BATTLE−39.お母さんも食べましょう

妻:はい、どうぞ。。

夫:何これ? いつもの納豆とちゃうやん。

妻:うん、娘ちん用の安全で美味しいスペシャル納豆。

ちなみに夫妻も生粋の大阪人なのに納豆は大好物♪
体にいいので娘ちんにもよく食べさせている。

夫:高いんちゃうん? コレ。俺が食べてええの?

妻:う、うん。お父さんにもいいもの食べてもらって、しっかりと働いてもらわなあかんし。

夫何かオカシイ(  ──┬__──┬)ジロリ。

妻:何がオカシイんよ。人の好意を疑うん?

夫:ちょっとソレ貸してみ(と、納豆のパックを手にする)。

妻あ。

夫:お前、コレ・・・賞味期限が10日も過ぎとるやないか(>▽<;!!

妻:大丈夫やって、納豆やし。もともと腐ってるし。

夫:お前は何を言うとんねん。

妻:美味しいやろ?

夫:おお。いや、違うがな。そういう問題ちゃうねん。何でそういうモノをわざわざ俺に食わせるんかって聞いてるんじゃ!

妻そんなん娘ちんに食べさせられへんやんかっ(▼、▼)!!

夫:いや、そらそうやけど、お前はどやねん。

妻:私は娘ちんと同じのを食べてるよ。

夫:じゃあ、俺はどやねん。

妻あんたはソレ( ̄皿 ̄)♪

夫俺の立場は? 威厳は?

妻そんなもんない(o ̄∇ ̄o)♪♪

(*^-^*)もどる(*^-^*)

● 戦いのあしあと ●に戻る



ホーム
ホームへもどる