結婚まで物語


〜結婚まであと2年〜



三番目のお姉さんは、うまくいけば次の年くらいに結婚すると彼女から聞いていたので、前述した法則4に従うとすれば、僕たちの結婚は早くて再来年。

ところが、事態はそう簡単ではありませんでした。

三番目のお姉さんがあっさりと両親の反対に遭い、5年も付き合っていた人との結婚を諦めることになってしまったのです。

と、いうことは法則3に従うと僕たちはいつ結婚することになるやもしれぬお姉さんの後まで結婚できないということになってしまいます。一体何年待てばいいのでしょう?

いや、そういう話より、実際に頑固な彼女の両親の態度を目の当たりにして(僕は話を聞いただけなのですが)、彼女の両親が僕たちの結婚に賛成してくれるとは思えません。えらいこっちゃ、えらいこっちゃ、よいよいよいよい。

そこで、彼女と結婚できるのかなぁ、とか、一体いつ結婚できるのかなぁ、とか、そういうことを考えると憂鬱になるので、考えないようにすることにしました。

実際のところ、そんなに急いで結婚しようとも考えてませんでしたし。僕もいざという時には直談判すれば、誠意を込めて話し合えばなんとかなる(どこかの芸能人みたいでいやですが)、くらいに楽天的に考えていたので、こういうことになって特に焦り始めたということもありませんでした。

だいたい、まだ彼女の親に直接会ったこともなかったのですから。

それよりも、まだまだ遊ぶのに一生懸命な時期でした。

ところが、とんでもないことが起こったのです。(つづく)


“結婚まであと1年半”に行く

前に戻る




“結婚まで物語”のメニューに戻る戻る ホーム