BATTLE−15.私はかよわい女の子やねん!

妻:ねえ、お天気いいからお布団干して。

夫:えええ? もうええやん、先週干したとこやんか。

妻:先週干したからって、今週干してもバチは当たらへん。

夫:そらそうやけど、何も毎週干すことないやん。俺、独身時代なんか3、4ヶ月にいっぺんくらいしか干してなかったで。

妻誰もアンタの独身時代の話なんか聞いてない。だいたい、そんな生活してよう生きてこれたねぇ。

夫:何言うてんねん、布団干さんかて死ねへんわい。しかも俺だけとちゃうぞ。寮におる奴らなんか、みんなそんな感じやったぞ。まったく干してない奴もおったし。

妻:またみんなや。ほんだらみんなが死んだらアンタも死ぬんか?

夫:お前は何を言うとんねん。だいたいやな、干したかったらお前が干したらええやん。俺、別に干さんでも寝れるもん。

妻:じゃあ、私が干すからアンタはそのお布団で寝たらアカンで。

夫何でそうなんねん!? お前いっぺんシバくぞ。

妻ごちゃごちゃ文句言わんと干してくれたらええやんか! お布団重いのに、か弱い女の子に力仕事させんといて(-_-メ)!!!

o(`ε´)=====〇バキッ ☆))XoX)

夫:わ、分かったやん。怒鳴るなよ殴るなよ・・・(どこがか弱いねん)。

(*^-^*)もどる(*^-^*)

● 戦いのあしあと ●に戻る



ホーム
ホームへもどる