BATTLE−27.もうちょっと優しく

結婚して間もない頃
夫妻は夕食後のまったりとした時間を過ごしていた。

妻:なあ、チャンネルメイト取って。

夫:はあ? 何、それ? TVガイド? て言うか、そんな雑誌ないし。

妻:TVのリモコンのことやんか。頭、働かしーや。

夫:何言うてんねん。「リモコンのことやんか」って言われても分かれへんがな。普通名詞を使え、バカモノ。

妻:バカモノとは何よっ!! さっさと渡してっ!!

夫:分かったがな(と、リモコン チャンネルメイトを渡す)・・・お、何じゃ、この番組。嫁さんが姑に暴力三昧やって、オッソロシ〜。「恐怖! 鬼嫁の虐待」やってさ。

妻:嫁姑のこういうのって、よくある話やん。

夫:ウチやったら、「残虐! 鬼嫁が夫を殴る蹴る!」やな(笑)。

妻今、何ちゅうた!?

夫:い、いや、別に何も言うてへん。

妻何を誤魔化してんねんっ! しっかり聞こえてるっちゅーねん(超怒)!!

バキッ! ドカッ!

夫:イ、イタい、イタい。やめんか! そんなもんで殴るなっ!!

妻チャンネルメイトは武器になるんじゃ! 分かったかっ!

夫:わ、分かったがな・・・。頼むからそんなもんを武器にせんとってくれ。もっと優しくしてくれ。 でないと、さっきのセリフが現実に・・・(虫の息)。

(*^-^*)もどる(*^-^*)

● 戦いのあしあと ●に戻る



ホーム
ホームへもどる