(ToT)。・・・なんちゅー、涙ぐましい(笑)。

そしてそして、夜にはついにニューパソコンが届いた\(*^▽^*)/♪
CPUはPEN4の3.2GHz、メモリは1Gである。WindowsはXPのSP2で、HDDは160GBでまあこんなもんだが、DVD読み書きオールカバードライブにTVチューナーまで付いている。

実はコレ、オークションで自作パソコンを購入したもので、ついでに言うならディスプレイもそうなのだが、合わせても13万円くらいなのである。激安である。

ところが喜び勇んでニューパソコンをネットに接続しようと試みるも繋がりません(ToT)。
イロイロ試したが、断念。どやねん。

2004年11月12日(金) オカシイ体温計
会社の診療所にインフルエンザの予防接種を受けに行った。

問診票に記入し、体温を測る。説明によると、37度5分あったら接種してはいけないことになっている。
が。
37度9分!

ちょちょちょちょっと待てい。これはオカシイ。だって、全然しんどくないのだ。
一緒に受けに行った藤若嬢も「うわあ、私、36度8分もあるー。これ、絶対オカシイ!」とわめいている。彼女の平熱は36度もないらしく、36度8分もあったらクラクラしているはずだと言う。

看護婦さんに言って、体温計を調べてもらった。
「ちょっと狂ってたみたいやねえ。体温は一日のうちでも変化するから、この時間帯は高めになるんやけどね。けど、もう直してきたから大丈夫。私が測ってみて36度4分だったから」

で、測りなおす。藤若嬢はそれでも36度4分。そして僕は――。
「看護婦さん、まだ37度6分もあります(ToT)」

結局、無理言って受けさせてもらったけど、絶対、あの体温計はまだオカシイ。

2004年11月11日(木) 娘ちんの存在感
帰宅したら、娘ちんが39度近い発熱。
眠っているので、嫁さんとの会話もひそひそ声だし、TVもつけない。
小さな娘ちんが寝込んだだけで、家がひっそりとしてしまった。
小さいのに存在感は大きいんやなあ、とあらためて感じたのであった。

2004年11月10日(水) でかでかプリン
夜遅く、晩飯を食べている僕の前で、嫁さんが『でかでかプリン』なるものを食べていた。

「何それ。美味そうなん食ってるなあ」
「あんたの分はない」
欲しいとも何とも言うてへんやんけっー(>_<)!!

いきなり何ちゅー言い草。そもそも僕はプリンはそんなに好きじゃないからいいもんねー(子供かっ!)。

2004年11月9日(火) 忍び寄るアルツハイマー
今日は定期券切り替えの日であった。朝、家を出てバス停に向かう途中、ふと思い立って定期券を調べると5.8の文字があっ!!
今日は11月9日ではないかいな。しまった、古い方の定期券を持ってきてしまった。

9時半に出社するつもりだったのに今から家に取りに戻ると10時出社になる。フレックスなので別にいいねんけど・・・。
が、戻るのが面倒なのでそのままバスに乗った。

席に座り、降りるときに払う運賃(小銭)があるのを確認し、ふと、もう一度定期券を確かめた。
あ。
定期券に大きく記されている日付は有効期限。つまり、来年の5月8日まで有効・・・っちゅーことはちゃんと新しい方を持ってきてますがな。

何をボケとんのかなあ。

そして、会社までの道すがら、あることを思い出した。
おおう、今日は9時半から会議やった!!
家に戻って10時出社にしなくて良かったが、9時半から会議があるのに9時半に出社というのもいただけない。ちょっと早めに行こうと思っていたことすら忘れていた。

僕、ヤバいです(笑)。

2004年11月8日(月) さようなら、おじいちゃん。
真ん前のお向かいさんはおじーちゃんとおばーちゃんが住んでいる。
おじーちゃんは右足が悪いのでいつも足をひきずっていて、ちょっと老けた感じがするが、実は61歳だったそうだ。僕の父親よりも若い。

この家に引っ越してきて、僕がせっせと庭造りをしている時には「がんばってるねぇ〜」と、花がたくさん咲いた時には「これは綺麗な花がたくさん咲いたねぇ〜」と声を掛けてくれた。

娘ちんが生まれた時には「可愛いなあ。女の子はいいなあ(自分の孫は男の子)」と顔をほころばせてくれた。

そのおじいちゃんが、亡くなった。

仕事から帰って、9時過ぎという遅い時間だったが、嫁さんと娘ちんを連れてお通夜の席に押しかけ、お焼香をあげさせてもらった。

「可愛いって言うてもらってんで。“バイバイ、おじいちゃん”てしてごらん」
娘ちんがおじいちゃんの亡骸に向かって手を振った。涙が出てきた。

さようなら、お向かいさんのおじいちゃん。

2004年11月7日(日) ビックリ家族写真
娘ちんが生まれてから、写真撮影はもっぱらデジカメである。
スーパーファインとか何とか、綺麗にプリントアウトしようと心がけているが、銀塩写真には負けるし、写真屋さんにプリントしてもらうとかなり綺麗に仕上がるとよく聞くけどまだ試したことがない。

で、娘ちんも一歳になったことだしちゃんとした写真を撮っておこう!と思い立って、写真屋さんで『家族写真』を撮ってもらうことにした。
「日曜日の11時に予約したからなー」
「うん。どれくらいかかるんやろ?」
「家族写真なんて1枚か2枚やろーから、4、5千円くらいちゃうか」

てなワケで嫁さんも娘ちんもよそ行きの服を、そして僕はスーツを着込んで写真屋さんに行ったのだ。

いわゆる“スタジオ”と呼ばれるところでカメラマンの指示に従い、ポーズを作る。娘ちんも駄々をこねたりせずに、とても良い子でいてくれた。

結局、2カット撮ってもらったのだが、支払いを終えた嫁さんが開口一番、言い放った。
「2万円も取られたよ〜o( ̄ ^  ̄ o)」
ぎょっへ〜┗┃ ̄□ ̄;┃┓!!
た、高いのねぇ、写真屋さんで撮ってもらうのって。

2004年11月6日(土) 本日の成績
金がない、などと言いつつも、毎週懲りずに馬券を購入しているのだが、何と、今日は3連複を3レース連続ぶち当てたのだあっ!!

しかし、この一時の収入も来週かさ来週にはスッてしまってなくなっているのが世の常なのだ。

ちなみに当てたのは京都10レースの6300円と11レースの1740円、それから東京11レースの1450円。京都10レースはなかなかだが、まあ、大したことはないのである。

2004年11月5日(金) 貧乏ヒマなし
最近悩んでいることがある。
・・・と、言えば大袈裟だが、嫁さんは育児休暇に突入してもうすぐ1年が過ぎるので手当てがなくなるし、僕は僕で給料が減った上にこの4月から残業代がまったく付かなくて、DINKSだった頃に比べると収入が半分近くに減っているのだ(^-^;)。

で、何かうまい金儲けはないかといろいろ調べているというワケなのである。

ネットで金儲けをしている人はたくさんいるけど、何しろ僕には時間がない。
ならば、株でもやってみようかと、本を買ってみるも、よく分からん(←アホですな)上に、そもそも資金がない。

どないもこないもならん世の中ですなあ。
けどまあ、せっかく買った本なので最後まで読んでみよう。

2004年11月4日(木) 皆さんは入ってますか?
また震度5の余震があったとかで、皆さんご存知のように新潟方面はまだまだ大変な状況が続いている。

「うちって地震保険入ってないよねー?」
「おう、火災保険は入ってるけど、地震保険まで入ると保険料が高いからなあ」
「でも、あちこちで地震が起こってて心配やん」
「ここらはしばらく大丈夫やろ」←根拠なし。
「じゃあ、がけ崩れとか浸水があったときって火災保険でカバーされてるの?」
「うーん、どーやったかなあ」
「ウチの小黒柱は全然頼りにならへんなあ!」
※体格が小さくて色が黒いので。

「じゃ、じゃあ、せめて水と非常食は用意しとくか」
そんなんでエエのか!?

2004年11月3日(水) 文化の日だけに
祝日だが当然出勤日である。
出勤して驚いた。我が部署は欠席者なし\(*T▽T*)/♪
営業などは客先も休日なので、休んでいる人が多く、ガラガラなのだが、我が部署は客先から苦情が来ない今のうちにレポートを仕上げるべし、ということなのだ。

しかしまあ、さすがに遅くまで残業する気にはならないので、定時には帰る人が目立つ。いつも遅くまで残っている村田さんも早々と帰ろうとする。
「こんなに早く帰るんですかあ?」
「うん。文化の日やから早く帰って文化的なことするねん」

何じゃそりゃ。最近生まれたお子様と戯れるということかな。

2004年11月2日(火) 娘ちん一歳の誕生日(プレゼントは早かった)
娘ちん、一歳のお誕生日おめでとう♪
・:*:・゜'オメデトウ(^-^)ノ~~・:*。・:*:・゜'☆


・・・てなワケで、家族三人で娘ちんのお誕生日パーティである(笑)。
嫁さんの手作りのご馳走に、ケーキ、そしてプレゼント。

嫁さんは前もって洋服を買っていたのだが、僕は今日、昼から休んで腰の治療に行ったついでにおもちゃを買った。
“一歳用”ってのが見つからなかったので、まあええか、と“一歳半〜”のおもちゃである。

ボタンが色々あって、押すと光ったり音楽が流れたりセリフを喋ったり回ったりするもので、娘ちんは喜んでぎゃーぎゃーはしゃいでくれたのでプレゼントした方としてもしてやったりである。

が。
しばらくすると娘ちんはおもちゃを持ち上げ、抱えて歩き出した。そして・・・。
ガンッ、ガンッ!
と床に叩き付けるΣ(; ̄□ ̄A。
「こらこら、そうやって遊ぶんとちゃうがな」

さすがにそう簡単に壊れはしなかったが、しばらくおあずけにすることにしたのだった。
たった半年、対象年齢が早いだけで、分からへんねんなぁ(笑)。

2004年11月1日(月) 大事な日
7時頃に会社を出て、道すがら家に『帰るコール』をした。

「今から帰るでー」
「あれ? 今日は早いねんねー」
「当たり前やがな。今日は大事な日なんやから」
「大事な日?・・・それは明日やん」
「お前、すっかり忘れてるやろ」
「え? えーっと・・・ああ、結婚記念日かー」
「・・・・・・」
「それは、明日娘ちんの誕生日と一緒に祝おうと思ってたんやんかー」

絶対ウソ。

線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム+++

Akiary v.0.42