日記をつけよう(1999.3.15〜3.31)

平凡な新婚サラリーマンの生活を赤裸々に綴る!!

...赤裸々っていうのはちょっと...


線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム
【1999年3月15日〜31日】

3月31日(水)

一応僕の部下である、派遣社員の井上さん(女性)が今日をもって退社した。在籍期間は半年。頭のいい人で、よくやってくれたのだが、いかんせん、仕事の少ない時期に当たってしまったので、やりがいがなかったのだろうな、と愚考する。
明日からは僕と部下2名の、むさい男3人で仕事をしなければならない。ほんまにむさいねん。
井上さんの仕事をこれからは3人でしなければならないので、これまで自分が井上さんに与えてきた仕事がなんとまあ、めんどくさい仕事であるかを思い知ることになるなぁ。とは言っても僕にはまだ部下が2人いるので、そういうめんどくさい仕事は2人の部下に押し付けやってもらおうと企んで考えているのである。



3月30日(火)

雨のためテニスは中止。て言うか、スキーの疲れと怪我のため、初めからやる気はなかった。
そうそう、昨日書き忘れたが、実はちょっと怪我をしてきたのだ。それも、スキーではなく宴会で。
酔っ払った勢いで、右足の小指の爪の端っこの方を、ぶちっと引っこ抜くと、生爪をはがしたのと同じ状態になり、血まみれになったのだ。あほである。
素面に戻ったらまだちょっと痛かったので、どのみちテニスは無理だったのである。

嫁さんが送別会とかでいないので、晩飯は昨日の残りのお好み焼きを自分で焼いて食べる。僕は基本的にビールがあれば生きていけるので、毎日同じ物を食おうが(まぁ、限度はあるけど)全然気にならないのである。
結局12時半に就寝。嫁さんは多分1時頃に帰ってきた。布団に入るなり、抱き付いてきたので、「おお」っと声を出すと、「暖か〜い」と言ったまま動かなくなった。わしは人間湯たんぽかい。まあ、ラブラブ新婚さんだからいいか。
暖まると、嫁さんは離れていった(T T)。



3月29日(月)

またしても7:30などというばかげた時刻には起きれず、朝食抜き。8:30にぺこがわざわざ枕元まで起こしに来てくれて爽快に目覚める。
今日は13:00に出発なのであまり滑れない。よって開始を早めたのだ。昨日より1時間ほど早くゲレンデに着く。麓は少し晴れていたのに、リフトを二つ上って、初めてのゲレンデでの記念撮影の頃には吹雪いていた。
よおし、気合入れて滑るぞ、と降りようとするが、あんまりに吹雪いて寒いので気がめげる。気温はマイナス10℃。てんと僕はそのままセンターヒュッテへ直行した。朝食抜き二人組である。
腹が減っていたので飯を食おう、と思ったら飯類は11:00から。仕方がないのでコーヒーを飲む。すぐにりいちもやってきた。1本滑って退却してきたらしい。僕らよりはちょっとだけ根性がある。

結局そのまま11:10まで居着いて、まだまだ吹雪の中を下まで滑り、ホテルへ戻った。何しに行ったのか分からんなー>てん&僕。
バスの時間まで時間があったので3日連続イクラ丼の昼食。幸せじゃ、おっちゃんは。

3時間のバスの旅で新千歳空港に到着。飛行機の出発までには時間があるので、ゲームセンターで遊び倒した。久しぶりに自分の投げた球をスピードガンで測ると、108km/h。何だかんだ行っても新庄(阪神)は天才だ、という結論に達した。
関空に着いたのは21時過ぎ。楽しかった3日間の終わりである。誘ってくれた後輩達に感謝し、別れを惜しみつつ、帰途につく。

バスの途中休憩ではコロッケを食べ、空港の待ち時間にはポテトを食べ、飛行機の中ではサンドイッチを食べたというのに、家に帰るとお好み焼きと餃子と刺し身とビール2本を腹に収めたのであった。ダイエットはどこへ行ってん>僕。



3月28日(日)

朝の7:30に朝食だとぅ?
と、言うわけで、がばらが起こしてくれたのだが、僕は寝ぼけたまま「持ってきて」などというわがままを言い残し夢の世界へ戻ったらしい(←覚えてない)。もちろん朝食は抜きになった。

9時半にもう一度起こされて、10時からスキー。二日酔で頭が痛いので、看護婦のぺこに薬をもらう。もはや先輩の威厳も何もない。昨日の宴会の最初に、これもぺこにもらった胃薬をビールで飲んだのも良くなかったらしく、胃も当然気色悪い。朝からいろいろと迷惑をかけ、先輩は軽蔑の対象でしかなくなる。

ゴンドラ乗り場の地点で、初心者ボーダーがばらとボーゲン混じりのじゅんたが上に行かずに下の方で練習する、と別行動をとることになった。が、ゴンドラ乗り場へ来てしまった以上、ゴンドラに乗らなければ昨夜と同じように歩いて丘を上らなければならず、がばらはまだしも、同じ失敗を繰り返す学習能力のないじゅんたであった(結局ゴンドラに乗ったということだったが)。
朝食抜きで腹が減っているてんと僕にはつらいのだが、午後1時に別れた二人とセンターヒュッテで合流することになる。それまでは飯はがまん。

待ちに待った昼食は昨日と同じくイクラ丼。スキー場での食事とは思えないうまさに感動する。ああ、イクラちゃん。やっと二日酔から解放されたよ。

あまりに寒いので、昼からはフード付きのリフトのコースを滑り倒す。がばらとじゅんたは別行動。北海道はまだまだ冬。「もうええっちゅうねん!」と空に向かって叫んでみても雪は止まず、風は止まず。
3時頃、休憩のためセンターヒュッテに入る。そこへじゅんた登場。「がばらとはぐれた」と、悲しそう。仕方がなく、この後我々と行動することになった。このときのじゅんたの「難しいコースは転んで距離かせぐことにする」というセリフは今回のツアーでのSYMZ(最優秀名ゼリフ賞)をあげたい。めっちゃ笑た。

厳しい自然とめいっぱい戦い、夕食。はぐれたがばらは先に帰っていた。夕食の後、僕はこの旅で最大の痛恨の出来事に遭遇する。
それは、がばらと一緒に風呂へ行ったときのこと。片方の扉が開けっぱなしになっていた。特に何も考えずにそっちが男湯かなーとそちらの入り口に近づいたとたんに、中の、更衣室と風呂場を行き来するためのガラス戸が、がらがら、と開いたのだ。
「あ」
がばらが声を発した途端に、がらがら、とガラス戸は閉まった。
「見た」ぽつりとがばらが言った。
よそ見をしていた僕は何のことか分からない。
「何を?」
「素っ裸やった。全部見えた」
そうなのだ。女湯だったのだ。しまったぁ〜!と叫んでも後の祭。見逃してしまった。
この後、ソフトウェア開発者のがばらには記憶再生ソフトを開発してもらって、この時に見た映像を再生すること、という課題が与えられた。協力者として、ぺこにも女風呂での光景を覚えておいてもらって・・・などというばか話でかなり盛り上がるどうしようもない野郎どもであった。

もちろん今日も宴会。21時半ころから始まる。夜中の2時半頃には酔っ払った勢いで、今回参加していない仲間に電話を掛けて遊んだりして迷惑をかける。それにしてもよこしゃん、留守電になってたから諦めたのに、わざわざ掛け直してくるなんて。なんて律義。ふるたちも怒りもせずに対応してくれるし、立派な後輩二人であった。
結局ビール8リットル以上を飲み尽くし、3時半頃おひらき。



3月27日(土)

朝の7:30に関空集合だとぅ?
と、言うわけで、堺の実家から関空へ行く。ずいぶん早く到着。待っている間にトイレに行きたくなったのだが、大きな荷物を持ってトイレには入れないのでその辺をうろうろするうちにたえきち(♀)が来た。
「よう、久しぶり。うんこしたいから荷物見てて」
何ヶ月ぶりかの再会に発する言葉とは思えないが、出物腫れ物ところ嫌わずだからしょうがない。
ちなみに今回はぺこ(♀)、たえきち(♀)、がばら(♂)、てん(♂)、じゅんた(♂)、りいち(♂)と僕の7人でのツアーである。

新千歳空港からニセコへ行くバスの中で、後輩達がかなりデジタルな人たちであることが発覚した。
僕はたかだかこのようなHPを開設しただけで、「やるやん、俺」とちょっと有頂天になっていたのに、今回の後輩6人はみんなメールアドレスを持っているし(たえきちはまもなく)、がばら、てん、りいちがとっくの昔にHP作ってるし、今回参加していない後輩の中にも当然のようにHPを持っている奴が何人かいるのである。「へっへ〜ん、俺はHP持ってるねんぞー」と真っ先に自慢しなくて本当に良かったのである。
しかし、ここは一つ、先輩としての威厳を保つために、後でみんなに僕が壁紙に使っているおっぱいの画像を送ることを約束した。威厳は保たれたように思う。

14時にやっとホテルに到着。僕はノンスモーカー同士(今年からやめたのだ)がばらと同室になった。そして準備をして早速スキー。
今回の後輩達はばりばりスキーヤーではないので、僕の株はちょっとだけ上がる。
18時の夕食の後、ナイタースキーへ。食後にゲームに夢中になって出遅れたじゅんた、てん、りいちはゴンドラ乗り場まで行き、行ったはいいがゴンドラが止まったため丘一つ、歩いて帰ってきたなどという面白い話を後で聞かせてくれた。あほである。
僕は僕で、夕食時に生ビールを2杯空け、ゲレンデに向かいながら缶ビールを1本空け、そのおかげでわずか1時間ほどのナイタースキーの間に2度もトイレに行く羽目になった。あほである。

ナイタースキーを楽しんだので、1日目の宴会は22時半頃から開始となった。まあ、今日は朝が早かったし、疲れているから、とか言いながらなんで7リットルもビールを買い込んだのか、目一杯宴会をしてしまう愉快な仲間たちであった。結局、アルコール類は全部飲み干し、宴会は2時半におひらき。



3月26日(金)

やっとHPをOPENできたはいいが、まだあんまり宣伝していないので、リンクはったりいろいろしなければ。毎日日記を書いていても仕方がないのである。カウンターが増えると嬉しいし。
以前、パソコンを持っていない、つまり個人的に電子メールとかインターネットをしていない会社の先輩と話をしていたとき、僕は、HP制作しようと思っているんです、というような話をした。
すると、その先輩の反応は「それって何の為にするん? 何か得するん?」
この間、嫁さんに、「面白いって評判のHPのエッセイ、プリントアウトしたから、暇なときに読んでみ」と、言うと「うん。・・・ねぇ、その人って儲かってるの?」
違うのだ。得しようとか儲けようとかいう目的でやってるわけじゃないのだ。パソコンを触らない人には分からないのか、それとも何の得にもならないことをしているHP制作者がおかしいのか?
なんてことを考えつつ、小遣いくらいの金額でいいから稼ぐことができたらいいよなーなんてことを考える俗な自分なのであった(ありゃ、今日はエッセイみたいになってしまった)。
明日から3日間、大学時代の後輩達と北海道へスキーに行く。嫁さんはほったらかしである。ちょっと罪悪感は感じるが(なんせまだ新婚だし)、まあいいのである。お土産を買って帰らないと殺されるので、それだけは気をつけよう。



3月25日(木)

会社に行く途中のこと。高槻市駅で急行から普通に乗り換えるために電車を降り、ホームに出て柱によりかかり、本の続きを読もうと本を広げた。
「この電車に乗ったら大宮まで先に着くねんなー?」
「???」
顔を上げるとおばちゃんが僕の正面に立って喋っている。が、よく見ると僕の近くには相手の人が見当たらない。え? このおばちゃん、僕に喋ってるのん? 誰か知り合いと間違えてるんとちゃうのん?
だが、視線は僕の顔に注がれているので、どうも僕に喋っているらしい。
僕は普通に乗り換えるために急行を降りたが、大宮に行くにはこのまま急行に乗っていた方が当たり前だが断然早い。
「あ、ああ、はい、はい」
僕の間の抜けた返事を背に、おばちゃんはそそくさと急行へ戻った。
おい(#-_-)凸、一体今のは何やってん? 人にものを尋ねるんやったら、最初に「すみません」とか「ちょっとお聞きしてよろしい?」とか言えー!! 教えてもらったら、「ありがとう」くらい言えー!!
まったく、礼儀の一つも知らないおばちゃんである。びっくりしたやんかー。



3月24日(水)

実は、3/18に問い合わせメールを送って以来プロバイダから音沙汰がないので、昨日また送ったのだった。どうもメールアドレスが違ってたような気もするし。
すると今日、ちゃあんと返事が返ってきていた。が。参照ページのURLを知らせてくれているだけ。そこには何度も行ったし、何度も設定したのになぁ、やっぱり原因は僕のやり方にあるねんなぁ。プロバイダは実行権を与えるだの何だのってないって言うし。
・・・と、愚鈍な頭をひねりつつ、もう一度FTPソフトでサーバーに接続し、chmodコマンドでパーミッションを変えてみた。いや、以前と同じことをしているので、多分変わってないと思うのだが。
だがだが、動いたやないの!! \(^^)/
理由はまったく分からんが、とにかく掲示板は機能した(あ、今日は掲示板のCGIプログラムが動くかの話です)。
テストも成功。良かった良かった。
まったくの素人が今年2月10日頃にHP制作してみようと発作的にHTMLを勉強し始め、構想1週間、制作1ヶ月を要し、やっとできました(やっと、と言うほどのことでもないなー)。さあ、公開しよう。
何だかんだで、寝るのは夜中の2時を回ってしまったのだった。



3月23日(火)

会社にて、後輩の山田君がわざわざ設計室に来て、「なあ、聞いて聞いて」と言うので、「何やねん」と聞いてやると、土曜日の10Rで2万馬券をぶち当てたと抜かしやがる。
「買ったのは500円だけやけど」
ぬあにおぅ!! それでも払い戻しは10万円を超えるではないか。僕は全滅だったというのに、悔しい限り。いつか同じようなことを言って返してやりたいが、はたしていつのことになるやら。
仕事が終わって、今日はテニスの日だ、と浮かれてロッカールームで着替えをしようとして愕然。ジャージを忘れてしまっているではないか。
仕方がないので、今日はテニスを諦めて早めに家に帰ることにした。たまには早く帰って嫁さんの顔を見るのもいいか。
帰宅して愕然。8時になろうかという時間なのに嫁さんがいないではないか。
しばらくしたら帰ってきたので、ほっとする。梅田に出ていた、とのことであった。



3月22日(月)

よく考えたら、昨日はうどんしか食べていない。「腹減った〜」と、8時半に起床。自分で食パンを焼いて、ヨーグルトを食べて、ほっと一息。
食べ終わって、なぜか今ごろ、思い出したようにスーパーファミコンのダビスタ2をした。
最近、社宅の駐車場がやっと回ってきたので、嫁さんと車を見に行くことにする。朝から吹雪のように雪が舞っていて、寒い日だ。
神戸トヨペットと、日産プリンス神戸へ行く。決算期なので、営業マンは必死だ。それを盾にとって、客であるこっちとしてはかなりめちゃくちゃな要求をする。
しかし、そういう時期であるがゆえ、3月中に決めてしまわないとこのびっくり価格は出せない、と逆に脅され、急かされ、「そうか、それでは今日中に決めてしまわなあかんねんな」と訳もなく焦ってしまった。
さんざん悩み、交渉し、驚く条件で新車を購入することに、あっけなく決まってしまった。
決めたのはトヨタのイプサム。オプション、諸費用込みで240万円を超える、というものだったが、それをXXX円にしてもらったのだ。ラッキー。早くこないかなぁ、楽しみ、楽しみ。



3月21日(日)

8時半に福田君に起こされる。何を喋ったか、どのような行動をしたのか、ほとんど覚えていない。僕は選曲会場の1階下の3Fの会社事務所でMACを目の前に、床の上で寝ていた。
ごんちゃんに送ってもらい、朝の11時に帰宅。
吐き気が止まらず、往生する。胃の中のものを全部吐き出しても嗚咽するし、喉が渇くので水を飲んでも約1時間後にはその水をまた全部吐き出してしまう。胃薬ももちろん吐き出してしまう。胃がまったく活動しない。
寝て、起きて、吐いて、水飲んで、寝て、起きて、吐いて、を繰り返す。
そんなこんなで、やっと何とか起き上がれるようになったのは夕方4時を過ぎていた。どうしてもファンタオレンジが飲みたくなって、嫁さんに買ってきてもらう。が、「ちゃんと治るまでだめ」と、コップ半分しか飲ませてもらえず、暴れる。が、諦めてまた寝る。
6時前には嫁さんにうどんを作ってもらい、それを何とか食って、8時頃には寝てしまう。もったいなくも貴重な日曜日がこのようにして終わってしまった。



3月20日(土)

我が所属バンド“オメガトライアングル”は多分お盆にライブをする。
去年は今頃からぼちぼち練習を始めていたので、今年もそろそろ練習を始めないといけない。
ここに書いてしまうことはできないが、今年もちょっとした企画ものがあって、今日まずその選曲をしようということになっていた。
社会人ともなるとなかなかメンバーの予定が合わず、今日は午後8時頃から奈良で集まることになっていた。ベースの福田君が今日は仕事で、その会社のビルに部屋を取っていてくれているのである。
一方僕は浜松から参戦のヴォーカルごんちゃんの車で奈良まで連れていってもらう約束をしていたのだが、渋滞のため1時間ほど遅れることになり、始まったのは午後9時。ちなみに今回ギター小西さんは出張先の中国から帰ってこれず、欠席。
弁当を食べ、ビールも入り、程よくなってきたころから、おもむろにギターを取り出し、なんだか懐かしの歌大会になった。選曲はちょっとだけしか進まず。酒は進む、進む。ドラム河田君は相変わらず最初っから飛ばしていたが、僕も今日は飛ばしてしまう。
普段は飲めないはずの日本酒をなぜだかうまいうまい、とがばがばと飲み、あっと言う間に意識を失ってしまった。
4人で、ビール5.2リットル、ワイン1本、日本酒1升空けた。
意識がなくなった後のことは知らない。結局、レコーディングはできず。



3月19日(金)

嫁さんは保母さんである。
保育所は休みは日曜日と祝日だけ。保母さんはだいたい週休2日。と、いうことは毎週、日曜日は必ず休みで、あと1日の休みの曜日は週によってことなる。先生同士の休みが重ならないように振り分けて休みを取るためである。
昨晩、「明日休みやねん」と嫁さんが言った。「ふうん、ええなぁ」と僕。
今朝、「けろちゃん、まだ起きんでいいの?」と、隣で寝ていた嫁さんが寝ぼけ声で言った。時計を見て「げげげっ!!! もう8時半や!!!」と僕。
毎朝、嫁さんの方が弁当の準備のために僕より30分くらいは早く起きる。だから嫁さんが横で寝ていると僕はまだ大丈夫と安心するくせがついてしまっているのだ。
おまけに今日は平日で嫁さんが休み。僕は、今日嫁さんが休みであることなどまるっきり忘れていた。
ひええええ、と飛び起き、鬼のような早さで準備を済ませ、僕は家を出た。フレックスだから、そんなに慌てる必要はないんだけど。



3月18日(木)

なんちゅうこっちゃ。日記が4日も続いている。めでたい。
会社で、昇進の話をいただいた。4月1日付けで、ついに平社員から卒業する。めでたい。
まあ、ほかの人を差し置いて出世しているわけでもないので、年功序列の日本だなぁ、という気分である。
入社してこれくらいの年数が経てば、大卒の人はみんなこうなるので、特別なことではないのである(ほんとはちょっと嬉しい)(^^
昨日お小遣いをもらったことだし、帰りにチリ産の赤ワインを買った。家でちょっとだけお祝いの気分。めでたい。
FTPソフトの説明を読んで、chmodでプロバイダの言う通りに属性を変えてみるも、掲示板は動かず。しゃーないので、プロバイダにメールを送った。はたして、返事は返ってくるか? 返ってきたとして、それが理解できるか?(←実はそれが一番心配)



3月17日(水)

今日はお小遣い日\(^^)/
結婚してからはお小遣い制になったので、独身時代のようにぱかぱかと使えない。
思えば、独身時代は良かったなぁ。いや、今がいやとかじゃなくて、いちいち財布の残りを気にする必要はなかったし、財布の中身がなくなれば貯金をおろせばよかったし。
今は通帳さえ奪われてしまったので、毎月四苦八苦である。
それでも隠し財産(いわゆるへそくり)を作ろうと日々(?)努力しているのである。

===PARTU===
日付が変わったところの真夜中。
あんまり酔っ払っていなかったので、掲示板設置に再び挑戦した。が、あえなく玉砕。
もともとCGIの知識がないので、何が悪いのか想像もつかん。
うちのプロバイダはSSIとやらが使えない、ということなので、その影響かしらん。
フリーのプログラムをいろいろ置いてみるが、ブラウザはエラーとしか言ってくれない。
何やら英語で説明してくれるが、もっと分かりやすくしかも日本語で解説してほしいものだ。
コンピュータもまだまだ初心者には優しくない。
最低でも掲示板が機能してから、友達にURLを知らせようと思っているのに、これではいつになることやら。
そのうちにほかのページが整備されてきて、まだ手をつけていないのは“リレー小説”のコーナーと掲示板のみとなってしまった。
あ、プロバイダのページには、“CGIプログラムは当方で実行権を付与しなければならないので、UP後、お知らせ下さい”とある。
つまりどうあがいても走らないのか!? そう言えば、chmodが効かなかったなぁ(UNIXはちょっと知ってる)。関係あるのかなぁ。FTPソフトの使い方理解してないからchmodが使えないとも思うなぁ。



3月16日(火)

毎週火曜日はテニス。6時頃には仕事を終えて、会社の人たちと楽しんでいるのである。
しかし、相変わらず下手なのだ。
もはや調子が悪いとかではなくて、実力が低下しているとしか思えない。
4連続ダブルフォールトでゲームを落とす、という離れ業を久しぶりにしてしまった。
帰りにいつもの居酒屋へ。今日はそこそこしか飲まず。
故、帰ってからも缶ビールを飲んだ。
嫁さんは今日はヒルトンホテルでディナーである。ええのぅ。
HP制作は進展なし。明日がんばろう。



3月15日(月)

HPをアップした。記念すべき第1歩である。v(^^)v
ちゃんとアップされているのを確認して感動した。やった。(^o^)
が、ここだけの話、実はめっちゃ苦労した。FTPのときのIDだとかパスワードをよく把握していなかったのだ。
大体、作業は夜に行うことになるが、夜はたいてい飲んでいて酔っ払っているため、もうろうとしながら参考書を読んだり、ファイルをチェックしたりすることになる。だから、しまいに何をしないといけないのか、最後には何をしているのかさえ分からなくなり、滅茶苦茶な状態になる。
自分のページをオンラインで見てみると、いやはや凄まじいことになっている。表とかばらばらだし、あれれれ? とディスプレイの前で固まってしまった。コンピュータが固まらなくて良かったが。しかしこれではまだまだ友達に公開できない。
最低でも掲示板を機能させてから友達に知らせようと思っているのに、CGIが分からん。
WEB上のを使わせてもらおうと思っても、それさえもできなかった。
エラーだとか何だとかぬかすので、諦めて寝てしまう。


ホーム
ホームへもどる