日記をつけよう(1999.10.1〜10.31)

平凡な新婚サラリーマンの生活を赤裸々に綴る!!

...赤裸々っていうのはちょっと...


線

+++先月+++目次+++来月+++最新版+++ホーム
【1999年10月1日〜31日】

10月31日(日)

結婚1周年記念ということで、式を挙げたホテルに泊まりに行った。あ、そういう宿泊券をくれたからネ、結婚したときに。
昼間は鶴見緑地をぶらぶらし、夕方ホテルへ。
夕食の時にはピアスをプレゼントし、珍しく雰囲気的にもなかなか良い感じだったのだが、1週間前から悪くしている喉の調子がまだ治っていなくて、夜中じゅうずっと咳き込んで寝不足。どないかならへんのかいな、ホンマ。



10月30日(土)

このところ馬券がさっぱり当たらない。毎週1レースくらいショボい配当が当たるのみである。今日なんて全敗であった。
仕事から帰ってきた嫁さんとなぜか馬券の話になり、
「アカン、今日はすってんてんや」と言うと、
「いくら負けたんよ?」と聞かれたので思わず、
「三千円」と答えた。
「えーっ! 三千円も負けてんの? アンタ、お小遣い少ないとか言うて文句言うてるクセに。競馬なんかやめや!」
実際はもちろん小遣いからじゃなくて、ヘソクリで遊んでいるのだが、たった三千円負けたと言っただけでこんな反応されるので、とても「優にその倍以上スッた」なんて言えない。言えやしないよ(ちびまるこちゃんの野口さん風)。



10月29日(金)

昨夜、ダイエーが日本一になり、今日から4日間、ダイエーではVセールが始まる。
今朝、8時過ぎにダイエーの前を通ったのだが、すでに100人以上の人が並んでいた。さすがに主婦らしき女の人が多い。
そう言えば必死になってダイエーを応援していた嫁さんも、応援の動機はこのVセールである。

「中日が優勝したら何が安くなんのん?」
「い・・・いや、よう知らんけど、名古屋で中日新聞が安くなるんとちゃうか(←かなりいい加減な返答)?」
「そんなもん安くなってもしゃーないやん! ダイエーがんばれ!!」
と、いう具合だったのである。考えてみれば嫁さんも主婦だったのだ。



10月28日(木)

7時過ぎに嫁さんから携帯に電話が入った。本を買うために梅田に出てるんやけど、帰ってごはん作るのん面倒だから梅田で落ち合って外食しよう、と言う。
まあ、それはいいのだが、問題は本なのだ。
保育所で使うための絵本を何冊か買ったその代金は6,000円。なんと嫁さんはそれらを自腹切って買っているのである。
僕らサラリーマンはたとえボールペンの1本でも会社でもらう。まあ、たまにファイルや蛍光ペンなんかを自腹で買うことがあるが、高が知れている。
嫁さんは公務員である。市は保育所で必要な絵本を買ってくれないのか!? 6,000円もするねんぞ! 抗議HP立ち上げたろか!(←ウソです)
市民の大事な税金を使って、予算埋め合わせのために道路をほじくり返すくらいなら、こういうことに使ってほしいものである。



10月27日(水)

今日はサーバーメンテナンスのためにこのHPにはアクセス不可能だった。しかし。Yahoo!掲載翌日にアクセス不能とは、なんちゅうタイミングの悪さじゃ。昨日はYahoo!から40人以上のアクセスがあって喜んでたのに。サーバーがお休みでも日記はお休みしない真面目な(?)僕である。
そもそも、なんで数ヶ月前には登録を拒否されたのに、今回はOKだったのか? 前回と違うところはそれぞれのページの更新以外には『うめロボちゃっと』くらいである。ひょっとして、Yahoo!のサーファーチームは『うめロボ』の虜になったのか(そんなことは絶対にない)?

さて、朝から雨だったので僕は嫁さんを駅まで車で送りに行った。その帰りのことである。
雨が降っていると言うのに、傘を差して自転車に乗っている危なっかしい女子高校生を発見! しかも彼女は携帯電話中であり(傘と携帯を同じ手で持っていた)、さらに横断歩道を横断中であった。左折してくる僕の車の方はまるで見ていない。これは危ない。
「ちょいと待ったりいな、お嬢ちゃん。そもそも傘差しながら自転車に乗るだけでも危ないっちゅうのに、おまけに携帯電話とは何事や? あんた、こっちもまるで見てないやないかいな。ちらっとでも左右の確認した方がええのんとちゃうんか? 右見たらおっちゃんのおっとこ前の顔があるよってにソンはさせへんで。まあ、おっちゃんがおっとこ前かどうかはエエとして、そんな危ないことまでして緊急で話さなアカン用事って何や? ん? 危のうて見てられへんから、ちょいとわしの助手席に乗って電話せえへんか?」
と、大人の社会人としてきっちり諭してやろうと思ったのだが、小心者の僕はもちろん何も言えなかった。

当たり前だがその女子高校生は何事もなかったかのように横断歩道を渡りきったのであった(柳の下に二匹目のどじょうなんかおらへん・・・同じ手で笑わせようと思っても無理がある、という意味)。



10月26日(火)

めでたいのである。ナントあのYahoo! JAPANに登録されたのだ。3回目でやっと。が、敷居が高くて、なかなか登録してくれないことで有名なあの、Yahoo! JAPANに、である。Yahoo!のトップページから「生活と文化」→「結婚@」→「体験談」と辿っていくと・・・あ〜ら不思議♪(別に不思議なことはあらへん)この「ぷらむずぶっく」がしっかりと掲載されてますネ。いやあ、嬉しいやないかいな。
こんなチンケなHPが掲載されてええのんかいな、とちょっと後ずさりするような後ろめたさと言うか、申し訳なさのようなものを感じてしまうのだが、ま、良しとしとこう。

「わ〜い」とディスプレイの前でバンザイをしていると嫁さんが不審がって、「何やの?」と訊ねてくるので説明してやると、「で、いくら儲かるん?」と聞き返されて僕は固まった。
ちゃうねん。そんな目的でやるんとちゃうのや(T-T)。・・・が、待てよ。そろそろ広告バナーを貼ってもいいか。小遣い稼ぎくらいにはなるかな? カウンタのキリ番GETTERへのプレゼントもしていくことやし、ここは一つ、やってみよやないかいな。



10月25日(月)

結局熱が出て、37度を超えてしまったのだが、まだ微熱の範囲内だし、でも、ちょいとしんどいし・・・と朝、出社しようかどうしようか迷っていると、友田さんから電話があった。
実は先週末、お姉さんがクモ膜下出血で倒れたという報せを受けていたのだが、今朝亡くなった、とのこと。これでは僕が休むワケにはいかない。設計室に吉水さんだけというのはやはり心許ないのだ。
明日はメーカーが来るし、仕事も溜まっているし、お通夜にも行かなければならないし、メルマガも書かなければならないし、日記も書かなければならないし、こんなときに風邪を引いてしまうとはまいったのである。
せめて、お通夜とメルマガと日記だけなら何とかなりそうなのだが(仕事する気ないんか!・・・うん)。



10月24日(日)

最近、嫁さんの喉の調子が悪くて、少々疲れていた様子だったのだが、どうやら僕に感染ったらしく、喉が痛くなり体もダルかったのだ。
夕方二人でビデオを借りに行ったくらいで、あとは家の中でおとなしくしていた。
まあ、めちゃくちゃしんどいワケでもなかったので、夜は借りてきた「踊る大捜査線」を二人でやいのやいの言いながら見て、織田裕二の「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」の決めゼリフに「いや、ここでも起きてるデ」とツッコミを入れると無性に眠くなって寝てしまったのであった。



10月23日(土)

僕が髪を伸ばそうが、切ろうが、ほっといてくれいと言いたいところだが、「ぼさぼさになってきてるんやから切りに行っといでや」と言う嫁さんにはやはり逆らうことができない。しかもかれこれ2週間くらい無視し続けている。
朝、「今日こそはちゃんと散髪に行きや」と言い残して嫁さんは仕事に行った。
まあ、意地になって逆らう理由もないのでやっと散髪に行った。今回はなかなかの仕上がりやな、と自分でもちょっと満足した。
夕方、仕事から帰ってきた嫁さんが僕のNEW髪型を見て一言。
「あ、どんぐり♪」



10月22日(金)

会社では独身最年長であった岸田さん(今年39歳)がついに来月結婚するのだ。もし岸田さんが結婚するようなことがあれば、会社内で「岸田記念日」にしよう、と言われていたほどの人である。人柄が良くて、人気者の(つまり、「いい人」で終わってしまうタイプ)岸田さんを驚かせようと、事務の女の子たちが作戦を企てた。
「数人でお祝いをしたいので飲みに行きましょう」と騙して、岸田さんがやって来たとき、会場には50名の人間が岸田さんをお祝いするために集まったのだ。
驚きと感激のはざまで、岸田さんは本当に幸せそうだった。婚約者が来れなかったのが残念だけど。

2次会にはカラオケ。が・・・集まったのは僕より年上がほとんどのじじいばかり。お前ら、ちょっとは人の歌聞けっちゅうねん! せっかくこの俺がタダで歌ったってるっちゅうのに、ちゃんと聞かんかーと叫びだしたいほど盛り上がりに欠けてしまって、消化不良で帰ったのであった。ま、独身最期の岸田さんと歌えたのでいいとしよう。



10月21日(木)

9月1日以来、服み続けていた漢方薬が昨日ようやくなくなった。嫁さんはホッとしているようだ。

ずーっと前に、僕は凄まじい汗っかきだけど、体臭がないのでほとんど汗臭くもない、ということを書いたのだが、実は、ここ1ヶ月ほどはそうではなかったのだ。
帰宅後、筋トレをするたびに、
「うわっ! くっさ〜! あんた、なんでそんなに汗が臭くなったんよ〜」と、嫁さんに言われ、
「うるさいわいっ! 寛平みたいに言うな〜。だいたい、そんなん知るか〜」と泣きながら返していたのだが、嫁さん曰く、「服み始めた漢方薬のせいに違いない」と決め付けていたのだ。
僕は、体質が変わったんかなぁ、油物とかビールを控えてるせいかなぁ、それともホンマに漢方薬のせいなんかなぁ、とよく分からないでいたのだが、今日の筋トレではなぁんも汗臭くなかった。体臭が元どおりになったのだ。つまり、なくなったのだ。
ホ・・・ホンマに漢方薬のせいやったんか!?
そんなにハッキリクッキリと影響するんやったら、ダイエットに影響してんかいな。



10月20日(水)

有休を取って、終日ゴロゴロしてリフレッシュした。
夕方、パソコンつけっぱなし、プレイステーションつけっぱなし、布団敷きっぱなし、朝食と昼飯食った後ほったらかし、洗濯物干しっぱなし、という嫁さんにとっては最悪の状態のときに、「あと30分か1時間もしたら嫁さんも帰ってくるし片付け始めようかなぁ」と思っていたところへ嫁さんが帰宅した!!! 聞くと、今日は研修があって、いつもより早い帰宅になったとのこと。

そんなん、朝に言うといてえな〜。今から片付けようと思ってたとこやのに。・・・などという言い訳はもちろんのこと聞きいれてもらえず、それはもう、ここへは書けないほどの勢いで叱られ、罰として焼き肉を奢らされた。
せっかく1日リフレッシュしたのに、最後に命を削るようなどんでん返しがあり、疲れ果てて日記の更新もできずに早々に寝てしまったのだった。えむえむちゃん、ゴメンね。



10月19日(火)

朝から会議があるというので、いつもより30分ほど早く家を出た。
実は家から駅まで行く道沿いに女子校があり、ちょうど通学時間にぶつかったらしく、女子高校生がうじゃうじゃとやってくる(*^o^*)。

中間テストか何かがあるのか、手にプリント(おおっ! 懐かしい響きじゃ)を持って、「アイ・ハブ・リード・ア・ブック・・・」と何やら英文を読んでいた。
「ちょいと待ったりぃな、お嬢ちゃん。"have"のあとの"read"は過去分詞になるんやから"リード"やのうて"レッド"って読むんやで。そもそも"have"の発音がダメや。"have"は下唇をこないな風にそっと噛んでな・・・こうや。"ハヴ"と発音するのや。そんなこっちゃテストでええ点取られへんで。ちょっとおっちゃんが手取り足取り教えたるからこっちに来ぃな」
と、大人の社会人としてきっちり教えてやろうと思ったのだが、小心者の僕は何も言えずにそのまま過ぎ去ってしまった(って、そんなこと言うたらヘタしたら捕まるっちゅうねん)。

会社に着くと、会議はなかった。



10月18日(月)

会社で、「呼称変更」などというアホみたいなメールが人事から全員に送られた。その内容は、「職位」をつけて呼ばずに「さん」づけで呼び合おうというものだった。
僕なんか普段から取締役に対しても「Kさん」、部長に対しても「Hさん」、室長に対しても「Iさん」と呼んでいるし、呼ばれる時も「うめ参事補」じゃなくてたいてい「うめさん」なので何の変化もないのだが、その目的は社員同士の相互コミュニケーションの活性化、及び風通しの改善だって(´ー`)。
しかもこれは「部長会報」と呼ばれる部長以上の人達が集まる会議で決定された、ウソみたいな本当の話なのである。ホントにまあ・・・そういうどーでもえーことばっかし考えてんと、他に考えることはないんかいな。ほんまにもう、この会社アカンかも知れへんダメか?



10月17日(日)

火曜日に書いた首の痛みは実は先週の日曜日から始まったのだが、最初右肩付近の痛みだったのがもう左にも広がり、首全体が痛い。原因は、
  1. 仕事のし過ぎ
  2. メールマガジンの書き過ぎ
  3. 寝ているときに嫁さんに踏まれた
  4. 頭を使って脳ミソが重くなった
などが考えられるが、多分、4だろう。

昼食を外に食べに行った帰りの車の中で、僕がしきりに「痛いなぁ〜」と言っていると、嫁さんが、一言。
「大丈夫? 顔」
「顔とちゃうわい、首やっちゅうねん」
「ゴメン、ゴメン、言い間違えただけやん。顔は大丈夫とちゃうわな」
うるさいわ〜〜〜!!



10月16日(土)

今日は嫁さんの保育所の運動会の日。その後は打ち上げがあるということなので、嫁さんは遅くまで帰って来ない。
夜に一人で家にいるとやはり独身気分を味わえる。朝から晩まで思いっきり羽根を伸ばせるのだ。
と言っても、DDRができるとか、パソコンにかかりっきりになれるとか、扉を開けたまましょんべんできるとか、夕方まで布団を敷きっぱなしにできるとか、寝転んだままメシが食えるとか、堂々とハナクソがほじれるとか、まあ、そんなもんである。
しかも! 自主的にトイレ掃除をしたり、洗い物をしたり、洗濯をしたりしてしまうのは、やはり嫁さんがコワいとか、誉められたい、という意識が働いているのだろう。これでは子供が母親に対する意識と変わらへんではないか。むーん。



10月15日(金)

「あ、今日お弁当いらんって言ったっけ?」
今日は出張だから弁当は必要ないと言っておいたのに、嫁さんは弁当を作ってしまったのであった。
「アホか、お前は。弁当持って行ってどこで食えっちゅうねん」などとは口が裂けても言えない。朝早くに起きて弁当の用意をしてくれたのだから、感謝こそすれ、文句を言える立場ではないのだ。
仕方がないので、家を昼から出ることにした。こちらの都合に合わせられる出張だったので、午前中ラクしてしまった(^_^)v。おかげでお弁当もおいしくいただき、良い気分で家を出た。
出張先は近いし、仕事もめちゃくちゃはかどり、夕方早くに帰宅。たまには、と思って、弁当のお礼に夕食を作ってあげたのだった。嫁孝行やな、僕。



10月14日(木)

嫁さんがヘバっている。ちょっと遅い気もするが、次の土曜日に保育所の運動会があり、その準備で忙しい上に、実習生が来ていてその面倒をみたりで大変なのだそうだ。
そんなもんだからイライラして僕に八つ当たりするかと思うとそうでもなく、いつにも増して何だか優しいのは何でや!?
今日も晩飯が終われば自分からリンゴを剥いてくれるし、僕の幼稚な振る舞い(せっせっせのよいよいよいをするなど)の相手もしてくれる。こ・・・これは、何か良からぬことの前兆なのだろうか?(なんて書いているところを見られたら命の保証がないので終わる)



10月13日(水)

やあとに倣って僕もプログラムを作りたい、と思ってPerlの勉強を始めているのだが、難しくってさっぱりワケが分からん。どうも僕の脳ミソにはプログラムを理解するプログラムが組まれていないようだ。
まあ、こんなもん、一朝一夕で身につくワケはないのでのんびり勉強しよう。
と自己逃避して、思ってすぐに誰かが作ったプログラムに頼ってしまう。
今日、ちょっと面白そうなCGIを手に入れたので、中身を覗きながらカスタマイズできるところだけこちょこちょといじってみた。うまく動けば近日中に公開しよっと。が。こんなんでええんか?>僕。



10月12日(火)

首が回らない。と、言っても借金を抱えて四苦八苦しているワケではない。本当に首が寝違えたように痛くて回らないのだ。しかも、左右両方。なんでじゃ!?
出掛けに嫁さんが、
「あんまり痛かったらテニスせんと帰っといでや」
と、優しい言葉をかけてくれたのだが、週に1度のお楽しみを首の痛みごときで諦めてなるものか、と決死の思いでテニスをした。
さすがに決死の思いをしただけあって、サーブはバシバシ決まるし、ストロークは安定しているし、いいことづくめ。なんでじゃ!?



10月11日(月)

実際には尼崎市に住んでいるのだが、家の電話番号の市外局番は06だし、気分は大阪に住んでいるようなものである。
で、今日は大阪で30度を超える真夏日で、これで10月に入って4度目の真夏日だそうだ。僕の会社は珍しく今日は休みだったのだが、家でのんびりと過ごした。30度を超えるような日に外を出歩くのはまっぴらなのだ。
が、あんまり動かないのも体に悪いので、夕方、外を散歩すると、社宅の周りの金木犀がとってもいい香りを放っていた。真夏日とは言っても、もう秋なんだなぁ、と詩人のように思ったのであった(と、言うほど別に詩人でもない)。



10月10日(日)

もともと予定していたのだが、昨日はそのまま大阪に帰ってあるホテルに泊まった。で、日記の更新もできませんでした。

昨夜はフランス料理のコースだったが、今朝はバイキング。朝食は10時までだったのに9時半に目が覚めて慌ててレストランへ走って行った寝坊夫婦であった。
ぎりぎりの12時前にホテルをチェックアウトし、梅田をちょっとぶらぶらして昼過ぎには帰って来たのであった。
昨日買い物し過ぎて、歩くのがつらいほどの荷物になっていたので、疲れたび〜。今日はこれで許してケロ。



10月9日(土)

10/1にオープンしたての垂水(たるみ)にある「マリンピア神戸 ポルトバザール」に行った。
アウトレットの店が集まっているショッピングモールで、まあ、ええのがあったら買ったってもエエで、という、見学するようなつもりで遊びに行ったのだが、貧乏性夫婦としては“エドウィン”だとか“リーバイス”などモロモロの商品が普段買う半額に近い値段で売られていたらやっぱり買ってしまうのだった。
結局、二人で4万円以上使ってしまったやん。が、予定外の出費にしては良い買い物ができてご機嫌な僕たちなのであった。



10月8日(金)

久しぶりの出張であった。と、言っても普段会社へ行くよりも近いところで、非常に楽。しかも、会社へは戻らないことにしていたので、用が終われば家に帰れるのだ。
と、思っていたら、なんと昼過ぎに終わってしまった。ラッキー♪ まあ、こんなこともたまにはないとサラリーマンをやっている意味がないのである(そうか?)。
で、マンガ喫茶なるところへ行ってみると、いるわいるわ、不良社員たちが(^_^;)。
以前スピリッツで連載していた「Happy!」(作者は「YAWARA!」と同じ人)を読んだ。スピリッツは買わなくなったので、続きが知りたかったのだ。最期の方は感動で泣けてしまったが、周りに人がいるので泣くに泣けず悔しい思いをした。この間ビデオで見た「アルマゲドン」よりも泣けたよ。結局3時間も読みふけってしまったのだった。



10月7日(木)

ずっと前にも書いたのだが、僕が帰宅して部屋に入ろうとすると嫁さんが襖の向こう側に潜んでいて、「わっ!」と脅かしやがる、という習慣がいつの間にか出来上がってしまっている。が、いくらアホな僕でも毎日脅かされ続けていればいい加減に警戒心も強まって、最近はあんまり驚かなくなったので、そうなると嫁さんの機嫌が悪くなる。
そして今晩、また僕は驚かなかった。
「なんでビックリせーへんのよー」という嫁さんの声を背中に風呂へ。
風呂から出ると風呂の扉の前にしゃがんで隠れていた嫁さんが「わっ!」と脅かしやがった。
アホかー!! ○○玉が縮み上がるほどビックリしたっちゅうねん!!



10月6日(水)

※昨晩も今朝も、どうにもこうにもサーバーにアクセスできなくて、更新できませんでした。オマケにページにもアクセスできなくて、掲示板のレスも書けませんでした。なんでじゃ??

出勤途中の電車の中で、どう見ても70歳は下らない白髪の女性が「電子メールのなんちゃらかんちゃら」という本を読んでいた。こんなお年寄りもパソコンを操るのか、とビックリした。
そう言えば、本日発売の週刊アスキーにサポートセンターvsユーザーの記事が載っていたが、92歳のおじいちゃんからの電話で、「この、棒の右横に丸が書いてあるのは何て読むのじゃろ?」という話があって笑った。センターの人は「それはビー(b)です」って教えてあげた上に、結局アルファベットすべての読み方をレクチャーしてあげたそうな。大変やねぇアセアセ



10月5日(火)

設計室で、それぞれディスプレイに向かって黙々と仕事をしていても、なぜか独り言が飛び出てしまう(僕と友田さんだけ)。
が、今日は友田さん、調子が悪いのかアホなのか、
「し、しもた〜」
「うわ、やってもた〜」
「ひえええええ」
と、悲鳴的独り言の連発。同じ部屋にいて一応上司でもある僕としてはもう、ヒヤヒヤものである。できれば見ざる聞かざるを決め込みたいところである。が、
「うめさ〜ん」と呼ばれては無視するワケにもいかない(呼ばれなくても無視できる立場ではないねんけど)。まあ、説明すれば分かってくれる人なので、吉水さんよりはマシである。
夕方、「できましたー」と友田さんが持ってきた図面をチェックすると・・・間違えとるやん(T^T)。テニスに行きたいのをぐっと堪えてやり直しを命じたのであった。



10月4日(月)

夜、母から家に電話があった。親父と二人で東北へ旅行をしていて、青森からであった。
「りんごを送ろうと思うねんけど、あんたのとこの住所を控えてくるのん忘れたから教えて」
と言うので、「わぁい、青森のりんごが送られてくるんや」と、住所を教える。そして、その後母が一言。
「あ、ついでにさぁ、あんたのとこの電話番号も教えて欲しいねんけど」
アンタは一体どこに電話掛けてんねんわ〜い



10月3日(日)

朝は雨で社宅の共同の掃除が中止。ラッキー♪・・・で、一日そのままゴロゴロと何をするでもなく過ごしたのであった。
あんまり動かないのも何なので、夕方嫁さんと散歩がてら駅前のレンタルビデオ店まで借りに行った「アルマゲドン」をこれから見るのである。その他にはこれと言ってなぁんもなかったのである。



10月2日(土)

嫁さんと梅田に年末の旅行の申し込みに行き、その後地元のダイエーへ。
ダイエーでは「Vセール第2弾」と称して、またセールをしていた。そして、館内には「♪それ行け若鷹どうのこうの〜」という言っちゃあ悪いがちょいとダサい応援歌が繰り返し流されていた。そして嫁さんが一言。
「なんでダイエーとワカタカが関係あるん?」
「・・・・・・? あ。お前ワカタカって相撲の若貴とちゃうで」
「へ?」
「若い鷹言うてんねん。ヤングホークスっていう意味やんかいな」
嫁さんがこれだと、ダイエーの大半を占める野球を知らない主婦たちは同じようなことを思っているかもしれない。



10月1日(金)

さて、お約束通り、体重減量作戦の結果発表!
まず、自分に課した項目は、
  1. 油物の食事を控える(嫁さんに協力してもらってる)
  2. ビールを減らす(毎日3本飲んでいたのを、2本にする)
  3. 嫁さんが弁当を作れない日は、昼食を抜く(か、パン1つくらいにする)
  4. 間食は一切しない(が、たまにキャラメルを食べたりしてしまう)
  5. 最低3日に1日は筋トレをする(結局平均すると2日に1日はした)
    1. 片手に10kgの鉄アレイ(両手で20kg)の上げ下げ20〜40回
    2. 同じ鉄アレイで肩から持ち上げる上げ下げ20〜40回
    3. 同じ鉄アレイを持ったままヒンズースクワット20回
    4. 腕立て伏せ20回
    5. 腹筋50〜100回(2、3回に分けて)
  6. 香港で買った漢方薬を毎日服む
で、体重は2.5kg減った。実のところ、外食もいっぱいしたし、晩酌のバーボンorワインは毎日してるし、それを考えたら自分的には納得。
しかし、どれが効いたのかなぁ。どうも漢方薬は効き目があったとは思えないので、とりあえず1瓶服み干したらそれで終わりじゃ。
この作戦はこのまま続行することを宣言して、また1ヶ月後どうなったか報告することにする。でも、ある程度減量できたらやめるで。このまま続けたら2年ほどで無くなってしまうし、僕。


ホーム
ホームへもどる