日記をつけよう(1999.9.1〜9.30)

平凡な新婚サラリーマンの生活を赤裸々に綴る!!

...赤裸々っていうのはちょっと...


線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム
【1999年9月1日〜30日】

9月30日(木)

珍しく、8時に帰宅。すると・・・嫁さんがいない!
さては、逃げやがったな、と思って・・・って、そんなことはないが、今日は遅出なので会議か何かがあって遅くなっているのだろう、と無理矢理心配しないことにした。
8時半に嫁さんが帰ってきて一安心。
疲れたし、今から晩飯を作る気力もないので外に食べに行こう、と言う。
で、二人で居酒屋に行き、僕は性懲りもなくアホほどビールを飲んでしまった。8/31にこの日記で宣言したダイエットは宣言通り9/1から始めているのだが、ここへきてこんなに暴飲暴食をしている場合じゃないのだ。あ〜あ。
気になる(気になるか?)ダイエットの結果はちょうど1ヶ月後ということで明日ここで発表!!



9月29日(水)

昨夜、今日の早朝出社の話を嫁さんにすると、
「会議、10時からにして下さいって言うたらええねん」と、言う。
「じゃあ、お前が言うてくれよ」
「言ってあげたいのはやまやまやけど、私、英語分からんもん」
こら、俺とまったく同じことばっかし言うな。

で。結局。
朝の6:30に起き、栗ご飯を弁当箱に詰め、6:50に家を出て8:00からの会議に出席する哀しい被雇用者なのであった哀しい〜
それにしても社長、英語上手かったなぁ。



9月28日(火)

会社が不景気なのは分かる。お金がないのも分かる。でも2000年を迎えた時に、ダメになっちゃう可能性を多大に秘めた設計室のワークステーションやアプリケーションをほったらかしにしといくのはマズいっちゅうのは誰でも分かるんとちゃうん?
で。1年前に提出した2000年問題絡みの申請書をつい最近まで棚上げにしていたクセに、ようやく重い腰を上げた社長や米国本社。最近、元の案から1000万円削減した書類を作成したのだが、いきなり「明日8時から米国とビデオ会議あるから出席して」って、それはないんちゃうん(T^T)。いつもより2時間近く早く出社せなあかんのん?
早朝出社なんかいやじゃー! 時差なんか嫌いじゃー! 英語が分かりませんって言おうかなぁ(無理)。10時からやったら出席したるって言おうかなあ(よう言わん)。サボろうかなぁ・・・(かなり本気)。



9月27日(月)

と、言うワケで、昨日は日記の更新ができなかったのである。
で、今朝、出勤前に「てくてくエンジェル2(育てゲー+万歩計)」を付けようとして液晶画面を見ると、今日がちょうど設定した3ヶ月目。けろちゃんは無事に天使になって去ってしまった。朝からエンディングを見せられて、何だかしんみりと寂しい気分になってしまった。
エンディングが終わり、「もう一度この設定で」を選ぶと、けろちゃんが生き返った♪ またこれから3ヶ月、けろちゃんと僕の旅が始まるのである(なんじゃ、そりゃ)。



9月26日(日)

昨日、ダイエーホークス(実は、ファンなのだ♪)が優勝したので、今日は開店(10時)前には行くぞ!・・・と意気込んでいたにもかかわらず、嫁さんは9時半になっても起きない。
9時40分頃にやっと起きたので、ダイエーVセールへの突撃は中止して、予定通り、ぶどう狩りに行くことにした。10時40分に家を出て、滋賀県は栗東の「琵琶湖わいんワイナリー」へ(ワイナリーという単語がワインの醸造所のことだと思うのだが)。

が、高速を降りた後、「秋ぴあ」の地図通りに進んでいったのに、車は何だか狭い山道の方へ迷い込み、すっかり迷ってしまった。途中、軽自動車が止まっていて、僕たちの車が近づいて行くと、慌てて動き出し、あっと言う間に離れていった。
僕たちはきょろきょろしながらのろのろと進み、いよいよ方角までが分からなくなってしまった。しばらく行くと、道は少し広くなり、脇にさきほどの軽自動車が止まっている。他には1台も車を見ていないし、その車は滋賀ナンバーだったので、場所を聞いてみた。
運転手は僕より少し年上くらいのお父さんで、中には子供が二人乗っている。ここからは説明できないので、ついてきて、と言われ、車をUターンさせてついていった。まるで違う、とんでもない方向に来ていたようだ。
そして、走ること15分。なんと、そのお父さんは逆戻りした挙げ句に15分も僕たちを誘導してくれ、「琵琶湖わいんワイナリー」まで連れていってくれたのだ! ありがとう、も言えないまま、お父さんは窓から手を振りながら去っていってしまった。世の中、親切な人がいるものである。が、あんなところで何をしていたのだろう、という謎は残った。

少し時季遅れだったので、ぶどうは少なかったが、それでも貧乏人根性丸出しで、元は取ってやるとばかりにたんまり食った。
夕方には尼崎に戻り、外食をして家に着いたのが7時くらい。
何だかとても疲れていて、すぐに横になってウトウトし始めた。嫁さんが、布団で寝ぇや、と言うので、ちょっと寝たら風呂に入って寝よ、と思いつつ布団へ。
が、何と、翌日の7時まで眠ってしまったのだ。昨日といい、今日といい、余程疲れているのか? 僕は。それともやっぱし、ヘンな病気なんやろか(もちろん、梅毒や淋病ではない)。今までこんなことはなかったのに。



9月25日(土)

今日も、仕事に出ている嫁さんの帰りを待ちながら、料理に挑戦して、すっかり主夫の喜び(?)を感じてしまっている。
食後、寝転がってちょっとウトウトしていると、嫁さんが後片付けをし始めていたので、「後でしたるからおいといて」と声を掛けてまたウトウトした。
数分後、嫁さんが側に来る気配を感じたので目を開けて、「片づけしてしまったん?」と聞くと、「ハァ?」と言う嫁さん。
よくよく見ると、髪が濡れている。片づけはとっくに終わって、風呂に入ってきたところだと言う。あんた、1時間くらい寝てたよ、と言う。
なんじゃあ? 数分うたた寝しただけだと思っていたのに。一瞬にして眠ってしまったのか。ヘンな病気とちゃうやろなあ。



9月24日(金)

わざわざ人の仕事場に来て寝るなっちゅうてんねん! アンタの目の前のディスプレイがとっくにスクリーンセーバーになってるっちゅうねん! ホンマにええ加減にせいっちゅうてんねん、バカモノ!!と、先輩に言えないのでここで愚痴ってさっぱり気分♪(9/7日記登場の合川さん)

昨夜、嫁さんと二人で栗の皮をむき、僕が栗ご飯を炊飯器に予約セットした。
が、どうも、操作ミスで、今朝炊飯器を開けると昨日のまま、栗と米が仲良く水に浸ったままだったのだ(T_T)。ホンマに理系か?>僕。
仕方がないので、今日の昼飯は家にあったパンを持っていった。
が、昼休み、食べようとして齧ったらヘンな味がする。カビていた(T_T)。
昼飯抜きでお腹が空いて、少しイライラしていたので、冒頭のセリフになるワケである。もちろん、心の中で怒鳴っていたんだけど。



9月23日(木)

世間は休みのようだったが、僕は今日もお仕事。
あんまり来ることのない総務の松山さんが設計室に入ってきて一言。
「うわああ、何、これえ〜? 私やったら耐えられへんわ」
机の上が凄まじく散らかっているのである。ほんとにもう、どうしようもないくらいである、と自分では一応認識している。
家では鬼嫁愛妻が常に目を光らせていてコワいので僕をしっかり教育したので、僕も片づけるクセがついているのだが、会社では本来の姿に戻ってしまっていて、せっかくの鬼ババ愛しい嫁さんの苦労が水の泡なのである。



9月22日(水)

少し前までは、結構WEB上の懸賞ページでせっせと応募をしていたこともあったのだが、たま〜には当たるが、あんまりの非効率さに最近はやめてしまっている。
が、サントリーの「マグナムドライ」という発泡酒が10万人のモニター募集をしているという情報をCATCHしたので、今日久々に応募した。当たるかな?
ちなみに、これまでGETしたものは、「5000円相当の花束」、「旅行券1000円分」、「旅行券5000円分」、「タッチおじさんタオル」、「マグナムドライ6本」。ん? そっか、以前にも2〜3万人のモニター募集のときにこれ当たったんやった。書いているうちに思い出した。年じゃのう。



9月21日(火)

最近天気が悪くて、我が家の洗濯物が溜まっている。そして今日、ついに僕のパンツがなくなってしまった。こういう時に「ボロいから」と言って僕のパンツを数枚捨ててしまった嫁さんにも責任があるのだが、面と向かっては言えない。でも、新しいのん買ってから捨てたらええのにね。
それで、衣裳ケースを探っていると、ずいぶん前のブリーフが出てきた。
「良かったやん、それ穿いときいや」と、嫁さん。
しかし、もう何年もトランクスを穿いている僕としては、ブリーフは何だか気色悪い。でも、ノーパンでいるワケにもいかないので、ブリーフを穿いた。
「うわあ、何か、足の付け根がすーすーして気色悪いなあ。なんか、お前のパンツ穿いてるような気分やわ」
「あんた、私のおれへん間に私のパンツ穿いてんの!? 変態かっ(-_-#)!!」
たとえやがな、たとえ・・・よ〜言わんわ



9月20日(月)

雑誌を読んでいたら、ある記事の中で爆笑問題の太田光が、「僕はあんまり寝ないので睡眠時間は3時間で十分」と言っていた。
まったく羨ましい限りだ。
僕なんて、毎日7〜8時間の睡眠をとっているので、たまに6時間になったりすると、それだけでそれこそ目がとろけるように眠い。
今朝も、7時間は眠ったにもかかわらず、眠くて眠くて、夢うつつのまま8時前まで布団でゴロゴロし、今日は遅出でまだ隣にいた嫁さんに寝呆けて「やめろっちゅうてんねん!!」と足を蹴り、「何やねんな!」とどつき返された僕なのであった。



9月19日(日)

休みの日くらいは嫁さんに替わって夕食を作ってやりたいとはずーっと思っていたのだが、いざ、行動に移そうと思うとなかなか叶わず、ついつい、外食とか簡単にできる鍋物などに走っていた。
これではイカン、と一念発起、今日はひっさびさに料理に挑戦したのであった。
さて、今晩のメニューは『五目野菜の千切り炒め』と『豚肉の野菜巻きソテー』。買い物も自分で行き、豆板醤(トウバンジャン)まで買ってきた。
嫁さんを居間に閉じ込めて、僕は台所で大格闘。準備にかかった時間、1時間半、食べるのに要した時間、30分(T_T)。しかし、特に野菜巻きの出来が良くて、嫁さんも「美味しい!」と涙を流して食べてくれたので(大袈裟)、思わず主夫としての喜びを噛み締めたのであった。
それにしても、とにかくネックは千切り。千切りに要した時間が、全体の半分以上を占めていたかもしれない。何とか楽に千切りする方法はないもんかいな。



9月18日(土)

いやあ、最近の回転寿司はなかなか侮れない。
何年か前に嫁さんと行った○○○亭が、ネタ1:シャリ9(極端でなく)というとんでもない代物を出してきたので、それ以来、寿司は普通の寿司屋でしか食べていなかったのだが、社宅の近くの回転寿司(1皿100円)が、これがなかなかイケるので何だかここ1、2ヶ月、毎週のように行っているのだ。
今日は早い時間に行ったのだが、待ち時間もなく、またまた堪能してきた♪
マグロの種類が多いねん。
マグロ、トロ、カジキマグロ、ヅケマグロ、マグロたたき、ねぎトロ、ねぎトロロトロ、鉄火巻。幸せじゃ〜〜ヽ(*^。^*)ノ。



9月17日(金)

嫁さんの仕事が遅かったので、夕食は外食。焼き肉を食べて二人で家にもどると、居間の壁に体長7cmくらいの蛾が止まっていた。
「ひゃあああ〜。ねえ、取ってよ」
「アホか。あんなでっかいのん、気色悪い」
「あんた、男やねんから、何とかしてやー」
こういうときだけ、「男やから」という嫁さんは絶対にズルい。けど、袋で取ったけどさぁ。



9月16日(木)

最近嫁さんが職場の愚痴を言う。
今日は、だらしないお母さんの愚痴。子供が高熱を出し、緊急時の連絡先である職場に電話すると、「1ヶ月前に辞めましたよ」とのこと。念のために聞いておいた携帯電話に掛けても繋がらない。子供は結局何事もなかったが、そのお母さんはこの1ヶ月、無職になったのを隠したまま、仕事を持っているその他のお母さんと同じように5時を過ぎてから子供を迎えに来る、という延長保育を保育所にさせるというだらしなさ。
「実は浮気の相手がなかなか放してくれへんのんとちゃうん?」と言ってみると、
「なんかそうらしいねん。若いつばめがおるとか。だるまちゃんみたいな体型してるクセに」
「だるまちゃんって何?」
「アンタ、知らんの? 絵本でだるまちゃんシリーズってあるやんか」
絵本なんか知らんっちゅうねん(^^;)。あれ? 話題が変わってるっちゅうねん(^^;)。



9月15日(水)

♪祝 HP開設6ヶ月♪
実は寝る前の話なので昨日の出来事かもしれないが、日付は変わっていたので、今日の日記に書いてまうのである。
仲間内のページで公開されていた大学の後輩、やあとが作った「しりとり野郎」というゲームがバージョンアップを繰り返し、一般公開されたので(多分、ここに書いても怒られないだろう)今日の日付に変わった夜遅くに遊んでいたのだ。
ルールが追加されて、最初に遊んだときよりもおもしろく、「寝れません勝つまでは」の精神ですっかりハマってしまった。こんなんを自分で作ってしまうのだから、凄いよなあ。こういうプログラムを自分で組めるようになるにはどういうところから勉強したらええのん、やあと? Perlの参考書見てもさっぱり分からんよ、僕は。
終わったらすでに1時半。まあ明日は祝日やからええやん・・・ということはなく仕事だったので眠い、眠いねむねむ。ゲームの好きな人にはオススメやで。



9月14日(火)

会社からの帰り、乗り換えの駅で渡り廊下を歩いていると後ろから何やら騒がしいわめき声(静かなわめき声などない)が聞こえてきた。
「ホンマに人のケツ触りくさって、どういうつもりやねん!」
振り返ると、かなり細身の背もそんなに高くない女性が、眼鏡を掛けて手にスーツを持ったかなり大柄な男性の腕をつかんでうらうらと歩いてくる。
「エエ年して痴漢なんかして、恥ずかしないんか! 黙ってされるがままでいてると思ったら大間違いやで!」

どうやら痴漢を捕まえたらしい。女性に引っ張られながら、男性は女性の耳元に何か語りかけている。
「穏便に済ましてって、どういうことやねん! 私は許さへんで!」
女性はかなり威勢がいい。また、男性が耳元で何か言っている。
「何が許してくださいもうしませんやねん! 何回もされたらタマらんわ!」

二人は僕を追い抜き、僕が乗り換える同じホームに降りていった。僕は面白くなって後をつけた。女性は相変わらずガラの悪い言葉遣いでギャーギャーと吠えまくりながら歩いていく。あまりに歩く速度が速いのでちょっと距離が開いてしまった。

すると、改札のところでガヤガヤと人がざわめいている。やっと追いつくと女性は一人。どうやら逃げられたらしい。その痴漢は大人しく捕まってお縄を頂戴するようなフリをして逃げる隙を窺っていたのだ。

むーん。悪の蔓る世の中であっていいのか!? 近くにいた人達はだれも捕まえようとしなかったのか!? それにしても、被害者の女性ももちっと女性らしさがあっても・・・と思わざるを得ないガラの悪さであったことよ。



9月13日(月)

会社にいると金銭感覚がマヒしてしまう。
設計室で使っているカラープリンタのインクリボンと専用紙がなくなったので、メーカーに問い合わせて見積書を送ってもらった。「ふうん、こんなもんか」と思ってソイツを見ていたのだが、よくよく考えたらめっちゃ高い。インクリボン(x2)34000円、専用紙6000円、計40000円である。これだけの金があったら、日本橋でPC用の普通のプリンタ本体が買えるっちゅうねん。
個人でする買い物だったら思わず引いてしまうような値段である。
まあ、プリンタ自体、ワークステーション用の120万円もするような代物だったのだが、買ったのはかれこれ5〜6年前。大きくて場所を取るし、インクリボンはフィルムだし、プリントアウトの際にはキィィ、キィィと思わず椅子から飛び上がるほどとんでもなく五月蝿いし、今となっては僕が個人的に所有している3万円ほどのCANONのプリンタよりも遅いんちゃうか、というくらいのどーしょーもないヤツなのだ。
こんなヤツのために40000円も使うとは、会社だからできるワザなのだ。



9月12日(日)

「ここの薬局、ティッシュペーパー安いから買っとこう。もうあと1箱やったし」と嫁さんが言うので、まずそこでティッシュペーパーを買う。5箱パックのを買った。
が、そのあとにスーパーマーケットに買い物に行くのであった。僕はちょっと心配になる。
「こんなティッシュペーパー持ったままスーパーに行ったら、盗ったと思われるやん。いっぺん帰って置いてこよかな」
「いいやん、シール貼ってもらったんやし」
「シール貼ってもらった言うても、小さいから見えへんやん」
「大丈夫やって。レシートももらってるねんから、何か言われたらちゃんと私が言うたるやんか。この人が犯人ですって」
「コラ!」
さすが、大阪の女である。



9月11日(土)

先週買いに行ったTVが今日届いた。
しかし、買って8年半とは言え、ビデオ入力端子の接触が悪い以外どこにも問題のないこれまでのTVを捨てるのは少し心が痛んだ。日本人はホントに物を無駄にするよなあ。いやいや、日本の住宅事情が問題やねん。もっと家が広ければ、これまでのTVを置いておく場所もあるのに。
それにしてもこれまでのビデオデッキとTVを配達してくれた業者に引き取ってもらうのに3000円もかかった。なんか、これが一番ハラ立つで。
が、この狭い部屋にはもったいない29型フラットTVはいいっ! これでスポーツ見たり、DDRやったり、ここでは言えないビデオを見たりなんかしたら迫力満点やろなあ(*^o^*)。



9月10日(金)

「あっ!」
今日は朝から嫁さんがベランダで声を上げた。なんじゃ? と思って覗きに行くと、出勤前に風呂場の足拭き用のマットを干そうとして下に落としてしまったらしい。ちなみにうちは3階。
「取ってきて」と言えないのか、嫁さんはじっと僕を見つめる。たまにこんなカワイイ仕種をされると僕もこう言わずにはおれない。
「お前、もう家出る時間やろ。俺が取ってきたるからはよ準備して行き」
「うん、お願い」
いつもこういう素直な会話が出来たら夫婦喧嘩なんてしなくて済むのだが、まあ、そうそううまくもいかないのが夫婦の難しいところなのだ。



9月9日(木)

今日は日記に何を書こかいな〜、と思ってパソコンに向かっていると、隣の部屋から、
「はっ!」という声が聞こえてきた。
隣の部屋は嫁さんが、「今日はちょっと疲れたから早めに寝る」と言ってすでに眠りに入っているはずである。
一体、嫁さんの身に何が起こったんや!? と、慌てて見に行くと、仰向けになったまま嫁さんが両手を「前になれ」のように上に突き出している。
コイツ、寝惚けてるんかな???・・・と、僕は嫁さんの顔を覗き込んだ。目はつぶったまま、すーすーと寝息を立てている。手は上がったまま。
おもしろいのでしばらくそのカワユイ寝顔を見ていると、パチッと嫁さんの目が開いた。
「どうしたん?」と、嫁さん。
おいおい、それはこっちのセリフやっちゅうねん大丈夫?。保育所の子供の夢を見た、ということであった。



9月8日(水)

今日は後輩の田坂が設計室に息抜きに来た。
どうもやっぱりここは事務所から隔離されているという安心感があって、なかなか居心地がよろしいようだ。
昨日と違って後輩なのだから「わざわざ設計室に休憩しに来るな! こっちは仕事してんねんぞ!」と言おうと思えば言えなくもないのだが、言わなかった。
なぜかと言うと、田坂は大学院を出てはいるものの、ちっちゃくて可愛い女の子だからである。僕もかなり勝手である。



9月7日(火)

先輩の合川さん。ヒマになると設計室に来てCADをいじっている。元々僕の上でCADをやっていた人なのでCADを扱えるし、ディスプレイにはそれらしき図面が表示されていたりするけど、どうも真面目に仕事をしているとは思えないのだ。そもそも今は設計とはまったく関係のない仕事だし。
なんて決め付けるのは悪い・・・なんてことはない。

今日も設計室でうだうだやってる。おまけに眠ってしまって、上半身が椅子の背凭れからこぼれ落ちるくらいのけぞってみせたりしている。ときたま、目覚めてガクン、となる。「ふんが」と言ってみたり、床を蹴ってみたり、うるさくもある。
設計室は事務所から隔離されているので、わざわざここまでサボりに来るのだ。自分の席で眠るワケにもいかないのだろうが、それにしても、なあ?
こういうことにはウルサイ友田さんもかなりカチンときているらしく、先輩に向かって文句が言えない僕に代わって、「ここは寝るとこか?」なんて、チクリとくるようなことを言ってくれるのだが、当の合川さんは「そうちゃうん?」なんて平然と言ってのけたりするもんだから、同じ部屋で仕事をしている身としては相当腹が立つのだが、何にも言えない自分が情けなくもあるのだ。基本的に平和主義者やしなあしゃ〜ないか?R=



9月6日(月)

朝から耳鼻科に行った。
綿棒で耳に溜まった血を取ってもらう。うげ。
次に、歯医者さんで唾液を吸い込む掃除機のような管を細くしたようなのを突っ込まれて、きゅいいいいん、と血の固まりを吸い取ってもらった。うげうげ。
当たり前だが耳の中でやられるもんだからうるさいし、コワいし、冷や汗タラタラであった。先生に「そんなに緊張せんでええよ^^」って言われたくらい。
で、内視鏡(って言うんかな?)で、耳の中の映像を見せてもらった。鼓膜は無事でホッと一安心。傷程度で済んだようである。
先生の話によると、毎週一人くらいの割合で耳掃除中、耳カキで耳を傷つけてしまう僕のようなマヌケ野郎がいるということであった。ホッと一安心(なんじゃ?・・・いや、僕だけとちゃうねんな、と思って)。



9月5日(日)

せっかく新しいビデオデッキを買ったので、嫁さんとレンタルビデオ屋さんに行ってテープを借り、今日は『ディープ・インパクト』を見た・・・という話を書こうと思っていたのだが(いや、実際見たし、おもしろかってんけど)、夜、耳掃除の途中に右耳の奥を激しく突いて、耳から血が出てきた。
今、右耳はプールで水が詰まったような感じになっていて、こんなことをしている場合じゃないのだが、この時間に耳鼻科は空いていないのでしゃーないのだ。
明日、朝から耳鼻科にGOなのだ。ヤバし!!



9月4日(土)

ビデオテープのことはナイショのまま、嫁さんにビデオデッキを買い替える旨を伝えると、テレビも買い替えよう、と言うので、セットで購入することにした。
嫁さんは仕事だったので、一人で車で日本橋へ行き、ぶらぶら歩いていると、見慣れないコンビニに見慣れない貼り紙が。
『ハマチ入荷しました』
ハマチィ!? 何のこっちゃい、と思って首をひねっていると、見間違いだった(^ー^)ゞ。『ハマキ入荷しました』だった。・・・でも、ハマキってのもなあ。



9月3日(金)

今夜は嫁さんが送別会だか何だかで飲み会があって帰りが遅くなるということだったので、ひっさびさにHビデオを借りて帰った。
家に帰って、風呂に入ってメシを食ってから、さあ、見よう、と思ってビデオデッキにテープを差し込むと、何だか挙動(?)がおかしい。
最近調子が悪かったので、「コイツはヤバいな」と思ってテープを取り出し、別のテープでもう一度試してみると、「ウィィイイイン、キュウウウン」と悩ましげな音をたててデッキは止まってしまった。慌てて取り出すと、テープがびろろろおおんと引っ張られて、中に引っかかっている。ガ〜ン。完璧な故障である。もうだいぶ古いので直らないだろう。だいたいコイツは買って1年ちょっとでヘッドがイカれたという経歴を持つ、できそこないなのだ。
こうなったら、明日新品のビデオデッキを買いに行って、意地でも借りたビデオを見てやるのだ。もう、意地なのだ。



9月2日(木)

8/31の日記で体重減量計画遂行!・・・と書いたが、実はこれには強い味方がいる。それは、香港で買ってきた漢方薬である。
なんでも、宿便を取り除く、という話で、実は宿便というのは数年間にも亙って腸の襞にこびりついているのがワンサとあって、しかも体にも良くないので、何年かに1度は取り除くのが良い、という話だったのだ。そして、それを実行してくれるのがこの「健美丸」という漢方薬だったのである。
宿便の総量は1〜3kgにも達し、ダイエットを目的とする人もどうぞ、という話だったので、ついつい6000円もするコイツを買ってしまったのだ。これまでの人生で漢方薬などというものを試したことはないし、「効いたらラッキー」というつもりで昨日から1日2回、服み始めているのである。

が。
今日は何か、エラいゆるゆるで3回もトイレに行った(汚い話でゴメンね)。おっかしいなあ、効きすぎちゃうん? と、思ってよく説明書を見てみると、便秘の場合2回/日、宿便の場合1回/日、とあった。つまり、僕の場合1回/日で良かったのだ。
しかし、こんなにてきめんに効くんか? 大丈夫か?



9月1日(水)

嫁さんが突如として、バァン!とふすまを叩いた。
一体何が起こったんや? どうしたんや? 怒ってるんか? 僕か?・・・と、ドキドキしながら成り行きを見守っていると、嫁さんが手をのけたふすまに赤い染みが現れた何じゃ?
ふすまに止まっていた蚊を殺しただけだった。あー、びっくりした。しかし、ふすまの赤いのん、どーすんねん。逆の立場だったら「ちゃんと血ぃ拭き取ってや! もう!」って怒られているに違いない。


ホーム
ホームへもどる