結婚まで物語


〜結婚まであと4年〜



“結婚まであと4年”で始まるということは、つまり二人は出逢ってから4年で結婚したということなのですが、ここではその出逢いのお話です。

僕はその頃、英会話学校なぞに通っておりました。特に不純な動機もなく、ただ単に勉強のためです。ちらっとだけ「友達ができたらいいな」くらいは考えていたのですが、結局できないまま1年半が過ぎていました。

そんな時、英会話学校主催のスキーツアーがあり、僕はそれに参加することにしました。

結局、そこでたくさんの友達ができ、結構気の合う連中もいたので、僕たちはツアーの後も集まっては飲んだり騒いだりするような間柄になったのです。

その仲間たちとのイヴェントの一つが彼女と知り合うきっかけでした。

そのときは、午後に集まってテニス。夜は居酒屋。酒や食べ物を持ち込んでカラオケBOXで徹夜カラオケ大会!・・・という内容でした。若かったなぁ(^^)

その時に女友達が「高校時代の友達」、といって連れてきた、英会話教室には何の関係もない、初対面の女の子に僕は惹かれてしまったのでした。

そのイヴェントから1ヶ月後、僕はその女の子をデートに誘うために勇気をふりしぼって電話を掛けました。実は、その間に彼女を連れてきた女友達に電話をして、その子に彼氏がいないか、僕の印象はどうだったかなどの予備調査をしていい感触を得ていたので、まずOKだろうとは思っていたのですが(^^?。

予想通り、見事に彼女は引っかかり(←おいおい)、僕は最初のデートの約束をとりつけたのでした。

今思えば、カラオケBOXでは酔っ払っているのをいいことに、初対面なのに膝枕をしてもらい、付き合い始めた頃は会うたびに居酒屋へ行って、2軒目にBARへ行っては酔っ払い、よくもまあ、嫌われなかったことです。

とにかくそれでも僕が良かったらしく(←おいおい)、お付き合いは始まるのでした。(つづく)


“結婚まであと3年”に行く

前に戻る




“結婚まで物語”のメニューに戻る戻る ホーム